スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグフット(サスクァッチ)発見!此れもオクトーバーサプライズの陰謀の一部?

Fur Real? Pair Say They Have Bigfoot
Body Reportedly Found in Georgia
毛皮は本物?2人はジョージアで死体が発見されたと報告されているビッグフットを手に入れたと言っている。

By Ashley Surdin
Washington Post Staff Writer
Saturday, August 16, 2008; Page A02
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/15/AR2008081503205.html

LOS ANGELES, Aug. 15 -- Bigfoot has been found in the Georgia woods and is being held in a cooler at an undisclosed location.

ロサンジェルス、8月15日。ジョージアの森林でビッグフットが発見されある場所にクーラーに入れられて保管されている。

So say two self-proclaimed Bigfoot trackers, Matthew Whitton and Rick Dyer, who held a news conference in Palo Alto on Friday to publicize their claim of having found the elusive Sasquatch, or at least the body of one, in the northern part of the Peach State. The exact location is being kept secret, they said, to protect other Bigfoots still wandering there.

と存在がハッキリしないサスカッチ発見の主張、少なくとも一体の死体を桃の州北部に確保している事を宣伝する為、新しいニュースコンファレンスを金曜日にパロアルトで開いた、自称ビッグフット追跡者マシューフィットンとリックダイアーは述べた。正確な場所は未だ付近でうろついている他のビッグフットを保護する為秘密にされている。

the Peach State 桃の州、ジョージア州のニックネーム


The public was excluded from the conference, but a picture of the supposed 500-plus-pound dead biped was posted online at on http://www.searchingforbigfoot.com, looking like a mangy mound of fur, entrails and the pinched face of a close cousin to "Star Wars' " Chewbacca -- all crammed into a water-filled icebox. A second photo showed the proud captors, and Tom Biscardi, a fellow Bigfoot hunter and owner of the Web site, posed next to the wet heap of fuzz.

一般人はこのコンファレンスに入場は許可されなかったが、酷い状態の毛皮の塊、内臓と、スターワーズのチューバッカの近親の様な抓まれた様な顔をした500ポンド以上の2足歩行動物の死体が全て、水を張ったアイスボックスの中に押し込められているの写真はオンラインhttp://www.searchingforbigfoot.com,にポスティングされている。2番目の写真は自慢の捕獲者トムビスカルディ、と猟師仲間、とウエッブサイトの所有者が濡れた毛の塊の隣でポーズしている。

Some Bigfoot enthusiasts were less than convinced.

あるビッグフットに熱心な人々は納得してない様だ。

"It looks like a costume, a waterlogged costume that's been stuffed into a freezer," said Jeff Meldrum, an associate professor of anatomy and anthropology at Idaho State University, and one of the few PhDs conducting Bigfoot field work. "It just doesn't have the hallmark of a real corpse."

“コスチュームみたいだ、びしょ濡れのコスチュームが冷凍庫に詰め込まれているみたいだ。”と数少ないビッグフットの実地研究者で、アイダホ州の解剖学、人類学助教授のジェフメルドラムは述べている。“本物の死体の特徴が全くない!”

Ejnews: 上記はワシントンポストドットコムの記事の1部の翻訳です。最近は難しい記事ばかりの翻訳が続きましたので、一寸気分転換です。
 処で、グルジアロシア間の軍事衝突の話ですが、グローバルリサーチの8月14日の記事Global Research, August 14, 2008には、アメリカが国民の目を内政の大失敗から逸らせ海外の問題に注目させる為に企んだ可能性もあるとの見解を述べていて、同じサイトでは、イランに対する海上閉鎖の作戦が進んでいるのではとの憶測も紹介されています。米海軍の機動部隊がペルシャ湾、紅海付近に向かっている事が其の憶測の根拠の1部様です。ジョージアにロシア軍を引き止めておくとイランとの軍事紛争に発展した場合ロシアはイランに軍事支援をする事が難しくなると言う説明です。又、イラン、ロシア、中国の間には防衛協定の様な物が存在しているそうです。この記事ではアメリカによる核兵器での先制攻撃の可能性も米政府は仮定している可能性があるとの事です。テロリズムに対する戦いが其の理由になるとの事ですが、今日のCNNニュースでは、イランがイラク政府要人、米軍将校等の暗殺が目的の、暗殺者部隊をイラン革命衛兵やヘズボラの指導下でイラン国内で訓練している。と米政府の関係者が発表したと報道していました。イラク侵攻の前にも大量殺戮兵器をサダムフセインが隠し持っているだとか、イエローケークと言われる濃縮核物質をニジェールから買おうとしている、サダムとアルケイダが協力している等と偽りの情報を元にイラク侵攻を無理矢理実行した政権ですから、この殺人部隊のニュースもイランと軍事衝突を始める言い訳の始まりかな?と疑いたくなります。どちらにしてもこの様な情勢不安な状態が続くと共和党のマケイン候補が有利になるのです。彼の外交政策担当のマネージャーがグルジアと契約しているロビーイストで、其の会社の社長としての立場からは身を引いた物の未だ会社の所有者であるとのニュースがワォールストリートジャーナルで報道されています。詰まりマケイン候補とグルジア政府の間にはグルジ-アロシア軍事衝突の前から深い関係があると理解しても良いと思います。若しマケイン陣営がグルジアの大統領と南オセティア侵攻を条件に選挙後の何かの約束をしていたなら、此れは如何見てもオクトーバーサプライズのシナリオです。歴史的にもイランのホメイニ革命の初期アメリカの大使館を舞台にアメリカ人が人質に取られた時、運悪くカーター大統領が再選を賭けてレーガン共和党候補と選挙戦を戦かわなければならない状況に陥ったのです。レーガン陣営はイランのホメイニ側と人質解放に付いて選挙後まで開放を待つと言う秘密交渉をし、カーター大統領を無能な大統領と国民に思わせる戦略で大統領選挙に勝利した史実があり、此れは典型的なオクトーバーサプライズの例でした。他にも色々な理由が憶測されていますが、ブッシュ共和党政権は、ロシアはソヴィエト時代のアフガン侵略失敗後、欧米の利権の拘る地域での軍事的反撃には出ないとの状況の読み違いで、グルジア政府に南オセティア侵攻に対しOK!を出したのではと見る向きが多いようです。然しこの紛争の結果、ポーランドが米ミサイルの設置にOKを出し、其れに対してロシア軍の将軍が脅しをかける様な険悪な雰囲気も広がりつつあります。今日はこの辺で。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

面白いニュースですね~
サスカッチなんてまだ騒がれているんですか?
日本のツチノコ騒動を思い出してしまいました。

それと、オクトーバーサプライズ、なかなか興味深いですね~
なんか巷ではほぼ「オバマで決まり!」みたいな雰囲気ですが、この様子ですとまだまだ一波乱ありそうな感じですね。
マケイン候補はなんとも波乱な経歴の持ち主で、人物としては魅力的ですし、共和党としてはかなり異質な人材だとは思いますが、肝心な経済政策はやはりブッシュとどっこいなのでしょうか?
私は、民主党のオバマを推していますが......

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

政府=企業 アメリカ国民の悲哀

私の「終戦の日に思う」という記事に寄せて頂いたejnewsさんのコメントをかいつまんで、ご紹介したいと思います。 アメリカにはオクトーバーサ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。