スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボ モラレスとWTO

Bolivian President Evo Morales on the WTO’s Round of Negotiations
ボリビア大統領エボモラレス、WTOのラウンド協議に付いて語る。


Upside Down World
アップサイド ダウン ワールド
http://upsidedownworld.org/


Written by Evo Morales Ayma
Tuesday, 22 July 2008
ボリビア大統領エボ モラレス アイマ著。
2008年、7月22日

International trade can play a major role in the promotion of economic development and the alleviation of poverty. We recognize the need for all our peoples to benefit from the increased opportunities and welfare gains that the multilateral trading system generates. The majority of WTO members are developing countries. We seek to place their needs and interests at the heart of the Work Programme adopted in this Declaration. Doha World Trade Organization Ministerial Declaration, November 14, 2001

国際貿易は経済発展と貧困の緩和の為に大きな役割を果す。多国籍間の貿易システムが生み出す増加する機会、福祉が我々市民によって享受される必要性を我々は認識しています。大多数の世界貿易機構(WTO)のメンバーは発展途上国です。我々は宣言により取り入れられた任務計画の中心に発展途上国の要求と利益を入れる事を要求します。ドーハWTO行政宣言2001年11月14日。

With these words began the WTO round of negotiations seven years ago. In reality, are economic development, the alleviation of poverty, the needs of all our peoples, the increased opportunities for developing countries at the center of the current negotiations at the WTO?
この様な言葉でWTOの継続する協議は7年前に始まりました。現実には最近のWTOでの協議の中心で発展途上国の経済発展、貧困の緩和、市民の要求、機快の増大はどうなっているのでしょうか?

First I must say that if it was so, all 153 member countries and in particular, the wide majority of developing countries should be the main actors in the WTO negotiations. But what we are seeing is that a handful of 35 countries are invited by the Director-General to informal meetings so that they advance significantly in the negotiations and prepare the agreements of this WTO "Development Round".

先ず最初に若し(宣言の言う通りなら)そうなら、すべての153カ国のメンバーと特に幅広い大多数の発展途上国がWTO協議の主役であるべきだと私は言は無ければなりません。然し、我々が目撃している事実はホンの一握りの35カ国がWTO理事長の非公式の会談に招待され彼等は協議の上で少なからず有利な立場に立つ事が出来、又WTOの発展に付いての段階での合意の準備にも有利な立場に立っているのです。

The WTO negotiations have turned into a fight by developed countries to open markets in developing countries to favor their big companies.

WTOの協議は先進国が巨大企業の為に発展途上国を市場として開放する為の戦いの場に変わってしまいました。

The agricultural subsidies in the North, which mainly go to agricultural and food companies in the US and Europe, will not only continue but will actually increase, as demonstrated by the 2008 Farm Bill[1] in the United States. The developing countries will lower tariffs on their agricultural products while the real subsidies[2] applied by the US or the EU to their agricultural products will not decline.

北半球の米国と欧州の主に農業関連企業、食品企業に与えられる農業補助金は持続されるだけでなく2008年の合衆国の農業法案で明らかにされた様に増加されるのです。発展途上国は農産物の関税引げをしなければならない傍ら、米国とEUが国内農産品に与える実質的な農業補助金額は減らないのです。

As for industrial products in the WTO negotiations, developing countries are being asked to cut their tariffs by 40% to 60% while developed countries will, on average, cut their tariffs by 25% to 33%.

WTOの工業製品の協議に関しては、発展途上国は関税の40%~60%引き下げを要求され其の傍ら先進国は彼等の関税を平均25%~33%引き下げると言う事なのです。

For countries like Bolivia the erosion of trade preferences due to the overall lowering of tariffs will have negative effects on the competitiveness of our exports.

ボリビアの様な国にとって全般に関税を下げる事による貿易特恵の侵食は、我々の輸出競争力にとって悪影響を及ぼすのです。

The recognition of asymmetries, and the real and effective special and differential treatment in favor of developing countries is limited and obstructed when implemented by developed countries.

発展途上国のための、 不均整の認識、そして現実的で効果的、特別待遇措置は限られていて、そして、先進国によって実施された時は妨害されるのです。

In the negotiations, there is a push towards the liberalization of new services sectors by countries when we should be definitely excluding basic services in education, health, water, energy and telecommunications from the text of the WTO’s General Agreement on Trade in Services. These services are human rights that cannot be objects of private commercial relations and of liberalization rules that lead to privatization.

協議で、我々が断固としてWTOのサーヴィス部門の貿易の一般的合意の条文から、教育の基本的サーヴィス、医療、上水道、発電、そして電信電話除外しなければならない時、新しいサーヴィスセクターの自由化に向かっての押し上げがある国々からありました。これ等のサーヴィスは人間の権利であり、民営化に導く自由化のルールを当てはめる、民間の商業関係の対象として扱われるべきではないのです。

The deregulation and privatization of financial services, among others, are the cause of the current global financial crisis. Further liberalization of services will not bring about more development, but greater probabilities for a crisis and speculation on vital matters such as food.

金融サーヴィスの規制緩和と民営化は他の原因と共に、現在の世界的経済危機の原因なのです。サーヴィスのこれ以上の自由化はより多くの発展を作り出すのではなく、食料の様な重要な問題により多くの危機と投機の可能性を招くのです。

The intellectual property regime established by the WTO has most of all benefited transnational corporations that monopolize patents, thus making medicines and other vital products more expensive, promoting the privatization and commercialization of life itself, as evidenced by the various patents on plants, animals and even human genes.

WTOによって確立された知的所有権制度は特に著作権を独占している多国籍企業に恩恵を与え、民営化と植物、動物、到っては人間の遺伝子まで著作権化した証拠でも解かるように、人間の生活自体の商業化を推し進め、それによって薬などの重要な製品をもっと高価な物にしました。

The poorest countries will be the main losers. The economic projections of a potential WTO agreement, carried out even by the World Bank,[3] indicate that the cumulative costs of the loss in employment, the restrictions to national policymaking and the loss in tariff revenues will be greater than the "gains" from the "Development Round".

最も貧困な国々が主な被害者になります。ワールドバンクでさえも同様に行っている研究、WTOの期待されている合意による経済的見通しによると、職を失う事による累積的な損失、国家政策の規制、そして関税からの利益の損失等は“デベロップメントラウンド”からの利益よりも大きいのです。

After seven years, the WTO round is anchored in the past and out of date with the most important phenomena we are currently living: the food crisis, the energy crisis, climate change and the elimination of cultural diversity. The world is being led to believe that an agreement is needed to resolve the global agenda and this agreement does not correspond to that reality. Its bases are not appropriate to resist this new global agenda.

7年後、WTOラウンドは過去に錨を降ろし、食糧危機、エネルギー危機、気候変動そして文化の多様性が失われている状況等の、我々が生きている最も重要な現象から時代遅れになっている。世界は世界的な重要な課題を解決する為には合意が必要だと思う様に導かれているが、この合意は現実とは一致しないのです。其の基礎は世界的な重要課題に対抗するのには適当ではないのです。

Studies by the FAO point out that with the current forces of agricultural production it is possible to feed 12 billion human beings, in other words, almost more than double the current world population. However, there is a food crisis because production is not geared towards the well-being of humans but towards the market, speculation and profitability of the big producers and marketers of food. To deal with the food crisis, it is necessary to strengthen family, peasant and community agriculture. Developing countries have to recover the right to regulate[4] our imports and exports to guarantee our populations’ food supply. We have to end consumerism, waste and luxuries. In the poorest part of the planet, millions of human beings die of hunger every year. In the richest part of the planet, millions of dollars are spent to combat obesity. We consume in excess, waste natural resources and we produce the waste that pollutes Mother Earth.

FAOの研究は現在の農業生産力で120億人を養う事が可能だと指摘しています。と言う事は現在の世界人口の2倍以上だと言う事です。然しながら食糧危機が存在しています。何故なら(食料)生産は人間のより良い生存の為ではなく市場投機や大製造業者や食品販売業者の利益の為に調整されているからです。この食糧危機に対処する為には個人農園、小規模農家、地域農業を支援する事が必要です。発展途上各国は我々市民の食料供給を確保する為輸出入規制の権利を取り戻さなければなりません。我々は消費主義、無駄、そして贅沢に終止符を打たなければなりません。この地球の最も貧困な地域では、毎年何百万人もの人々が飢餓の為に死んでいます。そして、この地球の最も豊かな地域では何百万ドルもが肥満と戦う為に費やされています。我々は過度に消費し、自然の資源を無駄遣いし、そして無駄に生産し、母なる大地を汚染しているのです。

Countries should prioritize the consumption of what we produce locally. A product that travels half around the world to reach its destiny can be cheaper than other that is produced domestically, but, if we take into account the environmental costs of transporting that merchandise, the energy consumption and the quantity of carbon emissions that it generates, then we can reach the conclusion that it is healthier for the planet and for humanity to prioritize the consumption of what is produced locally.

各国は地域的に生産された物を消費する事を重要視しなければなりません。地球を半周して目的地に着いた製品は地域的に国内で生産された物より安価かもしれません、然しながら、商品を運ぶ事によって起こる燃料の消費、炭素排気量等の環境に対する影響を計算に入れると、我々は地域的に生産された物の消費を重要視する事が地球の為には健康だと言う結論に達する事が出来るのです。

Foreign trade must be a complement to local production. In no way can we favor foreign markets at the expense of national production.

輸出入は地域生産によって補わなければなりません。国内生産を犠牲にし、海外市場支持する事は絶対出来ません。

Capitalism wants to make us all uniform so that we turn into mere consumers. For the North there is only one development model, theirs. The uniform models of economic development are accompanied by processes of generalized acculturation to impose on us one single culture, one single fashion, one single way of thinking and of seeing things. To destroy a culture, to threaten the identity of a people, is the greatest damage that can be done to humanity.

資本主義は我々を均一にし、それにより我々を単なる消費者に変える事を望んでいます。北半球にとっては唯一つの開発モデルしかありません。其れは彼等の開発モデルです。均一な経済的発展のモデルは、我々に単一の文化、単一のファッション、単一の思考、そして単一の物の見方を強要する一般化された文化受容と言う過程と共にやって来ます。文化の破壊、民族の独自性への脅威等は人間性に対する最も大きな損失を与える行為です。

The respect and the peaceful and harmonic complementarities of the various cultures and economies is essential to save the planet, humanity and life.

お互いを尊重し平和的で、種々の文化、経済間での調和的な相互補助は地球、人類、生命を救う上で不可欠の物なのです。

For this to be in fact, a round of negotiations about development and anchored in the present and future of humanity and the planet it should:

これ等が事実になるには、開発に付いて一巡する協議、現在にしっかりと錨を降ろしと未来の人類と地球があるべき姿として

-Guarantee the participation of developing countries in all WTO meetings, thus ending exclusive meetings in the "green room".[5]

発展途上国を全てのWTO会議に参加させる事を確約しなければなりません。詰まり排他的なグリーンルームでの会議を中止しなければならない。

-Implement true asymmetric negotiations in favor of developing countries in which the developed countries make effective concessions.

先進国が効果的な譲歩をする発展途上国に有益な交渉の実施。

-Respect the interests of developing countries without limiting their capacity to define and implement national policies in agriculture, industry and services.

発展途上国の農業、工業サーヴィスに付いて国家政策の決定、遂行能力を制限せず、発展途上国の利益を尊重する事。

-Effectively reduce the protectionist measures and subsidies of developed countries.[6]

先進国の保護主義的条令や補助金を効果的に縮小する事。

-Insure that the right of developing countries to protect their infant industries, for as long as necessary, in the same manner that industrialized countries did in the past.

先進国が過去にしたと同じ様に、発展途上国の未熟な工業を必要な期間保護する権利の保障。

-Guarantee the right of developing countries to regulate and define their policies in the services sector, explicitly excluding basic services from the General Agreement on Trade in Services of the WTO.

発展途上国のサーヴィスセクターに付いての規制や政策の決定の権利の保障と、WTOのサーヴィス産業についての一般的合意から明確に基礎的サービスを除外する。

-Limit the monopolies of large corporations on intellectual property, foster the transfer of technology and prohibit the patenting of all forms of life.

知的所有物に付いて大企業の独占を制限し、技術の移譲の育成と生物全てに付いての特許権の禁止。

-Guarantee the countries’ food sovereignty, eliminating any limitation to the ability of the States to regulate food exports and imports.

国家の食料輸出入の規制の権限に対する限界を全て取り除き、国家の食料に対する主権の保障をする。

-Adopt measures that contribute to limit consumerism, the wasting of natural resources, the elimination of greenhouse gases and the creation of waste that harms Mother Earth.

天然資源を浪費し、グリーンハウスガスを排出し、塵を作り出し、母なる大地を傷つける消費主義の制限に寄与する条令を採用する事。

In the 21st century, a "Development round" can no longer be about "free trade", but it rather has to promote a kind of trade that contributes to the equilibrium between countries, regions and mother nature, establishing indicators that allow for an evaluation and correction of trade rules in terms of sustainable development.

21世紀における“デヴェロップラウンド”もはや“自由貿易”に付いて語るべきでなく、維持継続可能な開発と言う見地からの規則の修正と評価を可能にする表示機能の設立し、国家、地域と母なる自然の間の均衡を助成す様な貿易を奨励する物でなくてはならない。

We, the governments, have an enormous responsibility with our peoples. Agreements such as the ones in the WTO have to be widely known and debated by all citizens and not only by ministers, businessmen and "experts". We, the peoples of the world, have to stop being passive victims of these negotiations and turn into main actors of our present and future.

私達、政府には市民と共に非常に大きな責任があります。WTO等での合意は一般に知られるべきで、そして大臣、企業家、や“専門家”だけでなく一般の市民によっても議論されなくてはなりません。我々世界市民はそれらの協議の受身の犠牲者である事を止め我々の現在と将来の主役になるべきです。

Evo Morales Ayma
Presidente of Bolivia
エボ モラレス アユマ
ボリビア大統領

ejnews: 上記の翻訳は“アップサイドダウンワールド”と言うウエッブサイトに載っているエボ モラレス大統領の著した記事です。最近の中南米の国々ではやっと彼等自身の政治がアメリカ中央情報局のクーデターに妨害される事無く出来る様になったようです。アメリカの中南米支配は1823年のモンロー宣言Monroe Doctrine で、簡単に言うと“ヨーロッパは中南米の政治には介入するな、中南米はアメリカの支配下にある。”から本格的になり1950年代からはガテマラのハコボ アルベンツ大統領を軍事クーデターで失脚させ、其の後の“オペレーション コンドル”の時代軍人ピノチェを使ったチリ大統領アイェンデに対するクーデターそして自殺と報じられている暗殺、レーガン時代のイランコントラ事件で頂点に達しました。現在でも中央情報局が色々な隠密行動で特にボリビアとヴェネズエラの内政混乱、暗殺、スパイ行為をしているようですが。昔ほどの成果は収められないようです。今年の春にも中央情報局がアメリカのピース コー(平和部隊)のメンバーにスパイ行為を要請したとのニュースがありました。有名な事件は2002年のヴェネズエラのウーゴチャべス大統領に対するクーデター未遂です。反チャヴェスデモに始まったチャヴェス誘拐、辞任の強要、などが連続して起こる中で、テレビ局を通して、クーデターのニュースを保守派のプロパガンダ手段に使うと言う事件が起こりましたが、偶然ドキュメンタリー映画の製作をしていたアイルランドのフィルムグループがクーデターの真実を全て記録し『THE REVOLUTION WILL NOT BE TELEVISED 』“革命はテレビ放映されない”と言うドキュメンタリーフィルムになりました。このドキュメンタリーの一部には、ライフルを持った暗殺者が、ウーゴチャヴェス支持派のデモグループが、反チャべス派のグループに向かって発砲した様にテレビで放映していた虚構は、反チャべス派の見せ掛けであると明確に撮影しています。当然このドキュメンタリーはアメリカで一度ケーブルのチャンネルで放送された以外は発表のチャンスがないようです。勿論アメリカ政府は全ての関係を否定しています。が2004年のデモクラシーナウ!によると、『少なくとも米政府はクーデターの計画を察知していた。100万ドルを反チャべス派に手渡していた。』とあります。
 ボリビアのエボモラレスも最近の中南米のキューバ、ヴェネズエラ、ニカラグア、チリ、ブラジル、アルゼンチン等の国々の政治傾向である、社会主義を導入した社会改革を進めようとするリーダーの一人で、ボリビア史上初めての原住民の大統領です。彼は貧しいコカ栽培をしている農家の生まれで、コカ栽培組合の代表者から始まりコチャバンバでの水資源の民営化に反対する運動の後、大統領になった人物です。日本訪問もしましたので彼の事に付いては日本でも良く知られていると想像します。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
スポンサーサイト

テーマ : ボリビア - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。