スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラクより酷い戦争。

A war more deadly than Iraq
イラクより酷い戦争。


Seattlepi.com

AMY GOODMAN
SYNDICATED COLUMNIST

エイミー・グッドマン シンジケート・コラムニスト

Syndicate 組織管理する、連盟化する、などの意味syndicatedは組織化された、連盟化された。syndicated columnistは出版物、テレビ、ラジオなどの組織を通して寄稿するコラムニストと言う意味。


It's the deadliest conflict since World War II. More than 5 million people have died in the past decade, yet it goes virtually unnoticed and unreported in the United States.

この10年間で5百万人以上の死者を出しながら現実にはアメリカでは殆ど知られていず、報道もされていない第二次世界大戦後最も酷い戦争。

The conflict is in the Democratic Republic of Congo, in Central Africa. At its heart are the natural resources found in Congo and multinational corporations that extract them. The prospects for peace have slightly improved: A peace accord was just signed in Congo's Eastern Kivu provinces. But without a comprehensive truth and reconciliation process for the entire country and a renegotiation of all mining contracts, the suffering will undoubtedly continue.

この紛争は中央アフリカのコンゴ民主共和国で起こっている問題の焦点はコンゴの資源とそれを採掘する国際企業だ。平和協定がコンゴ東部のキブ州で結ばれ和平の見込みは少しよくなった。然し、包括的停戦そしてコンゴ全土の和解、鉱物資源採掘権契約の再交渉をしなければこの苦しみは疑いなく続くだろう。

In its latest Congo mortality report, the International Rescue Committee found that a stunning 5.4 million "excess deaths" have occurred in Congo since 1998. These are deaths beyond those that would normally occur. In other words, a loss of life on the scale of Sept. 11 occurring every two days, in a country whose population is one-sixth our own.

国際救出委員会の創始したもっとも新しいコンゴ死亡者数報告によると、1998年より驚くべき540万人もの不必要な死亡者がコンゴで出ている。この数字は普通の紛争で発生する死亡者数を超えた数字である。他の言い方をすると、人口が我々(米合衆国)の6分の1の国で、9/11テロでの死者数と同じ様な規模の生命の損失が1日おきに発生している事と同様である。

Just a little history: After supporting the allies in World War II, Congo gained independence and elected Patrice Lumumba, a progressive Pan-Africanist, as prime minister in 1960. He was assassinated soon after in a plot involving the CIA. The U.S. installed and supported Mobutu Sese Seko, who ruled tyrannically for more than 30 years, plundering the nation. Since his death, Congo has seen war, from 1996 to 2002, provoked by invasions by neighboring Rwanda and Uganda, and ongoing conflict since then.

ほんの一寸歴史の時間。--------第二次世界大戦で連合国を援助した後、コンゴは独立を勝ち取り、1960年に進歩的パン・アフリカ主義者のパトリース・ルムンバを首相に選出した。彼はその後、時を置かずCIAが関係した陰謀で暗殺される。米合衆国は就任後30年以上専制政治で支配しコンゴの富を略奪する事になる、モブツ・セセ・セコを傀儡とし援助した。(この部分直訳は:米合衆国はモブツ・セセ・セコを就任させ、援助をした。モブツは30年以上独裁的に支配しコンゴの富の略奪した。)彼の死後(モブツの死後)コンゴは隣国ルワンダとウガンダの侵入で引き起こされた1996年から2002年間の戦火に見舞われ、その後も紛争が続いている。

A particularly horrifying aspect of the conflict is the mass sexual violence being used as a weapon of war. Congolese human rights activist Christine Schuler Deschryver told me about the hundreds of thousands of women and children subjected to rape:

この紛争で特に残酷な面は集団性暴力が武器として使われている事だ。コンゴの人権擁護活動家Christine Deschryverクリスティン・シューラー・デスクライヴァーは“数十万に上る女性や子供達がレイプの対象になっている。〟と私に述べている。

"We are not talking about normal rapes anymore. We are talking about sexual terrorism, because they are destroyed -- you cannot imagine what's going on in Congo. We are talking about new surgery to repair the women, because they're completely destroyed." She was describing the physical damage done to the women, and to children, one, shesaid, as young as 10 months old, by acts of rape that involve insertion of sticks, guns and molten plastic. Deschryver was in the U.S. as a guest of V-Day, Eve Ensler's campaign to end violence against women, in an attempt to generate public awareness of this genocide and to support the Panzi Hospital in Deschryver's hometown of Bukavu.

“我々は普通のレイプについて話しているわけではない。我々は性的テロリズムについて話しているのだ。どうして性的テロリズムかと言うと、彼女たちは破壊されているからだ(訳者注:レイプによって性器が想像出来ないほど傷つけられていると言う意味。他の精神的、肉体的傷害も含めている事は当然の事と思われる。)-------あなた方はコンゴで何が起こっているか想像がつかない(訳者:コンゴでは想像を絶する事が起こっている。と言うのが普通の日本語)我々は新しい女性を修復治療する外科手術の事を話しているのだ、なぜなら彼女達は完璧に破壊されているのだ。”彼女は女性達、子供達に与えられた肉体的損傷について説明していた。その中のひとつは生後10か月になるかならないかと思われる被害者で小枝、ガン、熱で溶かされたプラスティックなどでレイプされていた。Dデスクライヴァーはイヴ・エンズラーの女性に対する暴力に終止符を打つ為のキャンペーンV-Dayヴィーデイのゲストとして、この民族大量虐殺についての感心を高める為とデスクライヴァーの故郷ブカヴのパンツィ病院の援助の為米合衆国を訪れていた。

V-day は victory day 勝利の日普通は第二次対戦で連合国が日本ドイツに勝利を収めた日のこと。略してV-day. Valentine’s day御存知ヴァレンタインズデイも略してV-day.此処では女性に対しての暴力に打ち勝つ為のV-dayなのでしょう。

Maurice Carney is executive director of Friends of the Congo, in Washington, D.C.: "Two types of rape, basically, are taking place in the Congo: One is the rape of the women and children, and the other the rape of the land, natural resources. The Congo has tremendous natural resources: 30 percent of the world's cobalt, 10 percent of the world's copper, 80 percent of the world's reserves of coltan. You have to look at the corporate influence on everything that takes place in the Congo."

モリース・カーニーはワシントンD.C.のフレンド・オブ・コンゴの執行委員長で“基本的に2種類のレイプがコンゴで発生している。1つは女性や子供に対するレイプで、2つ目はコンゴの大地と資源に対してである。コンゴには途方も無い量の資源が存在し、全世界のコバルトの30%、10%の銅、全世界埋蔵量の80%のコルタン。コンゴで起こっている事全てに企業が及ぼす影響を調べて見なければならない。
(You have to look at ~~あなた方は~~しなければならない。と言う表現はWe have to~~我々は~~しなければならないと言う言い方も出来る。日本語では。この訳文の様に我々とかあなた達とか言う主語が無いのが普通です。直訳は“あなたは企業の影響をコンゴで起こっている事全てに見なければならない。”)

Among the companies Carney blames for fueling the violence are Cleveland-based OM Group, the world's leading producer of cobalt-based specialty chemicals and a leading supplier of nickel-based specialty chemicals, as well as Boston-based chemical giant Cabot Corp. Cabot produces coltan, also known as tantalum, a hard-to-extract but critical component of electronic circuitry, which is used in all cell phones and other consumer electronics. The massive demand for coltan is credited with fueling the Second Congo War of 1998-2002. Cabot's former CEO is none other than the Bush administration's current secretary of energy, Samuel Bodman. Phoenix-based Freeport-McMoRan, which took over Phelps-Dodge's enormous mining concession in the Congo, is also in on the game.

これ等の企業の中ででもカーニーが紛争に拍車をかけていると非難している企業は、クリーブランドに活動の中心を置くOMグループ、この会社はコバルトを基本とした特殊な化学物質の世界的な主導的製造元として、又ニッケルを基本とした化学物質の世界的な主導供給企業である。同時に、ボストンに活動の中心をおくカボット・グループ、カボットは抽出精製が困難なコルタン又はタンタルムと言う名前でも知られている携帯電話や他の家庭電化製品に使用され電子回路に無くてはならない物質を製造している。コルタンの膨大な量の需要の発生が1998~2002年の第二次コンゴ戦争に火に油を掛ける結果となった。カボットの前CEOは他でもないブッシュ政権のエネルギー省長官サミュエル・ボッドマンである。フェニックスに活動の拠点を置くフリーポート・マクモラン、フェルプス・ドッジの巨大なコンゴの鉱山採掘権を引き継ぎこの会社もまた同じゲームに参加している。

The United Nations has issued several reports that are highly critical of illegal corporate exploitation of the Congo's minerals. A Congolese government review of more than 60 mining contracts call for their renegotiation or outright cancellation. Says Carney, "Eighty percent of the population live on 30 cents a day or less, with billions of dollars going out the back door and into the pockets of mining companies." An important question for us in the U.S. is, How could close to 6 million people die from war and disease in one country in less than a decade and go virtually unnoticed?

国連は企業のコンゴの資源に対する不法な搾取を強く批判する報告を幾つか発表している。“コンゴ政府の採掘権の再検討によると60件以上の採掘権について再交渉か契約の取り消しが求められている。”とカーニーは言っている。“80%の人口が1日30セントで暮らしている、と同時に何十億ドルが裏のドアから採掘会社のポケットに流れ出ていっている。合衆国の住民の我々に課される重要な質問は、10年足らずの間に、戦争と病気で600万人に近い死者がひとつの国から出ていると言う事実がいったいどう言う理由で我々に事実上認識されていないか?という事だ。

Amy Goodman is the host of "Democracy Now!," a daily international TV/radio news hour.
エイミー・グッドマンは“デモクラシー・ナウ!”と言う国際的テレビ・ラジオのニュース番組の司会者。

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。