スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア、治安維持の為陸軍出動!ムッソリーニ再来?

Italian Army Deploys to Cities; Mayor Bans Public Gatherings of Three or More People
イタリアの陸軍各都市に配置。市長は公共での3人以上の集会を禁止。

Published on 04-08-2008

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/2494053/Italian-mayor-bans-gatherings-of-three-or-more-people-as-soldiers-hit-streets.html
Source: Telegraph ニュースソースはテレグラフ

The anti-gathering laws were enacted as thousands of soldiers were due to take to the streets of Italian cities for the first time on Monday under a controversial move by Prime Minister Silvio Berlusconi to fight crime.

反集会法が制定され、シルヴィオ ベルルスコーニ首相による問題のある決断の下で、月曜日に始めて数千の兵士が犯罪と戦う為にイタリアの都市の街頭に配置されようとしています。

Massimo Giordano, a member of Italy's anti immigration Northern League party, defended the anti-gathering motion and claimed it would cut down on unruly behavior.

マッシモジョルダーノ、イタリアの反移民北方リーグの一員は反集会動議を擁護して無法行為を減少させると宣言している。

However opposition councilors said it was "reminiscent of Benito Mussolini's edict of the 1920's which banned groups of five or more people".

然し、反対派の議員は“1920年代、ベニートムッソリーニの5人以上のグループを禁止した勅令を連想させる物”だと言っている。

Around 3,000 troops are expected to begin patrolling streets of major cities - including Rome, Milan, Naples, Bari, Palermo and Venice - on Monday as part of a government clampdown on crime.

政府の犯罪排除の一部として、月曜日にローマ、ミラノ、ナポリ、バリ、パレルモ、ヴェニスを含めた大都市の街角を、約3千人の兵士がパトロールし始める事が予定されている。

ejnews: 今日はイタリアのニュース。上記はニュースの一部の訳ですが、賛成派はイタリアの犯罪を減少させる為の手段でファシズムと比較するのは一寸言い過ぎと言い、反対派はムッソリーニのファシズムみたいで気持ち悪いし必要無いと言う意見のようです。イタリアは国民性かもしれないのですが歴史的に軍隊を簡単に動員する様ですが、それにしても気持ち悪いねえ!でも観光地には軍隊は送らないそうです。ヤッパリあんまり良い評判にならないと分かっているんだ!日本で例えばブラジル人移民センターなんか閉鎖して陸上自衛隊を大阪、東京、名古屋、札幌、福岡なんかに配置すると大騒ぎになるんじゃない!?唯、シルビオ ベルルスコーニ首相はマフィアとの関係が疑われていたり、イタリアのメディアの90%を支配しているメディア実業家でニュースを殆ど支配していると言われ、私にはファシズムとそんなに違わない様に思えるのですが。フォックス チャンネルのルーパート マードックがアメリカの大統領になった様な感じですね。日本でも新聞、ラジオ、テレビ局が同じ企業の傘下に入ったり、統合されたりし始めると気をつけてください。絶対ファシズムの始まりです。
処で、一寸遅くなったけど、今年の夏の読書に御奨めは下記の本です。日米関係、アメリカの世界支配、等々が良く理解できると思います。
“コンフェッション オブ アン エコノミック ヒットマン”ジョン パーキンス著。日本では”エコノミック ヒットマン”と言う題名です。"Confessions of an Economic Hit Man "John Perkins
“オーヴァースロー”ステファン キンザー著。"Overthrow" Stephen Kinzer
“ブローバック”  “ソロウ オブ エンパイア(アメリカ帝国の悲劇)”  “ネメシス” チャーマーズ ジョンソン著。"Blowback" "The Sorrows of Empire" "Nemesis" Chalmers Johnson.
ジョン パーキンスはビジネスマンですがIMFやワールドバンクを利用した欧米の発展途上国への経済支配を彼の体験から書いています。ステファンキンザーの“ オーヴァースロー” は中央情報局が世界各国で独裁者を政権に即けるために行ったクーデターの歴史。チャーマーズジョンソンは日本史の教授で日米関係を研究 する研究機関を設立した人です。 時間があれば面白い読み物で日米関係、アメリカの真実の姿が見えてきます。 

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

こんにちは

イタリア発のキナ臭いニュースありがとうございます。
ベニートムッソリーニって、あのムッソリーニの末裔なのでしょうか。

日米関係のおすすめ本のご紹介もありますね。控えておきました。

ところで、ejnewsさんは、もう興味ないかもしれないけれど、
夏の高校野球、昨日は高知高校が広島県広陵高校に破れてしまったそうです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

治安のこと

楽天から検索された商品治安崩壊¥ 1,575オススメ度:★★★★★著者:北芝健出版社:河出書房新社サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2005年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK…占領軍治安・諜報月報(第9巻~第10巻)¥ 71,400著者:アメリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。