スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピューターを使う限りプライヴァシーは期待出来ない!

Google Says Privacy Doesn't Exist, Get Used To Everyone Knowing Everything About You
『プライヴァシーなんて存在しない。世間は君のすべてを知っていると言う事に慣れなきゃいけない。』とグーグルは言っている。


この記事はInformationWeek Blogからです。
http://www.informationweek.com/blog/main/archives/2008/07/google_says_pri.html;jsessionid=ZNB0J54X3WPVQQSNDLPSKHSCJUNN2JVN?queryText=google
Posted by Eric Zeman, Jul 31, 2008 09:28 AM


The headline practically says it all. Google (NSDQ: GOOG) is being sued by a Pittsburgh couple for posting images of its house on the Internet in Google's Street Views pages. Google responded, in court no less, that complete privacy simply doesn't exist in today's world and the couple should stop crying about it.

この見出しが実際全てを語っている。グーグル(NSDQ:GOOG)はピッツバーグのカップルに彼等の家のイメージをインターネットのグーグル ストリート ヴューズ ページにポスティングしたとして訴えられました。グーグルは法廷で『完全なプライヴァシーと言う物は今日の世界では存在しない、そしてカップルは文句を言うのを止めなければならない。』少なくともこう答えましました。

Google may be right, in theory. It said in papers filed with the court, "Today's satellite image technology means that even in today's desert, complete privacy does not exist." That's partially true. With satellites, cameras and other monitoring devices all being tied together by the Internet, it is becoming more and more difficult to completely isolate yourself from view.

グーグルは論理的には正しいかもしれない、『今日の衛星画像技術は今日の砂漠でも完全なプライヴァシーと言う物は存在しない。』と裁判所に提出された書類でグーグルは言っています。其れは特に真実です。衛星とカメラそして他のモニターの為の器具がインターンネットを通じて集合されているのです。そして貴方を画像から完全に切り離すと言う事は日増しに難しくなって来ています。

But does that mean our privacy should be violated by large corporations looking to provide better mapping software? Shouldn't there be some boundaries that aren't trampled in the name of a better product? Google said in the court papers that that doesn't matter, and implied the idea of privacy is somewhat faulted.

然し、其れは大企業のより優れたマッピングソフトウエアーを提供する努力の為にプライヴァシーは侵害されても良いと言う事なのでしょうか?何かのより良い製品と言う名の下に蹂躙されてはならない範囲の様な物が在るべきではないでしょうか?グーグルは裁判所の書類で『其れは如何でも良い事だ。プライヴァシーと言う含みの在るアイデアはある程度不完全な物である』と言っている。

The "Plaintiffs live in the 21st century United States, where every step upon private property is not deemed by law to be an actionable trespass. Unless there is a clear expression such as a gate, fence, or 'keep out' sign indicating that the public is not permitted to enter, anyone may approach a home by a walkway, driveway, or any other route commonly used by visitors, without liability for trespass." Google says the Pittsburgh couple in question had no such signs, and therefore should not have any expectation for privacy.

原告は個人の所有地に踏み入れる一歩一歩全てが、法的に起訴可能な不法侵入と見なされると言う訳ではない21世紀の合衆国に住んでいる。ゲート、フェンス、若しくは“立ち入り禁止”と言う様な明確に一般の人々は立ち入りが許されていないと言うサインが無い限り、小道、車の乗り入れる道、若しくは一般に訪問者が使う道を使って誰でも不法侵入の責任を取る心配なく家に近づく事が出来る。グーグルは『ピッツバーグの問題のカップルはその様なサインは張り出していない。だからプライヴァシー(が保てる)と言う期待を持つべきではない。』と言っている。

I can see Google's point here, but for Google to come out and say that privacy doesn't exist is not a great publicity move for the company.

私は此処でグーグルの言っている事も解かるけれど、グーグルがプライヴァシーは存在しないと言って名乗り出る事は会社のパブリシティー(評判)為の賢い行動じゃないよね!

注: このブログで翻訳されている全ての記事には著作権があります。営利目的での使用は法律で禁止されています。

Ejnews : このニュースには一寸頭に来たよね!と言うのはアメリカのダースベイダー副大統領デックチェイニーはグーグルに『俺の家は衛星マップに写して欲しくない』と文句を言い、グーグルは『はい!分かりました!』と言ってチェイニーの家を暈しているのです!私はグーグルで確認しました。此れは卑怯だよねえ!グーグルの卑怯者!チェイニーは怖いので言う事を聞くが一般市民には強圧的な態度を取る。卑怯者~!(少し冷静になって)今日、目に付いたニュースは、御存知サブプライム問題が世界の経済を掻き回している。とか、7年前のアンソラックス菌での生物兵器テロの自殺した容疑者は、政府によって何か他の事を隠す為に落とし入れられたれたのではないかと言う疑問が浮かび上がっている。とか、アメリカの民主党大統領候補が進歩的な姿勢を石油の海底採掘に付いて一寸保守派の圧力に屈した様な民衆の御機嫌取り発言をし始めた.とか、『ブラジルがアマゾンの熱帯雨林を保護する為に210億ドルの寄付を世界に要請している。』そうだよねえ。毎年小さな国位の面積のジャングルが灰になっているんだから。他に、世界メディアを独占し様としているFOXチャンネルのRupert Murdochルーパート マードックがインドで新しい6局のテレビ局の開設を計画している。中国のオリンピックで海外からの北京に滞在しているジャーナリストがインターネットが検閲されていると文句を言い出した為,中国政府も渋々BBCとかアムナスティーインターナショナルの検閲は解いたものの、ハフィントン ポストHuffington Postは未だインターネットアクセスが出来ない。如何してだろうね?私はそんなに重要だと思っているサイトじゃないんだけど。アーアッ!否になっちゃうよ!日本で何か良い話ない!


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

今日はコメント有り難うございました。!実は昨日覗いた人だったのですねー!ちょっと私に難しそうで、詳しく読まなかったのですが、米国に20年も在住されていたのですね。!非常に参考になります。
貴重なブログだと思います。ではまた!☆

こんにちは

チェイニーはダースベイダーですか。。。(笑)
Google Map 確かに優れモノで、とても重宝しています。
ただ、プライバシーとなるとねぇ。。。
進歩的企業だと思っていたのに、人を見て対応を変えるというのは許せませんね。

日本でいい話ですか?
リシャッフルされた福田内閣も相変わらずパッとしません。i-195i-195
保守路線、増税推進内閣だそうです。
松本サリン事件で被害に遭われた河野さんの奥様が、お気の毒に14年も意識が戻らないまま、
お亡くなりになりました。。。

いい話なんて一つもありませんねぇ。。。
今日の “なでしこJapan”(五輪代表女子サッカーチームの愛称) が緒戦突破するかにかかっているかな。
→Nemoの守備範囲は所詮、この程度。(笑)

Hasta Pronto !

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」

 ネット検索最大手の米Google(グーグル)社が提供しているオンライン地図サービス「Google マップ」日本版に、話題の「Street View(ストリートビュー)」機能が追加された。同社が事前に撮影した東京、大阪、仙台、札幌など12都市について、画面のパノラマ写真を36...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。