スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クオート Quote ジェイムス マディソン、ノーム チョムスキー

How to control the masses
大衆を支配する方法


If Tyranny and Oppression come to this land, it will be in the guise of fighting a foreign enemy.

 専制政治や圧政がこの国に訪れる時は外敵に対する戦いと言う隠れ蓑を着てやって来る。

James Madison ジェイムス マディソン
US Congressman representing Virginia from 1789-1797).
ヴァージニア州代表合衆国下院議員1789~1797

"The smart way to keep people passive and obedient is to strictly limit the spectrum of acceptable opinion, but allow very lively debate within that spectrum - even encourage the more critical and dissident views. That gives people the sense that there's free thinking going on, while all the time the presuppositions of the system are being reinforced by the limits put on the range of the debate."

 人民を消極的にそして従順にする賢い方法は許可される意見の幅を厳格に狭く規定する事だ。然しその狭い範囲でもっと批判的な反体制的な視点をも奨励する事も含めて、活き活きとした論議を許可する事だ。それは議論の範囲に限界を定めると言うシステムが条件として常に補強される傍ら、常に人々に思想の自由が息衝いていると言う事を感じさせている。

Noam Chomsky ノームチョムスキー
ノームチョムスキーに付いては7月20日の“石油だよ。馬鹿!”を読んでください。

ejnews:日本でもニュースになっていると思いますが、此処2週間でアメリカでは次々と4つの銀行が経営破綻に陥り連邦政府から援助を受けるか指導を受けて他の銀行に経営を譲っています。これからの18ヶ月間に150~800の銀行が経営破綻に陥るだろうと言う事がニュースを読むと目につきます。なんだか1929年の繰り返しかな?とも思えるのですが、1929年其の後世界中の日本も含めた数々の国々が軍事独裁政権、若しくは保守排他的になっていきました。その様な失敗は繰り返したくない物です。

私は経済の事には詳しくないのと、経済ニュースはメインストリームメディアでも充分に情報が得られると思うので、このブログで扱うのを控えていますが、“Nemoは行くよ!”のNemoさんから状況はそんなに酷いんですか?と言うコメントがありましたので、インターネットでの今年経営破綻した銀行のリストを下記に示しておきます。

First Heritage Bank, NA, Newport Beach, CA July 25, 2008 First National Bank of Nevada, Reno, NV July 25, 2008 IndyMac Bank, Pasadena, CA July 11, 2008 First Integrity Bank, NA, Staples, MN May 30, 2008 ANB Financial, NA, Bentonville, AR May 9, 2008 Hume Bank, Hume, MO March 7, 2008 Douglass National Bank, Kansas City, MO
其の外にFannie Maeや Freddie Mac等の (about.comによれば不動産ローンの仲介をする金融機関-------------これ等の金融機関は政府が保証していて連邦、州政府の税金が免除されている民間金融機関だそうです------------They now own or guarantee about $1.4 trillion, or 40%, of all U.S. mortgages, with $168 billion in subprime mortgagesこの2つの金融機関は1兆4千億ドルの不動産ローン、40%の全米不動産ローン、1680億ドルのサブプライム不動産ローンを保有している。)金融機関への連邦政府の資金援助等(10日程前のニュースでは少なくとも250億ドル?程になるとの予想もあります。此れは約40万の家を失いかけている人々への再ローンも含まれている様で7月28日、月曜日にこの法案はホワイトハウスに送られるそうです。)の金融機関経営危機が表面化したのは2008年3月のベアスターンBear Stearnsの経営破綻、(連邦政府の資金援助、其の後JPMorgan ChaseJPモーガンチェイスにより買収。)から始まっています。

以上が簡単な現状報告です。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

COMMENTS

ありがとうございました

お忙しいところ、詳しくお調べ頂き、ありがとうございました。
泥沼の様相なんですね。
公的資金の導入でどこまで持ちこたえられるのでしょう。
くわばら、くわばら。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

アメリカの金融機関が破綻しているようですね。
アメリカ経済も暗雲が立ち込めているようで、先行き不安です。
もろ、日本経済に波及しますもの。
社会や経済のことは詳しくないのですが、このような状態が続くのなら弱いドルということにもなりかねませんよね。
私の場合、単にドル預金をしているので、円安待ちという私的利己的理由なのですが・・

こんにちは

金融不安、そんなに深刻なんですか。
そんな大多数の銀行が破綻したら、まさしく世界恐慌の再来ですね。。。i-282
新政権はどちらの党になるにしろ、内政から外交問題から、課題が山積みですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。