スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の女性達!ヘレン ケラーって知ってる?本当に?

Helen Keller
ヘレン ケラー

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、フリー百科事典より。
此れはウィキペディアのヘレンケラーの一部の訳です。

Helen Adams Keller (June 27, 1880 – June 1, 1968) was an American author, activist and lecturer. She was the first deafblind person to graduate from college.

ヘレン アダムス ケラー(1880年6月27日~1968年6月1日)はアメリカの作家、活動家、講演家.彼女は聾唖者として初めて大学を卒業した人です。

The story of how Keller's teacher, Annie Sullivan, broke through the isolation imposed by a near complete lack of language, allowing the girl to blossom as she learned to communicate, has become known worldwide through the dramatic depictions of the play The Miracle Worker.

殆ど言語が話せな様な状態によって置かれていた孤立を打ち破り、コミュニケーションの方法を習うと共に少女を開花さたレンケラーの先生アニーサリヴァンの話はドラマチックな描写の劇“The Miracle Worker.”『奇跡の人』(奇跡を起こす人)として世界中で知られる様になりました。

What is less well known is how Keller's life developed after she completed her education. A prolific author, she was well traveled, and was outspoken in her opposition to war. She campaigned for women's suffrage, workers' rights and socialism, as well as many other progressive causes.

何が良く知られていないのかと言うと、教育を修了した後ケラーの人生がどの様に発展して行ったのかと言う事です。とても多くの著書がある作家、良く旅行をし、そして戦争に付いては歯に衣をかぶせない反戦の意思を表明した。彼女は数々の進歩的運動の他に、女性の選挙権、労働者の権利、社会主義の為に活動しました。


Political activities
政治活動


Keller went on to become a world-famous speaker and author. She is remembered as an advocate for people with disabilities amid numerous other causes. She was a suffragist, a pacifist, a Wilson opposer, a radical socialist, and a birth control supporter. In 1915, Helen Keller and George Kessler founded the Helen Keller International (HKI) organization. This organization is devoted to research in vision, health and nutrition. In 1920, she helped to found the American Civil Liberties Union (ACLU). Keller and kSullivan traveled to over 39 countries, making several trips to Japan and becoming a favorite of the Japanese people. Keller met every US President from Grover Cleveland to Lyndon B. Johnson and was friends with many famous figures, including Alexander Graham Bell, Charlie Chaplin, and Mark Twain.

ケラーは世界的に有名な講演者、作家となって行きました。彼女は色々な運動の中でも身体障害者の支持者として記憶されています。彼女は参政権拡張主義者、平和主義者、ウイルソン大統領に反対する者、過激社会主義者、そして避妊産児制限主義者でした。1915年にヘレンケラーとジョージ ケッスラーはヘレンケラー国際機構を創設しました。この機構は視力と健康,栄養に付いての研究に力を注いでいました。1920年代には彼女はAmerican Civil Liberties Union (ACLU)の設立を援助しました。ケラーとサリヴァンは39カ国以上を訪れ日本には数回旅行をし日本人に最も愛される人となったのです。ケラーはグローヴァー クリーヴランドからリンドンBジョンソンまでの全ての大統領に会い、アレクサンダー グラハム ベル、チャーリー チャップリン、そしてマーク トウェイン等多くの著名人と友好がありました。

此処でケラーの支援したACLUと言うノンプロフィット団体に付いて少し説明しておきます。

アメリカン シヴィル リバティー ユニオン(ACLU)のミッションは“合衆国の憲法と法律によりこの国の全ての個人の人権と自由の保障を擁護する。”となっています。
 第一次世界大戦に反対するAmerican Union Against Militarismから始まりNational Civil Liberties Bureau (NCLB)と改名その後1920年にAmerican Civil Liberties Union(ACLU)となる。反政府活動家、平和運動活動家、その他の政治活動、信条などが原因で政府から迫害されている人々を裁判を通じて支援擁護する。現在では活動範囲はフリースピーチ、ホモセクシュアル、女性の人権等を含む差別問題、信仰の自由、宗教と政治の分離、等々、憲法法律がカヴァーする全ての重要な事柄を含み、9/11後のブッシュ政権によるアフガニスタン、イラク侵略からはメンバーも増加し続けていると言う事です。
 ACLUはフォード,ロックフェラー,カーネギー,等々の財団から寄付を受けていますが2004年10月、フォードとロックフェラー財団のUSAパトリオット(愛国者)条令からの“テロリズムや受け容れがたい活動を支援”する事に寄付金を使用してはならないと言う言葉を寄付金使用の条件に入れた事に“解釈が広すぎ不明瞭である”と反発150万ドルの寄付金の授与を拒否した程憲法擁護に付いては真剣で常に保守派からは過激分子の代表の様に受取られているようです。
 其れと如何してケラーはウィルソン大統領反対派だったのでしょう?実はウィルソンと彼の妻は人種差別主義者で彼が大統領になると政府内で黒人への差別が始まり、殆ど消滅しかけていたKKKも息を吹き返し、其れにくわえて、女性の選挙権に対して時間稼ぎをし、激怒した女性達がデモ行為を行うと警察に彼女達を逮捕させるなどウィルソンは保守反動的政治家だったようです。1919年のパリ平和会議で日本代表が民主差別撤廃条項を提案し、其れは多数決で可決されたのですが、オーストラリア代表(オーストラリアは白豪主義と言って1970年代まで有色人種の移民を禁止していた。)と結託し其の条令を無効にしたのです。



Keller was a member of the Socialist Party and actively campaigned and wrote in support of the working classes from 1909 to 1921. She supported Socialist Party candidate Eugene V. Debs in each of his campaigns for the presidency. Newspaper columnists who had praised her courage and intelligence before she expressed her socialist views now called attention to her disabilities. The editor of the Brooklyn Eagle wrote that her "mistakes sprung out of the manifest limitations of her development." Keller responded to that editor, referring to having met him before he knew of her political views:

ケラーは社会党員で1909年から1921年まで労働者クラスのために積極的な運動と著述活動で支援しました。彼女は社会党大統領候補ユージーンDデブスの大統領選挙活動を毎回支援しました。彼女が社会主義的視点を発表する前、彼女の勇気と知能を褒め称えたブルックリン イーグルの編集者で新聞の社説著者が其の後彼女の身体障害を揶揄してこう書きました。“この間違いは彼女の明白に提示された発達の限界から発生したものである”(彼女の進歩的自由平等,労働者権利の擁護、女性の参政権、身体障害者の人権,等への支援はケラーの精神身体障害が原因の理解能力の低さから来ていると揶揄した発言) 彼女の政治的視点をこの編集者が知る前に会った事に付いて言及しながら、ケラーはこの編集者対してこう答えている。

“ At that time the compliments he paid me were so generous that I blush to remember them. But now that I have come out for socialism he reminds me and the public that I am blind and deaf and especially liable to error. I must have shrunk in intelligence during the years since I met him...Oh, ridiculous Brooklyn Eagle! Socially blind and deaf, it defends an intolerable system, a system that is the cause of much of the physical blindness and deafness which we are trying to prevent.[8]


『あの時の私に対する彼の賞賛は思い出しても顔が赤くなるほど惜しみの無い物でした。然し、今私が社会主義者として現れると彼は私が盲目で耳に傷害があり(其れが理由で)特に間違いを犯しがちであると公然と思い出させてくれました。彼に会ってから1年で私の知能は低くなったんですね!………….まあ!トンでもない事をおっしゃる事!私達が予防し様と努めている肉体的な盲目と聴覚障害の殆どの原因となっている我慢できないようなシステム(社会)を擁護する社会的に盲目で聴覚障害があるブルックリンイーグルさん!』 

Keller joined the Industrial Workers of the World (known as the IWW or the Wobblies) in 1912,[9] saying that parliamentary socialism was "sinking in the political bog." She wrote for the IWW between 1916 and 1918. In Why I Became an IWW,[10] Keller explained that her motivation for activism came in part from her concern about blindness and other disabilities:

ケラーは世界の工業労働者Industrial Workers of the World (known as the IWW or the Wobblies)と言う組合に1912年に参加しました。其の時彼女は“議会政治での社会主義は政治的沼地に沈み込んでいる”と言っています。彼女はIWWに1916年~1918年の間寄稿していました。“如何して私はIWWのメンバーになったのか”の中で、ケラーは、活動家としての動機は一部に盲目や他の身体障害への配慮があると説明しています。

“ I was appointed on a commission to investigate the conditions of the blind. For the first time I, who had thought blindness a misfortune beyond human control, found that too much of it was traceable to wrong industrial conditions, often caused by the selfishness and greed of employers. And the social evil contributed its share. I found that poverty drove women to a life of shame that ended in blindness.

『私は盲目の状態を調査研究する委員会の一員として選ばれました。初めの内は盲目は人間がどうする事も出来ない不運だと考えていた私は、殆どの盲目の原因は劣悪な工業労働条件に起因している事を発見しました。多くの場合は雇い主の利己主義や貪欲が原因なのです。そして、社会悪が其の一部に加担しているのです。私は貧困が女性達を最後には盲目になる恥ずべき人生に追い遣っている事に気が付いたのです。』

The last sentence refers to prostitution and syphilis, the latter a leading cause of blindness.
最後の行は売春と梅毒の事を言及していて梅毒は盲目の一大原因。

Keller and her friend Mark Twain were both considered radicals in the socio-political context present in the United States at the beginning of the 20th century, and as a consequence, their political views have been forgotten or glossed over in popular perception.[9]

ケラーと彼女の友人マークトウェイン、この二人は20世紀初頭当時のアメリカでは社会的政治的に過激派だと考えられていました。そして、その結果として彼等の政治的視点は忘れ去られるか、若しくは一般的な認識の中で違った飾り付けをされてしまったのです。


ejnews: 如何でしたか?ヘレンケラーの本当の人生ご存知でしたか?彼女は私の最も尊敬する人の一人です。彼女の美しさも有名でした。勿論普通の女性として恋もしたそうですが両親の反対とかに会い悲恋の恋だったようです。若い頃恋人と待ち合わせをし、彼女の家のポーチで訪れない恋人を待ち続けたと言う悲しい話も残っています。盲目で聴覚障害のあった彼女が過激社会主義活動家として隣人への愛の伝道者として反動的米政府を悩ます様な存在だけでなく、現在まで活動してる重要な団体の設立にも重要な役割を果す事となったのです。日本人口の半分以上は女性なので女性の意見は多数派の意見なのです。日本の女性達も頑張れ!

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

No title

ejnewsさん、こんにちは。
ヘレン・ケラーの記事を興味深く拝見しました。
「奇跡の人」のその後のドラマをもっと多くの人々に知っていただきたいですね。

ご了承有難うございます

身に余るお言葉有難うございます。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

No title

わこさん。有難うございます。貴方のブログの様な素晴らしい所でアップさせて頂けるとは光栄です。

情報を有難うございます。

アメリカの軍事産業の惨禍の貴コメント、又、アップさせていただきました。
何時も有難うございます。

No title

わこさん、杏ママさんコメントありがとうございます。日本は暑いですか?19世紀末から20世紀前半は貧富の差がとても大きな時代でカーネギー、メロン、モーガン、ロックフェラーなど現在でも有名な富豪が富を築いた時代ですが、又社会の矛盾を改革する為に大勢の人々が活動した時代でもありました。ヘレンケラーもマークトウェインもその様な進歩的な考えを持った人達でしたが政府、支配者階級が長年の間に彼らの政治活動の歴史をポピュラーカルチャーから意識的に抹殺し、現在では政治史、歴史か文学を勉強した人達で無いと彼等の政治活動は知られてないのです。ノーム チョムスキーがマニュファクチャード コンセンサスmanufactured consensus(製造された同意、世論)と言う事を言っています。各テレビ、ラジオニュース、新聞が皆で同じ様な視点でニュースを発表していると民衆は其れが真実だと思ってしまう。其れだけではなく真実でない事も何回も繰り返していると我々は真実と思い始める。と言う事です。アメリカではオペレーション モッキンバードと言う名前で中央情報局が新聞記者、編集者、テレビ、ラジオニュースに関わっている人々を使って真実では無いニュースを流したり、政権の意向を分らない様に社説などに混入させたりしていた時代があったそうです。(あった。と過去形にしたのは中央情報局が今はしてないと言っているからです。信じられる?)日本ではどうなっていますか?アメリカではテレビ、ラジオ、新聞のニュースは疑ってかからないと全てが嘘ではないのですが、巧妙に真実を隠しているか変えているのです。では又!

No title

ヘレン・ケラーのお話は、サリヴァン先生とのエピソードがあまりにも有名で、その後はまったくといっていいほど知られていませんよね。
私も知りませんでした。
あれだけのハンディキャップを乗り越えた方ですものね!
その後の活動がもっと注目されてもいいのにと思います。

No title

ejnews様おはようございます。
こちらは今、朝 7時少し前です。
dendrodiumに、度々コメントを有難うございます。

ヘレンケラーの事、私もトントンおばさんと同じで、小さい頃に伝記を読んだだけで、三重苦を乗り越えた聖女としてしか知りませんでした。
それだけでもすごい事ですのに、生涯をかけた社会活動家でもあったのですね。

No title

トントンおばさんコメントどうもありがとうございます。そうですね。ハンディーキャップのある人が普通の人より素晴らしい貢献を社会にしているのを見ると私は何と言っていいか..................後ろめたい様な、恥ずかしい様な気持ちになってしまいます。ケラーの事で少し我々をホットさせてくれる事実は、彼女はかなり裕福な家庭で育っているのです。でも言葉が話せるようになり教育を受けた後で彼女は、自分自身の経済的状況と苦しんでいる労働者を比較し、社会悪改善に立ち向かった所が普通の人じゃないところです。彼女はサリヴァン先生に会うまで野獣のような生活をしていたと言いますから、かえって其の事が彼女の生まれ持った中心になる何かを失わさせなかったのかもしれませんね?!?では又!

No title

 ヘレンケラーって小さい頃に偉人伝として読んだ知識しかなかったので…へぇ~思っていたより、もっとすごい人なんですね!健常者である自分がウジウジと悩んでるのが恥ずかしくなります。
 話は少し、横に逸れますが…今日、うちのクラスの子の両親が聾唖者で色々あったので、なおさら考えさせられます。適切に導いてくれる人がいるのと、いないのでは天と地の差があるのかもしれません。←ただし、ヘレンケラーにはサリバン先生のフォローだけでなく、本人のもともと持っている才能がすばらしかったんでしょうね!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

軍事産業に乗っ取られたアメリカ  (愛国心という言葉を使う政治化には気をつけよ)

私の前記事「軍事産業の脱税事件」に寄せられたコメントを、ここにご紹介したいと思います。 これまで私がアメリカはこんな状態なのではない...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。