スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石油、侵略,支配、ノーム チョムスキー 

It's the Oil, stupid!
石油だよ、馬鹿!


BY NOAM CHOMSKY
ノーム チョムスキー


mKhaleej Times Online >> News >> OPINION
http://www.khaleejtimes.com/Index00.asp

8 July 2008
The deal just taking shape between Iraq's Oil Ministry and four Western oil companies raises critical questions about the nature of the US invasion and occupation of Iraq ― questions that should certainly be addressed by presidential candidates and seriously discussed in the United States, and of course in occupied Iraq, where it appears that the population has little if any role in determining the future of their country.

イラク石油省と欧米の4つの石油会社の間で条件交渉が行われている取引は、アメリカのイラク侵略と占領の性格に付いて非常に重大な疑問を生み出している--------疑問---其れは勿論大統領候補者によって取り上げられ真剣に討議されなければならないし、言うまでも無く市民が国家の将来を決定する事に付いて殆ど役割が与えられてない様に見える占領下のイラクでも(議論されなくてはならない)。

Negotiations are under way for Exxon Mobil, Shell, Total and BP ― the original partners decades ago in the Iraq Petroleum Company, now joined by Chevron and other smaller oil companies ― to renew the oil concession they lost to nationalisation during the years when the oil producers took over their own resources. The no-bid contracts, apparently written by the oil corporations with the help of U.S. officials, prevailed over offers from more than 40 other companies, including companies in China, India and Russia.

エクソン モービル、シェル、トタル、そしてBP(ブリティッシュ ペトロリウム)-----数十年前のイラク石油会社のもともとのパートナーで現在はシェヴロンや他の小規模な石油会社と提携している-----の間で原油の生産者が彼ら自身の資源を取り返した国営化の時代に失った利権の回復交渉は進んでいる。明らかにアメリカ政府要員の援助の下に石油会社によって制作された入札過程無しの契約は中国、インド、ロシアの石油会社を含めた他の40以上の会社に勝ったのである。

イラク石油に付いての歴史説明
Iraq Petroleum Company イラク石油会社: 元々欧米の石油会社がオットマントルコ帝国内の原油を開発する目的で開設されたトルコ石油会社に起源を発する。第一次大戦後トルコ帝国が解体、イラクが国家として成立。其の原油を欧米の石油会社が独占する為にイラク石油会社を設立。其の後1972年にサダムフセインはイラクの石油を国営化し、それにより欧米のイラク原油の独占は一時後退。直後に起こったオイルショックでサダムフセインは石油販売で得た巨額の利益を道路、発電所、病院、義務教育、等の国家基盤の充実に当て中近東ではまれな社会保障、教育の拡充を通しイラクを中近東一の教育国家に育成。然し1991年のジョージH.W.ブッシュの対イラク戦争後欧米の対イラク政策によりイラクの国家基盤は徐々に崩壊。ジョージWブッシュのイラク侵略によりイラクは国家として完全に崩壊。アメリカのイラク侵略後欧米の同じ石油企業が再びイラク原油の支配を回復するが、今回はどういう訳かアメリカとイギリスの石油企業の支配が拡大している!?!?

"There was suspicion among many in the Arab world and among parts of the American public that the United States had gone to war in Iraq precisely to secure the oil wealth these contracts seek to extract," Andrew E. Kramer wrote in The New York Times.

アンドリューE クラマーはニューヨーク タイムズで“この様な契約が開発しようとしている石油資源の確保が目的で、合衆国は対イラク戦争を引き起こしたのではないか?と言う疑惑が多くのアラブ人達とアメリカ人の一部でとり立たされている。”と書いている。

Kramer's reference to "suspicion" is an understatement. Furthermore, it is highly likely that the military occupation has taken the initiative in restoring the hated Iraq Petroleum Company, which, as Seamus Milne writes in the London Guardian, was imposed under British rule to "dine off Iraq's wealth in a famously exploitative deal."

クラマーの言う“疑惑”とは一寸優しすぎる表現である。もっと言及すれば、シームスミルンがロンドンガーディアンに書いた様に、英国の支配下で“イラクを食い尽くす有名な搾取的契約”であったあの忌み嫌われていた“イラク石油会社”を復活させる為軍事占領がイニシアティヴをとったと言う事は非常に信憑性が高いと言う事である。

Later reports speak of delays in the bidding. Much is happening in secrecy, and it would be no surprise if new scandals emerge.

後の報告で入札を遅らせる事が書かれている。多くのことが秘密裏に起こっていて新しいスキャンダルが現れても何の不思議も無い。

The demand could hardly be more intense. Iraq contains perhaps the second largest oil reserves in the world, which are, furthermore, very cheap to extract: no permafrost or tar sands or deep sea drilling. For US planners, it is imperative that Iraq remain under U.S. control, to the extent possible, as an obedient client state that will also house major U.S. military bases, right at the heart of the world's major energy reserves.

需要はこれ以上激しくはなり様が無い。イラクは恐らく世界で2番目に多い石油の埋蔵量がありしかも非常に安価に採掘される。永久凍土層やタールの混じった砂や深海採掘を気にする必要は無い。合衆国の計画者達にとって従順な手先国家として、そして合衆国の軍事基地を世界のエネルギー源のど真ん中に受け容れるイラクが合衆国の支配下に居続ける事は絶対に必要な事である。

That these were the primary goals of the invasion was always clear enough through the haze of successive pretexts: weapons of mass destruction, Saddam's links with Al-Qaeda, democracy promotion and the war against terrorism, which, as predicted, sharply increased as a result of the invasion.

これ等は侵略の根本的なゴールである事は連続する大量破壊兵器、サダムとアルケイダとの関係、そして侵略の結果として極めて頻繁に使われるようになり予想されていた口実、“民主主義の拡大”と“対テロ戦争”等の口実の霞を通して常に明らかであった。

Last November, the guiding concerns were made explicit when President Bush and Iraq's Prime Minister Nouri Al Maliki signed a "Declaration of Principles," ignoring the U.S. Congress and Iraqi parliament, and the populations of the two countries.

昨年の11月、ブッシュ大統領とイラク首相ノウリ アル マリキが合衆国議会とイラク国会、そして両国民を無視して“主要事項宣言”にサインした時、主要な関心事が明確にされた。

The Declaration left open the possibility of an indefinite long-term U.S. military presence in Iraq that would presumably include the huge air bases now being built around the country, and the "embassy" in Baghdad, a city within a city, unlike any embassy in the world. These are not being constructed to be abandoned.

宣言は今イラク国内至る所で建設中の広大な空軍基地を含めると思われる、イラクでの合衆国軍事基地の期間の限られてない長期存在の可能性を残している。そしてバグダッドの大使館、世界中のどの大使館とも違って此れは都市の中の都市で、これ等は見捨てられる為に建設されているのではない。

The Declaration also had a remarkably brazen statement about exploiting the resources of Iraq. It said that the economy of Iraq, which means its oil resources, must be open to foreign investment, "especially American investments." That comes close to a pronouncement that we invaded you so that we can control your country and have privileged access to your resources.

この宣言はイラク資源の搾取に付いて驚くような図々しい声明を含んでいる。其れによればイラクの経済-----此れはオイルの事ですが-----は外国の投資に対して開放されなければならない。“特にアメリカの投資に対して。”其れは“我々はお前の国を支配する為に、そして資源利用への特別な権利を持つ為に侵略した。”と言う声明に近い物である。

The seriousness of this commitment was underscored in January, when President Bush issued a "signing statement" declaring that he would reject any congressional legislation that restricted funding "to establish any military installation or base for the purpose of providing for the permanent stationing of United States Armed Forces in Iraq" or "to exercise United States control of the oil resources of Iraq."

この公約の重大性は1月にブッシュ大統領が発表した“イラクに合衆国軍を恒久的に駐屯させる事を提供する目的の軍事施設、又は基地の設置に付いて、若しくは、合衆国によるイラクの石油支配を実行する為の財源を制限するどの様な議会の法令も拒否する”と言うサイニング ステートメントによって強調された。

signing statement サイニングステートメント。議会の決議した法令を大統領が好まない場合、大統領の署名を付けて大統領が法令の好まない部分は大統領の裁量により変更出来るシステム。ブッシュ程サイニングステートメントを多用した大統領は居ない。

Extensive resort to "signing statements" to expand executive power is yet another Bush innovation, condemned by the American Bar Association as "contrary to the rule of law and our constitutional separation of powers." To no avail.

アメリカ法曹協会によって“法律の支配と我々の憲法下の権力分離に反する物である”と言う非難にも関わらず、サイニング ステートメントの多用に頼る大統領権限の拡大は又、ブッシュの新しく考案した物である。

Not surprisingly, the Declaration aroused immediate objections in Iraq, among others from Iraqi unions, which survive even under the harsh anti-labour laws that Saddam instituted and the occupation preserves.

驚く事には当たらないが、この宣言はイラクでの即時の反対を引き起こした、其の中でもサダムが規定し占領軍が保存した過酷な対組合法を生き残ったイラク組合が即時の反対を引き起こした。

In Washington propaganda, the spoiler to US domination in Iraq is Iran. U.S. problems in Iraq are blamed on Iran. US Secretary of State Condoleezza Rice sees a simple solution: "foreign forces" and "foreign arms" should be withdrawn from Iraq ― Iran's, not ours.

ワシントンのプロパガンダである、合衆国の支配を邪魔しているイラン。合衆国のイラク問題はイランが(原因であると)非難された。合衆国国務長官コンデリッサ ライスは簡単な解決法を見た。“外国の勢力と外国の武器はイラクから駆逐されるべきだ、(其の外国は)イランの勢力、武器で我々の物ではない”と。

The confrontation over Iran's nuclear programme heightens the tensions. The Bush administration's "regime change" policy toward Iran comes with ominous threats of force (there Bush is joined by both US presidential candidates). The policy also is reported to include terrorism within Iran ― again legitimate, for the world rulers. A majority of the American people favours diplomacy and oppose the use of force. But public opinion is largely irrelevant to policy formation, not just in this case.

イランの原子力プログラムに付いての対立は緊張感を高めている。ブッシュ政権の“政権交代”と言う対イラン政策は不吉な脅威的勢力と共同している。(両大統領候補はブッシュの政策に同意している)この政策はイラン国内のテロリズムも含んでいると報道されている------又此れは世界の支配者達にとって正当な(行為である)。多数のアメリカ人は外交(での解決)を支持し軍事力の使用に反対している。然し市民の意見は政策がどの様に形作られるかに付いて無関係である。其れはこのケースだけではない。

again legitimate, for the world rulers又此れは世界の支配者達にとって正当な
此れは、アメリカ政府が中央情報部などを使って外国に対してテロ行為をするのは平気なのだが、外国が同じ事をすると犯罪とするアメリカ政府の利己的行動を皮肉っている。


An irony is that Iraq is turning into a US-Iranian condominium. The Maliki government is the sector of Iraqi society most supported by Iran. The so-called Iraqi army ― just another militia ― is largely based on the Badr brigade, which was trained in Iran, and fought on the Iranian side during the Iran-Iraq war.

皮肉な事はイラクが米-イランの共同統治に成りつつあるという事だ。マリキ政府はイラク社会で最もイランから支援を受けているセクターである。所謂イラク陸軍と呼ばれる物は-----他の単なる武装自衛団なのだが------イランイラク戦争でイラン側に付いて戦い、訓練もイランで受けたバドール師団が中核になっている。

Condominium 共同統治。アメリカの日常会話ではこの単語は分譲アパート、所謂日本のマンションを意味する。コンドーと言われている。

Nir Rosen, one of the most astute and knowledgeable correspondents in the region, observes that the main target of the US-Maliki military operations, Moktada Al Sadr, is disliked by Iran as well: He's independent and has popular support, therefore dangerous.

この地域で最も鋭く知識もある派遣記者の一人であるニールローゼンは、米-マリキ軍事作戦の主な的であるモクタダ アル サドルはイランからも嫌われている。彼は独立していて人気も有る、だから危険なのである。

Iran "clearly supported Prime Minister Maliki and the Iraqi government against what they described as 'illegal armed groups' (of Moktada's Mahdi army) in the recent conflict in Basra," Rosen writes, "which is not surprising given that their main proxy in Iraq, the Supreme Iraqi Islamic Council dominates the Iraqi state and is Maliki's main backer."

“イランは最近のバスラでの紛争で彼等が違法武装集団と呼ぶ(モクタダのマハディ陸軍)に反して、明らかにマリキ首相とイラク政府を支援していた。其れは彼ら(イラン)のイラクでの代理人である最高イスラム評議会がイラク国家を支配しそしてマリキの主要な支持者である事を考慮に入れると不思議ではない”とローゼンは書いている。

"There is no proxy war in Iraq," Rosen concludes, "because the U.S. and Iran share the same proxy."

“イラクでは代理戦争は無い。何故なら合衆国とイランは同じ代理人を分かち合っているからだ”とローゼンは締め括っている。

Teheran is presumably pleased to see the United States institute and sustain a government in Iraq that's receptive to their influence. For the Iraqi people, however, that government continues to be a disaster, very likely with worse to come.

テヘランはイラクで合衆国が設立し維持する政府がイランの影響下にある事を見て恐らく満足している事だろう。

In Foreign Affairs, Steven Simon points out that current US counterinsurgency strategy is "stoking the three forces that have traditionally threatened the stability of Middle Eastern states: tribalism, warlordism and sectarianism." The outcome might be "a strong, centralised state ruled by a military junta that would resemble" Saddam's regime.

現在の合衆国の対叛乱対策は伝統的に中東の国家の安定を脅かしていた3つの勢力、部族勢力、軍閥勢力、そして宗教派閥勢力に肩入れする事である。そして其の結果は、サダム政権に似た軍部によって支配される強力な中央集権国家となるのかも知れない。とスティーヴン サイモンは雑誌“外交”で指摘している。

If Washington achieves its goals, then its actions are justified. Reactions are quite different when Vladimir Putin succeeds in pacifying Chechnya, to an extent well beyond what Gen. David Petraeus has achieved in Iraq. But that is THEM, and this is US. Criteria are therefore entirely different.

若しワシントンが目標を達成するとこの行動は正当化される。ウラミディール プーチンがチェチニアの平定に成功した時とは反応は非常に違った物になるだろう。其れはデイヴィッド ぺトレイヤス将軍がイラクで達成した成功を遥かに超えた物になるだろう。然し、其れは彼らの問題で、此れは合衆国の問題である。それ故、判断の基準が全く違うのである。
In the US, the Democrats are silenced now because of the supposed success of the US military surge in Iraq. Their silence reflects the fact that there are no principled criticisms of the war. In this way of regarding the world, if you're achieving your goals, the war and occupation are justified. The sweetheart oil deals come with the territory.

合衆国では成功だと言われているイラクでの米軍の反撃によって民主党は沈黙させられている。彼等の沈黙はこの戦争に対する重要で根本的な批判が存在しない事を反映している。国際社会によれば、この様に若し目的を達成していれば戦争と占領は正当化される。この馴れ合い石油取引はこの領地と共にやって来るのである。

In fact, the whole invasion is a war crime ― indeed the supreme international crime, differing from other war crimes in that it encompasses all the evil that follows, in the terms of the Nuremberg judgment. This is among the topics that can't be discussed, in the presidential campaign or elsewhere. Why are we in Iraq? What do we owe Iraqis for destroying their country? The majority of the American people favour US withdrawal from Iraq. Do their voices matter?

事実, -----他の戦争犯罪とは違い其れが引き起こす結果としての全ての悪も含めて,ニュールンベルグ判決の用語に従えば全く最高の国際犯罪で------この侵略全ては戦争犯罪なのです。此れは大統領選挙キャンペーンだけでなく他の何処でも討論出来る主題の一つである。如何して我々はイラクにいるのか?我々は国を破壊した事に対してどの様にイラク国民に贖うべきか?大多数のアメリカ人はイラクからの合衆国の撤退に賛成している。彼等の声は重要なのか?

Noam Chomsky's writings on linguistics and politics have just been collected in "The Essential Noam Chomsky," edited by Anthony Arnove, from the New Press. Chomsky is emeritus professor of linguistics and philosophy at the Massachusetts Institute of Technology in Cambridge, Mass.

ノーム チョムスキーの言語学と政治に付いての著述はニュープレスから“エッセンシャル ノーム チョムスキー”としてアンソニー アーノブによって編集されました。
チョムスキーはマサチューセッツ州、ケンブリッジのマサチューセッツ インティスチュート オブ テクノロジーの言語学と哲学の名誉教授です。

Ejnews:  Noam Chomskyは世界で最も有名な言語学者、哲学者、社会政治批評家ですが(世界で一番引用されている学者だそうです)、ラジオのPacifica NetworkパシフィカネットワークやDemocracy Now! デモクラシーナウ等を除き、アメリカのテレビ、ラジオには全く出演していません。企業報道機関は真実が嫌いなので彼に出演を要請しないのです。数年前にベネズエラのウーゴチャべス大統領が国連で演説した時に、(壇上でのあの有名な『硫黄の臭いがする。此処に悪魔がいたに違いない!アッハーン!ブッシュが此処に立っていたのか!』とか何とかで有名なあの演説)『アメリカ人はノームチョムスキーの本を読まなければならない』と言い、突然ノームチョムスキーの名が一般のアメリカ人にも知り渡りました。勿論彼の本は飛ぶ様に売れたそうです。


これ等の写真は上の記事と何の関係もありません。


サンフランシスコの南ビッグサーとサンタクルーズ辺りの海岸。

san-francisco-1.jpg
サンフランシスコの中華街で。

little-italy.jpg
サンフランシスコの中華街からイタリア人街へ向かう所。

beach.jpg
モントレーの海岸。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

モスカルです☆

非公開コメントに、コメントしましたので、
ご覧になってください。よろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めてお邪魔します

先日は私のブログにコメントを有難うございました。
又お許しも得ないで、コメントをアップしてしまいました事、深くお詫び申し上げます。
でもコメント欄では、(読むチャンスを得ない方が有って)勿体ない気がしましたので。

アメリカでの情報を読ませていただけるのは、貴重で有り難い事ですので、これからも時々、覗かせていただきたいと思います。
どうか宜しくお願いします。

モスカルです。

いつも大変お世話になっています(^^)♪
モスカルのブログや署名を、いつもご紹介して下さってありがとうございます。
ブログを更新いたしましたので、ぜひご覧になって下さい☆
よろしくお願いします♪

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。