スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の4

"Doomsday Seed Vault" in the Arctic Bill Gates, Rockefeller and the GMO giants know something we don’t
北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(民)の知らない何かを知っている。其の4


John H. Davis had been Assistant Agriculture Secretary under President Dwight Eisenhower in the early 1950’s. He left Washington in 1955 and went to the Harvard Graduate School of Business, an unusual place for an agriculture expert in those days. He had a clear strategy. In 1956, Davis wrote an article in the Harvard Business Review in which he declared that “the only way to solve the so-called farm problem once and for all, and avoid cumbersome government programs, is to progress from agriculture to agribusiness.” He knew precisely what he had in mind, though few others had a clue back then--- a revolution in agriculture production that would concentrate control of the food chain in corporate multinational hands, away from the traditional family farmer.3

ジョンH.デイヴィスは1950年代初期、アイゼンハゥアー大統領の元で農務省議長補佐だった。彼は1955年にワシントンを去りハーヴァード大学院経済学部に移った。当時農業の専門家にとっては(大学院経済学部は)一寸変わった場所であった。彼にはハッキリした戦略があった。1956年にハーヴァードビジネスリヴューに“所謂農園問題言われる問題を終局的に解決し、然も政府の煩わしいプログラムを避ける唯一つの方法は農業から農業ビジネスへの進化だ。”とデイヴィスは記事を書いている。その当時ホンの少数の人間しか理解して無かった事なのだが、彼は何をなすべきかハッキリと理解していた。農業生産革命は伝統的な農家に取って代わり、食物連鎖の支配を多国籍企業が握るだろうと言う事であった。

A crucial aspect driving the interest of the Rockefeller Foundation and US agribusiness companies was the fact that the Green Revolution was based on proliferation of new hybrid seeds in developing markets. One vital aspect of hybrid seeds was their lack of reproductive capacity. Hybrids had a built in protection against multiplication. Unlike normal open pollinated species whose seed gave yields similar to its parents, the yield of the seed borne by hybrid plants was significantly lower than that of the first generation.

ロックフェラー財団とアメリカの農業関連産業を駆り立てている重要な点は、ハイブリッド農業用植物の種販売を発展途上国の市場に広げる事が真の“緑の革命”を創始すると言う
基本的目的であった。極めて重要なハイブリッドの種の一面は繁殖能力に欠けていると言う事である。このハイブリッドは反繁殖機能が組み込まれている。毎年収穫された種から同じ量の収穫量が期待できる自然に受粉する従来の種とは違い、ハイブリッドから収穫された種の翌年の収穫量は極端に減少する。(この事実は農民が収穫された米、麦、豆、etc,の一部を翌年の作付けに使用できないということだ。)


That declining yield characteristic of hybrids meant farmers must normally buy seed every year in order to obtain high yields. Moreover, the lower yield of the second generation eliminated the trade in seed that was often done by seed producers without the breeder’s authorization. It prevented the redistribution of the commercial crop seed by middlemen. If the largemultinational seed companies were able to control the parental seed lines in house, no competitor or farmer would be able to produce the hybrid. The global concentration of hybrid seed patents into a handful of giant seed companies, led by DuPont’s Pioneer Hi-Bred and Monsanto’s Dekalb laid the ground for the later GMO seed revolution.4

ハイブリッド特有の毎年減少する収穫量は一般的に農民が毎年収穫量を維持する為に種を買わなければならないと言う事だ。それに加えて二世代目の収穫量減少は、品種改良育種業社の許可なしに種製造業者による繁殖取引を排除すると言う事である。それは販売目的の種の仲介業による再販売を防ぐ事になる。若し巨大多国籍種販売企業が親種を社内で保持出来るなら、他の競合企業、農家がハイブリッドを創り出す事が出来なくなる。ドュポンのPioneer Hi-BredとモンサントのDekalbにより率いられて始まった世界的な少数の巨大種企業に集中されるハイブリッド種パテントは、後に遺伝子組み換え種革命の下地を準備したのである。

In effect, the introduction of modern American agricultural technology, chemical fertilizers and commercial hybrid seeds all made local farmers in developing countries, particularly the larger more established ones, dependent on foreign, mostly US agribusiness and petro-chemical company inputs. It was a first step in what was to be a decades-long, carefully planned process.

結果として、発展途上国の農家に特に、大農場経営農家に、アメリカの農業技術、化学肥料、利害追求の為に開発されたハイブッリッドの種を紹介する事は外国の、特にアメリカの農業関連企業、石油化学企業の供給に対して発展途上国の農業が頼らざるを得ない状況を作り出したと言える。これは注意深く計画された、其の後数十年続く、プランの第一歩だったと言える。

Under the Green Revolution Agribusiness was making major inroads into markets which were previously of limited access to US exporters. The trend was later dubbed “market-oriented agriculture.” In reality it was agribusiness-controlled agriculture.

緑の革命と言う名の下で農業関連業界はそれまでアメリカの業界にとって輸出量の限界があった市場に大量の販売地盤を作り出したことになる。これは後に“市場中心の農業”と意図的に呼ばれる様になった。現実には農業関連企業に支配された農業であった。


Through the Green Revolution, the Rockefeller Foundation and later Ford Foundation worked hand-in-hand shaping and supporting the foreign policy goals of the United States Agency for International Development (USAID) and of the CIA.

緑の革命を通してロックフェラー財団,後にフォード財団も含めて、は手に手を取って、アメリカ合衆国国際開発局と中央情報局の海外政策を形作り援助した。

One major effect of the Green Revolution was to depopulate the countryside of peasants who were forced to flee into shantytown slums around the cities in desperate search for work. That was no accident; it was part of the plan to create cheap labor pools for forthcoming US multinational manufactures, the ‘globalization’ of recent years.

緑の革命の一つの大きな影響は、仕事を探す為都市外に掘っ立て小屋の立ち並ぶスラムに住居を求め、絶望的な状態に追いやられた、農民の減少による地方の過疎化と言う事だった。それは偶然起こった事ではない。近くやって来るアメリカの多国籍製造企業の為に安価な労働力を準備する為の計画の一部であった。それは近年の“グローバリゼーション”である。

When the self-promotion around the Green Revolution died down, the results were quite different from what had been promised. Problems had arisen from indiscriminate use of the new chemical pesticides, often with serious health consequences. The mono-culture cultivation of new hybrid seed varieties decreased soil fertility and yields over time. The first results were impressive: double or even triple yields for some crops such as wheat and later corn in Mexico. That soon faded.

緑の革命を巡る自己宣伝が落ち着いてきた頃、革命の結果は約束されたものとは非常に異なる物であった。無差別な化学殺虫剤の使用による問題が発生した、多くの場合重大な健康問題であった。新しいハイブッリド種の単一種農耕は時間の経過と共に、土壌の生産性と収穫量を減少させていった。最初の収穫は印象的であった。穀物によっては2倍、3倍の収穫量で、麦等の穀物続いてメキシコの玉蜀黍であったが、直ぐに収穫量は減少して行った。

The Green Revolution was typically accompanied by large irrigation projects which often included World Bank loans to construct huge new dams, and flood previously settled areas and fertile farmland in the process. Also, super-wheat produced greater yields by saturating the soil with huge amounts of fertilizer per acre, the fertilizer being the product of nitrates and petroleum, commodities controlled by the Rockefeller-dominated Seven Sisters major oil companies.

緑の革命は殆んど言って良いほど、ワールドバンクのローンによるダムの建設と言う大規模な灌漑事業と共になされ、それまで人口居住地域や豊かな農耕地が水没した。然も、スーパー麦は各エーカーに付き膨大な量の肥料を使用し大きな収穫量上げた。その肥料とは窒素と、ロックフェラーの支配する7姉妹大石油会社の商品である石油で作られた製品であった。

Huge quantities of herbicides and pesticides were also used, creating additional markets for the oil and chemical giants. As one analyst put it, in effect, the Green Revolution was merely a chemical revolution. At no point could developing nations pay for the huge amounts of chemical fertilizers and pesticides. They would get the credit courtesy of the World Bank and special loans by Chase Bank and other large New York banks, backed by US Government guarantees. 

大量の除草剤、殺虫剤も使用され、附属的市場を巨大石油、石油化学企業の為に作り出した。結局は緑の革命は単なる化学物質革命だと或る批評家は表現している。どの時点に置いても発展途上国が大量の化学肥料や殺虫剤の為の支払いが出来る訳ではない。発展途上国は信用借りをワールドバンクの優遇措置として、そして、合衆国政府から補償されているチェイス銀行やニューヨークの他の大規模銀行から特別ローンる事になる。

Applied in a large number of developing countries, those loans went mostly to the large landowners. For the smaller peasants the situation worked differently. Small peasant farmers could not afford the chemical and other modern inputs and had to borrow money.

多くの発展途上国ローンからの資金は大部分大規模土地所有者に流れていった。小規模農家に対しては状況は違った方向に働いていた。小規模小作農家は農薬やその他の現代的な農業に必要な農機具その他の付随品を購入する経済的余裕が無く借金をしなくてはいけなかった。

Initially various government programs tried to provide some loans to farmers so th
at they could purchase seeds and fertilizers. Farmers who could not participate in this kind of program had to borrow from the private sector. Because of the exorbitant interest rates for informal loans, many small farmers did not even get the benefits of the initial higher yields. After harvest, they had to sell most if not all of their produce to pay off loans and interest. They became dependent on money-lenders and traders and often lost their land. Even with soft loans from government agencies, growing subsistence crops gave way to the production of cash crops.5

初期には政府の強力なプログラムは種と肥料の購買の為のある程度のローンを農家に与えようと努力した。この様なポログラムに参加できない農家は民間セクターから謝金しなくてはならなかった。最初のローンの法外な利子の為多くの農家は最初の高収穫の恵みを享受する事が出来なかった。収穫後、農民達はローンや利子の返還の為、収穫物の殆どを売り払わなければならなかった。彼等は金貸し業者や農作物取引業者に依存する様になり多くの場合土地を失ってしまった。政府機関の低金利ローン(を借りている農家)でさえも自給用の農作物栽培は経済的利益目的(麦、コーン、サトウキビ、大豆、コーヒー、綿、等国際市場で企業が高利益を得られる作物)の農業にとって換わられた。

Since decades the same interests including the Rockefeller Foundation which backed the initial Green Revolution, have worked to promote a second ‘Gene Revolution’ as Rockefeller Foundation President Gordon Conway termed it several years ago, the spread of industrial agriculture and commercial inputs including GMO patented seeds.

何十年もの間、最初の緑の革命を後押ししたロックフェラー財団を含めた、其の同じ関係機関は、“第二の緑の革命”をロックフェラー財団の会長ゴードンコーンウエイが言う様に、現代的農業と著作権取得済み品種を含めた経済的利益の追求の拡大、拡散を推進する為に努力している。

to be continued  続く。

F. William Engdahl is the author of Seeds of Destruction, the Hidden Agenda of Genetic Manipulation just released by Global Research. He also the author of A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order, Pluto Press Ltd.. To contact by e-mail: info@engdahl.oilgeopolitics.net.
F.ウイリアム、イングダルはグローバルリサーチから発行されたばかりの『破壊の種』“隠された遺伝子操作の目的”の著者で、プルートプレスLtd.から『戦争の世紀』“アングロアメリカン石油政治とワールドニューオーダー”の著作もある。
メイルでの連絡は:info@engdahl.oilgeopolitics.net.

William Engdahl is a Research Associate of the Centre for Research on Globalization (CRG). His writings can
be consulted on www.engdahl.oilgeopolitics.net and on Global Research.

この記事はGlobal Research.からの翻訳です。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。