スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモクラシーナウでニュースを聴きながら英語の勉強!

デモクラシーナウでニュースを聴きながら英語の勉強!

Broadcast Legend Bill Moyers on Media Reform: “Democracy Only Works When Ordinary People Claim It as Their Own”
放送界の伝説ビル モーヤー、メディア リフォームについて。“庶民が其れが自分たちの物だと主張する時に始めて民主主義は機能する。”


More than 3,500 people gathered in Minneapolis this weekend for the fourth annual National Conference for Media Reform, organized by the group Free Press. The thousands of participants took part in panel discussions and strategized on efforts to fight media consolidation and democratize the airwaves. We play the electrifying keynote address by legendary journalist Bill Moyers. [includes rush transcript–partial]

フリー プレスと言うグループによって催されたメディア リフォームについて毎年開催されている第4回全国会議に3500人以上の人々がこの週末にミネアポリスに集まり、何千人もの参加者はパネルディスカッションに加わって、メディア統合に対しての戦いの努力に付いて、そして放送電波の民主化に付いて戦略を練りました。我々は伝説的なジャーナリストビルモーヤーによる電気ショックを受けた様な興奮させる基調演説を放送します。〔部分的な緊急に書き取られた写本も含んでいます〕
Airwaves 放送用の電波 electrifying electricity電気 electrify電化する、電気ショックを受ける様にはっとさせる、electrifying keynote address“観客を電気のスイッチを入れた様に興奮させる基調演説”と言う様な意味。感じ分るでしょう。

Bill Moyers, host of the weekly PBS program Bill Moyers Journal. Moyers was one of the founding organizers of the Peace Corps, press secretary for President Lyndon Johnson, a publisher of Newsday, senior correspondent for CBS News and a producer of many groundbreaking series on public television. He won more than thirty Emmy Awards and is the author of four bestselling books. His latest, just published, is Moyers on Democracy.

ビル モーヤー, 毎週放送されているPBS(アメリカの公共放送)の番組“ビル モーヤー ジャーナル”のホスト。モーヤーはピース コー(平和部隊)の創設組織者の一員、リンドン ジョンソン大統領の広報局長、ニューズデイの発行者、CBSニューズの主席通信員(特派員)、そして公共放送の多くの革新的なシリーズのプロドューサーです。彼はエミー賞を30回以上勝ち取り、そして4冊のベストセリングの本著者でもあります。彼の最も新しい(著書)は、出版されたばかりの“モーヤー民主主義に付いて語る”です。

Rush Transcript トランスクリプト
This transcript is available free of charge. However, donations help us provide closed captioning for the deaf and hard of hearing on our TV broadcast. Thank you for your generous contribution.
Donate - $25, $50, $100, More...
トランスクリプトは無料で利用できます。然し、寄付は耳の聞こえない人,難聴の人達に、私達のテレビ放送のサブタイトルを提供する為の助けになります。貴方の惜しみない寄付に感謝します。
寄付-$25,$50,$100,もっと………

AMY GOODMAN: More than 3,500 people gathered this weekend in Minneapolis for the fourth annual National Conference for Media Reform. The thousands of participants took part in panel discussions and strategized about efforts to fight media consolidation and democratize the airwaves. The three-day event was organized by the media reform group Free Press.
The highlight of the weekend was the keynote address by legendary broadcaster, Bill Moyers, host of the weekly PBS program Bill Moyers Journal. Moyers was one of the founding organizers of the Peace Corps, press secretary for President Lyndon Johnson, publisher of Newsday, senior correspondent for CBS News and a producer of many groundbreaking series on public television. He won more than thirty Emmys and is the author of four bestselling books. His latest, just out, is called Moyers on Democracy. On Saturday morning, Bill Moyers took to the stage and addressed the packed convention auditorium.

エイミーグッドマン:
この週末ミネアポリスに毎年開かれるメディア改革の為の全国コンファレンスに3500人以上集まり、何千人もの参加者はパネルディスカッションに加わり、メディア統合に対しての戦いの努力に付いて、そして放送電波の民主化に付いて戦略を練りました。3日間の催しはメディア改革グループの“フリー プレス”によって組織されました。
週末のハイライトはPBSで毎週放送のビル モーヤーズ ジャーナルのホストである、伝説的放送者ビルモーヤーの基調演説でした。モーヤーはピース コー(平和部隊)の創設組織者の一員、リンドン ジョンソン大統領の広報局長、ニューズデイの発行者、CBSニューズの主席通信員(特派員)、そして公共放送の多くの革新的なシリーズのプロドューサーです。彼はエミー賞を30回以上勝ち取り、そして4冊のベストセリングの本著者でもあります。彼の最も新しい(著書)は、出版されたばかりの“モーヤー民主主義に付いて語る”です。土曜日の朝、ビルモーヤーはステージに立ち満員のオーディトリアムに語り掛けました。

BILL MOYERS: The media reform movement was actually born on my show five years ago when Bob McChesney and John Nichols appeared to talk about their new book, Our Media, Not Theirs. Bob was―Bob and John were so insightful, so compelling, so fair, so intense, they just melted the screen, and our email boards and our phones at our office lighted up. Pat Mitchell, the president of PBS, called me the next day and said, “I want a hundred copies of that book to send to every member of the PBS board and others.” Editors from all over the country called and said, “That’s exactly what’s happening to our work here at our local places.”

ビルモーヤー:メディア改革運動は実は私のショーで5年前ボブマクチェスニーとジョンニコラスが彼等の新しい本“我々のメディア、奴等のじゃない。”に付いて話す為に登場した時に生まれました。ボブは---ボブとジョンはとても洞察力があり、とても説得力があり、とても平等で、彼等は全くスクリーンを溶かしてしまう程情熱的です。そして、私達のe-メイルボード、事務所の電話は(視聴者からの問い合わせ、連絡等でメイルボードや電話のランプに明かりが点く事によって)パッと明るくなりました。パットミッチェル、PBSの社長翌日私に電話で“100部のあの本をPBSの理事会のメンバーや他の人々に送りたい“と言って来ました。全国の編集者の皆さんが“全く同じ事が地方で我々の仕事に起こっているよ”と電話をかけて来ました。

We knew we had to do something about it. And Bob and John moved into action. The result was, the Schumann Center for Media and Democracy was behind them. Many of you―many other foundations came in. And as a result of that, the media reform movement today has become what Richard Landry of the Independent Press Association calls one of the most significant citizens’ movement to a merge in this new century, a movement to challenge the stranglehold of mega media corporations over our press and to build alterative and independent sources of news and information that people can trust.

私達は其れに付いて何かをしなければならないと分っていました。そしてボブとジョンは行動を起こしました。其の結果は、----ザ シューマン センター フォー メディア アンド デモクラシーが後押しをし、其れと多くのあなた方の様な人々----多くの他の財団が参加して来ました。そして、其の結果、今日のメディア改革運動は、独立プレス同盟のリチャードランドリーが呼ぶには、この新しい世紀の最も重要な、皆が一丸となる市民運動の一つになり、この運動は巨大メディア企業の我々の報道機関への締め付けに対する挑戦し、そして代替(の報道機関)、独立したニュースソース、そして人々が信頼できる情報等を構築する事です。

Here we are again, and our numbers are growing. We were 1,700 in Madison four years ago, 2,500 in St. Louis a year later, 3,200 in Memphis last year, and now here in St. Paul we’re 3,500 and counting. That’s amazing.

そして私達は又此処に集まっています!我々の人数は増え続けています。4年前マディソンで我々は1700人でした。其の1年後、セントルイスで2500人、昨年メンフィスで3200人、そして今此処セントポールで、私達は3500人、未だ計算しています。驚嘆するべき事です。

By the way, one we’re pleased to count is my son, William Cope Moyers. Some of you know him. He’s become a national spokesman for the treatment and recovery movement. He’s the vice president of the Hazelden Foundation, that remarkable treatment and recovery center here in Minnesota, which is a recovering states. His book about our family’s experiences in his long ordeal of combating this disease of addiction―his book is called Broken―became a bestseller last year. And his message is the same one that the media reform message proclaims so consistently, that nothing is ever broken that can’t be fixed if enough people are committed. You―by the way, he’s going to come and help me sign my books after this is over. I’ve already helped him sign his.

処で、私達が(参加者の)数を計算していて嬉しく思う事は、私の息子、ウィリアムコープモーヤーです。(息子が参加しているのを嬉しく思う)あなた方の中で彼を知っている人も居られると思います。彼は“治療と回復の為の運動”の国を代表するスポークスマンとなりました。彼は、此処回復の州、ミネソタの特筆するべき“治療と回復センター”ヘイゼルデン財団の理事長補佐です。彼の、我々家族の経験である、彼の長く困難な(薬物、アルコール等の)中毒症との戦いに付いての“ブロークン”と言う本は昨年ベストセラーとなりました。そして、彼のメッセージはメディア改革運動が首尾一貫して宣言しているメッセージと同じなのです。其れは、若し充分な人数が集まり誓って其の気になれば 壊れている物で修復不可能な物は無いと言う事です。処で、あなた方------------------彼が此処に来てこの後私の本にサインをするのを手伝ってくれます。私はもう彼の本にサインするのを手伝いましたから。

You represent millions of Americans who see media consolidation as a corrosive social force. It robs them of their voice in public affairs, pollutes the political culture and turns the debate over profound issues into a shouting match of polarized views promulgated by partisan apologists who trivialize democracy while refusing to speak the truth about how our country is being plundered.
あなた方はメディアの集中は社会を侵食する勢力だと考えている百万ものアメリカ人を代表しているのです。其れ(メディア統合をしている企業、政治勢力)は公共社会生活から彼らの(国民の)声を奪い、政治文化を汚染し、我が国が略奪されている事に付いて話す事を拒否し、民主主義を取るに足りない物にしている党派護教論者の宣伝によって,深遠な問題に付いての討論を分極化した視点の唯の叫び合いの喧嘩に変えてしまっているのです。

The patriarch of your movement warned a generation ago of what was coming. In his magisterial book, Media Monopoly, Ben Bagdikian wrote, quote, “The result of the overwhelming power of relatively narrow corporate ideologies has been the creation of widely established political and economic illusions with little visible contradictions in the media to which a majority of the people is exclusively exposed." In other words, what we need to know to make democracy work for all Americans is compromised by media institutions deeply embedded in the power structures of society.

あなた方の運動の創始者は数世代前に(将来)何がやって来ているか警告していたのです。彼の“メディア モノポリー”と言う偉大な本の中でベン バディキアンはこう書いています。“比較的狭い範囲の企業教条主義の圧倒的な勢力の結果として形作られた物は、殆どの人が専ら見る羽目に落ち居ているメディアで何も批判の対象になっていない,何の疑いも無く世間で受け入れられている政治的経済的な幻影で創造された物です。”別の言い方をすると、全てのアメリカ人のために民主主義が上手く機能する為に我々が何を知る必要があるのかと言う事は、社会の権力構成の支配的立場を占める勢力と癒着している報道機関によって隠されているのです。

“The result of the overwhelming power覆いかぶさるような権力の結果 of relatively narrow corporate ideologies比較的に幅の狭い企業主義 has been the creation of widely established political and economic illusions広く認められている政治的、経済的幻影の創造物 with little visible contradictions殆ど矛盾の見えない in the mediaメディアによって to which a majority of the people is exclusively exposed." (其のメディア)は大多数の人々が殆ど其れだけを見る羽目に陥っている。

“比較的狭い範囲の企業教条主義の圧倒的な勢力で形作られた物は、殆どの人が専ら見る羽目に落ち居ているメディアで何も批判の対象になっていない,世間で何の疑いも無く受け入れられている政治的経済的な幻影で創造された物です。”

この部分は一寸解りにくいかもしれません。


Whether employing professional journalists trained at prestigious universities or polemicists whose ignorance, arrogance and malevolence serve partisan agendas, our dominant media are ultimately accountable only to corporate boards whose mission is not life, liberty, and the pursuit of happiness for the whole body of our republic, but the aggrandizement of corporate executives and shareholders; organizations whose self-styled mandate is not holding public and private power accountable so that there is an equilibrium in society, but aggregating their interlocking interests; organizations whose reward comes not from helping fulfill the social compact embodied in the notion of “We, the people,” but from the manufacturing of news and information as profitable consumer commodities, rather than the means to empower morally responsible citizens.
伝統的で有名な大学で教育を受けたプロフェッショナルな新聞記者を雇うか、論争家の無知,傲慢さ,悪意が党派主義者の目的の為に役立っているか、どちらの場合でも我々の(社会の)支配的な報道機関は我々共和国全員の生活、自由、幸福の追求ではなく、最終的には重役や株主の利益の拡大が使命の企業の重役会に対して責任を負っている。(企業としての報道機関、其の重役会、株主等)組織が自らによって与えた使命(権限)は社会の均衡を保つ為に個人や公共(政府)の責任を追及しない、代わりに彼等の絡み合った利益の拡大を計っている。この組織は“我々市民”で具現化されている社会契約の履行の援助が報酬ではなく、また、倫理的に責任感のある市民の権利を拡充する為の手段ではなく、利益が得られる消費される商品としてニュースを製造する事が報酬である。(その様な組織の為に今の報道機関は仕えていると言う意味)

What does it matter? Why a media anyway? I’m going to let an old Cherokee chief answer that. I heard this story a long time ago, growing up in Choctaw County in Oklahoma before we moved to Texas, of the tribal elder who was telling his grandson about the battle the old man was waging within himself. He said, "It is between two wolves, my son. One is an evil wolf: anger, envy, sorrow, greed, self-pity, guilt, resentment, lies, false pride, superiority and ego. The other is the good wolf: joy, peace, love, hope, serenity, humility, empathy, generosity, truth, compassion and faith.” The boy took this in for a few minutes and then said to his father―to his grandfather, “Which wolf won?” The old Cherokee replied simply, “The one I feed.” Democracy is that way. The wolf that wins is the one we feed. And media provides the fodder.

何が問題なんだろう?如何してメディアが大切なのか?私は此処で昔のチェロキー インデアンの酋長に答えてもらう事にしまよう。私は部族の長老が孫達に語っていた、老人の戦いが彼自身の内で戦われていると言う、この物語を、テキサスに引っ越す前に住んでいたオクラホマ州チョクタウ郡で過ごした子供の頃に聞きました。彼は“息子よ其れは2匹の狼の間の戦いだ、1匹は悪い狼、怒り、羨望、悲しみ、貪欲、自分だけ不運だと嘆く事、疚しさ、他人への怒り、嘘、虚栄、優越感、そして、利己心。もう1匹は良い狼で、嬉しさ、平和、愛、希望、平静、謙遜、共感、寛大、真実、同情、そして誠実”。少年は(話を聞いた後)数分考えてお父さんと御祖父さんに“どっちの狼が勝ったの?”と聞きました。チェロキーの古老は唯こう答えました。“其れは、私が餌を与えた奴だよ。”民主主義は此れと同じです。勝つ狼は我々が餌を与える狼です。そしてメディアが飼料を与えます。(メディアが真実を市民に告げる事によって民主主義を育成する)

So it is that democracy without honest information creates the illusion of popular consent while enhancing the power of the state and the privileged interests protected by it. Democracy without accountability creates the illusion of popular control while offering ordinary Americans only cheap tickets to the balcony, too far away to see that the public stage has become just a reality TV set. Nothing more characterizes corporate media today, mainstream and partisan, than disdain toward the fragile nature of modern life and indifference toward the complex social debate required of a free and self-governing people.

だから、正確な情報の無い民主主義は民主的(多数の)同意があったと言う幻影を創り出し、同時に国家の権力の座を強化し、其の国家権力よって国家から利益を得る特権階級が保護されます。誰も責任を取らない民主主義は人民主導と言う幻影を創り出し、同時にアメリカ庶民には遠過ぎて,公共と言う舞台がリアリティーテレビ番組の舞台セットになってしまった事が見えない安いバルコニーのチケットを与えています。壊れやすい性質の現代社会生活に対する軽蔑、そして自由で自治の出来る人民に不可欠な複雑な社会的議論への無関心、これ等以外に現在の企業によって経営される主流メディア、党派主義者を性格づける物はありません。

This leaves you with a heavy burden. It is up to you to fight for the freedom that makes all other freedoms possible. In fact, I want to ask you to do something right now. I want you to stand up just a moment. Please, stand up. Now, turn to a neighbor to your left or neighbor to your right. Look that person in the eye. Shake hands. Shake hands, come on. Now turn to the person on the other side. Look that person in the eye. Shake hands. Now, see? Keep standing. You’re surrounded by kindred spirits. Remember―remember this when you go home and continue the fight. Hold your neighbors’ presence and this moment in your heart, and keep reminding yourself, “I’m not alone in this movement.”

以上の(私の言った)事は貴方達に重い責任を残す事になります。他の全ての民主主義を可能にするこの自由の為の戦いをするかどうかは貴方達次第です。実は、今此処で貴方達にして貰いたい事があるのです。私は少しの間貴方達に立上がって欲しいのです。どうぞ立ち上がってください。そして貴方の左隣か右隣にむかっ手下さい。その人の目を見て下さい。握手をして!さあ!握手をして!そして今度は反対側の人に向かって下さい。目を見て!握手をして!如何,解かりましたか?立っていて下さい。貴方達は同類の精神に取り囲まれているのです。この事を憶えていて下さい----------憶えていて、家に帰った後戦いを続けてください。貴方の隣に居る人の存在とこの瞬間を貴方の心に捉えて、貴方自身に何時も言い続けてください。“この運動で私は独りぼっちじゃない”と。

Ejnews: 今日は又DemocracyNow.orgからの1部です。全て翻訳する時間が無かったので申し訳ありません。ビル モーヤーは報道の倫理道徳観が服を着て歩いている様な人で、ロナルド レーガンが大統領になった時から保守共和党、其の後、ネオコン達からサボタージュを受け続けています。2008年6月9日のデモクラシーナウでBroadcast Legend Bill Moyers on Media Reform: "Democracy Only Works When Ordinary People Claim It as Their Own" をクリックするとこの記事のトランスクリプトが出てきます。RealVideo Stream, Real real audio stream, MP3Download,をクリックすると映像、音声が出てきます。トランスクリプトを読みながらエイミー グッドマンとビル モーヤーの声を聞いて英語を勉強しましょう。

http://www.democracynow.org/2008/6/9/moyers

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

ナカかちゃんコメント有難うございます。日本の状態は良く分からないのですが此方ではテレビは完全に企業に買収されています。CBS,NBC,とか全ての放送局は株を別の企業に持たれている、例えばNBCはジェネラルエレクトリックスの様な企業に、そうするとNBCのニュースではジェネラルエレクトロニックスの不利益になるニュースは出てこないのです。加えてコマーシャルを出しているスポンサーの企業に不利益になるニュースも出てこない。と言うことでテレビ、新聞、ラジオのニュースはニュースではなく唯の質の悪いエンターテイメントだと言う事です。最近になりブッシュ政権を支えるネオコンの振る舞いが普通のアメリカ人にも鼻に付くようになり代替メディア、例えばエイミーグッドマンのDemocracynow.org は最近人気が上昇してきています。(処でデモクラシーナウは日本語訳付きでネットで聞けるようになったそうです。日本のある団体がNPO団体で始めたそうです。)第二次大戦後平和主義者によって始められたパシフィカラジオネットワークPacifica.org(このネットワークは完全に市民からの寄付によって成り立っているネットワークでスポンサーは市民なので真実のニュースが聞けるのです。私も定期的に寄付をしています。日本でもこの様な放送局があればいいのですが)つまり、企業がスポンサーである限り本当のニュースは無い!と言うことです。日本のNHK、英国のBBC,モ良くやっていますがやはり何処かで検閲されているのではないかと感じます。先ず自己検閲と言うのがあると思います。
 社会主義は啓蒙思想が始まった頃から色々な西洋東洋の哲学者を経て政治思想としては完成の域に達していると思います。問題は、特にアメリカ、日本ですが社会主義は何かどの様に機能するかが教育の場で教えられていないのです。特にアメリカでは過去のソ連のレーニン、ステーリンのボルシェビッキ式偽共産主義が共産主義だと思わされているのです。彼等は共産主義と現代の社会主義の違いも分からないのです。私は学校での政治の歴史教育等が非常に大切だと思います。簡単な事です。分かち合う心が政治の一番大切な事ですから、其れを教えると必然的にどの様な社会が人間的な社会なのか子供にも良く分かると思います。子供が保育園、幼稚園に行き始めて最初に習う事の1つに『皆で順番に仲良く使おうね!』と言うのが有りますよね。つまり分かち合わない子は先生から『ジョージちゃん独り占めは駄目よ!』等と説教される訳ですよね。でも大人の世界は独り占めが横行している訳で、此れでは子供達は大人を尊敬しない訳ですよね!この独り占めを法律で抑制しながら経済的強者の理論である資本主義が勝手に一人歩きをしない様に考え出されたのが現在の社会主義だと思っています。日本に社会党はなくなってしまったのですが、社会主義は、昔アメリカの原住民社会が彼等の環境を熟知していて必要以上の自然の搾取をしない様な社会を構成していたのと似ていると思います。
 では、又!

こんにちは

こんにちは。
こちらでははじめまして。
アメリカでも日本でもデモクラシーの敵は同じですね。
日本ではメディアの集中は完全に確立されている状態で
日本人のほとんどが民主主義とは政治的なものであると勘違いしてます。
報道の中にありながら民主主義を主張する人は日本では皆無ですね。

ここに書かれちゅうことはかなり本質的で
メディアの集中という現象そのものが草の根民主主義の崩壊を意味すると思います。
しかし、メディアの合従連衡もまた資本主義の枠内では自然の発露であり
民主主義の結果であると思われますが、それが最終的に民主主義の崩壊を
導くのであれば、資本主義と民主主義は本来、共存できんもんやないかなとも
感じてしまいます。
ここから導き出されることは
私たちは社会主義でも資本主義でもない民主主義が機能する新たな地盤を
手に入れる時期にきちゅうのではないかと思います。
またお邪魔しますね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メディア募集!

レムリアンリゾナンス事業メニューにもあるように メディア改造というのは重要な柱です。 偶然、市民側に立ったラジオを手掛けられている方に お会いして去年から交流しまして、今月、シリーズもので 1カ月間ラジオ出演しております。 高知シティFM スポン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。