スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立記念日、Independence Day 、the Fourth of July

Independence Day (United States)
独立記念日。the Fourth of July



From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、フリー百科事典より。

In the United States, Independence Day commonly known as the Fourth of July is a federal holiday commemorating the adoption of the Declaration of Independence on July 4, 1776, declaring independence from the Kingdom of Great Britain. Congress approved the wording of the Declaration on July 4 and then sent it to the printer. Whether John Hancock, as the elected President of the Second Continental Congress, or anyone else signed the document that day is unknown, because that document has been lost — presumably destroyed in the printing process.[1] On August 2 in the following month, an engrossed document[2] was signed by Hancock and other delegates.

合衆国では、独立記念日、大英帝国からの独立を宣言した1776年7月4日の独立宣言の採択を記念している、一般的にザ フォース オブ ジュライとして知られていている連邦政府の制定した休日です。議会は宣言の用語を7月4日に承認し印刷所に送った。第2回大陸議会で選出された大統領、ジョンハンコックが、若しくは、他の誰かが其の日ドキュメントに著名したのかは不明である。なぜなら其の(オリジナル)ドキュメントは失われたからである。…………印刷過程で破れたのだろう。翌月8月2日公式のドキュメントはハンコックや他の下院議員によって署名された。

Independence Day is commonly associated with fireworks, parades, barbecues, carnivals, picnics, baseball games, and various other public and private events celebrating the history, government, and traditions of the United States, but is often also viewed as simply a summer festival, apart from its patriotic overtones.

独立記念日は一般的に、合衆国の歴史、政府、伝統を祝う、花火、パレード、バーベキュー,カーニバル,ピクニック,ベイスボールゲーム、や他の色々な公共、家庭での行事と共に連想されます。然し、頻繁に愛国的な音調から離れて、唯の夏のフェスティヴァルとしてだけ見られることも有ります。

Ejnews: わー!あっと言う間に1年の半分が過ぎ去ってしまった。もう独立記念日!又、何もせずこの1年も過ぎ去ってしまうのだろうか?
処で、(もう歳だから落ち込んでいる時間は37秒位しか無いのです。)合衆国の独立の始まりは、あの有名な“ボストン ティー パーティー”だと歴史の時間に習いましたよね!?でも如何して当時のボストンの英国人がアメリカ原住民に変装して御茶をボストン湾に投げ込んだのでしょう?歴史の時間を覚えている人居ますか???長い話を短くすると、フランスと植民地、世界市場の覇権を争っていた英国は物凄い借金を英国とオランダの銀行からして7年戦争に勝利したのですが、借金の返済をするために、北米植民地の色々な税金を引き上げたのです。英国政府としては植民地で商売をしている英国植民地住民の市場を確保する為に戦争をしたのだから、北米の植民地に住む英国国民は戦争の借金返済のためモット税を払うのは当然だ(砂糖、タバコ、塩、ビール、蒸留酒に対しての税。酒の税金を増やすのは間違いだったね!誰だって反乱を起すよね。)と言った考えだったのでしょう。北米植民地住人は其の様には当然考えなかったのです。不満が増えていきます。ニューヨークがニュー アムステルダムと言われていた当時ニュー アムステルダムのオランダ人達は御茶を当時の英国全土で消費されていた以上に飲んでいた位、北米には御茶好きの伝統があったのです。北米が英国領になってからも御茶の消費は増え続け英国政府に税金を払わない御茶の輸入が頻繁に北米人によってなされていました。(税金を払わない輸入?密輸入とも呼ばれています。フーム!殆どの国で重罪です。)合衆国独立宣言に署名したジョン ハンコック、サミュエル アダムス、達も其の税金を払わない御茶の輸入業をしていました。其れだけではなく、ジョン ハンコックはフランスの植民地からモラセス(砂糖になる前の液体、此れからラム酒なんか出来るんじゃないの!?)の税金を払わない輸入もしていたのです。密輸業者とも呼ばれます。其処に、経済的に逼迫していた、東インド会社と歴史の古いジョンカンパニーが合併し、アジアからの御茶の輸出を税金を払わないでしても良いという認可を英国政府から受けたのです。困ったのは御茶の密輸で利益を得ていた北米の商人達です。あの強大なジョン カンパニーと東インド会社が統合し、然も彼らはお茶の輸出に税金を払う必要が無いとなると、北米での御茶の密輸業者は商売が成り立たなくなるのです。フーム!此処まで言うと、如何して御茶がアメリカ合衆国の独立運動の契機になったか御分かりになりますか?新しく台頭してくる地方勢力と既成勢力の争いですよね。つまり、自由平等、中央政府政治参政権だけではなく、利益の自由平等と言う事かな?この利益を得ている人々は大衆ではないよね!アメリカ独立宣言当時は、地主、密輸業者、等の地方ブルジョアですよね。
 独立後何が起こったかと言うと、独立以前より税金は高くなり、独立戦争の英雄達も税金が払えず僅かながらの土地を手放さなくてはならなくなり、新たな反乱が起こりました。此れはDaniel ShaysのShay’s Rebellion“シェイの反乱”に代表されています。彼はmarquis de La Fayette有名なラファイエットから戦功の為に授与された剣も借金の為に売らなくてはならない程困窮していたのです。自由平等の独立戦争後、アメリカの原住民は徐々に母国を失い荒地の居留地区に閉じ込められ、黒人奴隷制度はリンカーンの内戦まで続き、その後も黒人、東洋人、有色人種に対しての人種差別は今でも続いています。イラクは石油企業を国営にした事が侵略される原因となりましたが、イラク国民がアングロ-サクソンの様な白人だったらアメリカは侵略したでしょうか?独立記念日おめでとう。アメリカ!誕生日おめでとう!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

COMMENTS

7月4日に生まれて

7月4日と言えば、映画「7月4日に生まれて」を思い出します。

モスカルさんからのコメントがありました。
今回はあまりお役に立てませんでしたが・・

No title

あ~、独立記念日ですか~。
明日は祝日なんですね。
今日は歴史の勉強をじっくりとさせてもらいました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。