スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿実油 コットンシードオイル 食用には不適。

Cottonseed oil
綿実油 (コットンシードオイル)


From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、フリーエンサイクロペディアから。

Cottonseed oil is a vegetable oil extracted from the seeds of the cotton plant after the cotton lint has been removed. It must be refined to remove gossypol, a naturally occurring toxin that protects the cotton plant from insect damage. Unrefined cottonseed oil is therefore sometimes used as a pesticide. In its natural unhydrogenated state cottonseed oil, like all vegetable oils, has no cholesterol. It also contains no trans fatty acids. However, it does contain over 50% Omega-6 fatty acids and only trace amounts of Omega-3 fatty acids, and the imbalance is considered unhealthy if not used in moderation or balanced elsewhere in the diet. Further, these polyunsaturated fats can potentially go rancid during the extraction process.

綿実油は木綿と言う植物の実から綿花繊維が取り去られた後で抽出された植物油です。其れは〔綿実油〕は虫の害から木綿の植物を護る為に自然に発生する毒物ゴシポルgossypolを取り除く為に精製されなければなりません。精製されていない綿実油はこの理由で時々殺虫剤として使用されます。自然のハイドロジネイテドされてない状態で綿実油はその他の全ての植物油の様にコレステロールはありません。トランス脂肪酸も含んでいません。然し、50%以上のオメガ6脂肪酸を含んでいますがホンの痕跡ほどのオメガ3しか含んでなく、若し控えめに使うか、ダイエットの何処かでバランスしないとこの不均衡は不健康だと考えられています。其の上、これ等のポリ不飽和脂肪は抽出過程で酸化腐敗してしまう可能性があるのです。

Cottonseed oil is a vegetable oil綿実油は植物油です extracted from the seeds of the cotton plant木綿と言う植物の実から抽出されたafter the cotton lint has been removed. 綿花繊維が取り去られた後It must be refined to remove gossypol, ゴシポルgossypolを取り除く為に精製されなければなりません a naturally occurring toxin自然に発生する毒物that protects the cotton plant from insect damage. 虫の害から木綿の植物を護る Unrefined cottonseed oil is精製されていない綿実油はtherefore この理由でsometimes used as a pesticide. 時々殺虫剤として使用されますIn its natural unhydrogenated state cottonseed oil, 自然のハイドロジネイテドされてない状態で綿実油はその like all vegetable oils, 全ての植物油の様に has no cholesterol. コレステロールはありません It also contains no trans fatty acids. トランス脂肪酸も含んでいません However, 然し it does contain over 50% Omega-6 fatty acids 50%以上のオメガ6脂肪酸を含んでいますand only trace amounts of Omega-3 fatty acids, ホンの痕跡ほどのオメガ3しか含んでなく and the imbalance is considered unhealthy この不均衡は不健康だと考えられていますif not used in moderation控えめに使わないと or balanced elsewhere in the diet. ダイエットの何処かでバランスしないと Further, 其の上these polyunsaturated fats can potentially go rancid これ等のポリ不飽和脂肪は酸化腐敗してしまう可能性があるのですduring the extraction process. 抽出過程で


Some consumers are wary of cottonseed oil because cotton crops are one of the most chemically-intensive crops grown in the U.S. Many chemicals approved for use on cotton are not approved for use on food-based crops. Cotton field leftovers, or gin trash, is frequently fed to cattle.

綿花はアメリカで最も化学物質を大量に使って栽培されている作物の1つなので、ある消費者達は綿実油に付いて不安を抱いています。綿花に使用が許可されている化学物質の多くは食用の為の農作物への使用が許可されてないのです。綿花畑の残り物、若しくは棉織過程の不要物は頻繁に家畜に飼料として与えられます。

Some consumers are wary of cottonseed oilある消費者達は綿実油に付いて不安を抱いています because何故なら cotton crops are one of the most chemically-intensive crops綿花は最も化学物質を大量に使って栽培されている作物の1つなのでgrown in the U.S. アメリカで栽培されている Many chemicals approved for use on cotton綿花に使用が許可されている化学物質の多くは are not approved for use on food-based crops. 食用の為の農作物への使用が許可されてないのです Cotton field leftovers, 綿花畑の残り物or gin trash, 若しくは棉織過程の不要物is frequently fed to cattle. 頻繁に家畜に飼料として与えられます

Cottonseed oil is rich in palmitic acid (22-26%), oleic acid (15-20%), linoleic acid (49-58%) and 10% mixture of arachidic acid, behenic acid and lignoceric acid. It also contains about 1% sterculic acids and malvalic acids in the crude oil. The cyclopropene acids are undesirable components, but they are largely removed during refining, particularly deodorization, and also during hydrogenation. They are not considered to present any health hazard in cottonseed oil.

綿実油はパルミティック酸(22~26%)、オレリック酸(15~20%)リノレイック酸(49~58%)と、10%のアラシディック酸、ベヘニック酸、そして、リグノセリック酸の混合です。そして又、約1%のステルクリック酸とマルヴァリック酸が精製されてない(棉実油)に含まれています。サイクロプロペイン酸は好ましくない成分ですが、特に脱臭過程と、そしてハイドロジネイション(水素化合)の過程の様な精製過程で殆どが取り除かれます。これ等の綿実油成分は健康にどんな害をもくわえるとは考えられていません。

Cottonseed oil is rich in palmitic acid (22-26%), oleic acid (15-20%), linoleic acid (49-58%) and 10% mixture of arachidic acid, behenic acid and lignoceric acid. It also contains about 1% sterculic acids and malvalic acids in the crude oil. リノレイック酸(49~58%)と、10%のアラシディック酸、ベヘニック酸、そして、リグノセリック酸の混合です。そして又、約1%のステルクリック酸とマルヴァリック酸が精製されてない(棉実油)に含まれていますThe cyclopropene acids are undesirable components, サイクロプロペイン酸は好ましくない成分ですbut they are largely removed during refining, 精製過程で殆どが取り除かれます particularly deodorization, 特に脱臭過程and also during hydrogenation. そしてハイドロジネイション(水素化合)の過程They are not considered to present これ等は~を提示すると考えられていないany health hazardどんな健康に対する害 in cottonseed oil.綿実油の中

Cottonseed oil is commonly used in manufacturing potato chips and other snack foods. Along with soybean oil, it is very often partially or fully hydrogenated. The growing consensus is that in hydrogenated (trans fat) form these oils are very unhealthy. Cottonseed oil was the first oil to be hydrogenated in mass production, originally intended for candle production, and soon also as a food (as Crisco). In part because regulations apply differently to non-food crops, it has also been suggested that cottonseed oil may be highly contaminated with pesticide residues, but insufficient testing has been done.[citation needed]
Cotton (oil) is also one of the big four (soy, corn, rapeseed/Canola,[1] and cotton) genetically modified crops grown around the world.

綿実油は通常ポテトチップスや他のスナック食品の製造に使われています。大豆油と共に、それ(綿実油)は部分的、もしくは完全にハイドロジナイズド(水素化合)されています。ハイドロジネション(水素化合)(トランス脂肪)された形の油に付いて増えつつある意見の一致はこれ等の油が健康に良くないのではないかと言う事です。綿実油は、元々蝋燭製造の為に最初にハイドロジネション水素化合技術で大量生産された油で、そして直ぐにクリスコの様な食品に使われました。(如何して最初に蝋燭用に綿実油が使われたかと言う)理由のある部分は食用以外の農作物には法律が違った形で適用され、其の上、綿実油は残留殺虫剤で非常に汚染されているのではないかと示唆されたからです。然し充分なテストは行われませんでした。

綿(実油)は世界的に栽培されている4大遺伝子組み換え農作物(大豆、玉蜀黍,菜種、綿花)の一つです。

Cottonseed oil is commonly used in manufacturing potato chips綿実油は通常ポテトチップス製造に使われています and other snack foods. や他のスナック食品の Along with soybean oil, 大豆油と共に、 it is very often partially or fully hydrogenated. それ(綿実油)は部分的、もしくは完全にハイドロジナイズド(水素化合)されています The growing consensus is増えつつある意見の一致は that in hydrogenated (trans fat) form these oils are very unhealthy. これ等のハイドロジネション(水素化合)(トランス脂肪)された形の油が健康に良くない Cottonseed oil was the first oil綿実油は最初の油 to be hydrogenated in mass production, 最初にハイドロジネション水素化合技術で大量生産されたoriginally intended for candle production, 元々蝋燭製造が目的 and soon also as a food (as Crisco).そして直ぐに食品として( クリスコの様な)In part because理由の一部は regulations apply differently規則は違う形で適用される to non-food crops,非食品用農作物には it has also been suggested 其れは示唆されているthat cottonseed oil may be highly contaminated 綿実油は非常に汚染されているかもしれないwith pesticide residues,殺虫剤で but insufficient testing has been done.然し不充分なテストしかされていない。(直訳は“不十分なテストがされている。”ですが、日本語としては変でしょう)

Cotton (oil) is also綿実油は又 one of the big four (soy, corn, rapeseed/Canola,[1] and cotton) genetically modified crops 4大GM作物の一つ grown around the world.世界中で栽培されている


The health Emporium. www.healthemporium.com.au
ザ ヘルス エンポリウム。から



COTTONSEED OIL: Cottonseed oil should not be consumed as it contains the fatty acid cyclopropen, which is toxic to the liver and prevents the metabolism of other essential fatty acids. Cottonseed oil is always refined (unrefined cottonseed oil is sometimes used as a pesticide), almost always genetically modified and highly contaminated with pesticide residues, and very often is partially or fully hydrogenated. Cottonseed oil is commonly used to make potato chips and other snack foods, and for deep-frying in fast food restaurants.

コットン シード オイル(綿実油):肝臓にとって毒物で、必須脂肪酸の代謝を妨げるcyclopropen,サイクロプロペン脂肪酸を含んでいるのでコットンシードオイルは食用にされるべきではありません。コットン シード オイルは常に精製されています(精製されてないコットン シード オイルは時々殺虫剤として使われます。)殆ど遺伝子組み換えで残留殺虫剤で非常に汚染されていて、頻繁に部分的、若しくは完全にhydrogenated水素化合されています。コットン シード オイルは一般的にポテトチップスや他のスナック食品の製造、そして、ファースト フード レストランでの揚げ物に使われています。

Cottonseed oil should not be consumed as it contains the fatty acid cyclopropen, サイクロプロペン脂肪酸を含んでいるのでコットンシードオイルは食用にされるべきではありませんwhich is toxic to the liver and prevents the metabolism of other essential fatty acids. 肝臓にとって毒物で、必須脂肪酸の代謝を妨げる Cottonseed oil is always refined コットン シード オイルは常に精製されています(unrefined cottonseed oil is sometimes used as a pesticide精製されてないコットン シード オイルは時々殺虫剤として使われます), almost always genetically modified and highly contaminated with pesticide residues, 殆ど遺伝子組み換えで残留殺虫剤で非常に汚染されていてand very often is partially or fully hydrogenated. 頻繁に部分的、若しくは完全にhydrogenated水素化合されていますCottonseed oil is commonly used to make potato chips and other snack foods, and for deep-frying in fast food restaurants. コットン シード オイルは一般的にポテトチップスや他のスナック食品の製造、そして、ファースト フード レストランでの揚げ物に使われています。

ejnews: マーガリン、サラダドレッシング、ショートニング、営業用の揚げ油、若しかするとカレーのルーにも使われている可能性もあります。食品をマーケットで買う時は原材料表示を良く読んで買いましょう。殆どの綿花は“ラウンドアップレディー綿花”だそうです。と言う事はグリフォサイトが残留しているのです。ラウッドアップと言う除草剤に付いてはカテゴリーの“モンサント”で見て下さい。其れと食の安全で“マーガリンの製造法”も読んでください。マーガリンは血管内のコレステロールの大原因ですからバターにしましょう。最近では完全なベジタリアンvegetarianがアメリカでも多くなってきました。食肉はアメリカでは狂牛病Mad Cow diseaseだけでなくクローンされた家畜の肉が既に市場に流通していると言う事ですので、ヴェジタリアンが増えてくるのも当然の事でしょう。韓国の人々はアメリカの牛肉輸入に大反対しているようですが、彼等は間違ってないのです。
 では今日は此れで。 Good Night!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

ととりんさん訪問ありがとう。残念ながら打ち消す食品は無いようです。最近はアメリカモンサント社のラウンドアップレディーGM農作物が海外で大半になっている様で、この記事にもありますが大豆、菜種、コーン、木綿、は危険です。カテゴリーの”食の安全””モンサント””環境“等の記事も読んでみて下さい。私は時々全く油を使わず、生の野菜、果物だけを食べる”生野菜断食”をする事があります。肝臓の古い脂肪を代謝させる事で有害化学物質を体外に排除すると言うアイデアだそうです。化学物質は食品添加物、農薬、化粧品の人工香料等を含め全て石油から出来ています。油です。だから人間の脂肪に蓄積されるのだそうです。グレープナッツオイルは圧搾抽出出来ないので揮発油を使って溶出しなければいけないそうで此れも避けた方が良い油です。又何かありましたらコメントして下さい。

No title

はじめて訪問させてもらいました。

え、そんなー、、って感じです。

恐ろしいですね。家で気をつけてても
給食や外出先では防ぎようもないじゃない!!

打ち消してくれる食品とかってないんですかね???

No title

マーガリンは避けていますが、ショートニングなどと共にお菓子に使われていますよね。
食べるものがなくなってきそうです。
カレールーにもですか。。。

韓国のデモはヒートアップしていますが、国民が声をあげる元気があって、
その点ではある意味うらやましいような気がします。
イミョンバク大統領には気の毒ですが。

difficult

僕のようなぼんくらのおじいにしてみれば読んでいて
難しいブログですなぁ。

ポテトチップスはビールの友として今でもよく食べます、けっこう塩味が
好きだから。
マーガリンも前からよくパンに塗って食べていましたよ。

それらがみんな体に悪いとしたら、スーパーなどで販売されている食品の、何を信じて
何を食ったらいいのか分かりませんよね。

かといって自給自足はなりたたないし・・・・・(-_-;)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。