スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性。其の5

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。


• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日

Spray Drift 漂う散布(散布された農薬が風で漂う事)


Glyphosate spray drift from both ground and aerial applications has been measured from 400 to 800 meters from the target site. Studies have shown that Glyphosate drift will cause more severe and extensive damage than many other herbicides. This is because it is a broad spectrum, non-selective herbicide and it is transported throughout the plant causing damage to the unexposed parts. This damage, when it does not kill the plants, can last for many years.

地面と空中からの散布され漂い出たグリフォサイトは散布の目標地点から400~800メートル離れた所で測定されています。漂い出るグリフォサイトはその他の多くの除草剤よりもっと酷く、広範な損害を引き起こすでしょう。此れは、其れが幅広く無差別な除草剤であり、そして其れは植物中に広がり植物の除草剤に触れていない部分に被害を与えるのです。其れが植物を殺さない時にこの被害は長期間持続します。(例え植物が枯れなくても環境に与える害悪は、この殺虫剤が劣化分解しにくいので、長期間環境に残ると言う意味)

Glyphosate spray drift from both ground and aerial applications地面と空中からの散布され漂い出たグリフォサイト has been measured from 400 to 800 meters from the target site. 目標地点から400~800メートル離れた所で測定されていますStudies have shown研究は示します that Glyphosate drift will cause more severe and extensive damage漂い出るグリフォサイトはもっと酷いそして広い被害を引き起こします 、than many other herbicides.多くの他の除草剤よりも This is because it is a broad spectrum, non-selective herbicide此れは、其れが幅広く無差別な除草剤でありand it is transported throughout the plantそして、其れは植物全体に移動されます。 causing damage to the unexposed parts.其れは説明出来ない 期待されて無い被害を与えますThis damage,この被害 when it does not kill the plants,其れが植物を殺さない時 can last for many years.何年も持続する事が出来ます。

Drift that is one thousand times less than the usual application rates has been shown to damage surrounding vegetation, including the killing of wild plants. This is an important reason why it should not be used in national parks and environmentally sensitive areas for weed control.

この漂うグリフォサイトは普通の使用状態と比べると1000倍弱いレイトですが野生種の植物を殺す事も含めて、回りを取り巻く植物界に被害を与える事が示されています。この重要な理由で其れは国立公園や環境上微妙な場所で雑草駆除の為に使われるべきではないのです。

Drift that is one thousand times less than the usual application ratesこの漂うグリフォサイトは普通の使用状態と比べると1000倍弱いレイトです has been shown to damage被害を与える事が示されていますsurrounding vegetation, 回りを取り巻く植物界に including the killing of wild plants. 野生種の植物を含めて This is an important reason 此れは大切な理由ですwhy it should not be used何故使われてはならないのか in national parks国立公園で and environmentally sensitive areasそして微妙なバランスで保たれている環境で for weed control.雑草駆除の為



Genetic Engineering 遺伝技術

The use of glyphosate is expected to increase substantially in the next few years because several genetically engineered crops are "Roundup Ready" and will be grown by many farmers.

グリフォサイトの使用は次の数年間にかなり増加すると予期されています。何故なら幾種類かの遺伝子組み換え農作物は“ラウンドアップレディー”で多くの農家によって栽培されるからです。


The use of glyphosate is expected to increaseグリフォサイトの使用は増加すると予期されています substantiallyかなり in the next few years次の数年間because several genetically engineered crops are "Roundup Ready"何故なら幾種類かの遺伝子組み換え農作物は“ラウンドアップレディー”and will be grown by many farmers. で多くの農家によって栽培されるからです


This expected increase in use has resulted in an application for the MRL (residue level) for glyphosate to be increased by 200 percent. This need to increase the permitted residue levels is due to genetically engineered herbicide tolerant crops using more chemicals, not less as the proponents of GMO's claim. These crops cannot be legally sold in Australia under the present residue levels, as the increased number of sprays will mean higher residue levels.

予想されている(グリフォサイトの)使用の増加はグリフォセイトに対する最大残留レベルMRLの採用によって200%の増加となる結果となった。この残留量(農薬の)の許容値を引き上げる必要性は、GMO遺伝子組み換え生物の推奨者達が公言している(残留農薬は通常の作物の残留農薬より)“少ない”とは反対に、除草剤抵抗遺伝子組み換え作物はより多くの化学物質(農薬)を使用すると言う事に原因している。これ等の作物は(農薬の)散布の回数が増えると言う事は高い残留レベルを意味するので、現在の残留レベル下で、オーストラリアでは合法的に販売出来ない。

This expected increase in use予想されている(グリフォサイトの)使用の増加has resulted in an application for the MRL (residue level) for glyphosateグリフォセイトに対する最大残留レベルMRLの採用によって to be increased by 200 percent. 200%の増加となる結果となった。 This need to increase the permitted residue levels isこの残留量(農薬の)の許容値を引き上げる必要性は due to genetically engineered herbicide tolerant crops using more chemicals,遺伝子組み換えの除草剤でも枯れない作物はもっと化学物質を使うと言う事が原因 not less as the proponents of GMO's claim. GMO(遺伝子組み換え生物)の推奨者達が公言している“少ない”とは反対にThese crops cannot be legally sold in Australiaこれ等の作物はオーストラリアでは合法的に販売出来ない。 under the present residue levels, 現在の残留レベル下で as the increased number of sprays will mean higher residue levels. (農薬の)散布の回数が増えると言う事は高い残留レベルを意味するので

maximum residue limits (MRLs)最大残留上限


This need for a dramatic increase in residues demonstrates that this herbicide is residual. If it is rapidly degraded and leaves no residues as is commonly claimed, why is there a need for such a large increase on residues on the crop?

この残留(許可量)の劇的な増加の必要性は、この除草剤は残留性があると言う事を示している。若し一般的に公言されている様に短時間で劣化分解し残留物質を残さないとすると、何故、これ等の農作物の残留上限量をこの様に大幅に引き上げなけれならない必要があるのだろうか?

This need for a dramatic increase in residues demonstrates thatこの残留(許可量)の劇的な増加の必要性は示している this herbicide is residual. この除草剤は残留性があると If it is rapidly degraded若し短時間で劣化分解し and leaves no residues残留物質を残さないとするとas is commonly claimed, 一般的に公言されている様に why is there a need for such a large increase on residues on the crop? 何故、これ等の農作物の残留上限量をこの様に大幅に引き上げなけれならない必要があるのだろうか?

The persistent nature of these residues in genetically engineered food crops such as Soybeans, Corn and Canola is another reason why we need mandatory labelling of all GMO's. We need to have the freedom of choice to avoid foods that we believe will contain residues of toxic chemicals.

この、大豆、玉蜀黍、菜種のような遺伝子組み換え食用作物の残留物質の執拗な性質は、如何して強制的なGMOの表示が必要かと言う又他の理由一つです。我々は毒性のある化学物質が含まれていると信じられる食品を避けると言う選択の自由を持つと言う事が必要なのです。

The persistent nature of these residues in genetically engineered food crops遺伝子組み換え食用作物の残留物質の執拗な性質はsuch as Soybeans, Corn and Canola大豆、玉蜀黍、菜種のような is another reason why we need mandatory labelling of all GMO's. 如何して強制的なGMOの表示が必要かと言う又他の理由一つです We need to have the freedom of choice選択の自由を持つ事が必要なのです to avoid foods食品を避けるthat we believe will contain residues of toxic chemicals. 毒性のある化学物質が含まれていると信じられる


This is a very good reason for eating organic foods.
この事はオルガニック食品を食べるとても良い理由です。



Conclusion 結論。


Glyphosate is widely used in the mistaken belief that it is harmless, safe and readily breaks down leaving no residues. Consequently, it is sprayed in public areas while people are present and by operators without protective clothing. These people are exposed to the drift of this herbicide. The facts show that Glyphosate causes a range of health problems to humans, plants and animals, it causes environmental problems and that it is highly persistent. It is time that the widespread use of this toxic chemical on roadsides, footpaths, parks, gardens, schools, farms, forestry, national parks etc was stopped or highly restricted.

グリフォサイトは無害、安全、そして短期間で劣化分解し残留性が無いと言う間違った確信で広く使用されています。その結果として、人がいる公共の場で保護服を着けない作業員によって散布されるのです。これ等の人々は空気中を漂ってくるこの除草剤によって汚染されるのです。この事実はグリフォサイトが人間、植物、動物の健康上の問題を起こすと言う事を示し、其れは環境問題を起こし,そして非常に(環境で)持続すると言う事なのです。広範に使用されているこの毒性のある化学物質の道端、小道、公園、庭、学校、農園、森林、国立公園等での使用禁止、又は、強く制限する時なのです。

Glyphosate is widely usedグリフォサイトは広く使用されていますin the mistaken belief間違った確信で that it is harmless, safe and readily breaks down leaving no residues. 無害、安全、そして短期間で劣化分解し残留性が無いConsequently, その結果として it is sprayed in public areas while people are present人がいる公共の場で散布されand by operators without protective clothing.そして保護服を着けない作業員によって These people are exposed to the drift of this herbicide. これ等の人々は空気中を漂ってくるこの除草剤によって汚染されるのです The facts show that 事実は示していますGlyphosate causes a range of health problems to humans, plants and animals, グリフォサイトが人間、植物、動物の健康上の問題を起こすit causes environmental problems and that it is highly persistent. 其れは環境問題を起こし,そして非常に(環境で)持続するIt is time that ~をする時ですthe widespread use of this toxic chemical on roadsides, footpaths, parks, gardens, schools, farms, forestry, national parks etc was stopped or highly restricted. 広範に使用されているこの毒性のある化学物質の道端、小道、公園、庭、学校、農園、森林、国立公園等での使用禁止、又は、強く制限する


Acknowledgments and References 感謝と参考。

Most of the information for this article came from an excellent paper authored by Caroline Cox in the JOURNAL OF PESTICIDE REFORM, Fall 1998, Vol.18, No. 3.
この記事の殆どの情報はカロラインコックスの書いた優れた記事“JOURNAL OF PESTICIDE REFORM”の1998年、秋、Vol.18, No. 3.、から参照されています。

Updated 01-02, Northwest Coalition Against Pesticides, Eugene, Oregon.
アップデイテド01-02殺虫剤に反対するノースウエスト同盟、ユージン
オレゴン
Lehmann V. and Pengue W. (2000), Herbicide Tolerant Soybean: Just another step in a technology treadmill? Biotechnology and Development Monitor. September 2000.

Lehmann V. and Pengue W. (2000), Herbicide Tolerant Soybean:除草剤で枯れない大豆 Just another step in a technology treadmill?科学技術の踏み車へのホンのもう一歩? Biotechnology and Development Monitor. 生物学技術と発達の監視September 2000.

Nordstrom M. et al, (1998), "Occupational exposures, animal exposure, and smoking as risk factors for hairy cell leukaemia evaluated in a case-control study," BRITISH JOURNAL OF CANCER Vol. 77 (1998), pp 2048-2052.
ケースコントロール研究での毛状細胞白血病の要因としての職業による人体汚染、動物の汚染、そして喫煙の評価。“ブリティッシュ ジャーナル オブ キャンサー”Vol. 77 (1998), pp 2048-2052.

Hardell L. and Eriksson M. (1999), "A Case-Control Study of Non-Hodgkin Lymphoma and exposure to Pesticides," CANCER Vol.85, No. 6 (March 15, 1999).

Hardell L. and Eriksson M. (1999), “非ホジキンリンパ腺腫と殺虫剤の人体汚染に付いてのケースコントロール研究” CANCER Vol.85, No. 6 (March 15, 1999).

Organic Producers Association of Queensland

ejnews: やっと終りました。処で、アメリカでは今トマトがマーケットから消えてしまっているのです。食中毒が原因で死亡者が出たりしているそうです。ニュースによると原因が分らないとの事ですが、私は若しかするとバイオソリッドが原因ではないかと思われるのです。バイオソリッドBiosolidsとは都市の下水処理場からの副産物、詰まり汚水の浄化過程で出て来る沈殿物です。此れは肥料として販売されているのです。今までこのバイオソリッドに付いては何冊もの本も出版されているほど問題があるのですが、未だに使用されているようです。ニューヨークなどの下水は工場、病院,家庭の下水が全部混じっているので、有毒化学物質だけでなく、病院からの危険な抗生物質に抵抗力を持った微生物が混じっているのです。バイオソリッドを肥料として使っていた人がこの抵抗力を持った微生物の為に死亡した事件も過去に報告されていながらも、未だに状況は変わってないようです。フロリダ州の農業ではこのバイオソリッドがよく使われているそうです。此れはアメリカだけでなく、カナダ、ヨーロッパのある国々でも同様だと言う事です。若し貴方がアメリカ、カナダを旅行している時に、好い風景の農園だからと言って安心して土いじりは一寸考え物かも知れません。
   では又!
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。