スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性。其の2.

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。


• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日

Health Problems - so safe that you can drink it.
健康上の問題------飲める程安全。

Japanese researchers analyzing suicides have found that drinking 3/4 of a cup (200 milliliters) of commercial glyphosate products is fatal.

自殺を分析している日本の研究者達は3/4カップ(200ミリリットル)の市場販売用のグリフォサイトを飲む事は死に至ると言う事を発見している。

Japanese researchers analyzing suicides have found that自殺を分析している日本の研究者達は発見している drinking 3/4 of a cup (200 milliliters) of commercial glyphosate products is fatal. 3/4カップ(200ミリリットル)の市場販売用のグリフォサイトを飲む事は死に至る


Survivors (those who consumed less than 3/4 of a cup) suffered a range of severe health problems. These problems included intestinal pain, vomiting, erosion of the gastrointestinal tract, excess fluid in the lungs, pneumonia, lung dysfunction, clouding of consciousness, destruction of red blood cells, abnormal electrocardiograms, low blood pressure, kidney damage and damage to the larynx. It is important to note that damage to the kidneys and the lungs is usually permanent. These body tissues do not repair themselves, instead forming scar tissue that does not function to help filter toxins from the blood or breathe oxygen.

生存者達(3/4カップ以下の量を飲んだ人)は幅広い重症の健康上の問題を患っている。問題とは腸の痛み、嘔吐、消化器官のタダレ、肺の必要以上の水分、肺炎、肺機能の不調、思考がボンヤリする、赤血球の破壊、心電図の異常、低血圧、腎臓障害と喉頭の障害等を含んでいる。腎臓と肺の障害は治療不可能である事は注意に値する。これ等の人体細胞組織は自己再生しない、その代わりに傷跡を残し其れは血液の毒物を濾過したり、酸素を呼吸する事を手助け出来ない。

Survivors生存者達(those who consumed less than 3/4 of a cup) (3/4カップ以下の量を飲んだ人) suffered a range of severe health problems. は幅広い重症の健康上の問題を患っている。 These problems included問題は含んでいるintestinal pain, 腸の痛み vomiting, 嘔吐erosion of the gastrointestinal tract, 消化器官のタダレexcess fluid in the lungs, 肺の必要以上の水分pneumonia, 肺炎lung dysfunction, 肺機能の不調clouding of consciousness, 思考がボンヤリする事 destruction of red blood cells, 赤血球の破壊abnormal electrocardiograms, 心電図の異常low blood pressure, 低血圧kidney damage腎臓障害and damage to the larynx. と喉頭の障害等It is important to note that注意に値する。 damage to the kidneys and the lungs is usually permanent. 腎臓と肺の障害は治療不可能であるThese body tissues do not repair themselves, これ等の人体細胞組織は自己再生しないinstead forming scar tissueその代わりに傷跡を残し that does not function to help filter toxins from the blood or breathe oxygen. 其れは血液の毒物を濾過したり、酸素を呼吸する事を手助け出来ない


In California, where there is a mandatory system of reporting pesticide poisoning, Glyphosate is the third most common cause of pesticide illness in farm workers. It is the most common form of reported pesticide poisoning in landscape gardeners.

殺虫剤中毒の報告が義務付けられているカリフォルニアでは、グリフォサイトは農場労働者間の第3番目に頻繁に起こる農薬による病気の原因です。其れは庭園園芸家間で普通に最も多く報告されている種類の農薬中毒です。

In California, カリフォルニアでは where there is a mandatory system of reporting pesticide poisoning, 殺虫剤中毒の報告が義務付けられている Glyphosate is the third most common cause グリフォサイトは第3番目に頻繁に起こる原因ですof pesticide illness農薬による病気の in farm workers. 農場労働者間の It is the most common form其れは普通に最も多い形(種類)of reported pesticide poisoning報告されている農薬中毒です in landscape gardeners. 庭園園芸家間で


Two separate studies in Sweden have linked exposure to Glyphosate to Hairy Cell Leukemia and Non Hodgkins Lymphoma. These types of cancers were extremely rare, however non-Hodgkins lymphoma is the most rapidly increasing cancer in the Western world. It has risen by 73% in the USA since 1973. Another study has found a higher incidence of Parkinson disease amongst farmers who used herbicides, including glyphosate.

スエーデンでの2つの互いに関連の無い研究ではグリフォサイトの人体汚染はHairy Cell Leukemia毛状細胞白血病? and Non Hodgkins Lymphoma.非ホジキンリンパ腫と関連付けられている。これ等のタイプの癌は非常に珍しいにも拘らずnon-Hodgkins lymphoma非ホジキンリンパ腫は欧米社会で最も増え続けている癌です。其れは1973年から73%増加しました。他の研究は、グリフォサイトを含めた除草剤を使用した農民の間での高い率のパーキンソン病を見出しました。


Two separate studies in Swedenスエーデンでの2つの互いに関連の無い研究have linked exposure to Glyphosate to Hairy Cell Leukemia and Non Hodgkins Lymphoma. グリフォサイトの人体汚染はHairy Cell Leukemia毛状細胞白血病? and Non Hodgkins Lymphoma.非ホジキンリンパ腫と関連付けられている These types of cancers were extremely rare, これ等のタイプの癌は非常に珍しいにも howeverにも拘らず non-Hodgkins lymphoma is the most rapidly increasing cancer in the Western world. non-Hodgkins lymphoma非ホジキンリンパ腫は欧米社会で最も増え続けている癌です。 It has risen by 73% in the USA since 1973. 其れは1973年から73%増加しました Another study has found a higher incidence of Parkinson disease他の研究は高い率のパーキンソン病を見出しました。amongst farmers who used herbicides, 除草剤を使用した農民の間でのincluding glyphosate. グリフォサイトを含めた

Other studies show that Glyphosate and commercial herbicides containing Glyphosate cause a range of cell mutations and damage to cell DNA. These types of changes are usually regarded as precursors to cancer and birth defects.

他の研究は、グリフォサイトとグリフォサイトを含んだ市場で販売されている除草剤は、色々なレンジの損傷を細胞と細胞のDNAに与えると示している。これ等の変化は通常、癌と奇形の前触れと認識されている。

Other studies show that他の研究は示している Glyphosate and commercial herbicides containing Glyphosateグリフォサイトとグリフォサイトを含んだ市場で販売されている除草剤は cause a range of cell mutations and damage to cell DNA. 色々なレンジの損傷を細胞と細胞のDNAに与えるとThese types of changes are usually regardedこれ等の変化は通常認識されているas precursors to cancer and birth defects. 癌と奇形の前触れとして




Reproductive Effects 生殖機能への影響。


Studies show that exposure to Glyphosate is associated with a range of reproductive effects in humans and other species. Research from Ontario, Canada found that a father's exposure to Glyphosate was linked to an increase in miscarriages and premature births in farm families.

研究によると、グリフォサイトに曝される事は、人間や動物の種々の生殖機能への影響への関係が示されている。カナダのオンタリオでの研究は農家での父親のグリフォセイト汚染は流産と早産の増加と関連付けられている。

Studies show that 研究は示すexposure to Glyphosate isグリフォサイトに曝される事は associated with a range of reproductive effects種々の生殖機能への影響への関係in humans and other species. 人間や動物のResearch from Ontario, Canada found thatカナダのオンタリオでの研究は a father's exposure to Glyphosate was父親のグリフォセイト汚染は linked to an increase in miscarriages and premature births流産と早産の増加と関連付けられている in farm families. 農家での

Glyphosate caused a decrease in the sperm count of rats and an increase in abnormal and dead sperms in rabbits. Pregnant rabbits exposed to Glyphosate had a decrease in the weight of their babies.

グリフォサイトは鼠の精子の数の減少と兎の異常なそして死んだ精子の増加の原因となっています。グリフォサイトに汚染された妊娠した兎は体重の少ない子兎をうみました。

Glyphosate caused グリフォサイトは原因となっていますa decrease in the sperm count of rats鼠の精子の数の減少and an increase in abnormal and dead sperms in rabbits. と兎の異常なそして死んだ精子の増加Pregnant rabbits exposed to Glyphosate グリフォサイトに汚染された妊娠した兎had a decrease in the weight of their babies. 体重の少ない子兎をうみました


to be continued. 続く。


ejnews: グリフォサイトが主成分の除草剤はラウンドアップという名前で販売されています。問題は“ラウンドアップレディー農作物”と呼ばれる遺伝子組み換え技術で創られた農業用の作物(当然此れもモンサントによって開発、販売されているのですが)はこのグリフォサイトが主成分の除草剤で枯れないように作られているのです。詰まり、農家はこの除草剤を直接農作物の上に散布してもラウンドアップレディーGM作物は枯れないのです。と言う事は、これ等のGM作物は除草剤を大量に吸収しながら成長し実をつけるのです。そして、動物の飼料や、我々人間の食料になるのです。特に危険な事は、食肉は動物の飼料に含まれている化学物質が凝縮されているので、オルガニックで無い食肉を常時食べることは種々の化学物質を一度にまとめて食べていると言う事なのです。
 食生活には繊細な注意が必要な時代です。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

COMMENTS

ぞ、ぞーっ

ejnewsさん、またまた戦慄のリポートですね。
単独でも有害なはずなのに界面活性剤も混合されているとは。
枯れない農作物なんて怖すぎます。
原材料として、例えば大豆なんかで既に日本に入ってきているのでしょうか。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。