スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の3

"Doomsday Seed Vault" in the Arctic Bill Gates, Rockefeller and the GMO giants know something we don’t
北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の3

by F. William Engdahl

Genetically engineering a master race?

 遺伝子操作技術で支配的人種を作る?


Now the Svalbard Seed Bank begins to become interesting. But it gets better. ‘The Project’ I referred to is the project of the Rockefeller Foundation and powerful financial interests since the 1920’s to use eugenics, later renamed genetics, to justify creation of a genetically-engineered Master Race. Hitler and the Nazis called it the Ayran Master Race.

 此処でスヴァルヴォード シード バンクは面白くなってくるが、一寸待て!もっと凄くなる。私が話している“ザ プロジェクト”は1920年代からロックフェラー財団や他の経済界の大物達が(financial interests)優生学を、後の遺伝学を使い、遺伝子操作でマスター レースを創り出す事を正当化する事である。ヒットラーとナチスは“アーリアン マスター レース”と呼んだ。

The eugenics of Hitler were financed to a major extent by the same Rockefeller Foundation which today is building a doomsday seed vault to preserve samples of every seed on our planet. Now this is getting really intriguing. The same Rockefeller Foundation created the pseudo-science discipline of molecular biology in their relentless pursuit of reducing human life down to the ‘defining gene sequence’ which, they hoped, could then be modified in order to change human traits at will. Hitler’s eugenics scientists, many of whom were quietly brought to the United States after the War to continue their biological eugenics research, laid much of the groundwork of genetic engineering of various life forms, much of it supported openly until well into the Third Reich by Rockefeller Foundation generous grants.2

 我々の惑星の全ての種を保存する為、現在最後の審判種保管所を建築している同じロックフェラー財団によってヒットラーの優生学はかなりの部分まで、融資されていた。話は本当に面白くなって来た。この同じロックフェラー財団は当時,人間の生を最小限の遺伝子配列に還元するると言う飽くなき追及の為に分子生物学と言うイカサマ科学を創造した。それは当時人類の性質を思った様に作り変える事が出来ると期待された。ヒットラーの多くの優生学者は彼等の生物優生学の研究を続ける為、戦後密かにアメリカに移された。種々の生物の遺伝子組み換え技術の基礎研究の多くは密かに第三帝国を通して(政権の犯罪性が露呈された後の)かなりの時期までロックフェラー財団の気前の良い助成金によって融資された。

The same Rockefeller Foundation created the so-called Green Revolution, out of a trip to Mexico in 1946 by Nelson Rockefeller and former New Deal Secretary of Agriculture and founder of the Pioneer Hi-Bred Seed Company, Henry Wallace.

 1946年のネルソン ロックフェラーと元ニュー ディール農業部門長官でパイオニア ハイ ブリッド シード会社の創始者ヘンリー ウォーレスのメキシコ旅行の際、この同じロックフェラー財団が所謂“緑の革命”を創始nした。

The Green Revolution purported to solve the world hunger problem to a major degree in Mexico, India and other select countries where Rockefeller worked. Rockefeller Foundation agronomist, Norman Borlaug, won a Nobel Peace Prize for his work, hardly something to boast about with the likes of Henry Kissinger sharing the same.

 緑の革命はメキシコ、インドや他のロックフェラーが仕事をした国々で国際的飢饉を大幅に軽減する事が可能だと言う歌い文句だった。ロックフェラー財団の農政学者ノーマン ボーログは彼の実績でノーベル賞を授与されたが、ヘンリー キッシンジャーの様な輩が同じ賞を分かち合っているので別に自慢の種に出来る物では無いのだが。

In reality, as it years later emerged, the Green Revolution was a brilliant Rockefeller family scheme to develop a globalized agribusiness which they then could monopolize just as they had done in the world oil industry beginning a half century before. As Henry Kissinger declared in the 1970’s, ‘If you control the oil you control the country; if you control food, you control the population.’

 現実には緑の革命は後に明確になった様に、先ず国際的な農業ビジネスを構築し、その後で独占すると言う、ロックフェラー家が半世紀前に石油業界で始めたと同様の素晴らしい企みであった。ヘンリー キッシンジャーが1970年代に“石油を支配すると国家を支配する。食料を支配すると人口を支配する。”と宣言した様に。

you control the population. 此処でのyouは日本語では勿論訳す必要はありませんね。population人口ですが、人類、世界中の人々、と言う意味でしょう。キッシンジャーらしい“ドクターストレンジラブ’見たいな発言だと思いませんか?

Agribusiness and the Rockefeller Green Revolution went hand-in-hand. They were part of a grand strategy which included Rockefeller Foundation financing of research for the development of genetic engineering of plants and animals a few years later.

 農業ビジネス(農業関連産業?)とロックフェラーの“緑の革命”は仲良く手を繋いでやって来た。この二つは数年後のロックフェラー財団が融資し植物と動物の遺伝子技術を開発する事を含む壮大な戦略の一部であった。

to be continued  続く。

F. William Engdahl is the author of Seeds of Destruction, the Hidden Agenda of Genetic Manipulation just released by Global Research. He also the author of A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order, Pluto Press Ltd.. To contact by e-mail: info@engdahl.oilgeopolitics.net.
F.ウイリアム、イングダルはグローバルリサーチから発行されたばかりの『破壊の種』“隠された遺伝子操作の目的”の著者で、プルートプレスLtd.から『戦争の世紀』“アングロアメリカン石油政治とワールドニューオーダー”の著作もある。
メイルでの連絡は:info@engdahl.oilgeopolitics.net.

William Engdahl is a Research Associate of the Centre for Research on Globalization (CRG). His writings can
be consulted on www.engdahl.oilgeopolitics.net and on Global Research.

この記事はGlobal Research.からの翻訳です。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

 サイトリンクさせていただきました。こちらこそ。よろしくお願いしますm(_ _)m!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。