スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テフロン化学物質、発癌物質の可能性。

Teflon Chemical a Likely Carcinogen
テフロン化学物質、発癌物質の可能性。


Published on Tuesday, January 31,2006 by The Associated Press
ジィ アソシエイテド プレス
by Randall Chase   ランダル チェイス 著

A chemical used in the manufacture of Teflon and other nonstick and stain-resistant products should be considered a "likely" carcinogen, according to an independent scientific review panel advising the Environmental Protection Agency.

『テフロンや他のノンスティック製品の製造に使用されている化学物質は発癌物質の可能性があると考えるべきだ。』と米環境保護局にアドヴァイスを与えている科学審査委員会は述べている。

According to は~によると。と言う意味。
Independent scientific review panel, のindependent は他の団体、人から影響や圧力を受けないと言う意味。
Environmental Protection Agency は米合衆国政府の環境保護局or省?略してEPAと呼ばれている。

The recommendation included in the panel's final draft report is consistent with its preliminary finding, which went beyond the EPA's own determination that there was only "suggestive evidence" from animal studies that perfluorooctanoic acid and its salts are potential human carcinogens.

この勧告は委員の最終草案報告は委員会の予備調査の結果と一致している。それは環境保護局自身の決定である『動物実験ではPerfluorooctaoic酸とその塩(塩化物?salts)は人間に対して発癌物質の可能性があるとのほんの僅かな証拠が結果として出た。』を超えた解釈である。

Preliminary 予備、予めにfinding発見された物、結果。だからpreliminary finding は予備調査の結果と言う意味。

"The predominant panel view was that the descriptor 'likely to be carcinogenic' was more consistent with currently available data, while a few panel members reached the conclusion that the current evidence fails to exceed the descriptor 'suggestive,' of carcinogenicity," the panel said in a draft report released Monday.

 『審査委員での優勢な見解は“likely to be carcinogenic”(発癌物質である可能性がある)と言う表現は現時点で手に入るデータと照らし合わせて適当である。然し、少数の審査委員は最近の証拠から“suggestive of carcinogenicity”(発癌性の暗示。つまり可能性があるかも知れないし無いかも知れないと言う事。Likely to be carcinogenicと言う簡明な表現と比べて及び腰のsuggestive という言葉さえこの少数の委員には行き過ぎた言葉と言う事)と言う表現を超える事は適切ではないと言う結論に至った。』と月曜日に発表された報告書草案で述べられている。

Officials with Wilmington, Del.-based DuPont Co., the sole North American producer of PFOA, took issue with the panel's conclusions.

 北米の唯一のPFOAの製造元であるデラウエアー州ウエルミントンに本部を持つデュポン社は審査委員会の結論対し、

"We disagree with the panel's recommendation on the cancer classification, and we continue to support the EPA's draft risk assessment," said Robert Rickard, director of health and environmental sciences for DuPont.

 『我が社は委員会の癌に他する分類法についての勧告に対して異なる意見を持っており、我々は引き続きEPAの草案にある危険度についての評価方法に賛成する。』と、デュポン社の健康と環境科学部長ロバート リッカードを通し表明した。

"This reflects the recommended classification. What's more important is risk, and we are confident that PFOA does not pose a cancer risk to the general public," added Rickard, who said the carcinogenicity classification was based on animal data and does not reflect data from human studies.

『この事(発癌性について争われている事実)は提唱されている分類法が反映されていると言う事で、何がもっと重要と言うと其れは危険性という事だそして我々はPFOAが一般社会に何も危険を及ばせないと確信ている。』とリッカードは述べている。彼は『何が発癌物質かと言う分類は動物実験によって決定されており、このデータは人間に対する研究データの結果を反映していない。』とも述べている。
訳者:これは御存知の様に企業が何時も使う議論で『この研究結果は動物実験の結果で人間の身体が動物と同じ様な反応を見せると言う証拠は無い。だからこの物質が人間にとって危険か安全かと言う議論の答えは得られていないので、この物質を市場から販売禁止することは違法である。』そして政府は被害者の数が無視できない数になるまで何時も企業の議論を受け入れる。アメリカも日本も同じみたいですね。

PFOA is a processing aid used in the manufacturing of fluoropolymers, which have a wide variety of product applications, including nonstick cookware. The chemical also can be a byproduct in the manufacturing of fluorotelomers used in surface protection products for applications such as stain-resistant textiles and grease-resistant food wrapping.

 PFOAFはFluoropolymers製造過程で補助剤として使用され、ノンスティックフライパン等を含めた幅広い商品に使われている。
 又、この化学物質はFluorotelomersの製造過程で発生する副産物でもあり、染みの出来ない布、油を反発するラッピング(反油性のプラスティックラップ?)等に表面保護のために使われている。
 
Besides disagreeing with the EPA on the potential carcinogenicity of PFOA, also known as C-8, a majority of members on the review panel also recommended that the EPA's risk assessment include additional data on PFOA's potential to cause liver, testicular, pancreatic and breast cancers. A majority of panel members also recommended that the chemical's effects on hormones and on the nervous and immune systems be included in the risk assessment, and that studies should not be limited by age, gender or species in assessing human risk.

 EPAのPFOAの発癌性の可能性についての意見に反対するだけでなくC-8とも呼ばれている多数派調査委員会のメンバーはEPAに対しPFOAの肝臓癌、前立腺癌、膵臓癌、乳癌、の危険性に対するデータの評価も勧告している。
メンバーの多くは問題の化学物質の、ホルモン、神経、免疫への影響を危険性の評価に含める事、そして、人間への影響の調査研究では年齢、性別、動物の種を限定しないよう勧告している。

The findings of the panel, which was established by the EPA's Science Advisory Board, will be reviewed by SAB officials in a Feb. 15 teleconference.

 EPAの科学顧問委員会(SAB)によって認定された審査委員会の決定(勧告)はSAB委員による2月15日のテレコンファレンスで再検討される。

"The real outcome of this is the panel going back and saying `You've got to include this extra stuff here; it wasn't really a rigorous analysis," said Tim Kropp, senior scientist for the Environmental Working Group, a Washington, D.C.-based nonprofit organization whose work has prompted increased government scrutiny of PFOA.

 政府のより厳格な検査を招く原因となった研究をしていたワシントンD.C.に本部を置くノンプロフィット オーガニゼイション“環境 ワーキング グループ”の首席科学者ティム クロップ氏は『実際の結論としては、委員会がEPAに対しての返答として言っているのは“もっと他の研究対象、結果も入れなきゃいけないよ!此れじゃあとっても十分になされた研究調査なんて言えた物じゃないよ!”』と述べている。

While the EPA is free to accept or reject the panel's recommendations, Kropp said it rare for the EPA to dismiss an advisory board's advice.

 『EPAは委員会の勧告を受け入れるかどうかは自由であるが顧問委員会の勧告を無視する事は稀である』とクロップ氏は述べている。

"They've asked them to do a more rigorous analysis, to do a more scientific method of determining risk, and you can't argue with that," he said. "That's just good science."

 『EPAはもっと科学的な方法で危険性を判断する厳格な研究調査を求められ、其れに対しては議論の余地は無いよね!』『真っ当な科学だからね。』と彼は述べている。

EPA officials declined to say how the agency might respond to the report.

 EPAの役員は報告に対してEPAがどの様に対応するかについては言及を避けている。

"It's sort of what we expected," said EPA deputy administrator Marcus Peacock, adding that he had not read the full report. "There's more we don't know here than what we do know."

『この様な結果は想像していたよ。』とEPA副局長マーカス ピーコック氏は述べ、報告は全部読んでいないとしながら『(PFOAについては)我々が知っている事よりも知らない事の方が多い。』と続けている。

Deputy 代理、副、と言う意味administrator行政官、組織を管理する人の類似語はadministrationは行政、管理、とか言う意味があって、Bush administrationと言うとブッシュ政権となる。と言う事でdeputy administratorはボスの代理、とかボスの副官とか言う事。

Susan Hazen, EPA's acting assistant administrator for the Office of Prevention, Pesticides and Toxic Substances, said much of the work aimed at better understanding PFOA already is underway.

 スーザン へイゼンEPAの予防と殺虫剤と毒性物質部門の臨時局長補佐官は『多くのPFOAをより良く理解する為の研究調査は既に進められている。』と述べている。
 
Hazen and Peacock also pointed to an EPA initiative announced last week asking DuPont and seven other companies that manufacture or use PFOA, its precursors, and similar compounds to reduce environmental releases and levels of those chemicals in products by 95 percent no later than 2010, using the year 2000 as a baseline.

 ヘイゼンとピーコックはPFOAの製造又は使用に関わるデュポンと他の7社に対してPFOA生成以前に発生する化学物質若しくは同種類の物質の環境への排出の削減、2000年を基準とした同物質の使用の95%の削減を2010年までに達成する事を指針とし先週発表されたEPAのイニシアティヴに言及した。

The EPA also wants the industry to work toward the elimination of PFOA and related chemicals from emissions and products by no later than 2015.

 EPAは業界に対しPFOAと同種類の物質の製造停止、廃棄物、製品からの除去の向けての努力を求めている。

Copyright © 2006 The Associated Press

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
スポンサーサイト

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。