スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーガリンはどの様に製造されているか?

HOW IS MARGARINE MADE?
マーガリンはどの様に製造されているか


Ever wonder how is margarine made?

 マーガリンがどの様にして作られているか一寸不思議に思った事無い?

Many people probably know it is made by a process called hydrogenation. But few are aware of the details of what goes on during hydrogenation.

 恐らく多くの人はハイドロジネイションと言うプロセスで作られていると知っているでしょう。然しホンの少数の人しかハイドロジネイションの過程で何が起こっているか気が付いていないのです。

Here is a step-by-step description of the hydrogenation process.

下記がハイドロジネイションの各工程です。


How is margarine made: Step 1
マーガリンはどの様に作られているか:その1


Margarine makers start with cheap. poor quality vegetable oils, such as corn, cottonseed, soybeans, safflower seeds and canola.

 マーガリン製造業者はコーン、コットン(綿実油)、大豆、サフラワー、そしてカノラの様な安価な低品質の植物油から始めます。

These oils have already turned rancid from being extracted from oil seeds using high temperature and high pressure. Rancid oils are loaded with free radicals that react easily with other molecules, causing cell damage, premature aging and a host of other problems.

 これ等の油は既に、種から高温と高圧で抽出される事により腐敗(酸化、古くなる)しています。古くなった油はフリーラディカル非常に多くなっていて他の分子と簡単に反応し細胞の破壊、年齢にそぐわない早過ぎる老化や他の色々な問題の原因となっています。

The last bit of oil is removed with hexane, a solvent known to cause cancer. Although this hexane subsequent removed, traces of it are inevitably left behind.

 最後の一滴までヘキサン(ヘキサンと言う化学物質)と言う発癌性が知られている溶解剤で抽出されます。このヘキサンは次の過程で取り除かれますが極少量が不可避的に植物油の中に取り残されるのです。

Unfit for consumption
食用には適さない。


Moreover, some of these oils are not suitable for human consumption to begin with.

 其の上、この様な油の幾種類かはそもそも人間の食用には適してないのです。

Cottonseed oil, one of the most popular margarine ingredients, has natural toxins and unrefined cottonseed oil is used as a pesticide. The toxin, gossypol, is removed during refining.

 綿実油は最も人気のあるマーガリンの原料の1つですが、自然の毒が含まれていて、精製されてない綿実油は殺虫剤として使用されています。このゴシポルと言う毒は精製過程で取り除かれます。

Cottonseed oil also contains far too much Omega-6 fatty acids in relation to Omega 3. While both Omega 6 and Omega 3 are essential fatty acids, an imbalance between the two is widely believed to cause various health problems, including heart disease.

 それに加え綿実油はオメガ3と比較して多すぎるオメガ6脂肪酸を含んでいます。オメガ6とオメガ3必須脂肪酸の両者間の不均衡は心臓病を含む色々な健康問題の原因だと広く信じられています。

Most experts on the subject believe that a healthy ratio of omega 3 to omega 6 is between 1:1 and 1:2. Cotton seed oil, however, has over 50 percent omega 6 and only trace amounts of Omega 3, giving a ratio of 1: several hundred or more.

 殆どのこの主題の専門家は健康的なオメガ3とオメガ6の比率は1,1対1,2だと信じています。然し、綿実油は50%がオメガ6で極少量のオメガ3しか含んでいません。比率は1分の数百と言う様な。

As cotton is one of the most heavily sprayed crops, there are also concerns that cottonseed oil may be highly contaminated with pesticide residues. However, insufficient testing has been done.

 木綿は最も農薬が散布されている作物の1つで綿実油は残留殺虫剤で汚染されていると言う心配あります。然しながら、十分なテストはされていません。

Canola oil, which is widely touted as the healthiest oil of all, has problems as well. Consumption of Canola has been linked with vitamin E deficiency as well as growth retardation. For this reason, Canola oil is not allowed to be used in the manufacture of infant formula.

 カノラ油最も健康的な油の1つだと広く宣伝されていますが此れも問題があります。カノラ油の消費はビタミンE欠乏症のみでなく発育障害との関連があるとされています。この理由からカノラ油は乳幼児用のフォーミュラへの使用が禁じられているのです。

The oils used for making margarine are also among the Big Four genetically modified crops – soy, corn, rapeseed / Canola and cotton.

マーガリンを作るのに使用されている油は大豆、コーン、アブラナ、そして木綿と言う4大遺伝子組み換え作物に属しているのです。

How is margarine made: Step 2
マーガリンはどの様にして作れれるのか:その2


The raw oils for making margarine are steam cleaned. This destroys all the vitamins and antioxidants.

 マーガリン製造に使用される生の油は蒸気で洗浄されますがこの過程で全てのビタミンと自然の酸化防止物質(アンティオキシダント)は破壊されます。

However, the residues of pesticides and solvents – that is, hexane – remain.

 然しながら、残留殺虫剤と溶剤ヘキサンは残ります。

How is margarine made: Step 3
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その3


The oils are mixed with finely ground nickel, a highly toxic substance that serves as a catalyst for the chemical reaction during the hydrogenation process.

 油はやっとハイドロジネイション過程での化学反応の為の触媒として働く、非常に毒性の強い粉状のニッケルと混ぜ合わされます。

Other catalysts may be used, but these, too, are highly toxic.

 他の触媒も使われるかもしれませんが、それらも非常に毒性が強いのです。


How is margarine made: Step 4
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その4


The oils are then put under high temperature and pressure in a reactor.

 油は此処で、高温高圧の反応釜に入れられます。

Hydrogen gas is introduced. The high temperature and pressure, together with the presence of nickel catalyst, causes hydrogen atoms to be forced into the oil molecules.

 水素ガスが入れられます。高温高圧下、ニッケル触媒の存在で、水素分子が油の分子の内部に強制的に組み入れられます。

If the oil is partially hydrogenated, it turns from liquid into a semi-solid.

 油が不完全にハイドロジネイトされると、其れは液状から半分固体のような状態になります。

Trans fats are formed during partial hydrogenation. These are fat molecules that have been twisted out of shape. In liquid oils, the molecules are bent, with the hydrogen atoms on opposite sides of each other.

 不完全なハイドロジネイション過程でトランスファット(トランス脂肪酸)が形成されます。この様な油の分子は形が歪められています。液状の油で水素原子を両側に持ち分子は曲げられます。

During partial hydrogenation, the molecules are somewhat straightened and now all the hydrogen molecules are on the same side.

 不完全なハイドロジネイション過程で分子はある程度整理され全ての水素分子は同じ側につきます。

If the oil is fully hydrogenated, it turns into a hard solid that cannot be eaten. It no longer contains trans fats because the "out of shape” oil molecules have all been broken up to form straight chains. But this does not mean they have become healthy again because of all the unnatural steps above.

 若し油が完全にハイドロジネイトされると、油は非常に硬くなり食べる事が出来なくなります。そして不規則な形となった油の分子は、バラバラにされて真っ直ぐな鎖状になる事によってトランス脂肪酸を含まなくなりますが、この事は又再び健康な(油)になった訳ではありません。何故なら其れまでの不自然な(ハイドロジネイション)の過程があるからです。


How is margarine made: Step 5
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その5


What comes out of the partial hydrogenation process is a smelly, lumpy, grey grease.

 不完全なハイドロジネイション工程で出来上がる物は異臭のある、塊の混じっている、灰色の脂肪なのです。

To remove the lumps, emulsifiers – which are like soaps – are mixed in.

 塊を取り除く為石鹸のような乳化剤が加えられます。

How is margarine made: Step 6
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その6


The oil is steam cleaned (again!) to remove the odor of chemicals. This step is called deodorization and it again involves high temperature and high pressure.

 油は化学物質の臭いを消す為(又!)蒸気で洗浄されます。この工程はディオドライゼイション(脱臭)と呼ばれ、再び高温と高圧が使用されます。

How is margarine made: Step 7
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その7


The oil is then bleached to get rid of the grey color.

 油は灰色を取り除く為漂白される。

How is margarine made: Step 8
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その8


Synthetic vitamins and artificial flavors are mixed in.

 人工合成ビタミンと合成着色料が加えられる。

A natural yellow color is added to margarine, as synthetic coloring is not allowed!

 合成着色料の使用は禁止されているので、天然黄色染料がマーガリンに加えられる。

In fact, early last century, all coloring was not allowed and margarine was white. This was to protect consumers so that they do not get butter and margarine mixed up.

 実を言うと、前世紀初頭全ての染色料は禁止されていたのでマーガリンは白かったのです。此れはバターとマーガリンを間違わないように消費者を保護する為の措置でした。

How is margarine made: Step 9
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その9



Finally, the margarine is promoted to the public as a health food – with the full endorsement of many scientists, doctors, nutritionists and health authorities.

 最後に、多くの科学者、医師、栄養学者と健康保健の専門家達の熱烈な支持でマーガリンは健康食と一般に宣伝推奨されました。  終り!

上記の記事のはストップトランスファットwww.stop-trans-fat.comと言うサイトのHow is margarine made翻訳です。

Ejnews:  日本でもマーガリン(英語ではマージャリンの様な発音)の事に付いては良く知られていると思いますが製造過程が読んだだけでも健康にヨロシクナイ!感じです。マーガリン、ショートニングは心臓、血管内のコレステロール蓄積問題だけでなく、材料の大豆、カノラ(菜種)、は殆どが(食品として販売されている 90%以上)モンサントのラウンドアップレディーRoundup Ready GMOで同社のラウンドアップと言う除草剤の散布に耐える様に遺伝子操作挿入されたGMOです。アメリカからのこの様な油はオーガニックの表示がある物を使ってください。綿実油は木綿の種から抽出した油ですが、油の圧縮抽出は出来ないので溶剤を使った化学抽出しか出来ないのです。葡萄の種の油 グレープナッツオイルも同じで化学抽出しか方法が無いのですが、木綿は食用に栽培されてないので木綿栽培の為の農薬は種類、量、質と人体への影響が考慮されて無いとの事です。GMO木綿も殆どがモンサントのRoundup Ready Cottonラウンドアップレディー木綿だそうです。このラウンドアップレディーGMOは除草剤を散布されても枯れない様に遺伝子操作されているので多量のラウンドアップ除草剤を吸収しているのです。其れを家畜が食べ、其の肉を人間が食べ、人間はGMOも食べると言う事で食物連鎖の頂点に立つ人体の化学物質の蓄積量を考えると、病気をしないで生活出来るのが不思議です。
 兎に角、マーガリン、ショートニング、綿実油の入ったサラダドレッシング、食品、等が未だ冷蔵庫の中や台所にある人はサッサト棄ててしまいましょう!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。