スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の2.

"Doomsday Seed Vault" in the Arctic Bill Gates, Rockefeller and the GMO giants know something we don’t
北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の2

by F. William Engdahl

The first notable point is who is sponsoring the doomsday seed vault. Here joining the Norwegians are, as noted, the Bill & Melinda Gates Foundation; the US agribusiness giant DuPont/Pioneer Hi-Bred, one of the world’s largest owners of patented genetically-modified (GMO) plant seeds and related agrichemicals; Syngenta, the Swiss-based major GMO seed and agrichemicals company through its Syngenta Foundation; the Rockefeller Foundation, the private group who created the “gene revolution with over $100 million of seed money since the 1970’s; CGIAR, the global network created by the Rockefeller Foundation to promote its ideal of genetic purity through agriculture change.

 最初に書き留めておかなければならない事は、誰が最後の審判種貯蔵庫の為にスポンサーをしているかと言う事だ。ノルェー人に参加している人々は、ビル&メリンダ ゲイツ財団。世界で最も大きい遺伝子組み換え植物種とそれに関係する農業用薬品のパテントの所有企業の一つ米巨大農業企業ドュポン/パイオニアーハイブリッド。シンジェンタ、スイスに拠点を置く遺伝子組み換え種と農業用薬品の巨大企業はシンジェンタ基金を通して参加。ロックフェラー財団、1970年代から1億ドル以上の種の為の資金で“緑の革命”を創始したプライヴェートグループ、CGIAR,はロックフェラーの作り出した農業変革を通して種の純粋性を推奨するグローバル ネットワーク。などが明記されている。

CGIAR and ‘The Project’
CGIARと“ザ プロジェクト”


As I detailed in the book, Seeds of Destruction, in 1960 the Rockefeller Foundation, John D. Rockefeller III’s Agriculture Development Council and the Ford Foundation joined forces to create the International Rice Research Institute (IRRI) in Los Ba醇oos, the Philippines.1 By 1971, the Rockefeller Foundation’s IRRI, along with their Mexico-based International Maize and Wheat Improvement Center and two other Rockefeller and Ford Foundation-created international research centers, the IITA for tropical agriculture, Nigeria, and IRRI for rice, Philippines, combined to form a global Consultative Group on International Agriculture Research (CGIAR).

 私が本“Seeds of Destruction”(破壊の種)で詳細に渡って説明した様に、1960年ジョンD.ロックフェラー3世の基のロックフェラー財団の農業開発評議会とフォード財団が手を組んでフィリピンのロスバニョスに国際米研究機関(IRRI)を創設した。1971年までにはロックフェラー財団のIRRIはメキシコが拠点の国際玉蜀黍と小麦改善センターと他の二つのロックフェラーとフォード基金によって創設された機関、ニカラグアのIITAは熱帯農業、フィリピンのIRRIは米、この二つを統合して“Consultative Group on International Agriculture Reserch(CGIAR)”と言う国際的な機関にした。

CGIAR was shaped at a series of private conferences held at the Rockefeller Foundation’s conference center in Bellagio, Italy. Key participants at the Bellagio talks were the Rockefeller Foundation’s George Harrar, Ford Foundation’s Forrest Hill, Robert McNamara of the World Bank and Maurice Strong, the Rockefeller family’s international environmental organizer, who, as a Rockefeller Foundation Trustee, organized the UN Earth Summit in Stockholm in 1972. It was part of the foundation’s decades long focus to turn science to the service of eugenics, a hideous version of racial purity, what has been called The Project.

 CGIARはイタリアのべラジオにあるロックフェラー財団のコンファランスセンターでの連続的な私的な会合に因って形成され。べラジオ会合の中心的な参加者はロックフェラー財団のジョージハラー、フォード財団のフォーレストヒル,ワールドバンクのロバートマクナマラとロックフェラー家の国際環境オーガナイザーで1972年ストックホルムでの国際連合アースサミットをオーガナイズしたロックフェラー財団の責任者モーリスストロング。それはザプロジェクトと呼ばれた、ロックフェラー財団の数十年に及ぶ科学をおぞましい種類の人種純粋化である優生学(ユージニック)の為に捧げる為の努力の一つであった。

To ensure maximum impact, CGIAR drew in the United Nations’ Food and Agriculture Organization, the UN Development Program and the World Bank. Thus, through a carefully-planned leverage of its initial funds, the Rockefeller Foundation by the beginning of the 1970’s was in a position to shape global agriculture policy. And shape it did.

 最大の効果を確実にする為CGIARは国連の食料農業オーガニゼーション、国連開発プログラムとワールドバンクを巻き込んだ。注意深く計画された最初の基金による影響力で1970年代の初期にはロックフェラー財団は世界的な農業の指針を形成する地位に立った。そしてそのとおりにした。

Financed by generous Rockefeller and Ford Foundation study grants, CGIAR saw to it that leading Third World agriculture scientists and agronomists were brought to the US to ‘master’ the concepts of modern agribusiness production, in order to carry it back to their homeland. In the process they created an invaluable network of influence for US agribusiness promotion in those countries, most especially promotion of the GMO ‘Gene Revolution’ in developing countries, all in the name of science and efficient, free market agriculture.

 ケチケチしないロックフェラーとフォード財団による研究助成金によって融資されたCGIARは、発展途上国の農学者と農耕学者が現代的な農業企業経営を勉強し、母国に持ち帰る為、アメリカ合衆国に招待する事を引き受けた。其の過程で彼らの母国でのアメリカ合衆国の農業企業の影響力のプロモーションの為の測り知れないほど価値の在るネットワークを作り出した。特に発展途上国での“遺伝子革命”での遺伝子組み換え植物のプロモーションの為に、科学、効率、自由市場農業と言う大儀名目で行われた。

to be continued  続く。

著者に付いて。

F. William Engdahl is the author of Seeds of Destruction, the Hidden Agenda of Genetic Manipulation just released by Global Research. He also the author of A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order, Pluto Press Ltd.. To contact by e-mail: info@engdahl.oilgeopolitics.net.
F.ウイリアム、イングダルはグローバルリサーチから発行されたばかりの『破壊の種』“隠された遺伝子操作の目的”の著者で、プルートプレスLtd.から『戦争の世紀』“アングロアメリカン石油政治とワールドニューオーダー”の著作もある。
メイルでの連絡は:info@engdahl.oilgeopolitics.net.

William Engdahl is a Research Associate of the Centre for Research on Globalization (CRG). His writings can
be consulted on www.engdahl.oilgeopolitics.net and on Global Research.

この記事はGlobal Research.からの翻訳です。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。