スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナのスカーフに似ているから広告に使えない。

Dunkin’ Donuts pulls Rachael Ray ad after complaints
ダンキンドーナッツ、苦情の後レイチェル レイの広告を中断。

By Associated Press アソシエテド プレス
Wednesday, May 28, 2008 - Updated 7h ago

BOSTON - Dunkin’ Donuts said today it stopped running an online advertisement featuring Rachael Ray after complaints that a fringed black-and-white scarf that the celebrity chef wore  in the ad offers symbolic support for Muslim extremism and terrorism.

 ボストン 広告でセレブ シェフ レイチェル レイの着けている黒と白の縁飾りのあるスカーフが、モスラム過激派やテロリズムに象徴的な支援与えるとの苦情を受けた後、ダンキンドーナッツはレイチェル レイの登場しているオンライン アドを中止すると今日発表した。

The coffee and baked goods chain said the ad that began appearing online May 7 was pulled over the past weekend because "the possibility of misperception detracted from its original intention to promote our iced coffee."

 コーヒーとベークド製品チェーン(会社)は5月7日から出始めた広告は“アイスコーヒーを宣伝すると言う元の意図から別の意味で捉えられる誤解の発生する可能性がある為先週末中止された”と発表した。

In the spot, Ray wears the scarf around her neck and holds an iced coffee while standing in front of trees with pink blossoms.

 レイはスカーフを首の周りに着け、アイスコーヒーを手に持ち、ピンクの花の咲いている木々の前に立っている。

Critics, including conservative commentator Michelle Malkin, complained that the scarf looked similar to the black-and-white checkered kaffiyeh, the traditional Palestinian scarf. Critics who fueled online complaints about the ad in blogs say such scarves have come to symbolize Muslim extremism and terrorism.

 保守的コメンテイター、ミッシェル マルキン等を含む批判者達は、スカーフは黒と白のチェックのパレスチナの伝統的スカーフ、カフィイェーに似ていると苦情を言っている。ブログを通じてオンラインで苦情を煽っている批判者達は、この様なスカーフはモスラム過激派とテロリズムを象徴する様になった。と言っている。

The kaffiyeh, Malkin wrote in a column posted online last Friday, "has come to symbolize murderous Palestinian jihad. Popularized by Yasser Arafat and a regular adornment of Muslim terrorists appearing in beheading and hostage-taking videos, the apparel has been mainstreamed by both ignorant (and not-so-ignorant) fashion designers, celebrities, and left-wing icons."

 “カフィイェーは血に飢えたパレスチナのジハードを象徴する様になった。ヤッサー アラファトによってポピュラーになり,断首や人質を拉致しているヴィデオのモスラム テロリストの普通の衣装は無知な(そしてそれ程無知でない)ファッションデザイナー、セレブ、左派アイコンによって一般的になった。”とマルキンは先週の金曜日に発表されたオンライン コラムに書いている

A statement issued by Canton, Mass.-based Dunkin’ Brands Inc., however, said the scarf had a paisley design, and was selected by a stylist for the advertising shoot.

 “然しながら、スカーフはペイズリー模様でスタイリストによって広告撮影の為に選ばれた。”とマサチューセッツに拠点を置くダンキンブランドInc.カントンによって声明が発表されている。

"Absolutely no symbolism was intended," the company said.

 “象徴は全く意図されていなかった。”と会社は述べている。

Dunkin’ spokeswoman Michelle King said the ad appeared on the chain’s Web site, as well as other commercial sites.

 ダンキンのスポークス ウーマンである ミッシェル キングは“広告はチェーンのウエッブサイトだけでなくほかの広告サイトに現れていた。”と言っている。

Malkin, in a posting following up on last week’s column, said of Dunkin’s decision to pull the ad, "It’s refreshing to see an American company show sensitivity to the concerns of Americans opposed to Islamic jihad and its apologists."

 ダンキンの広告中断決定に付いて“イスラムのジハードや其の弁護者達のアメリカ人の不安感に対してアメリカの会社が心配りを見せるのを見る事は新鮮な事だ。”とマルキンは先週のコラムに続けて述べている。

Ray, host of the Food Network television program "30 Minute Meals" as well as a syndicated daytime talk show, began appearing in ads for Dunkin’ Donuts in March 2007.

 フードネットワークテレビ番組“30分料理”、そして昼間のシンディケイト トーク ショー のホストであるレイは2007年にダンキンドーナッツの広告に出演しはじめた。

When Dunkin’ announced the partnership, it said Ray would be featured in TV, print, radio and online spots in a campaign running through 2010.

 ダンキンドーナッツがパートナーシップを発表した当時、“2010年まで使われるテレビ、印刷広告、オンライン スポットのキャンペーンにレイは主演している。”と述べている。

© Copyright 2008 Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten, or redistributed.

Ejnews: ミッシェル マルキンと言うコメンテイターはフィリピン人を両親に持つ極右翼、ネオコンのコメンテイターで、彼女は1970年生まれ。保守系ブロガーの中でも5本の指に入る人気者だそうです。私は読んだ事無いのです。フォックスのオライリーショー等(幾らアメリカのテレビが政府企業のフィフスコラムだと言っても彼女を招待する番組はフォックスチャンネル位しか無いのでしょう。フォックスは政府のプロパガンダ活動の一部なのです。)で時々見かけるのですがアメリカの共和党ネオコン、右翼は白人優越主義、企業独占主義、人種差別、キリスト教原理主義(無知過激)等の寄せ集めなのに、どうしてフィリピン系アメリカ人が彼らの太鼓持ちになるのか理解しかねます。
 如何してこの様な詰まらない記事を翻訳したかと言いますと、企業が右翼の言掛かりで広告を中断させられる程この国は変なのです。日本で大二次大戦中、西洋の文化、言語、音楽等、全てが否定された事と同じ様な事なのです。狂気だと思います。前に書いたフレンチ フライの話覚えていますか?
スカーフはペイズリー模様でアラファト議長の着けていたスカーフとは全く違う物ですが、マルキンはこんな事までして売名行為をしなければならない理由があるのでしょう。言掛かりも良い所だと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。