スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の1

"Doomsday Seed Vault" in the Arctic Bill Gates, Rockefeller and the GMO giants know something we don’t
北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の1


by F. William Engdahl
 

One thing Microsoft founder Bill Gates can’t be accused of is sloth. He was already programming at 14, founded Microsoft at age 20 while still a student at Harvard. By 1995 he had been listed by Forbes as the world’s richest man from being the largest shareholder in his Microsoft, a company which his relentless drive built into a de facto monopoly in software めいるsystems for personal computers. In 2006 when most people in such a situation might think of retiring to a quiet Pacific island, Bill Gates decided to devote his energies to his Bill and Melinda Gates Foundation, the world’s largest ‘transparent’ private foundation as it says, with a whopping $34.6 billion endowment and a legal necessity to spend $1.5 billion a year on charitable projects around the world to maintain its tax free charitable status. A gift from friend and business associate, mega-investor Warren Buffett in 2006, of some $30 billion worth of shares in Buffet’s Berkshire Hathaway put the Gates’ foundation into the league where it spends almost the amount of the entire annual budget of the United Nations’ World Health Organization.

 マイクロソフトヲ設立したビルゲイツを非難できない事の一つに怠慢がある。14歳のから既にプログラミングを始め、ハーヴァードの学生の時代20歳でマイクロソフトを設立した。1995年になる頃は世界一の富豪、彼の執拗な意欲でパーソナル コンピューター ソフトウエアーの事実上独占をしているマイクロソフトの筆頭株主としてフォーヴス誌に取り上げられた。2006年、殆どの人はこの様な状況になると太平洋の静かな島での引退生活を考えるかもしれない。が然し、ビルゲイツは(財団よると)あっ!と驚く346億ドルの(ゲイツから財団へ)寄附金と課税免除の資格を守る法律上の必要性のある年間15億ドルの世界的な慈善事業への寄付をする、世界で一番大きい個人的transparent財団“ビル&メリンダゲイツ財団”に力を注ぐ事に決意した。2006年、友人でビジネス アソシエイトである巨額投資者ウォーレン バフェットからのギフト、300億ドルの価値のあるバフェットのバークシャー ハサウエーのシェアーでゲイツ財団は国際連合の殆ど同額の年間予算を運用出来るほどのリーグにまで押し上げた。

So when Bill Gates decides through the Gates Foundation to invest some $30 million of their hard earned money in a project, it is worth looking at.

 だからビルゲイツがゲイツ基金を通して一生懸命働いて稼いだ3千万ドルを何かのプロジェクトに投資すると決めた時は一瞥に値するのです。

No project is more interesting at the moment than a curious project in one of the world’s most remote spots, Svalbard. Bill Gates is investing millions in a seed bank on the Barents Sea near the Arctic Ocean, some 1,100 kilometers from the North Pole. Svalbard is a barren piece of rock claimed by Norway and ceded in 1925 by international treaty (see map).

 世界中で最も辺鄙な場所サヴァルボードでのプロジェクト以上に今興味深いプロジェクトは無い。北極点から1,100キロ程の北極海の近くバレント海に在る種銀行(Seed Bank)へビルゲイツは数百万ドルを投資している。サルヴォ-ドはノルゥエーによって領土と宣言され1925年に国際協定で割譲された不毛の岩(で出来た島)である。



On this God-forsaken island Bill Gates is investing tens of his millions along with the Rockefeller Foundation, Monsanto Corporation, Syngenta Foundation and the Government of Norway, among others, in what is called the ‘doomsday seed bank.’ Officially the project is named the Svalbard Global Seed Vault on the Norwegian island of Spitsbergen, part of the Svalbard island group.

 この神に見捨てられた島の“最後の審判の日の種銀行(ドュームズデイ シード バンク)”と呼ばれるプロジェクトに、ロックフェラー基金、モンサント株式会社、シンジェンタ基金、そしてノルェー政府と共にビルゲイツは数千万ドルを投資している。正式にはこのプロジェクトは“サルヴォード グローバ ルシード ヴァルト”と命名されていて、ノルェーのサルヴォード諸島の一部であるスピッツバーゲン島に存在する。

Doomsday Seed Vault
最後の審判の日の種貯蔵庫


The seed bank is being built inside a mountain on Spitsbergen Island near the small village of Longyearbyen. It’s almost ready for ‘business’ according to their releases. The bank will have dual blast-proof doors with motion sensors, two airlocks, and walls of steel-reinforced concrete one meter thick. It will contain up to three million different varieties of seeds from the entire world, ‘so that crop diversity can be conserved for the future,’ according to the Norwegian government. Seeds will be specially wrapped to exclude moisture. There will be no full-time staff, but the vault's relative inaccessibility will facilitate monitoring any possible human activity.

 種銀行はスピッツバーゲン島の小さな村、ロングヤービィエン村の近くの山の地下に構築されている。発表によると(この種貯蔵庫は)もう直ぐ使用可能だと言う事だ。銀行(種の貯蔵庫)はモーションセンサー付きの爆発に耐える二重のドア,二重のエアロック、1メートルの厚さの鉄筋コンクリートの壁で守られている。ノルェー政府によると、此処では将来の為、農業用植物の多様性が確保される様に、3百万種までが世界中から集められ保管される。種は水分を取り除く様に特別に包装される。此処では従業員は常時待機しないが殆ど人が近づけない事が周辺での人間の活動をモニターする事に役立つ事になる。

Did we miss something here? Their press release stated, ‘so that crop diversity can be conserved for the future.’ What future do the seed bank’s sponsors foresee, that would threaten the global availability of current seeds, almost all of which are already well protected in designated seed banks around the world?

 此処で我々は何か見逃したかな?彼らのプレス リリースによると“農業用植物の多様性が確保される様に”となっている。殆ど全ての種は既に世界各地の特定のシードバンクで十分に守られているのに、現在世界中で入手可能な種の将来を脅かす、どの様な未来を種銀行のスポンサー達は予見しているのだろうか?

Anytime Bill Gates, the Rockefeller Foundation, Monsanto and Syngenta get together on a common project, it’s worth digging a bit deeper behind the rocks on Spitsbergen. When we do we find some fascinating things.
 ビルゲイツ、ロックフェラー基金,モンサント,シンジェンタ,が共通のプロジェクトの為に寄り集まる時はスピッツバーゲンの岩の裏側をもう少し深く掘り起こす価値がある。掘り起こして見ると、何やら面白い事を見つけてしまった。


ejnews:この記事は面白いですよ。続きは又の機会に。



著者に付いて。

F. William Engdahl is the author of Seeds of Destruction, the Hidden Agenda of Genetic Manipulation just released by Global Research. He also the author of A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order, Pluto Press Ltd.. To contact by e-mail: info@engdahl.oilgeopolitics.net.
F.ウイリアム、イングダルはグローバルリサーチから発行されたばかりの『破壊の種』“隠された遺伝子操作の目的”の著者で、プルートプレスLtd.から『戦争の世紀』“アングロアメリカン石油政治とワールドニューオーダー”の著作もある。
メイルでの連絡は:info@engdahl.oilgeopolitics.net.

William Engdahl is a Research Associate of the Centre for Research on Globalization (CRG). His writings can
be consulted on www.engdahl.oilgeopolitics.net and on Global Research.

この記事はGlobal Research.からの翻訳です。長いので続きは又の機会に!


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。