スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国軍アフリカン司令部?石油?天然資源?

AFRICOM: US Military Control of Africa’s Resources
アフリカン司令部:US軍部のアフリカ資源コントロール。


IN TOP 25 CENSORED STORIES FOR 2008
“2008年のトップ25の検閲されている記事”から。
Source: ソース
MoonofAlabama.org 2/21/2007
Title: “Understanding AFRICOM”
Author: Bryan Hunt ブライア ンハント著
 http://www.moonofalabama.org/2007/02/understanding_a_1.html
Student Researcher: Ioana Lupu 学生研究者イオアナ ルプ
Faculty Evaluator: Marco Calavita, Ph.D 評価する教師、マルコ カラヴィタ博士

In February 2007 the White House announced the formation of the US African Command (AFRICOM), a new unified Pentagon command center in Africa, to be established by September 2008. This military penetration of Africa is being presented as a humanitarian guard in the Global War on Terror. The real objective is, however, the procurement and control of Africa’s oil and its global delivery systems.

 2007年2月ホワイトハウスは、新しく統合されたペンタゴンの司令部で、2008年の9月に創設される予定の、アメリカ合衆国アフリカン司令部(AFRICOM)の創設を発表した。この軍事的アフリカへの侵入は世界的なテロリズムの恐怖に対する人道的警戒活動であると表面的には発表されている。然しながら、本当の理由はアフリカ原油の確保、そしてアフリカ原油と世界的な補給路システムの支配である。

The most significant and growing challenge to US dominance in Africa is China. An increase in Chinese trade and investment in Africa threatens to substantially reduce US political and economic leverage in that resource-rich continent. The political implication of an economically emerging Africa in close alliance with China is resulting in a new cold war in which AFRICOM will be tasked with achieving full-spectrum military dominance over Africa.

 アフリカで合衆国に対する最も重要で成長している挑戦(競争相手)は中国である。アフリカでの増え続ける中国の貿易や投資は、資源の豊かな大陸での合衆国の政治、経済的な影響力を大きく後退させる事になる。経済的に台頭しているアフリカと中国との同盟の国際政治への影響は、(この関係が)新しい“冷戦”の原因となっていると言う事で、その為にあらゆる面での軍事的優勢を達成する事がアフリカン司令部の任務とされている

AFRICOM will replace US military command posts in Africa, which were formerly under control of US European Command (EUCOM) and US Central Command (CENTCOM), with a more centralized and intensified US military presence.
A context for the pending strategic role of AFRICOM can be gained from observing CENTCOM in the Middle East. CENTCOM grew out of the Carter Doctrine of 1980 which described the oil flow from the Persian Gulf as a “vital interest” of the US, and affirmed that the US would employ “any means necessary, including military force” to overcome an attempt by hostile interests to block that flow.

 寄り中枢化され軍事的存在が集約強化されたアフリカン司令部は、従来欧州司令部と中央司令部指揮下に在った合衆国軍事司令部支部に取って代わる事になる。将来期待されるアフリカン司令部の戦略的役割はどの様な物かは中近東での中央司令部を観察する事によって導き得られる。中央司令部は1980年のカータードクトリンの“石油のペルシャ湾からの流れは合衆国の死活問題である。”に起源を持ち、合衆国は軍事力も含めて、必要とされる如何なる手段を使ってでも、石油の流れを阻止しようとする敵対者に勝利する。と宣言している。

It is in Western and Sub-Saharan Africa that the US military force is most rapidly increasing, as this area is projected to become as important a source of energy as the Middle East within the next decade. In this region, challenge to US domination and exploitation is coming from the people of Africa―most specifically in Nigeria, where seventy percent of Africa’s oil is contained.

 合衆国の軍事力が最も急速に増加している場所は西部アフリカとアフリカの準サハラ地帯である。この地域は中近東がそうである様に次の10年間に重要なエネルギー供給源となる事が予測されている。この地域で合衆国の支配と搾取に対して対抗行動はアフリカの人々、中でも、特に全アフリカの70%の原油埋蔵量の在るナイジェリアから出て来ている。

People native to the Niger Delta region have not benefited, but instead suffered, as a result of sitting on top of vast natural oil and natural gas deposits. Nigerian people’s movements are demanding self-determination and equitable sharing of oil-receipts. Environmental and human rights activists have, for years, documented atrocities on the part of oil companies and the military in this region. As the tactics of resistance groups have shifted from petition and protest to more proactive measures, attacks on pipelines and oil facilities have curtailed the flow of oil leaving the region. As a Convergent Interests report puts it, “Within the first six months of 2006, there were nineteen attacks on foreign oil operations and over $2.187 billion lost in oil revenues; the Department of Petroleum Resources claims this figure represents 32 percent of ‘the revenue the country [Nigeria] generated this year.’”

 ニジェールデルタ地域の住民は膨大な量の油田と天然ガスの上に座っている事での利益の恩恵には全く被っていない、それどころか、其れによって苦しんでいる。ナイジェリアの人々のムーヴメントは自治権と石油からの利益の公平な分割を要求している。環境、人権保護の活動家達は、この地域での軍部、石油会社の残虐行為を長期に渡り(何年間も)記録している。レジスタンスグループの戦法がプロテストや法的請求行為から、パイプライン、施設への攻撃の様なより積極的な方法に変わる事によりこの地方からのオイルの流れは縮小した。石油利権の報告によると“2006年上半期19件の海外石油施設への攻撃があり、21億8千7百万ドル以上の収益が失われた。石油資源局によれば、この数字はこの年のナイジェリアが生み出した国家収入の32%に当たるとの事である。

Oil companies and the Pentagon are attempting to link these resistance groups to international terror networks in order to legitimize the use of the US military to “stabilize” these areas and secure the energy flow. No evidence has been found however to link the Niger Delta resistance groups to international terror networks or jihadists. Instead the situation in the Niger Delta is that of ethnic-nationalist movements fighting, by any means necessary, toward the political objective of self-determination. The volatility surrounding oil installations in Nigeria and elsewhere in the continent is, however, used by the US security establishment to justify military “support” in African oil producing states, under the guise of helping Africans defend themselves against those who would hinder their engagement in “Free Trade.”

 石油企業とペンタゴンはこれ等の地域の安定化とエネルギーの流れ(原油の輸送ルート)を確実なものとする合衆国の軍事力行使を正当化する為、レジスタンスグループと国際テロリスト ネットワークを関係付け様としている。然し、ニジェール デルタ レジスタンス グループと国際テロリストグループやジハーディスト(イスラム聖戦闘争主義者)を結び付ける証拠は見つかっていない。この努力にも関わらず、ニジェールデルタの状況は自治権と言う政治的目的達成の為、あらゆる手段を使っての闘争と言う民族国家主義者のムーヴメントである。ナイジェリアや大陸の他の地域での油田施設周辺の一食触発の状況は、自由貿易を妨げる者からアフリカ人の自主防衛を援助すると言う口実として、合衆国の防衛保障の既成権力に産油国への軍事的補助の正当化の理由として使われている。

Free Trade自由貿易。自由貿易を護ると言う事を聞いた時は怪しいと思って良い。西欧先進諸国しかこの様な事を言わないと言う事は、自由貿易で彼等だけが利益を得ていると言う事。

The December 2006 invasion of Somalia was coordinated using US bases throughout the region. The arrival of AFRICOM will effectively reinforce efforts to replace the popular Islamic Courts Union of Somalia with the oil industry–friendly Transitional Federal Government. Meanwhile, the persistent Western calls for “humanitarian intervention” into the Darfur region of Sudan sets up another possibility for military engagement to deliver regime change in another Islamic state rich in oil reserves.

 2006年12月のソマリア侵略はこの地域の合衆国軍事基地を利用してコーディネイトされた。アフリカン司令部の到来は、実質的に石油業界と関係の深い(ソマリアの)臨時連邦政府によるイスラム法院人民連合に取って代わる努力の強化と言う事になる。その間、執拗な西欧各国は他の原油埋蔵量の多いイスラム国家、スーダンのダルファー地域で政権交代を生み出す軍事交戦を“人道的介入”の形で提唱している。

humanitarian intervention 人道的介入。この言葉を聴くと絶対裏に何かあると考えて良い。

Hunt warns that this sort of “support” is only bound to increase as rhetoric of stabilizing Africa makes the dailies, copied directly out of official AFRICOM press releases. Readers of the mainstream media can expect to encounter more frequent usage of terms like “genocide” and “misguided.” He notes that already corporate media decry China’s human rights record and support for Sudan and Zimbabwe while ignoring the ongoing violations of Western corporations engaged in the plunder of natural resources, the pollution other peoples’ homelands, and the “shoring up” of repressive regimes.
In FY 2005 the Trans-Sahara Counter Terrorism Initiative received $16 million; in FY 2006, nearly $31 million. A big increase is expected in 2008, with the administration pushing for $100 million each year for five years. With the passage of AFRICOM and continued promotion of the Global War on Terror, Congressional funding is likely to increase significantly.

 この様な“支援”がもたらす物は各新聞の紙面を飾る、公式アフリカン司令部のプレスリリースから其のまま書き写された、アフリカの安定化と言う美辞麗句である。一般の主流各メディアを読んでいる人は“計画的少数民族大量虐殺”や“思い違いをしている”などと言う語句の今迄よりもっと頻繁な使い方に出くわす事になる。企業メディア(企業によって経営されている利益追求が目的の報道機関。つまり殆どのラジオ、テレビニュース、新聞の事。)は既に中国の人道主義に対する記録、やスーダンとジンバブエに対する援助を非難している。一方で彼等は西欧企業の加担している今引き続き行われている天然資源略奪、人々の故郷の汚染、そして圧政的政府に“つっかい棒をする”(援助)等の、違法行為は無視している。財政年度2005年、トランスサハラ反テロリズムイニシアチブは1千6百万ドル支給され,財政年度2006年には3千百万ドルとなった。予算の大きな増加は2008年に期待されている、其れは政権が毎年1億万ドル5年間を支持しているからだ。アフリカン司令部の(議会での)通過と引き続き援助しているテロリズムに対する国際的戦争、議会の資金支出はかなりの額に増えるだろう。

In the end, regardless of whether it’s US or Chinese domination over Africa, the blood spilled will be African. Hunt concludes, “It does not require a crystal ball or great imagination to realize what the increased militarization of the continent through AFRICOM will bring to the peoples of Africa.”

 最終的に、合衆国、中国どちらの国が支配権を取ろうとも流される血はアフリカの人々の血だ。“アフリカン司令部を通しての大陸の軍事化がアフリカの人々に何をもたらすか気が付く為には、クリスタルボール(占いの水晶球)や素晴らしい想像力は必要ではない。”とハンッ氏は締め括った。

ejnews:下記はこの記事のソースインフォメーションです。プロジェクトセンサードと言うサイトです。
メインストリームメディアによって自主的に検閲されてニュースとして現れないニュースと言う事です。25種類のアメリカのニュースメディアで取り上げられない主題が取り上げられています。時間があればヴィジット(訪問)してみてください。此処に訳した部分は記事の前半で、後半は著者のアップデートです。時間があれば後で訳して此処に加えます。

© 2008 Project Censored - Sonoma State University
1801 East Cotati Ave., Rohnert Park, CA 94928 • (707) 664-2500 • censored@sonoma.edu
http://www.projectcensored.org/top-stories/category/y-2008/

ejnews: フィリピンも米軍基地を追い出したし,アフリカはこの記事の様に大反対しています。日本に多い米軍基地、貴方ならどう考えますか? 

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。