スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養鶏用飼料に砒素!発癌の可能性!?

Chicken feed additive may pose danger
養鶏用飼料添加物は危険かもしれない。

Thursday, February 07, 2008
By Don Hopey, Pittsburgh Post-Gazetteピッツバーグポスト-ガゼット


A chicken feed additive containing arsenic and used to produce pinker, healthier, bigger-breasted birds could cause human disease, according to a study headed by a Duquesne University researcher.

 デュケンスン大学の研究員の主導により行われた研究によると、より健康そうなピンク色の、そして大きな胸肉の鶏を育てるために使われている砒素を含む養鶏用飼料添加物は人間に病気を起こす可能性あると言う。

The study is the first to link a human health risk to the feed additive that has been widely used since the 1960s by commercial chicken producers to control intestinal parasites, reduce stress, stimulate growth and improve the color of chicken meat.

 これは初めて人間の健康への影響と、腸内の寄生虫駆除、ストレス解消、成長助長、鶏肉の色の改善などの為に1960年代から養鶏企業で広く使用されている飼料添加物の関連を示す研究となる。

Dr. Partha Basu, the study's lead author and associate professor in Duquesne's Department of Chemistry and Biochemistry, said laboratory analysis reveals that the antibiotic arsenic compound roxarsone, which promotes the growth of blood vessels in chickens to produce pinker meat, does the same in human cell lines -- a critical first step in many human diseases, including cancer.

 デュケスン大学、化学と生物化学部の助教授でこの研究の首席著者であるパルサバス博士は実験室での分析で 抗生物質砒素化合物roxarsoneは鶏の血管の成長を助けてピンク色の強い肉を造り出す.同じ事を人間の細胞でもする。癌も含めて重要な病気の始まる第一段階である。

"This is a significant finding as it relates to potential human health effects from roxarsone," said Dr. Basu, who worked on the study with scientists from Thermo Fisher Scientific laboratories and the University of Pittsburgh's Department of Environmental and Occupational Health.

 Thermo Fisherセルモ フィシャー科学研究所とピッツバーグ大学の環境学部と労働衛生学部の科学者達とこの研究に参加した、バス博士は『これはRoxasoneが人間の健康に影響を与える可能性があると言う事に関しての重要な発見だ。』と述べている。

"We wanted to test if roxarsone, which increases pigmentation by forming more blood vessels in chickens, does the same in humans and the answer is yes," Dr. Basu said. "It's a process called angiogenesis, a common growth process, but also one that occurs in many diseases and cancers."

 『我々は、鶏の血管を増やし体内の色素を増加させるRoxsoneが、人体にも同様の影響を及ぼすのかテストして見たかったのだ。そして、その答は“Yes”だった。』そして、バス博士は『その過程はAngiogenesisアンジオジェネシスと呼ばれる、普通の成長過程なのだが、然し、他の多くの病気や癌にも現れる。』と述べた。

Results of the study have been published in Environmental Health Perspectives, an online journal of the National Institute of Environmental Health Sciences, which supported the study.

 研究の結果は環境ヘルス パースペクティブ誌に発表された。この研究を援助したナショナル インスティテュート オブ 環境健康科学のオンラインジャーナルである。

Although the effect of roxarsone on those who eat chicken is still undetermined, Dr. Basu said, chicken-farm workers are likely at risk because they could inhale dust containing arsenic from feed and waste. In addition, those who work with or use commercial fertilizers containing waste from chickens that were fed the arsenic additive could also be exposed by breathing the dust.

 鶏肉を食べた人へのRoxarsoneの影響は未だ解明されていないもののバス博士は“養鶏場の従業者は飼料や排泄物からの砒素を呼吸する可能性があるので、彼等は恐らく危険な状態に置かれている。それに加えて、添加された砒素を与えられた鶏からの排泄物を含む肥料と働く人々や肥料を使う人達も粉塵を吸い込む事で危険な状態に曝されている。”と述べた。

The National Chicken Council, a Washington, D.C.-based trade organization for the poultry industry, wasn't aware of the study but maintained that roxarsone is safe and is approved by the Food and Drug Administration.

 The National Chicken Council,(全国養鶏評議会)ワシントンD.C.に拠点を置く養鶏業者のトレード オーガニゼーション。はこの研究に付いては気が付いていなかったが、Roxarsoneは安全で食品薬品局(FDA)から認可されていると主張していた。

"The study is based on lab tests. There's nothing epidemiological about it," said Richard Lobb, a spokesman for the council, who emphasized that the study is not based on reports of actual illnesses. "It will need to be repeated and confirmed by other researchers."

 “研究は実験室のテストに基づいている。全く疫学的(な研究)ではない。”と評議会のスポークスマン,リチャード ロブは述べている。彼はこの研究は実際の病気を基にした物ではないと強調している。そして“研究結果は他の研究者に繰り返され確認されなければならない。”と続けた。

Alpharma Inc., the global specialty pharmaceutical company that makes roxarsone, declined comment.

 Roxarsoneを製造する、国際的な特別な薬品を特色とする製薬会社、アルファーマ インクAlpharma Inc.はコメントを控えた。

U.S. chicken producers use a total of 2.2 million pounds of roxarsone each year. About 70 percent of the 9 billion fryer chickens grown annually nationwide eat feed containing the additive, which also is used in turkey and pig feed.

 米国の養鶏業者は毎年2百20万ポンドのRoxarsoneを使用する。90億羽のフライヤーチキンの約70%が、毎年全国で七面鳥や豚の飼料としても使われている(砒素)添加物を含んだ飼料を食べて育っている。

More than 95 percent of the roxarsone fed to chickens is excreted unchanged in chicken waste, which is regularly applied as fertilizer on surrounding farm fields or used in commercial fertilizers. The arsenic from those applications could leach into surface and ground water supplies.  
  
 鶏に与えられた95%以上のRoxarsoneは変化せず排泄物として排泄され、それは肥料として養鶏場を取り巻いている地域の農園に使用されている。若しくは肥料として販売されている。この様な(砒素の)応用からは砒素が地上、地下水に流入する可能性がある。

The new study is a follow-up to one released by Dr. Basu and other Duquesne University researchers last March that found the organic arsenic feed additive is chemically transformed into inorganic arsenic, a known carcinogen, much more quickly than previously thought.

 バス博士の発表した研究の後を追った、他のデュケンスン大学の研究者の新しい研究では去年の3月、飼料添加物の砒素は、過去に考えられていたよりももっと早く、化学的に発癌物質として知られている無機砒素に変化する事を発見した。

Arsenic occurs naturally in the environment, but industrial discharges by coal-burning power plants, industries and some mining operations are closely regulated. Its use in pesticides and as a wood preservative has been banned due to health concerns and the difficulty in removing it from the environment.

 砒素は環境に自然に発生するが、工場や石炭発電所の工業排出物、そして鉱山経営などは厳しく規制されている。砒素は殺虫剤、木材保存剤としては人体への影響に対する心配や環境からの除去の困難さが理由で使用禁止となっている。

Chronic exposure to inorganic arsenic is known to cause cancer and has been linked to heart disease, diabetes and declines in brain functions.

 無機砒素の人体への長期汚染は発癌の原因として知られていて、心臓病、糖尿病、脳機能の低下等とも関係付けられている。

Other studies have found the arsenic feed additive in dust inside rural homes near chicken farms and in ground water.

 他の研究では砒素飼料添加物は養鶏場の近くの田舎の家屋内部や地下水の中に含まれる事が発見されている。

The study doesn't focus on the risks of eating chickens that were fed roxarsone, but Dr. Basu said there are reasons to be cautious.

 研究はRoxarsoneを与えられた鶏を食べる事の危険について焦点を合わしてはいないが、バス博士は気をつける理由があると述べている。

"A 2006 University of Minnesota study bought fast food chicken in California and Minnesota and found high levels of arsenic," Dr. Basu said. "It's hard to say which chicken product might contain arsenic, but if it does, one should be careful. But not all of them do."

 “2006年ミネソタ大学の研究でカリフォルニアとミネソタで買われたファーストフードの鶏肉の中に大量の砒素が発見された。”とバス博士は述べ“どの鶏肉製品が砒素を含んでいる可能性があるのかに付いて言うのは難しいが、若し含んでいるのなら、気を付けなければならない。然し全ての鶏肉製品が砒素を含んでいる訳では無い。”

The European Union declared the use of roxarsone undesirable in 1999, and its members no longer use it.

 欧州共同体は1999年にRoxarsoneの使用は望ましくないと宣言し、加盟各国は既に使用を中止している。

Scott Sechler, Pennsylvania's biggest chicken producer, sells a million birds a week and doesn't use roxarsone or any other arsenic additive. He markets his birds under the Farmers Pride and Bell & Evans labels, carried in Western Pennsylvania by Whole Foods and Giant Eagle.

 スコット シーラー、ペンシルバニアの最も規模の大きい養鶏業者で毎週100万の鶏を販売している。彼はRoxarsoneを,若しくは他の砒素添加物を使わない。彼の鶏はファーマーズプライド若しくはベル&エバンズと言うレイベルで、西部ペンシルヴァニア州のホールフーヅスやジャイアントイーグルで販売されている。

Tyson Foods, the nation's second biggest chicken producer stopped using arsenic additives in July 2004, and Perdue Farms, the nation's fifth biggest, stopped in April 2007.

 タイソン フーヅス、国内2番目に大きい養鶏企業は2004年7月に砒素添加物の使用を中止している。国内5番目に大きいペルデゥー ファームスも2007年4月に使用中止にしている。

"We just found we didn't need to use it any more," said Julie DeYoung, a Perdue spokeswoman. "We're relying on improved management programs to keep our birds healthy."

 “ 我々はもうそれを使用する必要が無い。”ペルデゥー ファームスのスポークスマン、 ジュリー デヤングは述べ“我々は改善されたマネージメント プログラムで鶏を健康に保っている”と続けた。

Don Hopey can be reached at dhopey@post-gazette.com or 412-263-1983.
First published on February 7, 2008 at 12:00 am

Ejnews: GEシュガー、皮下に発生する化学繊維、砒素arsenic。楽しい話題が続きます。アメリカでチキンを食べるときはオーガニックを食べましょう。(チキン、ポーク、ビーフ全ての肉類は気をつけて下さい。もう一度2008,2月23日のアメリカの家畜飼料の記事読み返して下さい。)ところで、日本にはアメリカの鶏肉輸出されていますか?この記事に出てくるタイソンフーヅス(タイソン食品?と言う訳ですかね。)ですが余り評判の芳しくない企業なのです。色々とニュースで見かけます。だから彼らが砒素を使ってないと言っても、何か別の怪しげな事をしているのではないかと勘繰ってしまいます。アメリカでは鶏の胸肉はコレステロールが少ないと信じられて女性に盛んに食べられていますが、アメリカのオーガニックで無い鶏の胸肉は牛肉よりもコレステロールが多いそうです。余談ですが、コレステロールが多い食品を食べたからと言ってコレステロールの問題が起こる訳ではないそうです。殆どの方が御存知だと思いますが、俗に言われるコレステロールの問題はマーガリン、ショートニングを食べる事によっての危険性が遥かに大きいのです。未だマーガリン、ショートニングを使っている人は早速ゴミ箱に捨ててしまいましょう!若し長い時間を掛けて動脈硬化等で、自殺を計画しているのなら別の話ですが。
ところで、日本の養鶏用飼料にはまさか砒素は許可されていませんよね!?中国ではどうなっているのでしょう?

Good Luck and Sweet Dreams !
ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。