スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮下にプラスチック線維増殖!?GE食物!?Morgellons!?

Morgellons Disease May Be Linked to Genetically Modified Food
モゲロン病は遺伝子組み換え食物と関係があるかも知れない。


by Barbara L. Minton  バーバラ ミントン著 


(NaturalNews) The Centers for Disease Control (CDC) has given care giant Kaiser Permanente over $300,000 to test and interview 150 to 500 patients suffering from Morgellons Disease. The study will be done in northern California where many Morgellons patients live.

(ナチュラル ニュース)ザ センター フォー ディジーズ コントロール(CDC)(病気の流行などを抑制する事が目的のセンター)は巨大医療機関カイザーパーマネンテに150人~500人のモルジェロンズ病に苦しんでいる患者にインタヴューし研究調査する為に30万ドル補助した。研究はモゲロンズ患者の多い北カリフォルニアで実施される。

Prior to this news, people had written off the disease as a hoax or the result of hypochondria. But recent evidence suggests that the disease is indeed real, and may be related to genetically modified (GM) food.

 このニュース以前には,人々はこの病気を仮病とか異常な清潔癖の為だと科と言って無視して来た。然し、最近の証拠によると、病気は確かに存在し、遺伝子組み換え食物に関係がある可能性が示唆されている。

What is Morgellons Disease? モゲロンズ病とは何か?

On August 1, 2007, the CDC issued the following statement regarding Morgellons Disease: “Morgellons is an unexplained and debilitating condition that has emerged as a public health concern. Recently, the CDC has received an increased number of inquiries from the public, health care providers, public health officials, Congress, and the media regarding this condition. Persons who suffer from this condition report a range of coetaneous symptoms including crawling, biting and stinging sensations; granules, threads or black speck-like materials on or beneath the skin; and/or lesions (e.g., rashes or sores) and some sufferers also report systemic manifestations such as fatigue, mental confusion, short term memory loss, joint pain, and changes in vision. Moreover, some who suffer from this condition appear to have substantial morbidity and social dysfunction, which can include decreased work productivity or job loss, total disability, familial estrangement, divorce, loss of child custody, home abandonment, and suicidal ideation.”

2007年、8月1日、CDCはモゲロンズ病に関して以下の声明を発表した。:

 “モゲロンは説明不可能、症状は酷く公衆衛生の問題として問題となり始めた。最近、CDCは市民、医療機関、健康衛生関係の政府機関役員、議会、ニュースメディアよりこの病気に付いての増え続ける質問を受け続けている。この症状に悩む患者は、一様に種々の似通った症状を報告している。其れは、皮膚下に何か虫が這い回っている様な感覚、虫に噛まれている感覚,刺されている感覚、其の外に、何か粒状の物質、線維、黒い粒状の物質等が皮膚下に見出される。 そして、皮膚に現れる、傷、(発疹、触ると痛みを感じる部分)又、他の患者は疲労感、精神的混乱、一時的記憶喪失、関節痛、視覚の変化、等の人体の機能的症状。其の上に、この症状に苦しむ患者の中には高い死亡率や社会関係の困難が見られ、これ等は仕事上の非生産性や失業、完全な身体障害、家族からの疎遠、離婚、これ等の結果として親権を失う事や、(手入れが出来ないため)家の放棄、そして最後には自殺を考えるようになる。”

As of February, 2007, approximately 10,000 families had registered with the Morgellons Research Foundation (MRF) and felt they or a member of their family met criteria for Morgellons as defined by the MRF. Of the U.S. families in the MRF registry, 24% reside in California with geographic clustering in the San Francisco metropolitan areas.

 2007年2月時点では、約1万の家族がモゲロン研究法人(MRF)に登録した、そして彼等、若しくは彼等の家族の誰かがMRFによって示されたモゲロン症の基準に到達していると感じている。(モゲロン症として)MRFに登録しているアメリカの家族の24%はカリフォルニアのサンフランシスコメトロポリタン地域に地理的に集中している。

In New Science magazine, Sept. 15-21 edition, Daniel Elkan describes a patient who for years has been “finding tiny blue, red and black fibers growing from intensely itchy lesions on his skin.” These fibers appear like pliable plastic and can be several millimeters long. Some appear in a zig-zag pattern. These fibers can be as fine as spider silk, yet they are strong enough to distend the skin when pulled.

 ニュー サイエンス マガジン、9月、15-21編集号、ダニエルエルキン に拠ると、患者は長期間に及び小さな青、赤、黒の線維が、耐えられない程の痒さのある傷口に成長している事がが発見されている。そして、この物質は柔軟性のあるプラスチックで数ミリメーターの長さである。幾つかはジグザグのパターンの様に見える。この線維は蜘蛛の糸ほどの直径であるにも拘らず、この線維は引き抜こうとする時皮膚をひっぱて引き伸ばす程強い。

A May 18, 2006 story carried by KGW, a local news channel in Oregon, recounts the story of a family practice doctor experiencing the disease. She reported feeling like bugs were crawling under her skin. “If I fully tell people what has gone on with me medically, they think they’re in the twilight zone,” said Dr. Drottar who woke up with the feeling that fluid was flowing just below her skin. When black or blue hair-like fibers protruded from her skin, she reported thinking she had been exposed to asbestos. “I thought I was having asbestos fibers come out of my skin. I was pulling long, thin, small hair-like fibers that were extremely sharp that could literally pierce through my finger nail.”  

 2006年5月18日、KGWによって報道された、オレゴン州地方ニュースはファミリープラクティス医師の経験したモゲロン症を語っていた。彼女は虫が皮膚の下を這いまわっている感覚を報告している。“若し私が医学的に私に何が起こったかすべて話してしまうと、人々はトワイライトゾーンに迷い込んだ洋に思う事でしょう。”とドロッター医師は語る。彼女は皮膚の直ぐ下を液体が流れている感覚で睡眠から目覚めたのであった。皮膚から黒や青の髪の毛の様な線維が突き出ていた時、彼女は石綿公害を被ったのだと思い報告した。“私は石綿の繊維が皮膚を突き抜けているのだと思った。私は、爪も突き抜けるような長く鋭い細い髪の毛の様な線維を引っ張ていた。”

twilight zone トワイライトゾーン60年代のアメリカのテレビ番組。サイファイと呼ばれる種類の番組。

According to Dr. Drottar, these symptoms were accompanied by severe depression, chronic fatigue and a weakened immune system. This debilitating condition forced her to give up her medical practice.

 ドロッター医師によると、この症状は重度の鬱症状、常習的倦怠感、そして弱まった抗体と共に症状として表れる。この重度の症状は彼女が医師として働く事を諦めさせた。

Effective treatment for Morgellons suffers has been elusive. Doctors have claimed that this type of disease must be caused by a parasite, but even the strongest anti-parasitic medications have not helped. In the past, psychologists have insisted that this was a new version of delusional parasitosis, a form of psychosis in which suffers hold a delusional belief that they are infected by parasites.

 効果的なモゲロン症の治療は未だ見つかっていない。過去に、精神科医はこれは新しい型の寄生虫病妄想だと断言していた。この精神病の患者は彼等が寄生虫に寄生されているとの妄想を信じている。

The Morgellons, GM Link モゲロン、と遺伝子組み換えの関係。

According to the CDC statement, the etiology of Morgellons is unknown, and the medical community has insufficient information to determine whether persons who identify themselves as having the disease have a common cause for their symptoms. In April, 2006, the CDC recommended an epidemiological investigation. It was not until January 16, 2008 that the care grant to Kaiser Permanente was announced.

 CDCの声明によると、モルゲン病の起源は不明、そして医療機関、医学会はモルジェランに罹っていると訴えている患者が何か一般的な病気から原因しているのか見極めるには極僅かの情報量しか持っていない。2006年4月、CDCは伝染病(流行病)の調査を勧告した。然し、(モゲロン医療研究)補助金がカイザーパーマネンテに与えられるのは2008年1月16日まで待たなくてはならなかった。

In the meantime, a research team from Oklahoma State University lead by Dr. Randy Wymore, studied some of the fibers sent to them by Morgellons patients. They discovered that fibers from different people looked remarkably similar to each other and yet seemed to match no common environmental fibers. 

 その間、ランディー ワイモア医師に率いられたオクラホマ州立大学の研究チームは患者から送られた繊維を研究していた。彼等は異なる人々からの線維は驚くほど似通っているが、然し普通の自然の線維とは一致しない事実を発見した。

Ahmed Kilani, a specialist in infectious disease detection, claimed to have broken down two fiber samples and extracted their DNA. He found that they belonged to a fungus.

 アフメッド キラニ、伝染病探知の専門家、彼は2つの線維のサンプルを解析し遺伝子(DNA)を抽出したと宣言している。彼によるとこの遺伝子は茸、菌類に属するとの事である。

In an even more provocative finding, Vitaly Citovsky, Professor of Biochemistry and Cell Biology at Stony Brook University in New York, discovered that the fibers contained the substance Agrobacterium, a genus of gram-negative bacteria capable of genetically transforming not only plants, but also other eukaryotic species, including human cells.

 もっと刺激的な発見はニューヨークのストーニー ブルーク大学の、生物化学、細胞生物学の教授、ビッタリー シトフスキーの発見である。其れによると、この線維は農業用のバクテリアの物質を含んでいて、其れは、遺伝子的に他の植物に変化出来るばかりでなく、人間を含めた他の真核生物種に変化できる、グラム陰性の種に属するバクテリアであると言う発見である。

Anonymous samples were provided to Professor Citovsky by the Morgellons Research Foundation to use in investigating the potential presence of Agrobacterium in biopsies from Morgellons patients. Control reactions included samples provided by healthy donors. Only Morgellons, not healthy subjects, tested positive in these studies.

 モゲロン患者の生体組織検査サンプルの中に農業用バクテリアの存在を調査する為に、匿名のサンプルがモゲロン研究財団より、シトフスキー教授に与えられた。反応検査では正常な個人のサンプルも含まれていた。この反応検査では健康な個人ではなく、モゲロン患者だけが陽性と認知された。

According to a statement issued by Professor Citovsky, this observation does not imply that Agrobacterium causes Morgellons or that Morgellons is indeed an infectious disease. However, it does encourage future studies to determine (1) statistical significance of data, (2) whether Agrobacterium is not only present extracellularly, but also causes genetic transformation of the infected tissues, and (3) whether infection of laboratory animals with Agrobacterium can recreate symptoms of Morgellons.

 シトフスキー教授の声明によれば、この観察は農業用バクテリアがモゲロン病の原因であるとか、モゲロン病は伝染病であるとかは示唆していない。然しながら将来の研究を勧告している。其の勧告とは(1)データの統計上の重要性。(2)農業用バクテリアは細胞外だけに存在しているか如何か。其れだけでなく、感染した細胞組織が遺伝子的変化を起すかどうか。(3)農業用バクテリアに感染した生体実験用の動物がモゲロン病の症状を起すかどうか。この3つである。


Sources: 以下はこの記事のソース。

“Background information on the involvement of the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) in the investigation of Morgellons disease in the U.S.", published by the CDC.

“Skin Disease May Be Linked to GM Food”, Whitley Strieber’s Unknown Country, Oct. 12, 2007.

“Serious Study of Mystery Disease” Whitney Strieber’s Unknown Country, Jan. 31, 2008.

“GMO Disease Epidemics: (10) Bt-cotton Fiber Disease”, Myron Stagman, Ph.D., Portland independent media center

Morgellons Watch, "Clarification from Vitaly Citovsky"
About the author 著者に付いて。
Barbara is a school psychologist, a published author in the area of personal finance, a breast cancer survivor using "alternative" treatments, a born existentialist, and a student of nature and all things natural.

 バーバラは教育精神科医で、個人的ファイナンスについての著書を発表している。乳癌を西洋医学以外の方法で克服し、生まれながらの実存主義者で、そして自然と自然なる物全てから習い続ける個人である。

alternative  既成ではない別の方法。Alternative Medicine オルタネティヴ メディスン  は西洋医学ではない、例えば、漢方、アメリカインディアンの医学、等の事を指すことになります。

existentialist  実存主義者。若者達!知っているかい!サルトル。ハイデッガー。カミュ。!?

Morgellons モゲロン、モジェロン、モーゲロンとか発音されていています。



Ejnews: 母の日は楽しく過ごされましたか? 今日もUP Liftingな話題でした。ハハハ!(up liftingアップリフティン精神を高揚する、)
しかしサン フランシスコは変な事が多いので長く住むのには如何でしょうかねえ?北方のマリン カウンティー(郡)は乳癌の患者が異常に多いとか、(どうして乳癌がマリンカウンティーに集中しているのか、原因は解っていないそうです。)数ヶ月前の事ですが、蚊の発生を抑止する為とか言う理由で殺虫剤を飛行機で散布するとかしないとかしていましたが、サンフランシスコを含めた広い地域です。子供や病人が外に居る訳ですよね!インターネットで全く別の事を調べていて、この事実に遭遇したのです。早速サンフランシスコの知人などにメイルしたところ、返事が『ああ!そう言えば、モントレーとサンフランシスコ間はもう散布してたよ、夏までに何回か散布するんだって。』と言うのです。『政府がする事だから止める訳にもいかないし………….』と言う様な返事でした。そもそも如何して蚊が大発生するのかと言うと、蝙蝠を皆殺しにした事が原因だそうです。(人伝えなので本当かどうか疑問ではありますが。)一時、蝙蝠は狂犬病の菌を持っていると言われていたので、其れが理由だと思いますが。確かに狂犬病は野生の動物には付き物ですが、それでも皆殺しにすると言う所が何とも言えず狂気染みていますよね。
 其の他にも、Contrailコントレイル(Condensation Trailコンデンセイショントレイルの略。)と言って、政府が化学物質を飛行機で散布して人体実験、天気のコントーロール等を秘密裏に行っているのでは無いかと言う噂が絶えません。此れはサンフランシスコに限った訳ではありませんが、兎に角、サンフランシスコは色々ある所です。
 若し、contrailコントレイル 若しくはChemical trailケミカル トレイルに興味が有る御方は
www.carnicom.com/contrail.htmでグーグルしてみて下さい。Aerosol Operation Crimes &Cover-Up.というサイトです。
此れはコンスパイラシー セオリーconspiracy theoryの域を出ていない感じですがアメリカは中央情報局、軍部、ホームランドセキュリティー、過去に遡ればトスキギ梅毒人体実験(Tuskegee Syphilis Experiment)、プロジェクトMKウルトラProject MKULTRA、等々と秘密の多い国ですから,        フーム!?………………………?と言った感じです。 では!

Good Luck and Sweet Dreams !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

拝見しました

ejnewsさん、たくさん力作を公開されて警鐘を発しておられるのですね。

“モゲロン病”なんて初めて聞く病名です。そんな奇病があることすら存じませんでした。
しかも因果関係にあるとされるのが、GM食物なのですか。ムム。。。

他にも乳癌発症にも殺虫剤散布が関与しているとか、衝撃的な内容ばかりです。
私の同僚も、友達のお母さんも手術を受けていて、日本でも患者さんが着実に増えています。
食生活の欧米化が大きな要因なのかなぁ、と素人考えで思っていました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。