スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警告:遺伝子組み換えキャンディーを母の日に!

ALERT: Genetically Engineered Candy for Mothers Day
警告:遺伝子組み換えキャンディーを母の日に!


This Mothers Day may be the last time you can buy mainstream candy for Mom on Mothers Day that isn't made from genetically engineered (GE) sugar.

(scroll to the bottom of this page to take action)

 今回の母の日が、遺伝子組み換え砂糖を使ったキャンディーではない普通のキャンディーを、お母さんに買う最後の母の日になるかもしれない。

(このページの一番下までスクロールして、行動しよう!)
意味はこのページの下までスクロール(巻くと言う意味)すると反対運動に参加出来る欄があるという事です。此処では省きました。

Genetically engineered “遺伝子的に技術処理された”と言う様な直訳になりますが、遺伝子組み換えの事です。略してGE。

Background Information:

American Crystal, a large Wyoming-based sugar company and several other leading U.S. sugar providers have announced they will be sourcing their sugar from genetically engineered (GE) sugar beets beginning this year and arriving in stores in 2008. Like GE corn and GE soy, products containing GE sugar will not be labeled as such.

バック グラウンド インフォメーション:

 アメリカのワイオミングに拠点を持つ大砂糖会社“クリスタル”を含む幾つかの主要砂糖供給会社は『今年から遺伝子組み換えシュガービーツを砂糖の供給源にし始め、製品は2008年に店頭に並ぶ。』と発表した。GEコーンやGE大豆の様に、GEシュガーを含む製品には(GE植物が使用されていると)その様にラベルに表示される事は無い。

Since half of the granulated sugar in the U.S. comes from sugar beets, a move towards biotech beets marks a dramatic alteration of the U.S. food supply. These sugars, along with GE corn and soy, are found in many conventional food products, so consumers will be exposed to genetically engineered ingredients in just about every non-organic multiple-ingredient product they purchase.

 合衆国のグラニュー糖の半分がシュガービーツが原料と言う訳だから、バイオテックビーツに向けての転換は合衆国の食品供給に劇的な変更を示す事になる。これ等の砂糖は、GEコーン、大豆と同様一般の食品の中に見出される。とっ言う事で、消費者は殆ど全部のノン オーガニックで、複数の原材料で製造されている製品に使用されている、遺伝子組み換えで作られた材料に曝されると言う事になる。

The GE sugar beet is designed to withstand strong doses of Monsanto's controversial broad spectrum Roundup herbicide. Studies indicate farmers planting "Roundup Ready" corn and soy spray large amounts of the herbicide, contaminating both soil and water. Farmers planting GE sugar beets are told they may be able to apply the herbicide up to five times per year. Sugar beets are grown on 1.4 million acres by 12,000 farmers in the U.S. from Oregon to Minnesota.

 GEシュガービーツは、多種多様の議論の種になっているラウンドアップと言う除草剤の、大量散布に耐え凌げる様にデザインされて作られている。調査研究によると“ラウンドアップレディー”コーン、大豆を栽培している農家は大量の除草剤(ラウンドアップ)を散布し、土壌と水を汚染していると言う事だ。GEビーツを栽培している農家は年間5回まで除草剤(ラウンドアップ)を散布する事が出来るだろうと指導されている。シュガービーツはオレゴンからミネソタまで1万2千の農家によって1千4百万エーカー栽培されている。

Meanwhile candy companies like Hershey's are urging farmers not to plant GE sugar beets, noting that consumer surveys suggest resistance to the product. In addition the European Union has not approved GE sugar beets for human consumption.

 一方、ハーシーの様な菓子会社は、消費者調査の結果として消費者の製品の対する抵抗を理由に、GEビーツを栽培しない様にと農家に勧めている。それに加えて、ヨーロピア ンユニオンは人間に対するGEビーツの使用を承認していない。

Organic Consumers Associationオーガニック コンスーマーズ アソシエーションのサイトの記事より。


Ejnews: アメリカでは有機農耕で真面目にヒッピーの時代から頑張っていられる人々や、有機農耕を大規模に経営している農家と様々です。オーガニックの消費は増加していて、あのウォールマートでもオーガニックの食品を売っている位です。(勿論、私はウォールマートなんか行く事もないし、あそこのオーガニックは全くの眉唾物だと思います。)問題はモンサントMONSANTOの様なアグロビジネスが政府に影響力を持ち過ぎていて問題です。モンサントは日本でも悪名が高いと思いますが、又、何時かモンサントの記事を訳してみます。甘味料のサッカリン、ニュートラ スイート、ヴェトナム戦争時代に使われた枯葉剤エージェント オレンジ(Agent Orange) ,PCB, 人工牛成長ホルモンBST、遺伝子組み換え農作物、そして、其の遺伝子組み換え農作物に使う除草剤ラウンドアップ(Roundup) etc,一寸恐ろしい企業です。
 問題は砂糖ですから色んな物に添加されているでしょう!本当に気を配ってショッピングしないといけない世の中になりました。
 ではそう言う事で、母の日、お母さんに遺伝子組み換えの御菓子プレゼントしない様に!

Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。