スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和に付いて、モンテスキュー

·Charles de Montesquieu
チャールス デ モンテスキュー

私は英語圏に居るので チャールス デ モンテスキューですがフランス語の発音ではシャルル ドゥ モンテスキューがフランス語に近いそうです。


If I knew of something that could serve my nation but would ruin another, I would not propose it to my prince, for I am first a man and only then a Frenchman...because I am necessarily a man, and only accidentally am I French.

· 若し私が我が国を救う何かを知っていたとして、其れが他国を破滅させる様な物なら、私は其れを私の王子には進言しないだろう。第一に人間として唯其の後でフランス人として……….何故なら、私は必然的に人間であって、唯、偶然にフランス人として生まれただけだからだ。

· You have to study a great deal to know a little.
· たったホンの少しの事を知る為に物凄く勉強しなければならない。

Pensées et Fragments Inédits de Montesquieu (1899)

Charles de Montesquieu
チャールス デ モンテスキュー
Charles de Secondat, Baron de Montesquieu (1689-01-18 - 1755-02-10),

known also as Charles de Montesquieu, was a French political thinker who lived during the Enlightenment and is famous for his articulation of the theory of separation of powers.

“権力の分離”と言う思想で有名な、啓蒙時代に生きたフランスの政治思想家、チャールス デ モンテスキューと言う名前で知られている。

Ejnews: 今日は何時もと何の違いも感じられないスモッグで霞んだロスの土曜日、週末だから空気は幾分綺麗だ。久しぶりにジャズでも聞く気になって調べてみると、あの懐かしいリー コニッツLee Konitzがジャズ ベーカリーJazz bakeryで演奏していると言う事ではないか!と言う事で早速聞きに言ってきました。81歳位だと思いますが、何の何の未だ十分サキソフォーン吹けるでは無いですか!然も、あの年季を経た渋い言動、演奏のスタイル、観客との会話もリラックスして、過ぎ去った時代を思い起こさせてくれた貴重な時間でした。ジャズベーカリーは小さな会場で多くても500人位しか入れないんじゃないかと思います。目の前で演奏が見えるのです。35ドルは絶対に安い!(と言っても、彼は年を取っても次々と新しい事にチャレンジし続けていて、素晴らしいミュージシャンです。過ぎ去った時代と言うのは私が若かった頃の思い出の事です。)
 若し、ロスに来られることがあればインターネットで“Jazz Bakery”をgoogleグーグルして下さい。良く有名なジャズ ミュージシャンが演奏しています。Culver Cityコルヴァーシティーにあり、隣にはFather’s Officeファーザーズオフィスと言うビールで有名なレストランもあります。寿司屋も近辺にあるそうです。別に、宣伝料もらっている訳じゃないけどロスは詰まらない所でしょう?だから若し此処に来ないといけない羽目になったらこんな所がありますよ!と言う話です。

にほんブログ村 英語ブログへ
楽しんで頂けましたら此処をクリックして下さい。宜しく!
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。