スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実隠蔽の努力を続ける日本政府

Greenpeace marine radiation monitoring
blocked by Japanese government
グリーンピースの海洋放射能監視調査は日本政府によって阻止される。

英原文: http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/Greenpeace-marine-radiation-monitoring-blocked-by-Japanese-government/

トーキョー、ジャパン、2011年、4月28日。 -日本政府はグリーンピースに対し領海内の12マイル以内での独立した放射能測定調査の許可を与える事について拒否をし、12マイル以遠の海域での限られたプログラムについて許可を与えた。

 グリーンピースの旗艦レインボーワォーリアー(虹の戦士)は事故に襲われた福島の原子力複合施設に向かう途中東京の外域に到着した。グリーンピースは政府によって為されている以上のテストを含めた包括的調査計画を日本政府の農林水産省に提出していた。海水、堆積物、海生動物の調査は許可されたが最も重要な領海12マイル以内の調査は阻止された(許可されなかった)。

 レインボーワォーリアーはジャイロコンパスに修理が必要で、其の意図で東京で短期間ドック入りし、其の後福島沿岸に向かう予定である。

 『グリーンピースによる海生動物の調査と福島原発施設による海水汚染の危険度が最も高い沿岸地域の監視調査遂行は非常に重要である。此れは市民の健康と生活を守る手助けする独立し隠し事の無い情報を提供する為である。』とグリーンピース日本の最高責任者である佐藤純一氏は語った。

 現在までグリーンピースは陸上の独立した監視調査を遂行死、其の全ての結果を発表し、其れは地域自治体の役員と地域住人によって非常に歓迎された。より完全な事態の把握の為には海での監視調査は非常に重要である。

 『日本が食料源として大いに頼っている海の環境に我々は調査を広げなければならない。事故発生から殆ど2ヶ月が経過しながら公衆の為の情報は充分に存在していないか、若しくは市民の健康を守る安全措置は充分に取られていない。』とレインボーワォーリアーに乗り組んでいるグリーンピースの放射能専門家アイクチューリングは語った。

 『我々は政府当局者と緊密に行動し、そして我々の調査行動についての正しい評価を歓迎してはいるのだ、が此の原子力危機に対する殆どの政府の対応同様、政府の対応は全く充分に深く行われていない。日本政府は今回の決定を即急に変更し我々による非常に重要な独立した調査が可能になる様に海岸により近い地域での調査を許可すべきである。』と佐藤氏は付け加えた。

ejnews: ------と言う日本からの話。未だに日本政府は事故の実状を隠していると言う事ですねえ。
 処でオサマビンラデンが殺された(?)と言う話ですが、既に彼の死体は海に埋葬されたとかで全く都合の良い話じゃありませんか!人工透析機が必要なほど腎臓が悪い人が10年近く米中央情報局に探知されずにパキスタンの山の上のアジトでノウノウと隠れていたなんて子供騙しでもあるまいに!問題はつい最近のペンタゴンと米中央情報局の親分が交代し(中央情報局長官レオン パネッタはペンタゴンの親分になり国際治安支援部隊“ISAF”の司令官で陸軍大将のディヴィッド ぺトレイアスが中央情報局の長官になった)其の直後にオサマ ビン ラデンが殺されたと言うニュースで、又、中央情報局開設時から米政府の至る所で米中央情報局のスパイが大統領の動向を監視し“陰の政府”の利益にならない決定を大統領が下しそうになると事が起こる前に中央情報局によってサボタージュされると言う話ですから今回は一体どうなってんだろう!?と誰でも思いますよねえ。実際にはとっくの昔に死んでいたビン ラデンを使ってテロに対する戦争を継続していた米政府が、リビアやシリアにより多くのエネルギーを注ぐ為突然ビン ラデンの死を発表しアフガニスタン駐屯中の兵士や物資を中近東に派遣する下準備か?ビンラデンを殺した大統領として次期の大統領の座を確保する代償としてオバマは一体何を“陰の政府”に約束したのか?等々----------まあその内色々な事がニュースによって読めると思いますが、オバマは基本的にブッシュ家の様な“陰の政府”の内部者ではないので結構辛い立場には立っていると私は同情しております。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

海外転送サービスについて

突然のコメントで失礼致します。
新庄と申します。

このたび弊社で、海外在住の邦人の方向けに新サービスを開始致しました。
新サービスの内容に関しましては、海外より日本の通販サイトや
オークションで購入した商品を海外のご自宅までお届けするサービスです。
海外からAmazon.co.jpでのショッピングや、ヤフーオークションの落札が
可能です。

配送方法はEMSを利用し、120ヶ国以上に対応しております。
お荷物の管理などもすべて弊社サイト内で行うことができます。
海外転送手数料は業界最安値の370円から承っております。

弊社のサイト通じ、不慣れな海外生活する方のお役に立つことができれば
幸いでございます。

弊社サイトは下記をご確認頂けますでしょうか。

【2ndpost.net 海外転送サービスについて】
https://www.2ndpost.net/transfer.html

相互リンクも随時募集しております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

荒野鷹虎さん

今日ニュースで聞いたのですがビン ラデンが着ていた服に2つの電話番号が縫い付けられていたと言う事です。誰の電話番号か興味深いですねえ。ジョージ ブッシュの電話番号だったりして--------。勿論冗談ですが。

ejnewsさんへ!!

ご丁寧にありがとうございます。!
推測としては、充分信憑性のあるご意見で、私も、ほっとしました。
先ほど、オバマが会見で、何故写真を公開しないかは、「顔が酷い
のでみせられない」といっていました。
アメリカは実に、分かりづらい国に成りましたねー。では又!

荒野鷹虎さん

 御元気ですか?福島の原発事故隠蔽工作ばかりしていないで早く何とかして欲しい物ですねえ。

 9/11についてですが脳味噌が正常に機能している人はアメリカでも米中央情報局等の“陰の政府”が関係していると思って居る様です。
 オサマビンラデンの暗殺はアメリカでも胡散臭いと思っている人も多い様です。死体を海に捨てるなんてのは異常でしょう?オバマ大統領の発表の後インタヴューされたオバマ政権の関係者の答えが人と時によって違うのも事実が無いので話をでっち上げている証拠の様に見えます。実際アフガン・イラク侵略戦争では米政府は兵士の英雄行為をでっち上げたり、フレンドリーファイヤーと言う見方に攻撃される事で志願兵として従軍していた有名なアメリカンフットボールの選手が死んだ事件でも米軍は事実を隠蔽し続けていますから今回のビンラデンの死も怪しい物ですねえ。
 米中央情報局が開設されてからのアメリカの大統領には2種類あり一方は本当に米国民の為に政治をしようとしていた大統領でケネディー、カーターが其の種類でジョンソンそして不思議な事ですがニクソンも若しかすると其の内に入るのでは?もう一方レーガン、ブッシュ親子、クリントンの様に米中央情報局が代表する企業と富豪達の為に政治をする大統領なのです。オバマは前者の部類ですがビンラデンを殺したと大統領と言う次回の大統領選挙戦での有利な立場を作り出したのですから、オバマはジョージブッシュが代表していた利益の保護と国家支配に執着している富裕階級と何か取引したのではないかと言う憶測です。

ejnwseさんへ!!

このたびのビン・ラーヂンの殺害事件は真相は如何なのでしょうか!?
日本では、菅総理が米国よりになった関係で、いち早く、歓迎のコメントを発言しましたが、疑問の動きも少なくありません。
和つぃも、経済不況の目球隠しのために、苦慮の末の、嘘の報道に思えて成りません。海に投げてしまったことも、疑いが見えます。
そもそも、9・11事件そのものが、疑わしく思われるのですが・・
米国在住の、ジャ^ナイストとして、いかが思うでしょうか教えていただきたいのです。幼稚な質問苦しめてごめんなさい汗)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"福島"事故後の影響を調査するためロシア調査隊出発

2011年04月22日 マクシム・ボリソフ 今日、ウラジオストックから日本海へ、ロシアの地理学協会の調査隊が出発した。航海の期間は約一ヶ月。科学調査船パーヴェル・ゴルジエンコ号には、14人の学者が乗船している。任務の中には、福島第1原発事故後の放射能状態の調査があ

A Hard Rain:原子力論議の‘裏側’を扱った豪州映画

これは制作されるべくして制作されたドキュメンタリーだ! 二度、アカデミー賞(ドキュメンタリー部門)候補となり、AFI(アメリカ映画協会賞)を五回受賞した、デヴィッド・ブラッドベリー監督の最新作A Hard Rainは、原子力論議の‘裏側’を取り上げている。 各国政府や

オサマ・ビン・ラディンの好都合な死

Paul Craig Roberts 2011年5月3日 Information Clearing House アメリカは必ず勝つという勝利主義の匂いがプンプンするプロパガンダ記事で、AP通信の、というよりは、ホワイト・ハウス真実省の、二人の記者とされる連中、アダム・ゴールドマンとクリス・ブラミットは書い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。