スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“原発近くの海域から魚の流通なし!?”-----だから海産物は安全??? 

ejnews: 日本のインターネットニュースで 原発近くの海域から魚の流通なし 震災後、漁業行われず と言う記事を見た。内容は--------

東京電力福島第1原発近くで採取した海水から法令の濃度限度を大幅に超える放射性物質が検出された問題で、福島県は22日、「もともと漁業権が放棄されており、震災以降も漁が行われた形跡はない」として、この海域の魚介類が市場に流通した可能性はないとの見方を示した。
県によると、福島第1原発を起点に南北3・5キロ、沖合1・5キロの海域は原発建設時に漁業権が放棄されている。付近の漁協も津波の被害を受けて出漁できない上、海上保安庁が半径30キロ内への立ち入りを規制していることから、漁はなかったとしている。

--------と言う事だった。福島県の誰さんが言ったのか知らないが福島県では魚の言語が喋れる人が県の職員か政治家(若しかすると魚の言語の通訳を雇っているのかもしれない)居るらしい。彼等は半径30キロ内に居た魚や通過している魚達に『君達は放射能で人間の食用には危険過ぎる様になったので30キロ圏外に出て行ってはいけない!』とか、若しくは30キロ圏外に居る魚達に『此処から先は放射能汚染で立ち入り禁止!』とか通達したに違いない。私はニュースは良く読むように心がけているのだが日本人が魚と意志の疎通が出来る様になったと言うニュースは如何言う訳か見逃していた。----------そうか--------福島の魚は30キロ圏外に出て行かないので日本近海の魚は安全なのか!?凄い話だ!

そして英国のガーディアン紙サイトには下記の様なニュース-----

Japan may have lost race to save nuclear
reactor
日本は原子炉を救う(時間との)競争に負けたのかも知れない。

英原文:http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/29/japan-lost-race-save-nuclear-reactor

 放射性の有る燃料棒が容器から溶け出した後で福島でのメルトダウンの恐怖は高まった然しチェルノブイリ スタイルのカタストロフィーの危険性は無い。

 損傷した福島第一原発の原子炉内の炉心は溶け出して原子炉格納容器の底を抜けコンクリートの床に達した様に見受けられ、現場での大規模な放射能放出の恐怖を高めていると専門家達は言っている。

 此の警告は米合衆国の専門家による福島第一原発の放射能レヴェルの分析結果の後に出されたものである。第二原子炉の分析結果は日本政府当局と此の原発を運営している東電によって発表された。

 ジェネラル エレクトリック社が原子炉(マークⅠ)を福島第一原子力発電所に設置した当時の安全性を研究していたティームの主任だったリチャード レイヒー氏はガーディアン紙に福島第一原発で働いている人々は原子炉を救う為の時間との競争に負けてしまった様に見受けられるがチェルノブイリ スタイルのカタストロフィーの様な危険性は無いと語った。

 破損した原子力発電所で燃料棒のメルトダウンを防ぐ為の絶望的な企てとして作業員達は3基の原子炉に水をポンプで送っているのだが全ての原子炉で燃料棒は少なくとも部分的に露出している。

 溶解した炉心とジルコニウム合金被覆管を含む少なくとも溶解した炉心の一部は圧力格納容器の鋼鉄の"lower head"(上部構造物?)の底部を突き抜けて落ちている様だとレイヒー氏は語っている。

 『原子炉からの放射能測定記録と彼等の見ている種々の要素から理解出来ることは現状は第二原子炉の炉心が圧力格納容器の底を溶かし落下し、少なくとも其の一部はドライウエル(?)の床に落ちている事を暗示している。
私が間違っている事を望んではいるが確実にこの様な状態を証拠は示している。』とレイヒー氏は語っている。

drywellドライウエル:ドライウエルとは調べてみると原子炉圧力格納容器を設置している原子炉内上部の液体の無い空間(?)のようです。其の下にはウエットウエルと呼ばれる液体を入れた空間があるそうです。

 融解した燃料が格納容器から漏れ出した時の最も重大な懸念は下部にあるドライウエル(核の容器の一部?)のコンクリートと反応し周囲に放射性ガスを発生させる事だが、福島ではドライウエルは海水で水浸しになっていて原子炉から漏れ出した融解した燃料を冷却し発生した放射性ガスの量を減少させるだろ。』

 『其れは一つの大きな塊としては出てこない。其れは溶岩の様に出て来るのだがその方が良い。何故なら冷却し易いからだ。』とレイヒー氏は語っている。

 ドライウエルは放射性物質が環境に漏洩する事を防御する鋼鉄とコンクリートによる第二番目の防御構築物によって取り囲まれているが、然し最近起こった水素による爆発によって此れは損傷しているかもしれない。

 『我々が心配している理由は格納容器の外側の水に非常に高い放射能を検知しているのだが、其れは原子炉の炉心以外からは発生しないのである。これは大火災と蒸気の爆発によって吹き飛んだチェルノブイリの様な状態にはならないが環境にとっては良いニュースにはならない。』とレイヒー氏は付け加えた。

 第二原子炉のタービン室に有る水溜りの放射性レヴェルは最近毎時1、000ミリシーヴェルトと測定されたのだが、現状のガイドラインによると其のレヴェルでは作業員は其の地域に僅か15分間しか留まる事は出来ない。

 1979年に今回(福島第一原発)よりも軽度の炉心熔解がペンシルヴァニア州のスリーマイルアイランド原発で起こったのだが、鋼鉄製の圧力格納容器を熔解した燃料が貫通する前に技術者達は(熔解した燃料棒を)冷却する事に成功した。此の任務は時間との競争なのだ。何故なら原子炉の燃料が熔解し始めると大きな塊を構成し其れは(時間が経つと共に)益々冷却が困難になるからだ。

 福島危機を踏まえて原子力発電所を持つ全ての国々は緊急時に国際原子力機関と連携した国際的団体による原子炉の安全について政府当局に素早いアドヴァイスを与える専門家が常に待機している“スワット ティーム(特別機動隊)”の存在が有るべきである。

 福島からの放射性物質によって汚染された食品と飲料水の安全性について市民への明確なアドヴァイスを日本政府当局が要求された事に此の警告は起因している。

 1986年のチェルノブイリの大災害のあとソ連政府当局によって(問題解決の為に)招待された米国の医療研究者であるロバート ピーター ゲイル氏は事故現場からの放射線のデータを収集し市民への明解な健康アドヴァイスに翻訳する事が任務の第三者委員会設立の為に日本政府各省の大臣と面会会談した。

 『基本的に何が市民を不安にさせているのかと言うと、飲料水についての報告が或る日は安全許容水準以上で其の数日後には突然飲料には安全と言う事になる事だ。最初の報告が根拠の無い警告なのか二番目の報告が嘘だったのか市民には分らない。』とゲイル氏は述べている。

 『私の推薦する事は市民に対しての危機についてデータを市民が理解可能な幾つかの分野に分ける事によって市民が何を取り扱っているのかそして彼等が論理判断が出来る様にする為の小規模の第三者委員会を設立する事である。』と彼は追加した。

----------そうか-------チェルノブイリの様な酷い状態にはならないのか!?然しチェルノブイリの30倍の放射性物質が福島第一原子力発電所には蓄積されていると言う話だが其れでもチェルノブイリ程酷くならないと言えるのだろうか?アメリカでも福島からの放射能が検出されている特にミルクに蓄積され易いので子供を持つ人は心配の様だ。

そして原発事故とは全く関係ない話-----------


The Hypocrisy of the Libyan Conflict
リビア紛争の偽善。


英原文: http://www.consortiumnews.com/2011/032011a.html

編集者の一言: リビアの対空防衛システムとコミュニケーション センターへのミサイル攻撃によって土曜日に米国は第3番目の中近東での戦争を開始した。然しアフガニスタンとイラクへの侵略とは異なる事は今回はジョージW.ブッシュの軍事的大言壮語が欠けていると言う事である。
アラブの王家の象徴的な支持を得、そして英国とフランスに任せ米合衆国は此の紛争で指導的役割を果たさ無いと言う普段とは違ったヒラリー クリントン国務長官の主張によってバラックオバマ大統領は控え目な対応をしている。然しながら此の新しい戦争にはローレンス ディヴィッドソンが此のゲストエッセイに記している様に決定的な偽善がある。:

by Lawrence Davidsn(ローレンス ディヴィッドソン)
 貴方が国連の決議であるリビア内戦に対する大規模な介入の容認に同意するか否か、そして複雑で分裂している部族社会への明らかに奇抜なムアンマル カダフィの42年間の支配が残酷かどうかについて貴方が同意するか否かは別にして、客観的観察者が同意しなければならない筈の事が一つだけ存在する。

 米合衆国によって提出された差し迫っているNATOの介入についての支持 への論理的根拠---------------此の行動は市民への攻撃の即時停止をもたらす為に取られていると言う----------は偽善が蔓延している現代で最も偽善的な行動の一つである。

 勿論、提起された此の原則其の物についての議論は存在しない。戦時下での市民の保護は其れ自身で道徳的で国際法の必要条件である。

 然しながら其れ(市民の保護)は殆ど何時も無視される必要条件であり、米合衆国程其れ(市民の保護)を無視した強力な支配力を持った国家は存在しない。

 イラクではアメリカの侵略が原因の死者数は百万人に到達した可能性があり、アフガニスタンでは又、米合衆国主導の戦争が直接の原因の市民の死亡者数は2007年と2010年の間で約1万人と見積もられている。
ヴェトナムでは米合衆国の軍事介入は市民の人口を約2百万人減少させた。

 そして其の上パレスチナでのイスラエルによる少数民族大量虐殺過程の米合衆国による擁護が存在する。アメリカの偽善とはガザへの海上封鎖と150万人のガザ住人のユックリとした貧困と栄養失調への沈降に対しワシントンは常に何もしないと言う事である。

 そして最後に忘れる事の出来ない2009年のイスラエルによる小さな人口の密集している居留地への侵略に対する米合衆国独特の支持。2009年の侵略は第二次世界大戦以降、最も驚嘆すべき市民と市民の生活基盤へのあからさまな攻撃であった。

 そしてアメリカ政府は其のイスラエルによるガザへの攻撃の間、常にイスラエルを支持し続けていた。

 と言う事でオバマ大統領がテレビカメラの前で我々に向かってリビアの市民は保護されなければならないとか、国連大使スーザン ライス女史が我々に向かって国連決議の目標はリビア国民の安全を守る事とカダフィを含む市民を攻撃する者達を国際裁判に連れ出す事だ等と言い出す時、或る特定の嘔吐感が人々の胃の底に込み上げて来る。
若しワシントンがリビアの政権を替えたいのなら------殆ど全くそう言う事なのだが------政府のスポークスマンは単にそう言うべきであって、そうする事によって我々をセーレン キルケゴールに値する様な精神的絶望感を感じる事から解放すべきだ。


『本当の偽善者とは彼自身の偽りを感じなくなり真心を込めて偽りを言う者の事だ。』と言ったのはオスカーワイルドだった。

 政治家と言う輩は彼等の人生をこの様に(偽善的に)生きる事を------或る者は他のものよりも容易に------習うものだと私は考えている。そして私が言った様に彼等が彼等の妄想を私達と分かち合うのに成功する為の唯一つの方法は我々の大多数が彼等政治家の言った事を正確に判断する文脈的知識に欠けていると言う事である。

 成功している偽善者と彼又は彼女の無知な聴衆達は御互を必要としているのである。

ejnews: 多くの市民が馬鹿な為偽善的政治家の嘘や出鱈目を疑わず、又偽善的政治家達は頭の悪い市民達の気分を良くする似非国粋的愛国的な言葉遣いを心得ていて、其れを上手く使いこなす。米国の富は全人口の僅か1%の超富豪によって吸い取られ一般大衆とっては経済的困窮度は益々高まている。其ればかりでなく市民の権利はファシストの様な共和党によって侵害され続け多くの米市民は経済的に精神的に追い詰められている。然し彼等には如何して米帝国市民である彼等の生活がこの様に疲弊してしまったのか理解出来ない。よって馬鹿な市民達は経済的に人口の1%程の極少数の超富豪達に仕えている偽善的政治家が使う精神的に高揚する偽善的言葉を麻薬を追う中毒患者の様に必要としている。偽善的政治家と無知な市民は御互を必要としている。政治家は彼等の地位を守る為の投票者としての馬鹿な市民を必要とし、馬鹿な市民は少なくとも帝国市民である彼等が精神的に優越感を感じられる様に偽善的政治家の事葉を必要としている。常に犠牲になるのは貧困者、肌の色の濃い人々又は有色人種の国々、キリスト教ユダヤ教以外の宗教を信じている人々や国々------------。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

A-FOCUSさん

最悪の場合は原発の燃料がメルトダウンし福島第一原発に在る全部の原子炉の燃料が一つの溶岩の様にメルトダウンしてしまい其れを止める手段は存在しないと言う悪夢の様な事を言っている人をアメリカのラジオ番組で聞く位世界中の人々が緊張して福島からのニュースを聞いている様な緊急時に、もう2基の原発の建設計画ですか!?トンでもない野郎達ですねえ。
 原子炉冷却作業に携わっている人々の労働条件もかなり好い加減見たいですねえ。
 昔1950年~1960年代にアメリカでは核戦争によって人類が絶滅したと言う筋書きのサイエンスフィクション(SF)や放射能で昆虫や動物が巨大化して都市を襲うとか色々なSFが書かれ又映画化もされたのですが当時のSFには原発事故で人類が地球を破滅させると言う筋書きのSFは無かった様に思います。
 世界中で今原子力発電の見直しがされている様ですが“喉もと過ぎれば熱さを忘れる”とか言うでしょう?私は福島の事故がある程度コントロールされる様になると原子力発電所の運転中止と言う意見は多くの国で忘れられる可能性が有ると思っています。原子力発電所建設は非常に高価なので一度建設すると電力会社は廃炉にはしたがらないそうです。福島第一原発でも海水を冷却に使うと原子炉は廃炉になってしまうので、事故直後の一番大切な時期に原子炉の再稼動の可能性を残しておきたかった為海水での冷却作業をしなかったと言う話が伝わっています。
 中近東の民主化革命の様に原発廃棄の為日本国民皆で蜂起するしかないのでしょうか?
 今夜ロスでは小雨が降っているのですが外に行く時は念のため私は帽子を被っています。福井県では放射能レヴェルは如何ですか?
 コメント有難うございました。御気をつけて御過ごし下さい。

先日はありがとうございました

ejnews様

おはようございます。
先日は記事を引用させていただき有り難うございました。
福島第一原子力発電所では、事態が一向によくならない中昨日驚くべきニュースがありました。

それは、先月26日に東京電力が福島県に電力供給計画書を提出したのですがその中に
7号機、8号機の増設計画が盛り込まれているというのです、しかも場所は福島第一発電所にです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110402/t10015066621000.html

日本はおろか世界を恐怖に陥れている重大事故を起こしているというのに、それがいかに重大な
事なのか全く判っていない証拠です。
こんな会社が原子力発電所を何基も持って運転していると言う事実に愕然としてしまいました。

相変わらず大量の放射能物質が海に流れ出しています。
これから先どのような影響があるのか考えると恐ろしくて仕方がありません。
本当に子供達に、地球に未来はあるのでしょうか?。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米巡航ミサイル「トマホーク」110発がリビアを攻撃

米英仏軍がリビアに対地攻撃、カダフィ大佐は国民に抗戦呼び掛け 2011年 03月 20日 10:23 JST 19日 ロイター]  米英仏各国は19日、国連安全保障理事会決議を受けて、リビアのカダフィ政権による市民...

福島のメルトダウンが地下水に到達すれば、チェルノブイリより深刻

トム・バーネット博士 Hawai'i News- 2011年3月27日 福島事故は、チェルノブイリさえも、ささやかなものにしようとしている。レベル7の原子力災害が、ほぼ一週間続いているのに、日本政府は認めようとしない。 爆発して、核反応が停止したチェルノブイリとは反対の形で、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。