スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから私はJ'accuse("I accuse"私は告発する!)と叫ぶ!

ejnews:既に日本のブログ界では福島第一原発の情報は出揃っていると思いますが念のため下記の記事の翻訳(省略翻訳)を紹介します。

原文:http://www.wnyc.org/articles/wnyc-news/2011/mar/16/ge-design-japan-nuclear-facility-found-many-plants-us/

-------------------(省略)-----------
全米に存在する104箇所の原子力発電所の中で23箇所の原子炉は世界中を心配させている福島第一原発と同じジェネラル エレクトリック社のボイリング ウォーター原子炉である。-------------------(省略)--------------

the Natural Resources Defence Council'sのトップクラスの原子物理学者のトーマス コークラン博士によると此のボイリング ウォーター原子炉のデザインは1970年代に開発された当時から問題視されていた。博士によると此の原子炉は原子炉の作業員が何か事故が起こった時に反応出来る時間の余裕を与えてくれる圧搾水方原子炉が備えている大きく建設費が高価なコンテイメント ストラクチャー(コンクリート等の厚い壁で炉内で爆発や事故が起きた時に原子炉外への放射線物質等の漏洩を防ぐ壁若しくは建物の構造)が存在しない。

コークラン博士は『ジェネラル エレクトリックは他の専門家によって投掛けられた“此の問題を覆い隠した”そして今我々が日本の場合に見る様に此の原子炉には明らかに設計ミスが存在する。』と宣言している。

コークラン博士のジェナラル エレクトリックの原子炉デザインの問題点と問題が覆い隠されていると言う主張はニューヨークタイムズの報道員トム ゼラーの報告にも同様の主張が見られる。

1972年まで遡る原子力エネルギー評議会の記録文書(原子力規制委員会の前身)をトムゼラーは引用し、原子力エネルギー評議会の専門家は原子炉の格納容器の能力が低いボイルド ウオーター原子炉の弱点は---------今起こっている福島第一原発での大騒ぎの最も可能性の有るシナリオである---------水素爆発に対して脆弱である。

タイムズは原子力規制委員会を指導したジョセフ ヘンドレイのジェナラル エレクトリックの原子炉の建設使用禁止について提案した彼の同僚に語った『疎の様な禁止措置は“魅惑的”ではあるが其れは“原子力業界の命取り”になる可能性がある。』と報道し業界内部者の原子炉に対する賛同的意見を引用している。

1969年に開設されたニュージャージー州にあるエクセロンのオイスター ベイ(牡蠣湾)の原発は福島第一原発と同じデザインだと原子力規制委員会のコークラン博士は語り、エクセロン社のエイプリル スクリップ女史は政府当局の長期間による検討の後20年間の運転許可の更新を得たと語っている。
-------------------(省略)--------------


2009年環境保護団体はエクセロン社にオイスター ベイ原発への冷却塔の建設を迫ったがエクセロン社は何百万ドルをも費やして冷却塔を建設する程オイスターベイ原発は価値が無いと発表した。エクセロン社は冷却塔建設の代りに原発の運転放棄を10年速め2019年にすると発表した。
-------------------(省略)--------------

念の為:ピンクの言葉をクリックすると参考文献や記事が読めます。
General Electric Mark I Reactors in the United States
米国のジェネラル エレクトリック マークⅠ原子炉


原文のあるサイト:
http://www.nirs.org/fukushima/crisis.htm

2011年3月12日に爆発した福島第一原発のユニットⅠ原子炉はジェネラル エレクトリック社のマークⅠ原子炉である。此のマークⅠのデザインは何十年もの間専門家達や原子力規制委員会の委員達からも爆発に対し脆弱で放射性物質を原発内に留める事に失敗する批判されていた。早くは1972年に原子力規制委員会の安全関係役員のステファン ハノーワー博士は此の原子炉の圧力抑制装置の製造中止と此の原子炉と同じデザインを持つ原発の建設許可の拒否を提案している。其の直後ジェネラル エレクトリックの3人の技術者がジェネラル エレクトロニックのデザインの欠陥の危険性を理由に彼等の高位の地位からの辞任を公表した。
原子力規制委員会の1985年のマークⅠの事故下での可能性の有る機能停止についての分析はマークⅠの機能停止の最初の数時間の後コア(中心、燃料棒)のメルトダウンが起こる可能性は大きいと報告している。1986年当時原子力規制委員会の安全関係役員のトップ役員だったハロルド デントンは『マークⅠの格納容器機能、特にサイズが小規模で圧力が低いデザインは、若しWASH 1400安全調査の記録書類を見るとサープレッション プール(圧力抑制プール)の存在にも拘らず90%程の事故拡大制御失敗の可能性がある事が認識される。』と業界団体に語っている。

-------------と言う事です。
広島と長崎の原爆の経験から原子力の危険性を充分知っていた筈の日本の指導者達はアメリカで1970年代初期から此の問題のジェナラル エレクトリック社原子炉マークⅠの危険性が理解されていたにも拘らず日本に此の危険な原子炉の導入を許可したと言う話になると思います。--------------と言うよりも、若しかすると日本の当時の自民党政権はアメリカの言いなりになって米企業の利益の為に此の危険なジェネラル エレクトリックのマークⅠ原子炉の建設を許可したと勘繰られても仕方が無いのでは?!
こんな話も史実ですから。
-------------兎に角、日本はアメリカによって2回も原子力の犠牲となり、2回目である今回の福島第一原発事故は日本のオリガーキー支配層によって彼等の利益追求の為に持ち込まれたアメリカのテクノロジーによって日本の市民は犠牲になったと同然なのです!

だから私はJ'accuse("I accuse"私は告発する!)と叫ぶ!

原子力発電関係参考記事:

原子力発電の神話。

誰が原子力発電の為に払うのか?

原子力発電所の近くに住んでいる子供達の発癌率は高い。

2万4千年+2万4千年=5万8千年





にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

和久希世さん

此のマークⅠ原子炉はアメリカにも建設され現在23基存在するそうですから日本を騙した訳ではないと思いますが、アメリカは此のマークⅠ原子炉を80年代に爆発が起こり難い様に修理したと言う事ですが恐らく日本では其の修理は行われていないだろうと言う話です。此れは日本政府、電力会社の怠慢で日本国民は徹底的に当時の自民党政権、経済産業省の代々の御偉方、電力会社の重役達を告発しなければならないと私は思います。彼等は一生刑務所で暮すべきです。
奴等は事故の利益の為に日本を犠牲にしたのだ!!!!!
コメント有り難うございました。

No title

体に悪いとかの理由で、アメリカで売ることの出来なくなった物、血液製剤やアスベストなどが、アメリカで禁止された後で、
在庫処分の為日本に押し付けられて、日本に多数の被害者を出したことは有名でしたが、
魔の手は原発にまで及んでいたとは知りませんでした。

押し付ける方も押し付ける方ですが、それを国民に隠して受け入れる日本の権力機構の方も酷いものですね。
それらの事を全然取り上げないマスコミ各社も含めて・・・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東電、アメリカで原子力発電所建設予定: 日本の悲惨な原発運営者に関する貸借対照表情報は皆無

2011年3月14日月曜日 Greg Palast、truthout 東京電力はアメリカで原子力発電所建設予定: 日本の悲惨な原子力発電運営者についての貸借対照表情報は皆無 東京電力による建設が予定されているテキサス州の原子力発電所。(写真: NINA) 私は、皆様に、記者としてではなく、い...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。