スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

May Day メーデー(メイ デー)

May Day メーデー (メイ デー)

From Wikipedia,  ウィキペディアから

この訳文はウィキペディアのメーデーに付いてのホンの一部分の翻訳です。 

May Day occurs on May 1 and refers to any of several public holidays in many countries.[1] May Day is cynonymous with International Workers' Day, or Labour Day, which celebrates the social and economic achievements of the labor movement. As a day of celebration, however, the holiday has ancient origins and can relate to many customs that have survived into modern times. Many of these customs are due to May Day being a cross-quarter day, meaning that it falls approximately halfway between a solstice and an equinox.

 メーデーは5月1日に当たり、各国では種々の公共の祝日とされています。メーデーは労働運動が社会的、経済的に達成した成果を祝うInternational Workers' Day, “国際労働者の日”若しくは、Labour Day,“労働の日”と同義語です。祝日としては起源が古く、現代まで生き残った多くの風習と関係があります。この様な多くの風習はメーデーがcross-quarter day,クロス クォター デーと言う、夏冬至(この場合夏至)と秋春分の日(此処では春分の日)の約中間に当たる日に由来しています。

Synonymous 同義語
The summer solstice 夏至
The winter solstice 冬至
Autumnal equinox 春分の日
Vernal(spring) equinox 秋分の日
approximately 約



International Workers' Day 国際労働者の日

May Day also refers to various labor celebrations conducted on May 1 that commemorate the fight for the eight hour day. May Day in this regard is called International Workers' Day, or Labour Day, and the choice of the 1st of May is a commemoration by the Second International for the working Americans involved in the 1886 Haymarket affair in Chicago, Illinois. As the culmination of three days of labor unrest in the United States, the Haymarket incident was a source of outrage and admiration from people around the globe. In countries other than the United States and Canada, residents sought to make May Day an official holiday and their efforts largely succeeded. For this reason, in most of the world today, May Day has become an international celebration of the social and economic achievements of the labor movement. In some European countries, working people continue to use May Day parades as an opportunity to show disapproval with the government or to protest cuts in social programs. Although May Day had its origins in the United States, the U.S. Congress designated May 1 as Loyalty Day in 1958 due to the day's appropriation by the Soviet Union.[4] Alternatively, Labor Day traditionally occurs sometime in September in the United States. However some conservative countries like Kuwait do not celebrate May day

 メーデーは又、1日8時間(労働時間)を巡っての戦いを記念して5月1日に行われる種々の労働の御祝いを示してています。この意味でメーデーは“国際労働者の日”若しくは“労働の日”と呼ばれていて、最初のメーデーが5月1日がメーデーに選ばれた理由は、第2回インターナショナルで、1886年のアメリカ、イリノイ州、シカゴのヘイマーケットアフェアーに参加した労働者を祝った事によるものです。アメリカでの3日間の労働争議の頂点として、ヘイマーケット事件は全世界の人々の怒りと賞賛の的となっています。アメリカ、カナダ以外の国々では、国民のメーデーを国家の祭日にする努力は、大部分の国々で成功しています。この理由で大部分の国際社会ではメーデーは労働運動の社会的、経済的達成を祝う日となっています。幾つかのヨーロッパの国々では、労働者によって、メーデーパレードは今でも政府に対する反対の意思表示、又、国家のサーヴィスの削減に対する反対の意思表示の為の手段になっています。メーデーの起源はアメリカにありながらも、メーデーのソ連による専有が原因で、米議会により1958年に5月1日はLoyalty Day“忠誠の日”と制定されています。代わってアメリカでは伝統的に“労働の日”は9月のある日に行われます。然しながら、クエートの様な保守的な国ではメーデーは祝われていません。

commemorate 記念する、祭る、祝う、
culmination 頂点

outrage  怒り

admiration 賞賛



ejnews: アメリカはソ連が大々的にメーデーを祝い、世界的にソ連のメーデーは有名になったので、冷戦下で、共産主義国家のボスであったソ連と同じ祝日を同じ日に祝いたくなかったのでしょう。(アメリカの支配階級は社会主義、共産主義、アナキズム、の様な社会を平等にしようと言う思想はお好きじゃないみたいです。でも道教Taoismは名前も知らないので安全です。支配階級の話です。)ブッシュ政権下でフランス政府がイラク戦争に反対していた時、共和党がフレンチ フライズFrench friesをフリーダム フライズFreedom fries(フライドポテトの事ですが、 fried potatosは和製英語)と名前を変えて呼ぼうとしたり、国の大きさにしては小さい事が気になる御国柄の様です。
 所で、私がメーデーを記事として取り上げたり、資本主義に懐疑的な事を書いているからと言って、社会主義者、とか共産主義者、アナキストと言う訳ではありません。その様な古いヨーロッパに起源を持つ政治哲学ではなく、私の思想はどちらかと言うと“Taoist”(道教を信奉する人)に近い物です。(もっと古いか)“竹林で7人のお友達とお酒を飲んでいい加減な事を話している人達”の事です。人間社会は堅苦しく古臭いヨーロッパ型の考え方では捉えきれないのです。
 だから花見に一杯、月見に一杯と心を自由にして仲良くしましょう!人生はダンスの様な物なのです。ダンスではA地点からB地点までどれだけ早く到着するかと言う競争ではなく、A地点からB地点までダンスをしている間、全てを楽しむ事が目的でしょう?誰か、よーいどん!でなるだけ早くダンスを終わらそうとしている人、見た事ありますか?居たら滑稽ですよね。まあ、そう言う人も其れなりに楽しんでいるとは思いますが..................................。

頑張れ!Comrades ! 同志達! ところで、同志達コメントあればして下さるか!
今まで訪問して頂いた方々コメントして戴いた方々真に有難うござりまする。

インターナショナルの歌詞

Debout, les damnés de la terre
Debout, les forçats de la faim!
La raison tonne en son cratère
C'est l'éruption de la fin.
Du passé faisons table rase
Foules, esclaves, debout, debout
Le monde va changer de base
Nous ne sommes rien, soyons tout!

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Il n'est pas de sauveurs suprêmes
Ni Dieu, ni César, ni tribun,
Producteurs, sauvons-nous nous-mêmes
Décrétons le salut commun
Pour que le voleur rende gorge
Pour tirer l'esprit du cachot
Soufflons nous-mêmes notre forge
Battons le fer quand il est chaud.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

L'état comprime et la loi triche
L'impôt saigne le malheureux
Nul devoir ne s'impose au riche
Le droit du pauvre est un mot creux
C'est assez, languir en tutelle
L'égalité veut d'autres lois
Pas de droits sans devoirs dit-elle
Egaux, pas de devoirs sans droits.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Hideux dans leur apothéose
Les rois de la mine et du rail
Ont-ils jamais fait autre chose
Que dévaliser le travail
Dans les coffres-forts de la bande
Ce qu'il a crée s'est fondu
En décrétant qu'on le lui rende
Le peuple ne veut que son dû.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Les rois nous saoulaient de fumées
Paix entre nous, guerre aux tyrans
Appliquons la grève aux armées
Crosse en l'air, et rompons les rangs
S'ils s'obstinent, ces cannibales
A faire de nous des héros
Ils sauront bientôt que nos balles
Sont pour nos propres généraux.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Ouvriers, paysans, nous sommes
Le grand parti des travailleurs
La terre n'appartient qu'aux hommes
L'oisif ira loger ailleurs
Combien, de nos chairs se repaissent
Mais si les corbeaux, les vautours
Un de ces matins disparaissent
Le soleil brillera toujours.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
(Contributed by Riccardo Venturi)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。