スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人VS企業

新しいニュースをウディー ガスリーの歌の下に付け加えておきます。
The Left Right Paradigm is Over: Its You vs.
Corporations
左翼右翼と言うパラダイムはもう古い!これからは君(個人)VS企業だ!

By Barry Ritholtz - September 27th, 2010,
http://www.ritholtz.com/blog/2010/09/you-vs-corporations/

Every generation or so, a major secular shift takes place that shakes up the existing paradigm. It happens in industry, finance, literature, sports, manufacturing, technology, entertainment, travel, communication, etc.
全ての、若しくは殆ど全ての世代で其れまでのパラダイムを揺り動かす大規模な世俗社会的転換が起こる。其れは産業界、金融業界、文学界、スポーツ、製造業、技術、娯楽、旅行、通信、etc,で起こる。

I would like to discuss the paradigm shift that is occurring in politics.
政治で起こっているパラダイムシフトについて私は議論してみたい。

For a long time, American politics has been defined by a Left/Right dynamic. It was Liberals versus Conservatives on a variety of issues. Pro-Life versus Pro-Choice, Tax Cuts vs. More Spending, Pro-War vs Peaceniks, Environmental Protections vs. Economic Growth, Pro-Union vs. Union-Free, Gay Marriage vs. Family Values, School Choice vs. Public Schools, Regulation vs. Free Markets.
長期間に亘ってアメリカの政治は左翼右翼の力関係で定義されて来た。種々の問題は進歩派と保守派の対立であった。(人工中絶問題では)胎児の命を重要視するグループVS女性の選択権を重視するグループ、減税VS政府による景気刺激政策、参戦派VS平和好きのヒッピー、環境保護VS経済発展、労働組合支持VS組合打倒、同性結婚支持VS家族の価値観、教育の選択の権利VS公立教育支持、経済活動についての法の強化VS自由市場経済。

The new dynamic, however, has moved past the old Left Right paradigm. We now live in an era defined by increasing Corporate influence and authority over the individual. These two “interest groups” – I can barely suppress snorting derisively over that phrase – have been on a headlong collision course for decades, which came to a head with the financial collapse and bailouts. Where there is massive concentrations of wealth and influence, there will be abuse of power. The Individual has been supplanted in the political process nearly entirely by corporate money, legislative influence, campaign contributions, even free speech rights.
然しながら新しい動向は古い左派右派的対立と言うパラダイムを通り越してしまった。現在我々は個人をコントロールする企業の影響力と権力(と言う現実)で定義される時代に生きている。此の2つの“利益グループ”--------此の2つのフレーズについて私は殆ど嘲笑を抑えられない------は何十年もの間正面衝突のコース上を進み其れは経済崩壊と政府による経済援助で衝突した。膨大な富と影響力の集中の存在する処には権力の悪用だ存在する。政治的過程で個人は殆ど全く企業の資金、企業の立法的影響力、企業の政治献金、其の上企業の言論の自由の権利によって取って代られた。

This may not be a brilliant insight, but it is surely an overlooked one. It is now an Individual vs. Corporate debate – and the Humans are losing.
此れは素晴らしい洞察とは言えないかも知れないが確かに見過ごされている事ではある。今、個人VS企業の議論では人間は敗北している。

Consider:
下記の事実を考慮してみよう。


• Many of the regulations that govern energy and banking sector were written by Corporations;
エネルギーと銀行セクターを規制する法律は企業によって書かれている。

• The biggest influence on legislative votes is often Corporate Lobbying;
議会での投票への最も大きな影響力は企業のロビーである。

• Corporate ability to extend copyright far beyond what original protections amounts to a taking of public works for private corporate usage;
著作権を拡大解釈する企業の能力は元来の保護力を著しく超越し公共の知的所有物を民間企業が使用するまでになっている。

• PAC and campaign finance by Corporations has supplanted individual donations to elections;
選挙への個人の献金は企業の政治活動委員会と選挙資金によって取って代わられた。

• The individuals’ right to seek redress in court has been under attack for decades, limiting their options.

裁判での賠償請求の個人の権利は(企業によって)何十年もの間攻撃を受け(手段や可能性が)限られる様になっている。

• DRM and content protection undercuts the individual’s ability to use purchased content as they see fit;
デジタル著作権管理と保護は購入された内容を自由に使う個人の自由意志を妨害している。

• Patent protections are continually weakened. Deep pocketed corporations can usurp inventions almost at will;
特許権保護は絶えず弱められている。膨大な資金を背景に企業は発明の特許権を殆ど自由に侵害出来る。

• The Supreme Court has ruled that Corporations have Free Speech rights equivalent to people; (So much for original intent!)
企業は個人と同様の言論の自由を保持すると判断した。(元来の意図は何処へやら!)


None of these are Democrat/Republican conflicts, but rather, are corporate vs. individual issues.
上記で民主党VS共和党の衝突である物は何も無く反対にそれらは企業VS個人の問題である。

For those of you who are stuck in the old Left/Right debate, you are missing the bigger picture. Consider this about the Bailouts: It was a right-winger who bailed out all of the big banks, Fannie Mae, and AIG in the first place; then his left winger successor continued to pour more money into the fire pit.
貴方達の中で古い左翼VS右翼の議論に囚われている人々は大局が見えていない。政府による企業への資金援助を例に考慮してみよう。全ての大銀行、ファニーメイ、AIGに政府資金援助を与えたのは元々右翼だったが後を継いだ左翼が支援を続行しより多くの資金を炉の中に注ぎ込んだ。

What difference did the Left/Right dynamic make? Almost none whatsoever.
左翼VS右翼の力関係はどんな違いを作ったのだろうか?殆ど全く無い。

How about government spending? The past two presidents are regarded as representative of the Left Right paradigm – yet they each spent excessively, sponsored unfunded tax cuts, plowed money into military adventures and ran enormous deficits. Does Left Right really make a difference when it comes to deficits and fiscal responsibility? (Apparently not).
政府の支出については如何なのだろう?最近の2人の大統領は左翼右翼パラダイムの代表の様に考えられているが然し両者とも過剰に政府支出を拡大し、財源を無視した減税の発案、軍事的冒険行為へ資金を注ぎ込み莫大な赤字を出した。左翼右翼は財政赤字と財政を取り扱う能力について違いがあるのだろうか?(無い様に見える。)

What does it mean when we can no longer distinguish between the actions of the left and the right? If that dynamic no longer accurately distinguishes what occurs, why are so many of our policy debates framed in Left/Right terms?
左翼と右翼の行動の間に違いが見出せないと言う事は如何言う意味なんだろう?若し其の関係が正確に識別出来なくなると何が起こるのだろうか?そして非常に多くの我々の政策議論が左翼右翼と言う基準の枠に嵌められているのだろうか?

In many ways, American society is increasingly less married to this dynamic: Party Affiliation continues to fall, approval of Congress is at record lows, and voter participation hovers at very low rates.
多くの局面でアメリカ社会は此の関係から益々離縁して来ている。特定の政党を支持する率は持続的に減少し、議会への支持率は記録的に低く、投票率は非常に低い状態に低迷している。

There is some pushback already taking place against the concentration of corporate power: Mainstream corporate media has been increasingly replaced with user created content – YouTube and Blogs are increasingly important to news consumers (especially younger users). Independent voters are an increasingly larger share of the US electorate. And I suspect that much of the pushback against the Elizabeth Warren’s concept of a Financial Consumer Protection Agency plays directly into this Corporate vs. Individual fight.
此の企業権力の集中に対し既に反抗が始まっている。一般的な企業メディアは益々利用者が寄与する内容によって取って代られている--------Youtubeとブログは益々ニュースの消費者(特に若者の利用者達)にとって重要になって来ている。支持政党を持たない投票者は益々米選挙民の内で大きな部分を占めて来ている。そしてエリザベスワーレンの金融消費者保護局の概念に対する反動の多くは此の企業VS個人の戦いに当てはまると私は想定している。

Elizabeth Warrenエリザベス ワーレン:彼女はドキュメンタリー、テレビ番組、ニュースに良く現われる庶民の味方をして人気のあるハーヴァード大学法学部の教授、作家。Financial Consumer Protection Agency金融消費者保護局は彼女の発案による。

But the battle lines between the two groups have barely been drawn. I expect this fight will define American politics over the next decade.
然し此の2つのグループの間の戦線は殆ど明確にはされていない。此の戦いはアメリカの政治を次の10年間に定義付けると私は想定している。

Keynes vs Hayek? Friedman vs Krugman? Those are the wrong intellectual debates. Its you vs. Tony Hayward, BP CEO, You vs. Lloyd Blankfein, Goldman Sachs CEO. And you are losing . . .
ケインズVSハイエク?フリードマンVSクルーグマン?其れ等は間違った知識的議論である。其れは君VSトニーヘイワード“BPのCEO”であり、君VSロイド ブランクファイン“ゴールドマン サックスCEO”であり、そして君は敗北している------------
~~~
This short commentary was conceived not to be an exhaustive research, but rather, to stimulate debate. There are many more examples and discussions we can have about this, and I hope readers do so in comments.
此の短いコメンタリーは徹底調査されて考え出された訳ではないが然し反対に議論を刺激する為に考えられた物である。此の事についてもっと多くの例や我々が出来る議論が存在する。そして私は此のブログの読者の皆さんがコメントで議論する事を期待している。 (此の記事はBarry Ritholtzのブログの記事)

But my bottom line is this: If you see the world in terms of Left & Right, you really aren’t seeing the world at all . . .
然し私の結論は以下である:若し君が世界を左翼&右翼と言う基準で見ているのなら君は本当に世界を全く見ていないと言う事である。

ejnews:今日の記事はThe Big Picture(ザビッグピクチャー)と言うブログにあった記事ですが、此の記事を読むと世界的に企業への富と権力の集中が極端化し個人の権利を著しく侵害しているとはどの国の国民でも感じているようです。アメリカでは民主党共和党の両党は同じ一つの保守政党で民主党と共和党に分かれているのは真剣に政治を行っていると見せかける“歌舞伎劇場”だと言う説明が随分前からされていますが、現実的に観察すると此の記事にもある様にどちらの政党が政権を担当しても誰が大統領になっても政府は資本家の為の政治をするだけと言う状態が特にレーガン政権以降から続いています。実際、現在の企業の横暴を許す原因となった重要な政策は民主党のクリントン政権下で始まっているのです。アメリカから日本を見ていると全く同じ様な事が起こっているように見えますが如何でしょうか?
 と言う事で今日のミュージックは前回と引き続きウディーガスリーの曲で『ジーザスクライスト(イエスキリスト)』です。余談ですが此の歌でも悪役にされているキリストを裏切ったとされていたユダの話は最近の研究ではどうもユダは後に悪役にされたと言う事のようです。


Jesus Christ
ジーザス クライスト(イエス キリスト)

Jesus Christ was a man that traveled through the land,
A hard working man and brave.
He said to the rich "Give your goods to the poor."
so they laid Jesus Christ in His grave.
ジーザス クライスト(イエス キリスト)は色々な所を旅した人だった
熱心に働き勇敢な人だった
『貴方の所有物を貧しい人々に与えなさい』と彼は金持ちに言った
だから彼等はジーザス クライストを墓穴に横たえさせた(殺した)

yes Jesus was a man, a carpenter by hand,
His followers true and brave,
One dirty coward called Judas Iscariot
Has laid poor Jesus Christ in His grave.
そうだ!ジーザスは大工を仕事にしている人だった
彼を信じている人々は正直で勇敢だった
一人のジュダス イスカリオット(ユダ)と言う名の臆病者が
ジーザス クライストを墓穴に横たえさせた(殺した)

He went to the preacher, He went to the sheriff,
He told them all the same,
"Sell all of your jewelry and give it to the poor,"
so they laid Jesus Christ in his grave.
彼は牧師を訪れ、彼は保安官も訪れた
彼は皆に同じ事を伝えた
『貴方の持つ全ての宝石を売り貧しい人々に与えなさい』と
だから彼等はジーザス クライストと墓場に横たえさせた(殺した)

When Jesus come to town, all the working folks around
Believed what He did say,
The bankers and the preachers they nailed Him on a cross.
and Then they laid Jesus Christ in His grave.
ジーザスが町にやって来ると労働者皆が彼を取り囲み
ジーザスの言葉を信じた
銀行屋や牧師達はジーザスを十字架に空高く釘付けにした
そして彼等はジーザスを墓穴に横たえさせた(殺した)

now the workin' people, they followed Him around,
They sung and they shouted gay,
The cops and the soldiers, they nailed Him in the air,
And they laid Jesus Christ in His grave.
其れで労働者達はジーザスの後を追い
彼等は歌い楽しそうな大声を上げた
警察と兵士達はジーザスを十字架に空高く釘付けにした
そして彼等はジーザスを墓に横たえさせた(殺した)

Well, the people held their breath when they heard about His death,
everybody wondered why,
It was the landlord and the soldiers that he hired,
To nail Jesus Christ in the sky.
そして、人々はジーザスの死を聞いた時固唾を呑んだ
皆如何してなのだろうと思った
地主と彼が雇っていた兵士達だった
彼等がジーザス クライストを十字架に空高く釘付けしたのだ

This song was made in New York City,
Of a rich mans, preachers and slaves,
if Jesus was to preach like He preached in Galilee,
They would lay Jesus Christ in His grave.
若し此の歌がニューヨークで書かれていたなら
金持と牧師達と奴隷達のニューヨークで
若しジーザスがガレリーで説教した様にニューヨークでしたなら
彼等はジーザスを墓穴に横たえるだろう(殺すだろう)

yes Jesus was a man, and a carpenter by hand,
His followers true and brave,
One dirty coward called Judas Iscariot
Has laid poor Jesus Christ in His grave.
そうだ!ジーザスは大工を仕事としていた人で
彼を信じている人々は正直で勇敢だった
一人のジュダス イスカリオットと言う名の臆病者が
ジーザス クライストを墓穴に横たえさせた(殺した)

Jesus Christ - Woody Guthrie



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

 処で、テネシー州のある住人の家が火事になり焼け落ちたというニュースが注目されています。理由は此の家の住人は市のサーヴィスである消防の為の年間75ドルを払っていなかったので消防署が緊急事態の電話に反応しなかったと言う事です。此処までは何と無く当然の様に感じる人もいると思いますが、例えば山火事の場合誰も75ドルを山や草原の為に払っていないので消防署は無視するのか?等と言う疑問が浮かび上がってくる訳です。其れよりも、一度消防団員となると仕事中であるかないかに拘らず誰かが危険な状態に陥っている状態を目撃すると消防団員全ては危機に陥っている人を救出する努力をすると消防団員になった時に宣言しているのです。この事件は此の誓いを破る行為である他に消防保険の様な此の特殊な市の政策は過去にアメリカでは普通であったのですが、保険加入していない家屋の火事が原因で大火災が頻発した経験を下に消防行為は警察と同様地域自治体の提供するサーヴィスとなったのですが、アメリカでは最近の自由市場資本主義(ネオリベラル資本主義)によって共和党が支配する地域自治体では費用を払わないと地域社会の自治体からはサーヴィスが受けられないと言う馬鹿馬鹿しい状態が起こっている様で。此の事件の起こったオビオン郡では固定資産税を13セント増加するだけで消防署の費用には充分だったそうですがオビオンの政治家達は全員共和党員で(固定資産税が増加されると誰がより多くの固定資産税を払うのでしょうか?)固定資産税増加には反対し代わりに消防保険とでも言える特殊な75ドルの支払いを郡住人に要求しているとの事です。或る憶測によると消防署の民営化が目的ではないかと言う話です。アメリカは注意しないと1世紀程過去に舞戻ってしまいそうです。

 其のニュースは下記です。


Firefighters watch as home burns to the ground
消防員は家が焼け落ちる間見ているだけだった。


http://www.wpsdlocal6.com/news/local/Firefighters-watch-as-home-burns-to-the-ground-104052668.html
Reporter - Jason Hibbs
Photojournalist - Mark Owen
Story Created: Sep 29, 2010 at 10:34 PM CDT
Story Updated: Sep 30, 2010 at 12:31 AM CDT

OBION COUNTY, Tenn. - Imagine your home catches fire but the local fire department won't respond, then watches it burn. That's exactly what happened to a local family tonight.
テネシー州オバイオン(オビオン)郡------貴方の家が火事になり貴方の地区の消防署は反応せず其の上彼等は貴方の家が焼け落ちるのを見ているだけだと言う様な状態を想像してみて下さい。其れと全く同じ事が今夜或る地方の家族の身の上に起こったのです。

A local neighborhood is furious after firefighters watched as an Obion County, Tennessee, home burned to the ground.
消防隊がテネシー州のオバイオン郡の家が焼け落ちるるのを見た後(此の火事が発生した)地域の住民は非常に憤慨している。

The homeowner, Gene Cranick, said he offered to pay whatever it would take for firefighters to put out the flames, but was told it was too late. They wouldn't do anything to stop his house from burning.
此の消失した家の住人であるジェンクラニック氏は“火事を消火する為に必要な費用は何でも払うと提供したが遅過ぎると言われた”と語っている。彼等は(消防隊)は彼の家が焼け落ちるのを防ぐ為に何もしなかった。
Each year, Obion County residents must pay $75 if they want fire protection from the city of South Fulton. But the Cranicks did not pay.
オバイオン郡の住人は若し南フルトン氏によって火災から守られたいのなら毎年75ドルを支払わなければならないがクラニック氏は支払っていなかった。

The mayor said if homeowners don't pay, they're out of luck.
若し住宅所有者が払っていないのなら其の人達は不運だと市長が言っている。

This fire went on for hours because garden hoses just wouldn't put it out. It wasn't until that fire spread to a neighbor's property, that anyone would respond.
此の火事は庭の水道からのホースで消し止められなかったので何時間も続き、此の火災が隣の家に移るまで誰も反応しなかった。

Turns out, the neighbor had paid the fee.
隣人は此の費用を払っていたと言う事だった。

"I thought they'd come out and put it out, even if you hadn't paid your $75, but I was wrong," said Gene Cranick.
『75ドルを払っていなくても彼等は消火に来てくれると思っていたが私は間違っていた。』とジーン クラニック氏は語った。

Because of that, not much is left of Cranick's house.
その結果クラニック氏の家には殆ど何も残っていない。

They called 911 several times, and initially the South Fulton Fire Department would not come.
彼等(クラニック氏の家族)は911(消防署)に数回電話したが最初南フルトン市消防署は消火に出動しなかった。

The Cranicks told 9-1-1 they would pay firefighters, whatever the cost, to stop the fire before it spread to their house.
クラニック氏の家族は911(消防署)に家に火事が移る前に消火する為の費用のためには消防団に幾らでも払うと言った。

"When I called I told them that. My grandson had already called there and he thought that when I got here I could get something done, I couldn't," Paulette Cranick.
It was only when a neighbor's field caught fire, a neighbor who had paid the county fire service fee, that the department responded. Gene Cranick asked the fire chief to make an exception and save his home, the chief wouldn't.
『私が消防署に電話して(幾らでも払うと)話した時には私の孫が既に消防署に電話していた後で、私の孫は私が其処(燃えている家)に付いた時何か出来ると思っていたが私は何も出来なかった。』とポーレット クラニックは語った。郡の消火費用を払っていた隣家の庭に火事が移った時にやっと消防署は反応した。ジーン クラニック氏は消防所長に彼の家を救う為此の火事を例外にしてくれと頼んだが消防所長はしなかった。

We asked him why.
私達は彼(消防所長)に如何してだと聞いた。

He wouldn't talk to us and called police to have us escorted off the property. Police never came but firefighters quickly left the scene. Meanwhile, the Cranick home continued to burn.
消防所長は私達とは話さず警察に私達を私達の所有地から退去させる為警察に電話した。警察は来なかったが消防団は現場からサッサと姿を消した。その間にもクラニック氏の家は燃えていた。

We asked the mayor of South Fulton if the chief could have made an exception.
"Anybody that's not in the city of South Fulton, it's a service we offer, either they accept it or they don't," Mayor David Crocker said.
私達は南フルトンの市長に消防所長は例外を認める事が出来たかどうか質問した。『南フルトン市の住人でない者は其れは我々が提供するサーヴィスなのだから其れを受け入れるかどうかだ。』とデイヴィッド クロッカー市長は語った。

Friends and neighbors said it's a cruel and dangerous city policy but the Cranicks don't blame the firefighters themselves. They blame the people in charge.
(クラニック氏の)友人達や隣人達は此れは残酷で市の為には危険な政策だと語っているのだがクラニック家は消防団員自身を非難はしていない。クラニック家の家族は市の消防政策について権限を持っている人々を非難している。

"They're doing their job," Paulette Cranick said of the firefighters. "They're doing what they are told to do. It's not their fault."
To give you an idea of just how intense the feelings got in this situation, soon after the fire department returned to the station, the Obion County Sheriff's Department said someone went there and assaulted one of the firefighters.

消防団員について『彼等は彼等の仕事をしている。』とポーレット クラニックは語っている。『彼等は言われた事をしている(だけで)此の問題は彼等の責任ではない。』
 此の状況についてどれだけ感情的に緊迫状態になったかを示すと、消防団が消防署に帰った直後、誰かが消防署に行って消防員の一人に襲い掛かったとオビオン郡の保安官事務所は語っている。


 又違った話です。最近のアメリカの政治には“アメリカで最も環境を汚染している石油企業の経営者コーク兄弟”によって資金援助されているティーパーティー(参照http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-241.html
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-221.html ) )の支持を得た多くの共和党員が今年末期の選挙に立候補していますが、現在の副大統領ジョー バイデンのデラウエア州の上院議員議席を狙うティーパーティー派に支持されているクリスティナ オドーネル嬢(ボーイフレンドは居たが未だに未婚で其のボーイフレンドは彼女の過去の選挙戦のコンサルタントだった人で彼女の選挙資金として寄付された資金を彼女自身の生活費に使っていた-----違法-----と彼は言っているのだが--------)は過去に魔女だったとか、マスターベーションに反対とか結婚以前の性交渉に反対とかダーウインの進化論は信じていない(政治にどんな関係があるのだろうか???)神が彼女に立候補しなさいと言った!!!とか公言し色々冗談の種になっていて、彼女は疎の様なコメディアンのパロディーなんか無視していれば良い物をこの様な選挙用のテレビコマーシャルを放送しているのです。
 曰く『私は魔女ではありません。私は私について貴方が聞いたような人では決してありません。完全な人間は居ません。私は貴方です。現在の状況に満足している人は一人も居ません。政治家達は国の財政を乱費し御互いに利益になる様に要求を交換しコッソリと物事を決定する事が議席に居続ける方法だと思っている。私はワシントンに行き貴方がしたいと思っている事をします。私はクリスティナ オドーネル。私は此のメッセージを承認します。私は貴方です。』コメディアンやケーブルテレビのニュース番組で散々馬鹿にされているのが余程気になっている様です。其れが理由なのかオドーネル嬢は公衆の面前で演説する事も少なくテレビのインタヴューも避けているようです。然し疎の様な事で選挙戦が戦えるのでしょうか???共和党内のティーパーティー派の立候補者はテレビインタビューを避ける人が多いようです。理由は彼等の嘘が次から次へと暴かれ然も支離滅裂な事ばかり言っているのでオドーネル嬢の様に常にテレビや種々の報道機関の冗談や非難の的となるからなのです。こんな人々が共和党の立候補者として選出される訳ですから共和党員達は常識に欠ける人が多いと言う事になるのかも知れませんね。この様な立候補者は共和党員として登録されている人達によって選出される訳ですから----------其れよりももしこの様な人々が当選するとアメリカの政治は機能停止する可能性があるのです!

Christine O'Donnell ad
クリスティナオドーネルのテレビ選挙コマーシャル

(I'm not a witch -------I’m you)私は魔女じゃない-------私は貴方です。

スポンサーサイト

COMMENTS

和久希世さん

パソコンが調子悪いそうですが大変ですね。ご存知かもしれませんが私が良くするのは“ディスククリーンアップ”と言う操作です。此のディスククリーンアップをしないとコンピューターが調子よく機能しなくなります。オールプログラムのプログラムスフォールダーの中にアクセサリーと言うフォールダーがあり其の中にシステムツールと言うのがあり其処を開けるとディスククリーンアップがあります。
後はコンピューターの調子の悪い時はリスタートすると時々調子がよくなることもあります。
 此の火事のあったオバイオン市の政治家たちは共和党員ばかりで市の機能の民営化を計画しているのではないでしょうか?
 最近オバマ政権のラムエマニュエル等が政権から退陣したというニュース日本でも報道されたと思いますが政権内の民主党内の保守派が力を失いつつある様でオバマ政権は徐々に進歩的政策を進めているようです。
 コメント有り難うございました。
 

No title

ご無沙汰しました。
このところパソコンの具合が悪く、こちらにコメント書きかけたらパソコンが固まるという事態に何度も襲われていました。
またパソコンの修理を頼んでいるので、近日中に取りに来てくれることになっているのですが、今日は調子よく書けています。

さて、消防の話、日本でも報道されていたようです。(私は見ていなかったのですが夫がテレビで放送していたと言っていました。)
隣がお金を払っていなかったら自分のところがお金を払っていても、類焼させられるのではたまったものではないでしょうね。
恐ろしい条例を決めたものですね

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。