スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の歌

ejnews: イラクから戦闘部隊が引き上げられると言うニュースが伝わっていますが実際の話は5万6千人の米兵がイラクに残り続け、然もプライベートミリタリーコントラクター(傭兵隊)を2倍に増やし7千人にすると言う話ですから表立った米軍の戦闘行為は減少させ密かに(密かにでもないね)民間の軍事企業を使って占領を続けると言う話だそうです。昔大英帝国時代に東インド会社が傭兵隊を使って植民地の支配をしていた歴史が思い起こされますが、傭兵隊が関係している話には余り歓迎出来る史実は無い様です。
其れから------カリフォルニア州、コロラド州、ミネソタ州でサルモネラ菌汚染で3億8千万個の卵がリコールされているのです!3億8千万個ですよ!
 
と言う事で---今日のミュージックは----------------------
“エヴリシング ハップン ツー ミー”はTom Adair トム アデアーと Matt Dennisマット デニスによって1940年に作詞作曲されたポップソングの古典でフランクシナトラFrank SinatraとTommy Dorseyトミー ドーシー オーケストラによって最初にレコーディングされて以来多くの歌手によって歌われています。因みにMatt Dennisマット デニスは“エンジェル アイズ”や“Night We Called It a Day”(ナイト ウイ コールド イッツ ア デイ)等の曲でも有名です。





Everything happen to me
Black cats creep across my path until I'm almost mad
I must have roused the Devil's wrath 'cause all my luck is bad
I make a date for golf and can bet your life it rains
I try to give a party but the guy upstairs complains
I guess I'll go thru life just catchin' colds and missin' trains
Everything happens to me
黒猫が私が殆ど気が狂いそうになるまで私の行く手を這い回っている
私は悪魔の怒りをかったに違いない!何故なら私の運は本当に悪いから。
ゴルフの日程を決めると命を賭けても良い程其の日は必ず雨が降る。
パーティーを開こうとすると上の階に住んでいる奴が文句を言う
恐らく私は風邪を引いて汽車に乗り遅れてしまう様な人生を送るのだろう
私は本当に運が悪いんだ。

I never miss a thing, I've had the measles and the mumps
And every time I play an ace, my partner always trumps
I guess I'm just a fool who never looks before he jumps
Everything happens to me
私はどんな事でも見逃さない。麻疹にも罹ったしお多福風邪にも罹った。
エースをする度に相棒が何時もトランプを持っている
多分私はジャンプする前に前を見ない様な馬鹿なんだろう
私は本当に運が悪いんだ。

At first my heart thought you could break this jinx for me
That love would turn the trick to end despair
But now I just can't fool this head that thinks for me
So I've mortgaged all my castles in the air
愛が絶望を終わらせるせる様にトリックを仕掛け貴女が私の為に此のジンクスを破ってくれると最初に(私の心は)思った。
然し冷静に考えると無理な話だ
だから望みの無い夢に全てを賭けた。

I've telegraphed and phoned, sent an Air Mail Special, too
You answer was "Goodbye", there was even postage due
I fell in love just once and then it had to be with you
Everything happens to me
電報を打って電話をして特別航空郵便も送った
でも貴方の返事は“グッドバイ!”で、然も貴方の私に送った返事の郵送費は私が払わなければならなかった
たった一度だけ恋に落ち、それは貴方との恋でなければならなかった!
私は本当に運が悪いんだ。

I've never drawn a sweepstake or a bank night at a show
I thought perhaps this time I'd won but Lady Luck said "No"
And though it breaks my heart I'm not surprised to see you go
Everything happens to me
私は宝くじとか映画館での懸賞くじなんか買った事も無い
それでも今回は若しかしたら勝つんじゃないかと思ったのだが-------然し幸運の女神は“ノー!”と言った。
私の心にとってはショックなんだが貴方が去って行くのを見るのは驚きでは無い。
私は本当に運が悪いんだ。

Everything happens to me
私は本当に運が悪いんだ。



“Everything happens to me”は“あらゆる事が起こった。”と言う直訳ですが、此処では“色々トンでもない事が起こった。”つまり“俺は運が悪いんだ。“という様な意味です。
sweepstake(スイープステイク)は宝くじの様な物で普通特定の商品を買うと賞金、家、等々が当たると言う様な事になっています。
bank night at a show(バンク ナイツ アッツ ア ショー)は恐慌時代の1930年代に流行した映画館で客寄せの為宝くじの様な物を販売した行為。多くの映画館で行われ大恐慌時代に映画館へ足を運ぶ人が減らなかった一つの原因とも言われている。

野暮用でロスを離れていますので今日はこの辺で。ジャ又!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

荒野鷹虎さん

私もシナトラの若い頃は好きですよ。唯、暴力は頂けませんね。
 処でイスラエルですが御存知の様にヨーロッパのユダヤ教徒の移住によってパレスチナ人の土地を奪い(イスラエルはパレスチナは当時殆んど人の住んでいない砂漠の様な所だったとか色々言い訳をしているようですが、第一次大戦中はパレスチナはドイツと同盟していたトルコ帝国支配下だったのでドイツの偵察機が写した写真が多く残っているそうで、それによるとパレスチナは当時もパレスチナ人の多く住んでいた所だったと言う話です。昔日本人が満州や朝鮮半島を植民地にしたりした事と余り変わりない話のようです。)建国した国ですからやはりイザコザ避けられない国なのでしょう。
 英国の外相アーサー バルファーが第一次大戦中にユダヤ教徒からの戦争の費用と交換にパレスチナにユダヤ教徒の国家を造ると言うアイデアを提案した(バルファー宣言)事が現在のイスラエル存在の根本的な理由となっている様です。イギリスと言う国は世界中至る所を植民地にし南アフリカ問題、印度の搾取、阿片を利用した中国支配と破壊、オーストラリアでのアボリジニの虐待等若し日本が同様の事をしていれば世界中から酷く憎まれていた事でしょうね。
 イスラエルは1981年に“オペラ作戦’と呼ばれているイスラエル空軍によるイラク原子力発電爆撃に成功していますから現在イランの支配力の強まっているイラクを巡ってイスラエルとイランとの間にイザコザが起こるのではと考えている人が多い様です。
 コメント有り難うございます。

ejnewsさんへ!!

シナトラはなんとなく、そんな気がしていました。それでも、素敵な歌手、俳優には違いありませんね~^
>「米軍が本当に撤退すればイラクはイランの支配下に入り、下手をすればイランとイスラエルのイザコザに発展し結果としてアメリカが引きずり込まれペルシャ湾がイランによって閉鎖され石油の高騰に繋がり、然も御互いに原発をミサイルで攻撃しあうと言う様な話にもなりかねないので恐ろしいですねえ! 」<

なるほどねー!怖い話ですが、ありえないことですね~・
イスラエルは、イスラム国家にとっては、大敵、害ですねー!気ままな国だと思います!☆!
有難うございました、!
                                        

荒野鷹虎 さん

コメント有り難うございます。
 最近は忙しくってシナトラの歌なんかでお茶を濁しています。
 私はシナトラのデヴューした頃が好きでそれ以外のシナトラは余り聞きません。後にシナトラはマフィアと仲良くなったりロスのレストランで客を用心棒に襲わせ意識不明の重症に落としいれた事件も起こし(其の運の悪い客はトヨタ自動車をアメリカで始めて販売し始めた実業家で有名なアートコレクターでもあったので新聞で報道されたのです)何だかシナトラ自身マフィアになったようで何と無く気分がよくないのです。
 米軍が本当に撤退すればイラクはイランの支配下に入り、下手をすればイランとイスラエルのイザコザに発展し結果としてアメリカが引きずり込まれペルシャ湾がイランによって閉鎖され石油の高騰に繋がり、然も御互いに原発をミサイルで攻撃しあうと言う様な話にもなりかねないので恐ろしいですねえ!

ejnewsさんへ!!

イラク撤退後の治安は保障されないようですね~。しかし他国のことですから、撤退するのが、当然だと思います。

シナトラは若いときよく聞いた詩です。映画もよく見ました。特に、「此処より永久に」の弔意のトランペットを吹くシーンは忘れられません。

賭け事は、囲碁、将棋の世界でも、実力だけでなく、「勝利の女神」に微笑まれないと勝てません。私も、余り勝てないほうですね~^^汗)
三☆!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

和久希世さん

2011年までに全ての米軍を撤退させると言う話は誤報ではありません。唯、誰も信じていないだけの様です。反宗教のサダムフセイン政権を米政府が取り去った為サウディアラビアとイランの影響力がイラクで強くなり米政府としては放って置く訳には行かずイラク人でも米軍が完全に撤退する事を望まない人が多いとの話で、戦闘部隊と言う名前の部隊は撤退させておいてアドヴァイザーとか砲兵部隊とか色々な名前を使って米軍を留まらせるのではないかと言う予想だそうです。其れと傭兵隊ですね。本当にイラクから米軍が撤退するとイラクは宗教や民族其の他の要素に分裂する可能性が非常に大きいのではないでしょうか?そうなるとイスラエルにとって又アメリカの中近東政策にとって非常に大きな痛手となりますから。
 リコールされた卵如何するのでしょうね?処でインフルエンザ等のワクチン製造でも卵が使われていて物凄い量の卵がワクチンの培養の為に使われているそうです。(だから卵にアレルギーの人はワクチン接種を受ける事が出来なかったそうです)兎に角、今回のサルモネラ菌汚染の被害者の人口は此れからももっと増えるだろうとの話です。此れも企業による利益追求の結果ですね。
 サルモネラ菌は完全に調理すれば安全だと思いますがオムレツ、半熟卵、シーザーズサラダ等々は生か完全に加熱せずに食べられるのでサルモネラ菌に汚染された卵はやはり問題です。
 アメリカでは全ての経済活動(業界)で独占化が進んでいて製造段階への投資が無視され企業の利益だけが追求されて居る様で食品に限らず全ての商品の質の低下が見られるようです。
 コメント有り難うございました。

No title

私が読んだインターネットニュース(CNN)では、米軍は来年末までに総て撤収するとオバマ大統領が言われたと書いてあったのですが、誤報なのでしょうか?

ところで3億8千万個の卵は、廃棄処分にされるのですか?
それだけ大量だと、廃棄処分も大変でしょうね。
サルモネラ菌は熱しても消えないのでした?
世界には飢え死にしている人が、大勢あると言う話なのに、勿体ない話ですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2010年の『ジャングル』

2010年8月26日 1906年、社会主義者の作家アプトン・シンクレアが『ジャングル』を出版した。シカゴの家畜置き場で移民労働者が直面する残酷な状況、アメリカ人の食卓用の食肉が加工される場所の汚さ、そして、精肉業界の大立て者の腐敗と貪欲さの、強烈な暴露だ。 小説は

イラク独立国家の破壊: 作戦ほぼ完了

エレーナ・プストヴォイトワ 2010年8月18日 Strategic Culture Foundation イラクから撤退したアメリカ軍兵士が今後どこに行くのかについて疑問の余地はない。アフガニスタンが次の行き先であることは広く知られている。 その過程で、ワシントンは、平和に対する責任を、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。