スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリゾナ州知事新移民法の為にデッチアゲを主張する。

ejnews:今日はアリゾナ州政府による人種差別で紹介したApartheid Hits Arizona(アパルトヘイト、アリゾナを襲う)と言う以前の記事に関係した記事の翻訳です。

Brewer Falsely Claimed Immigrants Beheaded
People In Arizona (VIDEO)
アリゾナ州知事はアリゾナで移民が人の首を切り落としていると偽りの主張をした。

Brewer Falsely Claimed Immigrants Beheaded People In Arizona

Rachel Slajda | July 1, 2010, 6:43PM

When defending her highly criticized immigration law, Gov. Jan Brewer (R) often lists the myriad problems she says undocumented immigrants bring to her state. In an interview on Fox News last week, for example, she claimed: "We cannot afford all this illegal immigration and everything that comes with it, everything from the crime and to the drugs and the kidnappings and the extortion and the beheadings ..."
大々的に批判されている彼女の移民法を弁護する時にアリゾナ州ジャン ブル―ワー知事は多くの場合彼女が説明している違法移民が彼女の州に持ち込んで来る多種多様の問題を数え上げている。先週彼女はフォックスニュースのインタヴューで-----例えば-----彼女は『我々は此の全ての違法移民問題と其れに付随している全ての犯罪から麻薬、強請、誘拐そして断頭等、全ての問題の面倒を見る余裕は無い。』と主張した。

There's no better way, it seems, to make the case for strict anti-immigration laws than to claim that undocumented immigrants are pouring into the country to decapitate innocent Americans.
厳格な反移民法について論証する為には不法移民が国内に流れ込みアメリカ人の頭を切り落としていると言う主張以外には他に良い手段は無いかのように見受けられる。

Brewer nonetheless stuck by the claim that undocumented immigrants are murdering Arizonans when asked about it last weekend on a local Arizona political show.
それでもなおブルーワー知事は先週末アリゾナの地方政治番組で其の事について聞かれた時違法移民がアリゾナ住民を殺害していると言う主張を変えなかった。

"Our law enforcement agencies have found bodies in the desert, either buried or just lying out there, that have been beheaded," she said.
『我々の捜査当局は砂漠で埋葬されたか若しくは其処に横たわっている斬首死体を発見した。』と彼女は語った。

The anchor notes that he couldn't find "any beheadings in any kind of news search."
此の地方番組のアンカー(ニュース番組の司会者アナウンサー)はニュースでの捜査ではどの様な形の斬首死体(行為)を見つける事は出来なかったと指摘した。

Watch: Brewer claims illegal immigrants are beheading-------
どうぞ御覧下さい:アリゾナ州知事ブルーワーは違法移民が斬首していると主張する



The Arizona Guardian followed up, asking the state's county coroners -- who would examine any body connected with a crime -- if they'd seen the headless bodies from the desert .
アリゾナガーディアン紙はアリゾナ州検死官-----犯罪に関連する全ての死体を検査する-----に砂漠で頭の無い死体を見たかどうか質問し追跡した。

They hadn't.
彼等は頭の無い死体は見なかった。

(Although one coroner, gruesomely, told the paper they did sometimes get human skulls-- but not as a result of a fatal beheading. Such skulls are found after people die in the desert and "the animals ... get a hold of them and start moving their body parts around," the coroner said.)
(一人の検死官はゾットする様な話だが、アリゾナガーディアン紙に------死傷犯罪による斬首ではないが-------時々頭蓋骨を見ると語った。疎の様な頭蓋骨は砂漠で人間が死亡した後、動物が見つけ死体をバラバラした後見つかった物だと其の検死官は語った。

Asked for comment, a spokesman for Brewer told the Guardian said the governor had never said anyone was beheaded inside Arizona. "I'm not aware of any statements where the governor specifies where any crimes were committed," he said. On the contrary, he claimed that Brewer was talking about the fear that crimes that occur in Mexico could spread to Arizona.
疎の事について聞かれたアリゾナ州知事のスポークスマンはアリゾナガーディアン紙にアリゾナ州知事は誰かがアリゾナ州内で斬首されたとは言った事は無いと答えた。『アリゾナ州知事が犯罪発生地についての詳細を述べた如何なる発言にも私は気が付かなかった。(つまり州知事は斬首が起こって場所について発言した事は無いと言う言い訳)』とアリゾナ州知事のスポークスマンは語った。話は反対でアリゾナ州知事はメキシコ領内で怒っている犯罪がアリゾナ州にまで広がる恐れについて語っていたのだとアリゾナ州知事のスポークスマンは主張した。

"That report, which is based on other news reports, suggests that the drug cartels who operate on both sides of the U.S./Mexico border, have not beheaded their victims," the spokesman, Paul Senseman, told Politico. "Even a cursory check of news stories on the internet suggests otherwise." Perhaps his boss should have done one before appearing on news programs to make such a claim.
『他のニュースによる報道ではアメリカメキシコ国境の両側で犯罪活動をする麻薬犯罪カルテル組織はどの彼等の被害者も斬首した事が無いと示唆している。』と此のスポークスマン、ポール センセマン氏はポリティコ(此の記事を報道しているインターネット政治ニュースサイト)に語った。

『インターネットニュースを好い加減にチェックしただけでも話は反対である事が示唆されている。』恐らく此のスポークスマンのボスもニュース番組に現れて変な主張をする前に疎の様なチェックをするべきだったのだろう。


New FBI Crime Stats Contradict Anti-Immigrant Hype in Arizona
新しい連邦警察の犯罪統計はアリゾナ州の反移民過剰反応と矛盾している。

New FBI Crime Stats Contradict Anti-Immigrant Hype in Arizona
By Daniel Griswold

FBI crime figures reported in today’s The Wall Street Journal challenge the perception that illegal immigrants have unleashed a crime wave in Arizona.
ウォールストリートジャーナルで今日報道された連邦警察の犯罪件数はアリゾナ州で違法移民が犯罪の波を起こしていると言う認識に対し異を唱えている。

One of the clinching arguments for Arizona’s tough new law aimed at illegal immigration has been the perception in that state that crime has been rising, and that undocumented workers are largely to blame. Yet the Journal reports that the incidence of violent crime in Phoenix last year plunged 16.6 percent compared to 2008, a rate of decline that was three times the national average.
アリゾナ州の違法移民を狙った新しい厳しい法律に付いて熱烈に受け入れられている議論の一つはアリゾナ州での犯罪件数は増加していて不法就労者達が主に疎の原因であると言う事である。然しウォールストリートジャーナルは昨年のアリゾナ州都フェニックス市での暴力的犯罪は2008年と比較し16.6%激減し減少率は全国平均の3倍である。

According to the Phoenix Police Department, the downward trend in crime has continued into 2010 even as the “illegal immigrant crime wave” story reverberates on cable TV and talk radio. As the Journal story reports:
アリゾナ州都のフェニックス市警察局によると、ケーブルテレビニュース番組やトークラジオ番組で“違法移民による犯罪の波”が反響している2010年に入っても此の犯罪の現象と言う傾向は続いていた。其れはウォールストリートジャーナルで報道された様に:

In Phoenix, police spokesman Trent Crump said, “Despite all the hype, in every single reportable crime category, we’re significantly down.” Mr. Crump said Phoenix’s most recent data for 2010 indicated still lower crime. For the first quarter of 2010, violent crime was down 17% overall in the city, while homicides were down 38% and robberies 27%, compared with the same period in 2009.
フェニックス市警察のスポークスマン、トレント クランプ氏は『全ての過剰反応にも拘らず全ての報道に値する個々のカテゴリーの犯罪は大幅に減少している。』と語った。クランプ氏は2010年の最も新しいデータは未だに減少した犯罪率を示している。』と語っている。2010年の第一四半期では2009年の同時期と比較してフェニックス市全体で暴力的犯罪は17%減少、殺人事件は38%減少そして窃盗犯罪は27%減少。

Arizona’s major cities all registered declines. A perceived rise in crime is one reason often cited by proponents of a new law intended to crack down on illegal immigration. The number of kidnappings reported in Phoenix, which hit 368 in 2008, was also down, though police officials didn’t have exact figures.
アリゾナ州の主要都市の犯罪は現象を示している。犯罪が増加していると言う認識は違法移民を取り締る目的の新しいアリゾナ州の法律の支持者達によって頻繁に引用されている理由の一つである。警察当局者は正確な統計を持っていないながらも、2008年に368件に達したと報告されているフェニックス市の誘拐犯罪も減少している。

The new crime figures confirm what I wrote in a column in today’s Washington Times under the headline, “Unfounded fear of immigrant crime grips Arizona,” and what I explored in a longer think piece, “Higher Immigration, Lower Crime,” in Commentary magazine a few months ago.
新しい犯罪件数のデータは今日私が書いたワシントンタイムズの見出し“事実無根の移民による犯罪に対する恐怖がアリゾナを支配する”とコメンタリーマガジンで私が長編で調べた“大量の移民、減少する犯罪”で書いた事を裏付ける。

The president and Congress need to fix our immigration system, but we need to do it in the right way and for the right reasons.
大統領と議会は移民システムを改善しなければならないが正しい方法と正しい理由で為さなければならない。

ejnews:アリゾナ州知事の嘘吐き癖は『私の父はナチスドイツと戦ってドイツで死んだ!』などの発言でアメリカで有名になってしまいましたが(彼女の父親は当時アメリカの弾薬工場で働いていて戦争には参加していなかった。彼の死は戦後10年経ってからであった。)、問題のアリゾナ州の新移民法の理由として挙げられている『メキシコ人がアメリカ人の首を切り落としている!』とか『メキシコ人によって犯罪が増えているから厳しく移民を取り締らなければならない!』等は全くの嘘だと言う事は上記の記事の様に明らかにされているのですが、人種差別をする人々は全くの嘘とデッチアゲによって支えられているアリゾナ州の新移民法(移民法は連邦政府の担当なのでアリゾナ州が勝手に移民法を作成する事は異常と言うよりも違法行為なのだと言う事の様ですが-------)を未だに支持しているようです。(-------日本人も長い間アメリカでは差別され第二次大戦中は日系アメリカ人は強制収容所に入れられた歴史もあるのですが--------“歴史は繰り返さない!”と言う人も入る様ですから困った物です)
アメリカ西部諸州は元々メキシコ領ですから白人系アメリカ人よりも歴史の長いメキシコ系の人々が住んでいるのですが、歴史を振り返るとラティーノと呼ばれる彼等に対する人種差別が激しくなる度に正真正銘のアメリカ人で然も後に移民して来た白人よりも以前にアメリカ西部諸州の住人だった彼等の中には違法移民として異国のメキシコに国外退去になった人々が多いのです。2007年にも知能障害のあるアメリカ生まれのメキシコ系アメリカ人の若者が違法にメキシコの国外退去にされ無一文で89日間メキシコをさ迷い、間違いが発覚してからも米政府は彼の発見救助に何の努力もせず、結局家族がメキシコに行き全ての貯金を叩いて彼を探し出したと言う事件がありました。
 ナチスドイツの歴史で最も有名な様に、不景気になるとどの国でも保守派の人々は右翼になり、右翼は極右翼になる様で人種差別や少数者(人種的にも思想的にも)と呼ばれる人々がスケイプゴートscapgoatとなる事が多いので気をつけましょう。

 と言う事で、今日のミュージックはジャズギターのJoe Passジョー パスによるAll the Things You Are(オール ザ シングス ユー アー“貴女である事の全て”)です。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

Nemoさん

もう直ぐ梅雨明けですか!良かったですね。ロスも涼しい日が続いていたのですが昨日辺りからロスの夏と言う感じになって来ました。
 処で最近のアメリカは保守~極右翼白人層に支持された共和党が全米で、恐らく選挙の票集めが目的の中南米系移民を差別する(実は中国、カナダ、ヨーロッパからも違法移民は多いのですが)発言や行為が目立って居ます。あの参加者が無知で自己中心的で悪名の高いティーパーティーもミッシェルオバマや有色人種の発展を支持するNAACPと言う団体から人種差別が著しいと非難されています。
 確か21世紀の中ごろにはアメリカは人口的に白人は少数派になると言う(カリフォルニア州では既に最大の人口を持つ人種はヒスパニックと呼ばれる中南米系です)話で、今まで多数派として支配してきたアメリカでの支配力の低下が予想されていて、其れで悪足掻きしているのだと言う解説もあるようです。
 兎に角、困った物です。
コメント有り難うございます。

No title

ejnewsさん、こんばんは
お久しぶりです! お元気ですか?
こちらはもうすぐ梅雨明けしそうで、真夏のように暑くなってきました。
九州や岐阜で豪雨による被害が出ています。

州知事たる人がこんな露骨なでっちあげをしてまで法案を正当化するとは、
呆れてしまいました。
アリゾナ州の移民法、連邦政府が憲法違反だと争う構えだそうですが、
どう決着をみるのでしょうか。

beznerさん

アメリカと言う国は先ずインデアンを虐殺し砂漠の不毛の土地に追いやり、黒人を奴隷にし、中国人を鉄道建設の為に奴隷同様に扱い、メキシコ国土の半分を違法侵略戦争で奪い、其の後元メキシコ領の住民を人種差別し、日系アメリカ人を無実の罪で強制収容所に送り込み彼等の資産は失われ、1960年代まで南部の黒人は公共の場で白人とは違った場所を指定され選挙にも参加できず、大統領も父親が黒人だと言う理由で憎まれてテレビやラジオではオオピッらに中南米系や黒人を差別するトークショーホストに人気があり、現在のメキシコ人移民問題はクリントン政権時代のNAFTAによってアメリカから雪崩れ込む安価で質の悪い玉蜀黍等での農業の崩壊が主な原因なのですがアメリカのメディアでは全くと言って良い程原因は説明されず---------------etc,
 日本でも恐らく未だに朝鮮半島に先祖を持つ日本人や中国人、東南アジアやブラジル人達を差別する人がいるのでしょうねえ。
人間社会は色々な違った文化があるので退屈にならず何とか飽きないで生きていられると言うのに、人種や肌の色言語、文化の違いで差別する人の気が知れません。世界中日本人だけとか白人だけなんて言う世界は死ぬほど退屈な世の中で想像しただけでゾットしてしまいます。
 コメント有り難うございます。

No title

アメリカの移民問題はあたまがいたく、
日本の差別もんだいはこまりもので、、、

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。