スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンでもねー話はメキシコ湾だけじゃねーんだぜ!

Gasland: Dick Cheney poisons your drinking
water too
ガスランド:ディックチェイニーは貴方の飲料水も汚染する

記事の載っているサイト:http://www.politicususa.com/en/cheney-poison-water
Posted By Sarah Jones On 21 Jun 2010.

 若しディックチェイニーの環境破壊への責任が海洋石油掘削とメキシコ湾の原油流出に限られていると思っていたとしたら此処に第2のウオーターゲートを紹介しておくよ。然し今回に限っては文字通り水についてで、特にディックチェイニーとハリバートンがどの様に我々の飲料水を汚染したかと言う事なんだ。
 “ガスランド”ハリバートンの開発した天然ガス採掘技術“フラッキング”若しくは“水圧破砕”の隠れた危険性についてのドキュメンタリーフィルムは今夜HBO(映画を放送しているケーブルテレビ局)でデビューする。http://www.hbo.com/#/documentaries/gaslandフラッキングについて一寸詳しく見てみると規制排除(撤廃)が手が付けられない状態に陥った恐るべき又違った話を見る事になる。そして此の話の裏に誰が居るか分るかい?そうだよ、大当たり!ディックチェイニー、ジョージWブッシュ、そしてアメリカが大嫌いなハリバートン、皆此の話に登場するんだよ。
劇作家で今(此のフィルムで)ドキュメンタリー製作者となっちゃったジョシフォックスと彼の家族はデラウエアー河上流の盆地のニューヨークとペンシルヴァニアの境界にある彼等の土地で天然ガスを採掘する権利と引き換えの10万ドルに加え鉱山使用料の提供の申し入れを受けた。ガス会社(の説明)によると見かけでは何の問題もない様に見えたんだがフォックスは家族が19.5エーカーの土地の(ガス会社に)賃貸に同意する前に一寸リサーチをしたくなったんだ。
 フォックス氏はカメラを取り出し(彼等の住む)郡の天然ガス採掘に土地を貸し出した他の人々にインタヴューを始めたんだが、ジョシが理解した事は彼の躊躇いを充分に正当化する以上の物だったんだ。そして彼のインタヴューの結果がサンダンスフィルムフェスティヴァルで審査員賞を受賞し今夜9時HBOケーブルテレビ局で初演される“ガスランド”と言うドキュメンタリーなんだ。
 ガス会社はハリバートンの開発した莫大な量の------2百万ガロンから7百万ガロンの-------水を或る特定の岩盤層の亀裂に注入すると言う手段の水圧破砕技術を使いたかったんだ。ガス会社がフォックスにした説明によると充分安全の様に感じられたんだが-----------然し、フォックスは知らなかったんだがペンシルヴァニアと西バージニア地域で既に今月だけでもフラッキングに関係していて其の1件はかなり大規模な爆発を含む2件の大事故が起きていたんだ。
 誰もフォックスに言わなかった事は米環境保護局(EPA)は飲料水安全条令の下で破砕に使う溶剤の注入を法的に規制していないと言う事だった。石油とガス業界はEPAによって既知の危険物質-------検査されていない--------を直接若しくは地下の飲料水の源泉の近くに注入する事を許可されているアメリカで唯一の業界なんだ。一体如何してこんな事が可能なんだ?其れは2005年の連邦エネルギーポリシー条令は水圧破砕を飲料水安全条令から適用除外にしていたからなんだ。

アースワークの報告:
http://www.earthworksaction.org/halliburton.cfm

 此の飲料水安全条令の適用除外は“ハリバートンの抜け穴”として知られる様になった。何故なら其れは副大統領ディックチェイニーのエネルギーポリシー特別対策委員会による努力によって実現したと広く一般に捉えられているからなんだ。副大統領になる前チェイニーは1940年代に水圧破砕の特許権を得、未だに水圧破砕溶剤の3大製造会社の1社のハリバートンのCEOだった。ハリバートンの社員は2004年の米環境保護局による水圧破砕報告書の再検討に深く関わっていたんだ。
水圧破砕についての規制の歴史をアースワークは此処に示す:
 1997年、連邦巡回第11控訴裁判所アトランタは米環境保護局に水圧破砕を飲料水安全条令の元に取り締るように命じた。此の決定は1989年の土地所有者達が住宅地域の井戸水を汚染したと訴えたアラバマのCBM水圧破砕採掘事業事件を追っての物だった。
 2000年には1997年の裁判所の決定に応えて米環境保護局は石炭採掘における水圧破砕が原因のメタンガス発生の可能性による水源への脅威についての研究を開始した。此の研究の主要目的は水圧破砕技術による地下飲料用水源への汚染の可能性を評価するものだった。
 その間、2001年、水圧破砕技術を飲料水安全条令から適用除外する様に勧めたディックチェイニー副大統領によるエネルギーポリシー特別対策委員会が開催された。
オー!又ディック!?http://www.politicususa.com/en/deregulation-blame-cheneyブッシュ政権の2005年エネルギーポリシー条令の一部として明らかに答えはイエスだった!
 2009年、上院議員ケイシー(ペンシルヴァニア民主党)、シューマー(ニューヨーク民主党)、下院議員デガッティ(コロラド民主党)、ポリス(コロラド民主党)ハインチェイ(ニューヨーク民主党)は所謂“ハリバートンの抜け穴”を閉じる為のフラッキングについての責任と化学物質に対する認識条令(FRAC)議案を上下院議会に提出したが未だに討議中である。3月、米環境保護局はハインチェイ(ニューヨーク民主党)によって提案された水圧破砕の飲料水に対する影響についての研究開始を発表した。現在石油とガス業界だけが飲料水安全条令の適応除外をされている業界である。
 昨年、http://casey.senate.gov/newsroom/press/release/?id=3d78271c-e412-4b63-95b8-419e75ce2bb6エネルギーと商業委員会副委員長の下院議員デゲッティ議員は『我々の法案は非良心的な“ブッシュとチェイニーの抜け穴”を皆が守っている同じ法律を石油ガス企業にも単に義務付ける事によって閉じる事が出来る。』と述べた。『ディックチェイニーが我が国のエネルギーポリシーにこっそり付け加えた業界への条令適応除外によって無関係な市民が苦しんでいるのを傍観している事は無責任である。』とポリス議員は述べ『ブッシュ政権のエネルギーポリシーの不運な時代を修正し、エネルギー業界が膨大な量のベンゼン、トルエンの様な毒物を土中に注入し飲料水の質を危険に曝す事を可能にした“ハリバートンの抜け穴”を閉じる時がやって来た。』とハインチェイ議員は付け足した。
 米公共ラジオ放送のテリーグロスhttp://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=127593937とのインタヴューでガス会社はフォックスと彼の家族に採掘作業は彼等の土地にホンの僅かな影響しか及ぼさないと言い、ガス会社は『我々はガスが此処に存在するかどうかも知らない。採掘場所の中には消火栓が設置される----------------貴方の土地にはホンの僅かな影響しかない。貴方は我々が此処に居る事に殆ど気が付かないだろう。』と説明したとフォックスは伝えた。
然し、フォックスは彼のインタヴューを通し水が汚染された人々に会った。其の汚染された水には採掘に関係する天然ガスや重金属が混じり、病気になった人々やトラックの激しい交通量に伴い天然ガス井装置が点在する風景等--------------。

米公共ラジオ放送の報告の続き:
フォックス氏は新しく開発された天然ガス掘削技術について説明する--------------天然ガスを得る為に鉱山会社によって使われている技術----------------そしてフォックス氏が引き続き不安の種だと考えている理由。
例えば、フォックス氏がインタヴューした或る住宅所有者達は水道の水の色が変わったとか水がソーダ水の様に泡立ち始めた事に気がついた。そして或る地域では------天然ガス掘削で使われる化学物質が水道水に混じり始めたと言う理由で------水道から流れ出す水に火をつける事が出来る等である。
 『僕は自分自身で試してみたんだよ!』とフォックス氏は語った。『其れは(僕のドキュメンタリーフィルムの中で)最も劇的でアッと言う様な光景の一つなんだよ。水道の蛇口を開けてタバコのライターを蛇口の下に持って行くと炎が爆発させるなんて全く天地が引っ繰り返る様な事なんだ。』



ロイターはガス業界の反論を報道している:
http://in.reuters.com/article/idINIndia-49395920100617?feedType=RSS&feedName=everything&virtualBrandChannel=11709
 『ガス業界はフォックス氏がドキュメンタリーフィルム制作で発見した事について、例えばメタンガスが水道水に混じり込み火がつく事は自然に起こる事である等と言って反論している。此のフィルム製作者(フォックス氏の事)は正義心から此のドキュメンタリーを制作し注目の的になってはいるのだが彼は此の件に関しての権威の資格を満たしているとは言いがたい。』とニューヨークのガス業界のインデペンデント石油&ガス連盟のスポークスマンであるジムスミス氏は語っている。
 フォックス氏は専門家ではなく彼の発見は科学的でもないのだが此処で疑問の余地の無い事実は石油とガス業界は現在クリーンウオーター規制から免除されていると言う事だ。我々が問う事の出来る最も論理的な疑問は若しガス業界が水に何もしていないのなら如何して業界は規制から免除されているのかと言う事だ。又してもアメリカ市民を健康と我々の天然資源を危機に曝す原因となっている引き続く規制排除の背景にディックチェイニーとハリバートンが潜んでいる新たな例を見つけたのだ。
 正確に一体何が無責任な規制撤廃と言うディックチェイニーの遺産から此の国を護る事が出来るのだろか?何処を見てみても、未だに唯一つの動機は元副大統領チェイニーの個人的経済的利益であると見受けられる巨大で無責任な特定の利権の為の規制撤廃と言う津波の結果的に大惨事になる様な問題を我々は背負い込んでいる。
Gasland: Dick Cheney poisons your drinking
water too

Just in case you thought Dick Cheney’s culpability for environmental destruction was limited to offshore drilling and the Gulf oil spill, here is Watergate II. Only this time, it’s literally about water, specifically how Dick Cheney and Halliburton poisoned our drinking water.
Gasland, a documentary about the hidden dangers of the Halliburton-developed drilling technology of “fracking” or hydraulic fracturing for natural gas, debuts tonight on HBO. Taking a deeper look into fracking, we see another terrifying story of deregulation gone wrong. And guess who is behind it? Yeah, you guessed it. Dick Cheney, George W Bush, and America-hating Halliburton all make an appearance in this story.
Playwright and now documentarian Josh Fox and his family were offered 100,000 dollars plus royalties in exchange for the right to mine for natural gas on their land on the border of New York and Pennsylvania, on the Upper Delaware River Basin. It seemed harmless enough, according to the gas company, but Fox wanted to do some research before the family agreed to leasing their 19.5 acres.
Fox took his camera and started interviewing other people around the country who had leased their land for natural gas drilling, and the things he learned more than justified his reticence. The result is Gasland, a documentary film that won the jury prize at Sundance this year and premieres on HBO tonight at 9PM.
The gas company wanted to use the Halliburton–developed technology of hydraulic fracturing, which is a process of injecting a huge volume of water — they use between 2 and 7 million gallons of water per frack to fracture the rock formation. It seemed safe enough, as the gas company told Fox he wouldn’t even know they were there…. However, there’ve been two major accidents in the Pennsylvania-West Virginia region this month alone involving “fracking”, one of which involved a well explosion.
What no one told Fox is that the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) does not regulate the injection of fracturing fluids under the Safe Drinking Water Act. The oil and gas industry is the only industry in America that is allowed by EPA to inject known hazardous materials — unchecked — directly into or adjacent to underground drinking water supplies. How is this possible? The federal Energy Policy Act of 2005 exempted hydraulic fracturing from regulation under the Safe Drinking Water Act.
Earthworks reports:
“This exemption from the SDWA has become known as the “Halliburton loophole” because it is widely perceived to have come about as a result of the efforts of Vice President Dick Cheney’s Energy Task Force. Before taking office, Cheney was CEO of Halliburton — which patented hydraulic fracturing in the 1940s, and remains one of the three largest manufacturers of fracturing fluids. Halliburton staff were actively involved in review of the 2004 EPA report on hydraulic fracturing.”
Earthworks lays out the regulation history of hydraulic fracturing:
“In 1997, the U.S. Court of Appeals for the 11th Circuit (Atlanta) ordered the EPA to regulate hydraulic fracturing under the Safe Drinking Water Act. This decision followed a 1989 CBM fracturing operation in Alabama that landowners say contaminated a residential water well.
In 2000, in response to the 1997 court decision, the EPA initiated a study of the threats to water supplies associated with the fracturing of coal seams for methane production. The primary goal of the study was to assess the potential for fracturing to contaminate underground drinking water supplies.
Meanwhile, in 2001, a special task force on energy policy convened by Vice President Dick Cheney recommended that Congress exempt hydraulic fracturing from the Safe Drinking Water Act.”
Oh, Dick. Again? Apparently, yes, as it passed as part of the Bush Administration’s Energy Policy Act of 2005.
In 2009, Senators Casey (D-PA) and Schumer (D-NY), and Representatives DeGette (D-CO), Polis (D-CO) and Hinchey (D-NY) introduced bills in the Senate and House to close the so-called “Halliburton Loophole”, the Fracking Responsibility and Awareness of Chemicals (FRAC) Act which is STILL pending. In March, the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) announced the commencement of the Hinchey Study, an investigation into the impact of hydraulic fracturing on drinking water. Currently, the oil and gas industry is the only industry exempt from the Safe Drinking Water Act.
Last year, U.S. Rep. DeGette, Vice Chair of the Committee on Energy and Commerce said, “Our bill simply closes an unconscionable Bush-Cheney loophole by requiring the oil and gas industry to follow the same rules as everyone else.” Rep. Polis said, “It is irresponsible to stand by while innocent people are getting sick because of an industry exemption that Dick Cheney snuck in to our nation’s energy policy.” Rep. Hinchey added, “It’s time to fix an unfortunate chapter in the Bush administration’s energy policy and close the ‘Halliburton loophole’ that has enabled energy companies to pump enormous amounts of toxins, such as benzene and toluene, into the ground that then jeopardize the quality of our drinking water.”
In an interview with NPR’s Terry Gross, Fox relates that the gas company told Fox and his family that the drilling would have very little impact on their land, “’We don’t even know if there’s gas here. It’s going to be a fire hydrant in the middle of a field — very little impact to your land. You won’t hardly know we’re here.”
However, in his interviewing process, Fox met with people whose water was poisoned — water with natural gas and heavy metals in water (associated with drilling), sick people, and landscape dotted with gas well pads, along with heavy truck traffic.
NPR further reports:
“Fox explains the process of unconventional gas drilling — the technique used by mining companies to obtain natural gas — as well as why he believes there is continued cause for concern.
For example, some homeowners he spoke to noticed that their water had been discolored or was starting to bubble. And in some communities, people were able to light the water coming out of their faucets on fire — because chemicals from the natural gas drilling process had seeped into the water.
“I did it myself,” he says. “That’s one of the most dramatic and spectacular things in the film. It just turns your whole world upside down when you can turn the faucet on and stick a cigarette lighter under it and you get this explosion of flame.””

Reuters reported the industry’s rebuttal:
“The gas industry disputes the film’s findings, saying for example that methane migration that allows water to catch fire can occur naturally. This filmmaker, while well-intentioned, is getting a lot of attention but he’s not qualified at all to be an authority on this issue,” said Jim Smith, a spokesman for the Independent Oil and Gas Association in New York, an industry group.”
While Fox is not an expert, and his findings are not scientific, what is not up for debate is the fact that the oil and gas industry is currently exempt from clean water regulations. The most logical question one can pose is if they aren’t doing anything to the water, why are they exempt from regulations? Once again, we find another example of Dick Cheney and Halliburton lurking behind more deregulation that poses a health risk to the American people and endangers our natural resources.
What exactly will it take to protect this nation from the legacy of Dick Cheney’s irresponsible deregulation? Everywhere we turn, we’re saddled with the potentially disastrous consequences of Cheney’s tsunami of massive and reckless special interest deregulation, whose sole motivation still appears to be the enrichment of the former vice president’s personal financial interests.


若しBPのメキシコ湾での原油流出事故のニュースを見たければ此処で。
最初にコマーシャルがあります。其の後で原油流出のニュースヴィデオが始まります。
Countdown with Keith Olbermann

此のブログは上記のキースオルバーマンのニュース番組に出演していたジョンワーセン氏の関係しているブログです。
BP Slick


ejnews: 日本でもブッシュ政権時代にディックチェイニーがエネルギーポリシー特別委員会を設立し業界の主要人物や代表者達を密かに招き政権下でのエネルギー政策を討議した話は伝わっていると思うのじゃが、結果としてメキシコ湾の原油流出や種々の環境破壊が起こっているのです。問題は環境破壊だけではないのでありまする。大量破壊兵器をサダムフセインが隠し持っていると言う口実で始められたブッシュチェイニー政権のイラク侵略戦争の動機は当然石油だと高名なアラングリーンスパンも言っておるのです。オーッ!其れとヴェトナム侵略戦争よりも長期化してしもうたアフガン侵略もアフガニスタンを横切る可能性の或る石油パイプライン原因じゃったとか----------。
 我々は日本に居てもアメリカに居ても資本家によって操られている政治家に良い様にされている訳ですから我々自身の生活を守る為に企業と政治家には常に監視の目を弛めない様にしないとトンでもない災難が起こった後ではメキシコ湾やアメリカの地下水の様に後の祭りと言う事に絶対なるのでありまする。
 日本での一番良い例は非科学的に推進されている原子力発電所問題なのでありまする。例えば面積が殆ど日本と同じそして地震が日本と同様に多いカリフォルニア州でも僅か2箇所の原子力発電所しか運転していないのでございますよ!若しカリフォルニアで原子力発電所を増やすと言う話になると州民は黙って見過ごす事は幾らなんでもしないと思いますよ。原爆を落とした国の一州が此れだけ核アレルギーなのに日本人は原爆の被害者でありながら意外と放射能汚染問題には鈍感だと思いませんか?????日本では大地震が起きた時に原子力発電所は全く無傷で放射能や放射線物質が外部に漏れ出さんさ無いと確信している様にカリフォルニアからは見受けれれるのですが、一体何基の原子力発電所を建設すれば充分なのでしょうかね?
 話は一寸違った方向に進んだのですが、兎に角、資本家と政治家は或る意味で精神に問題があり自己の利益しか考えられない様な行動を取る人々が多いようですから我々庶民は好い加減に眼を覚まし真剣に我々自身の生活を守るあらゆる手段を講じませう!
処でアメリカを飛行機で横断するとアメリカの至る所で特にロッキー山脈周辺や乾燥地帯に網の目の様に規則正しい道とガス井が上空から見る事が出来るのですゾットしますよ。

http://coloradoindependent.com/24667/oil-giants-have-cornered-the-market-on-western-slope-water-rights-study-says
アメリカのガス採掘地図とジョシフォックス氏のインタヴューが此の記事で見る事が出来ます。
http://www.examiner.com/x-2903-Energy-Examiner~y2010m3d28-Must-See-TV-PBS-highlights-hydraulic-fracturing


其れで今日のミュージックはGreen Eyes (Aquellos Ojos Verdes)“其の緑の瞳”でござります。マタマタ年配の人しか知らない曲でありまする。

Aquellos Ojos Verdes - Green Eyes (1930) Adolfo Utrera, Nilo Menendez, Ernesto Lecuona
アドルフォ ウトレナ・ニロ メネンデス・エルネスト レクオナ



Los Panchos "Aquellos Ojos Verdes"
トリオ ロス パンチョス



Nat King Cole - Aquellos Ojos Verdes
ナット キング コール



Green Eyes (Aquellos Ojos Verdes)
スペイン語歌詞
Aquellos ojos verdes
de mirada serena,
dejaron en mi alma
eterna sed de amar.
Anhelos de caricias,
de besos y ternuras.
De todas las dulzuras
que sabían brindar.
Aquellos ojos verdes,
serenos como un lago,
en cuyas quietas aguas
un día me miré.
No saben las tristezas
que en mi alma han dejado
Aquellos ojos verdes,
que yo nunca besaré.
No saben las tristezas
que en mi alma han dejado
Aquellos ojos verdes,
que yo nunca olvidaré.
Aquellos ojos verdes,
que yo nunca olvidaré.
Aquellos ojos verdes
serenos como un lago
en cuyas quietas aguas
un día me miré,
no saben las tristezas
que a mi alma le dejaron
aquellos ojos verdes
que ya nunca besaré


English Translation 英訳
Those green eyes
其の緑の瞳
with their serene gaze,
其の穏やかな眼差しで
they left in my soul
其の瞳は私の心に
eternal thirst to love.
愛への永遠の渇きを残していった。
yearning for caresses,
愛撫への切なる思い
for kisses and tenderness.
くちづけと優しさ(への切なる思い)
for all the sweetness
全ての愛らしさを与える事を
that they knew how to offer.
其の瞳は知っていた。
Those green eyes,
其の緑色の瞳
serene like a lake,
湖の様に穏やかで
in whose calm waters
其の穏やかな水の中に
one day i saw myself
ある日私は自分自身を見た
They do not know the sadness
其の緑の瞳は悲しさを知らない
that in my soul they have left
その事をその緑色の瞳は私の心に残していった
Those green eyes,
其の緑色の瞳
that I never will kiss.
私は其の瞳に口づけが二度と出来ない
They do not know the sadness
其の緑の瞳は悲しさを知らない
that in my soul they have left
其の事をその緑の瞳は私の心に残していった
Those green eyes,
其の緑色の瞳
that I never will forget.
其れを私は二度と忘れない
Those green eyes,
其の緑色の瞳
that I never will forget.
私は二度と忘れない
Those green eyes,
其の緑色の瞳
serene like a lake,
湖の様に穏やかで
in whose calm waters
其の穏やかな水の中に
one day i saw myself
ある日私は私自身を見つけた
They do not know the sadness
其の緑色の瞳は悲しさを知らない
that in my soul they have left
其の事を其の緑色の瞳は私の心に残していった
those green eyes
其の緑色の瞳
that I never will kiss
私は二度とくちづけする事が無いだろう

此の歌詞はウキペディアより。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



スポンサーサイト

COMMENTS

斎藤一郎さん

そうなんです。黙って放って置くと資本家達はしたい放題をする様で、日本でも水俣病、イタイイタイ病、etc色々あるでしょう?原発による汚染も其の一つで日本だけでなく世界中で原発からの放射線物質の漏洩が政府によって隠されているようです。本当は見かけよりも企業による環境破壊は凄いのです。
コメント有り難うございました。

No title

世界情勢はいろいろとあるんですねー

杏ママ さん

そうです!此れは飲料水です。地下の幾層にも重なっている岩盤を爆発で亀裂を生じさせ其処に圧縮された水と一緒に600種類に近い安全テストもされていない化学薬品を注入し地下の天然ガスを抽出する技術が使われているので地下水に天然ガスと600種類に近い有毒薬品が混じり込み飲料用だけでなく御風呂や農業にも使用出来ないそうです。アメリカでは地下水を生活用の水源に使うところが多いのですが、先ず家畜の毛が抜けて酷い病気になり死んでいくとか此のドキュメンタリーでは言っていました。何だか先ず猫が病気になっていった水俣病のようですね。
 世界中で企業は環境を汚染しながら利益を出しているのでどんな田舎でも企業が進出してくると安全に生活出来る地域環境が破壊されると用心した方が良いようです。特に杏ママ さんの住まれている高知西部は汚染されていない自然の残っている所ですから疎の様な環境は子供達の為に護って行きたいですね。
 コメント有り難うございました。

No title

蛇口から流れる水に火がつくなんて!なんて恐ろしい世界なんだ~!
火事の時どうするんだろ・・
なんて単純に思ってしまいましたが、この水道水って飲み水なのですよねえ?

zen9youさん

御元気ですか?日本の梅雨は如何ですか?
 そうなんです。私もアメリカと日本で農業が出来安全な水源があり原子力発電所から遠い場所土地を探しているのですが、日本は疎の様な場所は皆無でアメリカも此の記事に様に全土で地下水の汚染が進んでいて本当に社会からドロップアウトして安全に生きられる場所は資本家に完全に破壊されてしまった様です。南米のチリ、ペルー、アルゼンチン等には未だ疎の様な場所が残っているようです。既にブッシュ家等がパラグアイと隣接するアルゼンチンで巨大な地下水源の在る場所で小さな国家がスッポリト入る様な広大な土地を所有しているようです。資本層と言う物は全て独り占めする性質を持っているようで、既に随分前から世界中で水源の在る土地を買い漁っていると言う事です。
 コメント有り難うございました。
 

No title

金融崩壊によってお金の価値がなくなる時代ですから、これからは現物のみが頼れる時代になると副島氏は唱えていますね。

金がだから暴騰している。それでもかなり上がらないように規制していたようですが、それも歯止めのきかないところまできたのですね。

でも、本当は、お金も物も、いつかは失う物なのに、そんな物に振り回される亡者たちは救いようがない。私たちは少なくとも彼らと共に沈没しないことだけを考えなくてはいけませんね。

和久希世さん

本当にアメリカは大変です。海も陸も資本家や株主等と呼ばれる輩に汚染され、商品と言えば有毒物質が多く含まれている中国製が溢れ、資本層に操られたティーパーティーなんて言う政治運動に参加している基本的に自己中心なアメリカ人が訳のわからない事を喚き立てていて、アフガン侵略はヴェトナム侵略戦争よりも長期化し、軍事費は国の財政の半分以上になり、若し新たな不況でも始まるのならアメリカは共和党やティーパーティー他の右翼に乗っ取られファシズム化する可能性があるのです。
 処で此の曲良い曲でしょう。日本でトリオ ロス パンチョスが流行っていた頃初めて聞いたのですが原曲は1929年にスペイン語でアドルフォ ウトレナとニロ メネンデスによって書かれたと言う事です。録音はニューヨークで1930年にされた言う話です。
コメント有り難うございました。

No title

日本も大変ですが、アメリカも大変ですね。
経営者達と言うのはどうしてこんなに無茶な事ばかりしようとするのでしょうね。
こうやって世界中を廃墟にしてしまったら、
お金の価値もなくなるのだから、
そんなに稼ぎまくっても意味がないとは思わないのでしょうか?

古い歌はなんとも言えず優しくしっとりしていて、
「幸せな頃のアメリカ」と言う感じがしますね。
あの頃に今のように殺伐としたアメリカを、誰が想像した事でしょう。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

火宅から逃げられると思っている巨大資本家達

平成22年も、ついに半年が経ってしまった。 明日7月2日は半夏、半夏生の葉も大部白くなってきている。 まだ梅雨は明けていないけれど、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。