スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンでもねー話だぜ!

Regulators Accepted Gifts From Oil Industry,
Report Says
当局の取締官達は石油業界から収賄を受けたと報告書は明らかにしている


http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704026204575266112115488640.html

WASHINGTON—Employees of a federal agency that regulates offshore drilling—including some whose duties included inspecting offshore oil rigs—accepted sporting-event tickets, meals, and other gifts from oil and natural-gas companies and used government computers to view pornography, according to a new report by the Interior Department's inspector general.
The report—published Tuesday on the inspector general's website—describes a culture in which inspectors assigned to the Lake Charles, La., office of the Minerals Management Service have moved with "ease" between jobs in industry and government, drawing on relationships that formed "well before they took their jobs" with the agency.
ワシントン-------米内務省の監察長官の新しい報告によると(原油の)海洋掘削を監視する連邦政府関係機関の監視員-----それらの幾つかは海洋油田掘削リグの検査が含まれる彼等の義務が含まれている--------はスポーツ観戦、食事、そして他の贈り物を石油、天然ガス企業から受け、又ポルノを見る為に政府のコンピューターを使用したとされる。
此の報告----監察長官のウエッブサイトに火曜日に発表された------は鉱物資源管理局のルイジアナ州レイクチャールズに配属された監視官達が彼等が鉱物資源管理局の職に付く遥か以前に作り出した関係の影響力を利用して企業と政府の職の間を“自由に”渡り歩いていた習慣を描写している。

Although the report says that "all of the conduct" examined in the report is "dated" and occurred prior to 2007, its publication comes at a sensitive time, with Interior Secretary Ken Salazar scheduled to testify before Congress Wednesday on his plan to restructure the agency following the April 20 explosion of the Deepwater Horizon oil rig. The accident led to the deaths of 11 workers and to the spillage of thousands of barrels of oil into the Gulf of Mexico each day.
此の報告で調べられている“これ等全ての行為”は“過去のもので”2007年以前に発生したものだが此の発表のタイミングは、内務省長官ケンサラザールがディープウオーターホライゾン(メキシコ湾のBP海底油田採掘リグ事故でリグをBPにリースしている会社)の石油掘削リグの4月20日の爆発を追って機関の再編成について彼の計画を水曜日に議会で証言する微妙な時期に成された。事故は11人の死亡者と、そして毎日何千バレルものオイルのメキシコ湾への流出の原因となった。

Mr. Salazar said he has asked the inspector general to expand her investigation to determine whether any of "this reprehensible behavior" persisted after the department implemented new ethics rules in 2009.
サラザー氏は監察長官に此の非難されるべき行為が鉱物資源管理局が2009年に新しい倫理規則を実施した後にも存続したのかどうか彼女(現在の監察長官は女性)の捜査を拡大する事を要請した。

The inspector general's report doesn't specify how many MMS staffers accepted gifts from the oil industry, but says "this behavior appears to have drastically declined" since a former MMS supervisor, Don Howard, was terminated from the agency in 2007.
監察長官の報告は何人の鉱物資源管理局員が石油企業から贈り物を受けたのか明快に述べてはいないが2007年に元鉱物資源管理局監督ドンハワードが局から解雇された後“此の行動は極端に減少した”と述べている。

Mr. Howard, the former regional supervisor of the Gulf of Mexico region for MMS, pled guilty and was sentenced to a year's probation in federal court in New Orleans last year for lying about receiving gifts from an offshore-drilling contractor.
昨年、鉱物資源管理局のメキシコ湾地方の元地域監督官ハワード氏は偽証と海底油田採掘コントラクターからの収賄で有罪を宣言し長期間の執行猶予をニューオーリンズの裁判所で宣告された。

Among other things, the report says that in 2005, 2006 and 2007, MMS employees attended a number of events either organized or partly funded by various offshore companies, including hunting and fishing trips and, golf tournaments. It quotes an industry official as describing how he arranged for two MMS inspectors to fly with him on a friend's plane to the 2005 Peach Bowl and to get tickets to the game.
其の他にも、鉱物資源管理事局の職員達は2005年、2006年そして2007年、種々の海底油田採掘企業により組織されたか若しくは一部資金が提供された狩猟、釣り旅行そしてゴルフトーナメントを含む多くのイベントに出席していた。2人の鉱物資源管理局監査官を友人の飛行機で2005年のピーチボール(フットボールの試合)に行き、そして入場券を買ったかを業界の役員が説明するのを(此の報告は)言及している。

The report also describes one MMS inspector as having admitted to using crystal methamphetamine, and says investigators found "numerous instances" of pornography and "other inappropriate material" on the email accounts of 13 MMS employees, six of whom have resigned.
此の報告は又鉱物資源管理局の監察官がクリスタルメスアンフェタミン(非合法薬物)の使用を認め、そして捜査官が“極めて多くの回数”のポルノと“他の不適切な物”を6人は辞職している13人の鉱物資源管理局職員のE-メイルで発見した事を説明している。

In a written statement Tuesday, Mr. Salazar said some of the employees referred to in the inspector general's report have resigned, been terminated, or referred for prosecution. He added that any remaining staffers accused in the report of questionable behavior will be placed on administrative leave pending the outcome of a personnel review.
此の観察長官の報告にある職員の中の数人は辞職、若しくは解雇、基礎処分されているとサラザール氏は火曜日、声明書で述べている。疑問のある行動を取ったと非難されている残りの職員は審理中の人事考課の結果まで休職処分にされるとサラザール氏は付け加えている。

In 2008, another report by the inspector general concluded that MMS employees assigned to a royalty-collection office in Colorado created a "culture of ethical failure" by accepting gifts from, and in some cases having sex with, industry representatives.
2008年の他の報告によると監察長官はコロラド州の鉱山使用料集金部門に配属された職員が贈り物を受けそして幾つかの場合には業界の代表者と性行為をして“倫理的な退廃の習慣”を作り出していたと結論付けていた。

Following the inspector general's report, the Interior Department took disciplinary action against more than a half dozen MMS workers, with punishments that ranged from a warning letter to termination.
監察長官の報告の後内務省は6人以上の鉱物資源管理局職員に対して警告書から解雇にいたる処罰の懲戒処分を行った。

The latest report does not attempt to link the alleged activities of MMS employees in the Lake Charles office to the accident involving the Deepwater Horizon oil rig. It does, however, say that an unnamed "confidential source" told investigators that some MMS inspectors had allowed petroleum company workers to fill out inspection forms in pencil.
最も最近の報告はレイクチャールズの鉱物資源管理局職員の疑惑を持たれている行動とディープホライゾンの石油掘削リグに関する事故とを結びつけ様とはしていない。然し、或る鉱物資源管理局の調査官達は石油会社の社員に(鉱物資源管理局の)調査書類へ鉛筆で書き込む事を許可していたと或る匿名の“信頼出来る秘密の情報提供者”は語っていたと此の報告書は述べている。

According to the unnamed source, the forms would then be completed by MMS inspectors who would write on top of the pencil in ink. The report doesn't establish whether the allegation is true, saying that despite reviewing more than 550 files, investigators "could not discern if any fraudulent alterations were present."
匿名の情報提供者によれば、其の書類は(石油会社の社員が鉛筆で書き込んだ)後に鉱物資源管理局の調査員によって鉛筆の書き込みの上にペンで書き込んで完成されていた。此の(最近の監察長官の)報告は550以上のファイルを検討したにも拘らず調査官達は“不正な修正が存在したのかどうか判別する事が出来ない”と述べ、此の疑惑が真実かどうか確定はしていない。
Write to Stephen Power at stephen.power@wsj.com

ejnews:BPのメキシコ湾での海底油田事故は未だに解決出来ず、然も政府とBP等の石油企業との癒着等が公になり、自由市場経済主義(ネオリベラリズム)と言う企業に何の法的規制の無い経済政策は2008年に起こり現在まで続いている金融危機だけでなく、此のメキシコ湾の海底油田事故の様な環境破壊も引き起こしてしまう全く無責任で企業の重役や投資家だけが金銭的利益を受けると言う非常に馬鹿げた偽経済主義か詐欺と言う事が一般庶民にも現実問題として実感される様になってきました。
 現在の大企業若しくは多国籍企業は彼等は何処の地域の一員でもなく“彼等はエイリアンの様に空に舞い上がり其処から地上を眺め、あそこの私の石炭の上に住んでいる奴等は一体何をしているんだ?と言い出した”と アルンダッティ ロイがインドの少数民族の居住地域に埋蔵されている石炭等の地下資源について言った様に、彼等企業人は地球の資源を人間社会の共有物ではなく企業と株主の私有物として考えている様で、其の上環境汚染で何千何万の人々が居住地区を失い病気になり野生の動物達を絶滅の危機に追いやっても金銭的利益が出て入れさえすればどの様な犯罪行為を犯しても利益を追求する心算なのでしょう。
http://www.huffingtonpost.com/kevin-grandia/bp-ceo-hayward-we-had-too_b_585610.html
2009年7月のカリフォルニア州スタンフォードビジネススクールでの講義でBPのCEOトニーハワードはBPは彼がCEOの地位に就く前にはBPは間違った方向に向かっていた“何故なら多すぎる人員が地球を救う為に働いていたからだ。”(In July 2009, at a lecture to the Stanford Business School, the CEO of British Petroleum Tony Hayward explained to attendees that BP was going in the wrong direction before he took over as CEO because, "we had too many people that were working to save the world.")等と講演していたのが明らかになり、今回のメキシコ湾の海底油田事故はトニー ヘイワードに率いられたBPの企業の環境を無視する文化が原因になっているのでしょう。BPのトニー ヘイワードがメキシコ湾岸の汚染を視察に訪れた時のビデオを紹介しておきます。此処での原油汚染と戦っている人々やカメラマンへの彼の傲慢な態度を見るとやはりこんな事故を起こす企業のCEOだと思いませんか?
 その他のBP関係のニュースでは、流出している原油を処理する為に散布している薬品が非常に毒性が強く英国で使用禁止になっている薬品なのですがアメリカ政府が此の薬品使用の停止を要請してもBPは全く従う様子が無いとか、BPのメキシコ湾海底石油採掘リグ事故の海への影響が撮影されたビデオが少ないのはBPがジャーナリストやカメラマンを事故海域で自由に取材させない様に特別の団体を使って現場で取材の妨害をしている言うニュースもあります。
BPに関係する製品は全てボイコットしましょう。



そして今日のミュージックはAll of me(私の全て)ですYoutube見つかった一番古いAll of meはアメリカのスイートハートと呼ばれたRuth Ettingルースエティングでした。彼女は1920年~30年代の女優歌手で60曲にも及ぶヒット曲を出し映画、公演と活躍した人でしたが離婚と元夫による新しい夫の殺人未遂裁判が原因で彼女のキャリアは40年代で終わってしまうんですが彼女は1978年(80歳)まで長生きされたそうです。ちなみに1955年のジェームスキャグニーとドリスデイ主演の映画『Love Me Or Leave Me(ラヴ ミー オア リーヴ ミー)』はルース エティングの話だそうです。上からルース エティング、ビリー ホリディ、ダイナ ワシントン、エラ フィッツジェラルド、そしてサラ ヴォーンの順番です。

All Of Me
私の全て

Words and Music by Seymour Simons and Gerald Marks
Recorded by Ruth Etting in December, 1931

You took my kisses and all my love
You taught me how to care
Am I to be just remnant of a one side love affair
貴方は私の口づけと私の愛全てを盗んでしまった
貴方は私にどの様に人を気遣うかも教えてくれた
私は片思いの唯の面影になる筈

All you took
I gladly gave
There is nothing left for me to save
貴方の盗んだ物は
私は喜んで貴方に捧げた
もう何も守る物は私には残っていない

All of me
Why not take all of me
私の全て
如何して私の全てを盗んでしまわないの?
Can't you see
I'm no good without you
解からないの?
貴方無しに私は駄目なの。
Take my lips
I want to loose them
Take my arms
I'll never use them
私の唇を盗んで
私は其れを失いたいの
私の腕を盗んでしまって
私は二度と使わないから
Your goodbye left me with eyes that cry
貴方のさよならは私に泣くための目を残していった
How can I go on dear without you
如何して愛おしい貴方無しで行き続ける事ができるのでしょうか?
You took the part that once was my heart
So why not take all of me
貴方は昔私の心だった部分を盗んでしまった
だから私の全てを盗んでは如何?
(其れなのに如何して私の全てを盗んでくれないの?)

Ruth Etting - All of me (1931)


Billie Holiday - All Of Me (Extended Version) / The Man I Love


Dinah Washington - All of Me


1984 Ella Fitzgerald: All of Me (1)


sarah vaughan all of me


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

和久希世さん

アメリカでは企業とは(主に道路や運河等を建設する為の)公共事業の為に州政府から許可を受けていた組織で事業が終ったり企業の行いが悪い時に企業の存在が法的に解消される物で、倒産するまで永遠に存在し続ける組織では無かったそうです。其れが何時の間にやら法的な“個人”として人間と同じ様な権利を与えられ“言論の自由”と言う言い訳で政治的なテレビ宣伝等の選挙宣伝に企業が請願無く資金を投入する事が今年の最高裁の判断で合法とされる様な企業専制社会が到来してしまいました。
 時代的には英国のサッチャー首相、米ではレーガン大統領、此の両者によってハイエクやミルトンフリードマン等の自由市場経済主義(ネオリベラリズム)と言う政府による企業活動への法的措置撤廃と言う全く無責任な政策が打ち出され、日本も其の英米の“企業に仕える政府”の真似をして国鉄等の民営化で始まり小泉政権の何でもかんでも企業に与えてしまう一体何を考えているのか全く理解に苦しむ時代となってしまいました。
 国民が騙されていると気づくまでどの様な政党が政権の座についても企業の横暴は続くのでしょう。われわれは誰にでも投票出来る権利を持っていながら社会が崩壊状態になっているにも拘らず反対投票としてでも無難な民主党に投票が集中したりするのは、やはり国民の殆どは何処まで騙されているのか理解出来ていないと言う事なのでしょう。
 コメント有り難うございました。

No title

本当にトンデモネー話ですね。
あれだけの事があっても、BPは運が悪かったくらいにしか思っていないという事のでしょうね。
政府が禁止しても毒薬の使用をやめないなど、呆れるを通り越して吃驚仰天と言う感じです。

これから原発事故などが起きても、同様のことになるのかと思うと、ぞっとします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メキシコ湾原流出事故の事後処理の行方

米ルイジアナ州沖原油流出:油井封鎖に失敗、流出拡大--英メジャー  【ロサンゼルス吉富裕倫】米メキシコ湾沖の海底油田事故で英国の石油...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。