スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリゾナ州政府による人種差別

Apartheid Hits Arizona
アパルトヘイト、アリゾナを襲う。


http://news.newamericamedia.org/news/view_article.html?article_id=47febd4805ce4d7a5fa35512682b9eb1

New America Media, Commentary, Roberto Dr. Cintli Rodriguez, Posted: May 06, 2010

TUCSON HIGH SCHOOL: As I prepare to speak to an innovative class here about indigenous philosophies, the students begin their class in the following manner:
ツーソン高校:私が此処の創造的クラスでの先住民族哲学についてのスピーチを準備している時生徒達は下記の様にクラスを始めていた。

In Lak Ech – Tu eres mi otro yo – You are my other self. I am you and you are me. If I hurt you, I hurt myself. If I hate you, I hate myself. If I love and respect you, I love and respect myself.
イン ラック エック--‐ツ エレス ミ オートロ ヨ-----貴方は別の私自身です。私は貴方そして貴方は私。若し私が貴方を傷つけたら私は私自身を傷付ける。若し私が貴方を憎むなら私は私自身を憎む。若し私が貴方を愛し尊敬すれば私は私自身を愛し尊敬する。

Students here, part of the Tucson Unified School District’s highly successful Mexican American Studies (MAS) K-12 program, the largest in the nation, are taught this and other indigenous concepts, including how to measure time by the Aztec and Mayan calendars. Not coincidentally, academically, MAS students -– many of whom were doing poorly prior to entering this program -– consistently outperform their peers. It is virtually a college-bound factory.
此処の生徒達は全国で最大のツーソン統一学校区の非常に成功しているメキシコ系アメリカ研究(MAS)K-12プログラムに属していて、彼等はアズッテックとマヤの暦での時間の計り方を含め、そして上記や他の先住民族のコンセプト(概念)を習っている。MASの生徒達は偶然ではなく------------多くは此のプログラムに参加前は他の生徒達と比べると成績で劣っていた----------他の同年代の生徒達を成績で上回っている。其れ(MAS)は実質的に大学生を作り出す工場である。

But in the state capital, Phoenix: Arizona’s state superintendent of schools Tom Horne has just engineered the passage of a new draconian state law, HB 2281, that would eliminate all funding for ethnic studies programs.
然し州都フェニックス市ではアリゾナ州教育最高責任者トムホーンが全ての民族研究プログラムの資金を廃除してしまう必要以上に厳しい法HB2281の法化をでっち上げた。

Five hundred and eighteen years after Columbus initiated the theft of a continent, Horne, the state's would-be governor, is using the passage of HB 2281, to perpetuate the notion that indigenous peoples and indigenous knowledge remain outside of western civilization.
コロンバス(コロンブス)が大陸を盗み取る行為を始めた518年後、州知事になる願望を抱いているホーンはHB2281の法化を利用し、先住民族と先住民族の知識が西欧文明の外部に留まるという概念を永続化している。

This is the same state that recently passed the racial profiling SB 1070 law; the primary targets would be Mexicans and Central Americans with indigenous features, suspected of being “illegal aliens.”
此れは最近人種プロファイリングSB1070法を法化した同じ州である。此の基本的な目標は非合法異邦人と疑われる先住民族の容姿のメキシコ人と中米人である。

racial profiling レイシャル プロファイリング:人種的外見に頼って判断する行為。此処では先住民族の血の濃い様な容姿の人はアメリカ国籍を持っていないと判断する行為。アメリカ南西部諸州はアングロサクソンやアイルランド、スコットランド、系が移民し合衆国に併合される以前にはメキシコ領でスペイン人とアメリカ先住民族の混血が併合以前から多いにも拘らず肌の色や容姿でアメリカ人ではないと判断する差別。米合衆国ではracial profilingは違法なのですが--------。

Despite the success of the MAS program, Horne has long expressed the view that the only things that should be taught in Arizona schools are lessons that originate in western or Greco-Roman civilization. While his bill affects the whole state, his primary target has long been Tucson’s program.
MASプログラムの成功にも拘らずホーンはアリゾナの学校で教えられる物事は西欧かグレコローマン文明に起源を持つ授業で無ければならないと言う視点を長く表明して来た。彼の法案は州全体に影響するのではあるが彼の第一の目標は昔からツーソンのプログラムであった。

Through the bill, Horne mischaracterizes the program by claiming that its teachers preach hate, segregation, anti-Americanism and the violent overthrow of the government. The bill sets up an inquisitorial mechanism that will monitor books and curricula. Horne has been especially critical of Rudy Acuña’s "Occupied America: A History of Chicanos" and Paolo Freire’s "Pedagogy of the Oppressed."
此の法案を通し、ホーンは先生達は憎しみ、人種分離、反アメリカそして暴力による政府転覆を説いていると主張し此のMASプログラムについて故意に間違った説明をしている。此の法案は教科書とカリキュラムをモニターすると言う調査的機能を造り上げる。ホーンは特にルディークーニャの著書『占領されているアメリカ:チカノ達の歴史』とパオロフライアーの著書『抑圧されている者の教育学』に批判的である。

This is not the only effort to punish indigenous peoples in Arizona's educational system. Separately, the Arizona Department of Education has banned teachers with heavy accents from teaching English classes.
此れはアリゾナ州の教育システムに属している先住民族を罰しようとする努力だけではない。此れとは別にアリゾナ州教育部門は強い訛のある先生を英語のクラスから締め出している。

Welcome to Apartheid Arizona.
アパルトヘイト化されたアリゾナへようこそ。


Tucson federal courthouse: Like clockwork, at 1:30 p.m., 70 short, brown men (and sometimes a few women) occupy the left side of the courtroom, shackled at the ankles, the waist, and the wrists. Within one hour, they are charged, tried and convicted en masse of being illegally present in the United States. After being dehumanized, they are then paraded out of the courtroom. Most have either served or are sentenced to the private detention facility, operated by the Correctional Corporation of America (CCA). This drama unfolds every day here except Saturday and Sunday, every week of the year.
ツーソンの裁判所、時計仕掛けの様に午後1時30分に70人の背の低い褐色の男達(時には女達も)足首、腰、手首に枷をかけられ裁判室の左側を占めている。1時間以内に彼等は集団で告訴され裁判にかけられ違法に合衆国に居ると言う事で有罪の判決を受ける。非人間的な扱いを受けた後彼等は裁判室から列を作って見世物の様に送り出される。彼等の殆どはコレクショナルコーポレイションオブアメリカ(CCA)の民営の拘置所へ入所もしなければ拘置の判決も受けない。此のドラマは年間を通して毎週土曜日曜を除いて毎日繰り広げられている。

Welcome to Operation Streamline. Its goal is to criminalize every migrant that steps into this kangaroo court, while enriching CCA to the tune of $15 million per month.
ストリームライン作戦へようこそ。此のゴールはCCAに毎月1500万ドルと言う利益を上げさせていると同時に、此のカンガルーコートに入って来る移民を全て犯罪者にしてしまう事である。

Southside Tucson: Several days before the state legislature passes SB 1070, a massive raid involving 800 military-clad U.S. federal agents swoops into this primarily Mexican-indigenous community, occupying and terrorizing its residents, all for the purpose of arresting 48 suspects in a human smuggling operation.
ツーソンの南部:州議会が此のSB1070を通過させる数日前、800人の軍服姿の連邦調査員を動員した大規模な捜査が主にメキシコ系先住民族の居住地で占領し住人達を恐怖に陥れて行われた。此の全ては密入国行為(人間の密貿易)の48人の容疑者逮捕が目的であった。

Maricopa County: While Sheriff Joe Arpaio denies a racial motivation, over the weekend, he showcases his 15th major “crime sweep” since early 2008 in Phoenix. The sweeps -– which target Mexican-indigenous communities -– may have actually backfired. They provide a glimpse to the world of how the entire state and nation could look like if SB 1070 is affirmed. To conduct these sweeps, Arpaio utilizes the state’s anti-human smuggling law, accusing migrants of being accomplices in their own smuggling. Such a use of the law smacks of official kidnapping and terror.
マリコパ郡:ジョーアルパイオ保安官は人種的な動機は否定していはいるが、週末2008年初頭より彼の15番目の犯罪一掃を紹介した。此の一掃はメキシコ系先住民族を目標にしてはいるが実際には裏目に出てしまったかもしれない。それらは若しSB1070法案が承認されると州全域と全米がどの様になるかを垣間見る機会を与えた。アルパイオ保安官はこれ等の(違法移民の)一掃を行う為対密入国(人間密貿易)法を利用し移民達自身を人間の密貿易の共謀者として告発した。疎の様な法の利用の仕方は本当の誘拐と恐怖を小ばかにする物である。

While there were undoubtedly many Arpaios in South Africa during the apartheid era, there were no Operation Streamlines there. Kangaroo courts yes, but not daily one-hour mass-show trials.
疑いなく多くのアルパイオ保安官(の様な警察官)がアパルトヘイト時代の南アフリカには存在したのだがストリームライン作戦は其処には存在しなかった。カンガルー裁判(イカサマ裁判)は確かに存在したが毎日1時間の集団の見世物裁判は存在しなかった。

The Arizona-Mexico border: In the realm of violence, Arizona is no South Africa, but we do have our own killing fields. For the past dozen years, some 5,000 migrants have been found dead in the inhospitable desert; medical reports confirm that many have died due to violence, including blunt trauma to the head. That many thousands of migrants are funneled through the desert annually has long been official policy of U.S. immigration officials. Under international law, at best, this could be construed as negligent homicide.
アリゾナとメキシコの国境:暴力についてはアリゾナは南アフリカではない(暴力は殆ど存在しない)然し我々は自身の戦場がある。過去20数年間約5千人の移民が死体として荒涼とした砂漠で発見され、医師の報告は頭部への鈍器による衝撃を含め多くが暴力によって死亡していると確認している。何千人もの移民が毎年砂漠を通過し入国させられるのは長い間米合衆国の移民当局の公式のポリシーである。国際法では此れは良く見ても過失致死罪と判断される可能性がある。

Washington, D.C.: Ironically, in response to these draconian laws and measures, even Democrats have been cowed into pushing for more apartheid measures --walls, more agents and the further militarization of the border -- as a solution.
ワシントン,D.C.:皮肉な事に、この様な過酷な法と手段への反応として民主党でさえ解決策として-----------壁、もっと多くのエイジェント(国境警備員、移民捜査官、警察等)国境の軍事化の拡大等の-------------もっと多くのアパルトヘイト手段を指示する様に脅されている。

Just solutions for the problems listed here require calling for international agreements that place human beings at the center, without losing their citizenship, culture, rights or their humanity.
此処に挙げられている問題の公平な解決法は国籍、文化、権利、若しくは人間性を失う事無く、人間を中心に置く国際的合意を要求する事が必要とされている。


Rodriguez, an assistant professor at the University of Arizona, can be reached at: XColumn@gmail.com

ejnews: 日本で報道されているのか如何か分かりませんが、アメリカではアリゾナ州の共和党知事が『違法移民と思われる人間には警察官は身元証明の提示を要求しなければならない!』と言う人種差別丸出しの法律を制定してしまい、アリゾナ州はアメリカ全国から非難されています。若し特定の警察官がこの法を無視すれば市民がこの法を無視した警察官を裁判に訴える事が出来ると言うトンでもない法律なのです。結果として幾つかの都市がアリゾナをボイコットし始め多くの団体がアリゾナでの旅行やコンベンションをキャンセルし、終に共和党までも2012年の共和党全国委員会コンベンション予定をアリゾナ州のフェニックス市からフロリダ州タンパ市に移動させたのだそうです。此れでだけでアリゾナ州は2億ドルの収入を失う事になるそうです。
 然しこんな事はヘッチャラでアリゾナ州は此の記事にもあるように肌の色の違う先住民族の文化についての教育も廃除しようと企んでいるのです。問題はアメリカの西南部諸州は元々メキシコ領でアメリカ建国以前からスペイン人と先住民族との混血である現在チカノと呼ばれている人々が住んでいて白人よりも長く此の土地に住む正真正銘のアメリカ人なのです。カリフォルニア、アリゾナニューメキシコ等の諸州では彼等の人口は人種別では最も多く若し警察が身元証明の提示を本気で要求し始めると先ず其れだけで時間が取られ本当の犯罪に対処出来ない可能性があるのではないかと思われるのです。
 其れに加え、アメリカでは庭師、メイド、ベイビーシッター、清掃業、農業労働、土木建築の労働力、食肉産業、レストラン、等々普通のアメリカ人のしたくない仕事を中南米からの違法移民が引き受けていて米社会は主にメキシコからの中南米不法移民労働力無くしては社会が機能しないのです。然し彼等は入国の為メキシコから砂漠を通過し多くの犠牲者を出さなければならないだけでなく、違法入国者ですから常に国外退去を恐れ無くてはならず、米国に定住後も時には人種差別が原因で殺される事もあるのです。
 時々諸州で不法移民摘発が行われるのですが、其の結果として常に農作物の収穫が不可能になり野菜や果物が畑で腐り始めると言う事になるのです。
 不法移民がアメリカ人の職を奪っていると言う議論に対し、或るカリフォルニアの教授が白人の若者を農業労働者とし雇用したところ、御昼の休み時間までに全ての白人労働者は農作物の収穫を放棄して居なくなったと言う実験があったそうです。
 兎に角、保守や右翼は人種差別をするので気をつけましょう。
処で5月16日ば有名なフランスのジャズギタリスト、ジャンゴラインハルトの亡くなった日です。1953年でした。火事で左手の2本の指が不自由だったにも拘らずジャズギターの草分けとなった人です。彼は人種差別されていたジプシーだったのですが第二次大戦中ドイツに占領されたパリも自由に演奏出来ただけでなくドイツ占領下諸国での演奏旅行も自由に出来たそうです。バイオリニストのStéphane Grappelliステファングラッペリと1934年に結成したQuintette du Hot Club de France(キンテット ドゥ ホット クラブ デ フランス)は有名なジャズグループでした。

Django Reinhardt - Swing Night (Hague, 1937)



Django Reinhardt - J'attendrai Swing 1939



Django Reinhardt - Honeysuckle Rose



Django Reinhardt Video Quintette du Hot Club de France



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

ysJournalさん

目的が分っている法律にracial profiling なんて書くわけないでしょう!もう一寸深く考えたほうが良いのでは? 
 其れと私の質問を誹謗と捉えられると困ったモンですね?ご存じないのですか?と質問しただけでしょう。
 まあこの法が合法であるかどうか?それ以前に、州政府は移民法云々の権利が無いと言うのが今までのアメリカでの移民法の様ですから幾ら丹念に書かれた法律でも全く時間の無駄の可能性が最初から大きい訳なのです。そして若し連邦政府によって合法とされたとして、其の後実際にアリゾナ州で使用されるのか?其れとも単なる共和党の票稼ぎの為に元から無理を承知で此の困難な時期に州議会で税金をこんな事に使っているのか?
 私には其の様な事がもっと問題だと思いますよ。貴方とは世の中の見方が違うだけですよ。お分かりですか?貴方と同じ考え方や物の見方をする必要はないでしょう?
 慣例から判断すると州には独自の移民法を制作する権利がないと言う話ですから、アリゾナ州知事は良い法的な助言を受けなかったか、若しくは人気取りの為に時間と税金を使ったのか、どちらかの可能性がありますね。
まあ此の問題は時間をかけてゆくり見る事ですね。今の所オバマ政権だけでなACLUもアリゾナ州を訴えていると言う事ですから私としては結果待ちと言うところです。
 ジャ!Ciao!

No title

ejnewsさん
法律を読んだのですか?それの回答が無ければ議論になりません。法律は運用次第という前に、法律を読まなければ始まらないでしょう。

私は、州法に racial profiling の事等は、一切無く、運用上の注意深く作成されていると言っているのです。

読んでから、喧嘩を売って下さい。

それと、オバマ政権の法的措置を知らないと言う誹りへの謝罪がありませんが、無視ですか?

移民問題の全体の話など、貴殿の様にどこにでも話題を飛ばすのであれば、議論のしようがないではありませんか。

回答は、頂かなくて結構です。私にとって意味が無いので、貴殿の時間を無駄にしたくありません。

コメントした私が馬鹿でした。

ysJournalさん

私は何時も真面目ですよ。問題は法律が現実社会でどの様に利用されるかで、ysJournalさん、貴方は此の法律で現実的に誰が逮捕されると思っているんですか???答えられますか???
 現在まで良い法律もあれば悪法も存在した訳で此の法律は非常に民主主義国家としては其の主義に反対の方向に国家を向かわせる可能性のある法律なのです。
 若し違法移民を本当に禁止したければ違法移民を雇用する企業や個人を規制(少なくとも罰金刑や営業禁止、投獄なんかで)すれば簡単に終わる事ではありませんか?
 でもどの州もそれには本気になりませんねえ!?!?!?如何してでしょうねえ?????
ジャ!Ciao!

がっかりです

ejnewsさん
州法原文、そして司法省がその州法を訴えた訴状を添付しているのに、「若しオバマ政権がアリゾナ州に対して法的措置を考えていると言うニュースご存じなければ 」なんてコメント回答をいただくという事は、私のコメントも読まずに、反論されているということでしょうか?(添付した訴状も読んでないという事ですよね)

この件については、私のブログでも書いておりますので、僭越ながら添付しておきます。

http://blog.goo.ne.jp/ysjournal/e/a0aef1f3294b06efc99861c597db609c

http://blog.goo.ne.jp/ysjournal/e/cfc61b6f00884e8a4150b0791e3c5c83

州法の原文にも、運用上の racial profiling にならない様に注意が払ってあります。何らかの理由がなければ、職務質問そして移民証明書の提示にならないので、街角のソフトクリーム屋でいきなり外観(Look alike)で、移民書類の提示要求など出来ません。

貴殿は、真摯な議論を避けて、「農作物の収穫は誰がすのでしょうか???」とかなどと、全く無関係な質問ではぐらかされております。

本当に失望致しました。よかれと思ったのですが、私の間違いでした。

今後のご活躍を祈ります。

YsJournalさん

此処で問題になっているのは法律が如何書かれているかではなく、現実に如何のように実際警察官によって使われるのか?(外見で判断する訳ですから当然racial profilingレイシャルプロファイリングにあたるのです。)又州警察に連邦移民局の権限が在るのか?
 法以外では、御存知の様にアメリカでは農業労働者は殆ど中南米からの違法移民で彼等を全て逮捕し国外追放にすると農作物の収穫は誰がすのでしょうか???数年前フロリダで違法移民摘発を実施したところトマトの収穫が不可能になりトマトは畑で腐ってしまったと言うニュースがありました。
 現在財政危機に陥っているアメリカ諸州でこの様な人種差別法が発動されるとアリゾナだけでも何万人もの中南米系違法移民が逮捕される事になるのですが費用は当然州民の税金からでる訳ですよね?
 此の記事が嘘の垂れ流しか?其れともYsJournalさんが現実離れしているのかもう少し様子を見ましょう。オバマ政権はアリゾナ州と裁判で争う用意をしているようですし、此の記事を支持するアメリカ人はアメリカ的民主主義に照らしてみるとアリゾナ州の移民法はアメリカ的ではないと思って居る様ですね。
 『身分証明書を見せろ!』なんて街角で突然警察官に言われるのはナチス独逸か帝国日本に時代に舞戻った様で薄気味悪いと普通の人間なら考えるのですけれどねえ?
 若しオバマ政権がアリゾナ州に対して法的措置を考えていると言うニュースご存じなければ
http://articles.latimes.com/2010/jul/06/nation/la-na-arizona-lawsuit-20100707
此の記事を読んで見て下さい。ロサンジェルスタイムズの記事ですがCNNなんかでも報道していると思いますよ。
 ジャ!Ciao!

事実誤認

ejnewsさん、お久しぶりです。

誤った情報の記事を、丁寧に翻訳、紹介されているのでコメントした次第です。

アリゾナ州法の SB 1070 に racial profiling をする事は全く記載されていないばかりか、そのような批判が出る事を予測して、そうならない様に注意深く作成してあります。

州法そのもの、http://www.azleg.gov/legtext/49leg/2r/bills/sb1070s.pdf 及び、司法省が州法を訴えた提訴内容を http://www.foxnews.com/projects/pdf/070610_AZlawsuit.pdf を読んでみて下さい。ハッキリ分かると思います。

オバマ大統領が racial profiling の事を心配して、ミスガイドという表現をしてましたが、全くの認識不足でした。その事は、司法省の訴状をみても明らかです。訴える根拠が、憲法の Supremacy Clause (連邦法は州法に優先する)に違反する事だけになっている事がそれを証明しております。

ejnewsさんに罪はないと思いますが、誤った情報の垂れ流しには注意された方が良いと思います。せめて、最低限の事実確認はされた方が良いのではないかと思います。信憑性を失います。(老婆心まで)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

和久希世さん

ヴェトナム戦争時代に絶頂に達した反政府運動や思想に恐れをなした米資本家層は70年代から商工会議所等の団体が中心になって大学等に保守、右翼系の教授を雇用したり多くの右翼、保守又は親ビジネスのシンクタンクや財団を設立し徐々にネオリベラル経済若しくはレーゼーフェア自由市場経済主義(何でもかんでも民営化し企業の経済活動への政府の規制を撤廃する思想。此の思想により世界中で官営、国営の機関が民営化されていった。そして経済活動への規制も緩和され続け現在の様な金融機関が好い加減な商品を販売し世界的不況を引き起こしたりアメリカの安価で質の悪い穀物によって中南米の農業の荒廃、BPのメキシコ湾での事故等を含めた環境汚染の進む原因となった。其の頃からハイエク等のオーストリア経済学等のイカサマ学説が宣伝され始め、ミルトンフリードマンと言う経済学の詐欺師の説も世界中で適用され貧富の差を拡大していった)を宣伝拡大していって現在の状態に成っています。20世紀初頭に庶民を守るために作られた独占禁止法や金融機関の活動を規制する法律はレーガン時代に適用されなくなりクリントン政権によって完全に規制撤廃状態になりブッシュ(子)政権で資本家層の天国が実現した訳です。
唯、サブプライムは計画的に作られたのか利己的に単なる利益を追求する貪欲行為の結果なのか私には分かりませんが、あの経済の神様と言われたアラングリーンスパンはアインランドと言うロシア生まれのレーゼーフェア自由市場経済の信奉者(リバタリアン)の一番弟子で彼女が死んだ後は彼女の資産管理役か何かになりアインランドの思想の重要な跡継ぎ役として活動した訳ですが、2008年の経済崩壊後に『私の主義は間違っていた。』と言う様な発言をしたのです。
と言う事で70年代から右翼資本層によって計画的に実行された思想革命の結果として現在の状態が存在し、彼等の思想、経済活動、社会機構の革命の結果として現在の米資本家層には信じられない富が集中してしまっているので、彼等によって設立されたシンクタンクや財団の影響力は続き現在の米国の状態はそう簡単に改革出来る様には私には思えません。残念ながら-----------。
コメントありがとうございました。

No title

そうなんですか!
ホームレスに対する非人道的扱いは、レーガン大統領の時代からの事だったのですか!
ブッシュ(子)大統領の時代に始まった事だとばかり思っていました。

それではサブプライムローンで被害者を家から追い出して、
安い労働力にするというのも、最初から的計画の中にあったのかもしれませんね。
一方で世界中の投資家から騙し取り、
ローン被害者を奴隷にして儲けるという・・・・・
それで謎が解けた思いです。
何故やがて破綻するしかないサブプライムローンのようなものを、
アメリカの金融業者は作ったのだろうと、不思議で仕方なかったのでした。

それにしても資本主義を野放しにしたら、ここまで恐ろしい事をするようになるものなのですね。
恐ろしや! 恐ろしや!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

和久希世さん

アメリカの資本主義では主にメキシコからの不法移民を安価な労働力として来たのですが、彼等は先住民族とスペイン系の混血が殆どです。南米から米合衆国まで元々先住民族の文明が過去には存在し、現在の白人政府の定めた国境は此の先住民族にとっては全く矛盾する地図の上の抽象的な線でしかないのです。私の知っている此のラティーノとかチカノとか呼ばれている人々はメキシコ生まれの人が多く家族がメキシコに住んでいて仕送りをしたり毎年帰郷したりしているようです。アメリカでは家の掃除や料理をするメイドは殆どが此の中南米からの違法移民の女性達です。
 処で、ホームレスに対する種々の非人間的な扱いはレーガン大統領時代から始まり数々の都市の商業地域でこの様なホームレスの締め出しを行っています。
 コメント有り難うございました。

No title

ejnewsさん、こんにちは。
先住民の排除とは、インディアン撲滅運動時代に逆戻りのような感じですね。
私はアメリカのいくつかの州で、ホームレスを罪人として懲役刑にする法律が出来たと言う話を読んで、驚いたところなのですが・・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「インビクタス」ネルソン・マンデラへのクリント・イーストウッドの無批判な賛歌

Hiram Lee 2010年3月18日 インビクタス 反アパルトヘイト闘争におけるその役割ゆえに、30年間近く獄中ですごした、ロベン島にある監獄からの、ネルソン・マンデラ釈放20周年記念より、わずかに早く公開された、クリント・イーストウッド監督による「インビクタス」は、ア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。