スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米合衆国での食肉関係のヴィデオ。

Warning: disturbing footage. Undercover investigation at Chinos Hallmark/Westland slaughterhouse
注意:心の動揺を引き起こすヴィデオ。チノズホールマーク/ウエストランド食肉処理[解体]場の秘密捜査。





Video Spawns Largest Beef Recall in U.S.
合衆国最大の牛肉リコールを引き起こしたヴィデオ



Meet your Meat
貴方の(食べている)食肉への面会



Meet Your Meat [PART 2 OF 2]
貴方の(食べている)食肉への面会(パート2)



Land O Lakes cow torture
ランドOレイクスでの牛への拷問



Live Fast Die Young - the life of a meat chicken
駆け足の人生を送り若く死ぬ食肉用鶏の一生





ブログを始めた頃に翻訳した記事に関連したビデオです。

ejnews: アメリカの食肉事情は殆ど変化していず、抗生物質や狂牛病だけでなく家畜への虐待や巨大な企業工業畜産の結果として家畜の排泄物による河川、地下水の汚染、野菜へのE-コライ菌による汚染での食中毒そして新しく突然変異するインフルエンザ等の原因となっています。

 過去記事は此処
 動物工場での飼料の実態。


ミネソタ州の学校病牛飼育場からの数トンに上る牛挽肉を使用停止。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

COMMENTS

"ある種の白人は非常に残酷"と言うコメントをした方さん

こんな阿呆なコメントに一々関わるのも時間の無駄だと思っていましたがブログ主としての責任もあり考え直して此の阿呆なコメントに対してコメントしています。
先ず食肉を生産する国は全て同じと言う阿呆な意見ですが、例えば日本何処の様な家畜虐待が起こっているのでしょうか?証拠を見せてください。又、食肉が習慣の諸国でもアメリカの様な意味の無い虐待をする国民を現在の国際社会では聞いた事がありません。
アメリカの様なレーゼーフェア自由市場経済資本主義下では倫理、道徳は経済の一部とは考えられていないので食肉生産の過程で動物に対する虐待が起こり易いのです。
そして人種差別ですが『人種差別は何処にでもある』は確かにそうです。同じ様に犯罪は何処にでもあります。スーパーマーケットからチョコレレートを盗む事と、毒物である事を知っていながら工業廃棄物を違法投棄し多くの住民の健康を害するだけでなく子供達を一生身体知能傷害者にしてしまったり、又多くの人々を死亡させる様な酷い大量虐殺の様な犯罪も単なる犯罪と言う言葉で説明される訳です。アメリカの金融機関のホワイトカラー犯罪で多くの老人が自殺する事も単なる犯罪と言う言葉で説明出来る訳です。同様に此の『人種差別は何処にでもある』と言う議論は唯或る特定の人種が嫌いであると言う単なる人種差別とアメリカの白人による1960年代まで続いていた黒人に対するリンチや経済教育差別、現在でも心配しなければならない特定のアメリカの地域では有色人種は罷り間違うと死を覚悟しなければならない様な人種差別を同じ単なる人種差別と言う言葉で説明しようとする全く馬鹿げた無責任な議論なのです。
 この様な議論はアメリカではアポロジストApologistと呼ばれ(元々ヘレニスティックギリシャでキリスト教の立場を議論で擁護する著作家の事。現在では間違いと捉えられている主義を偽議論で擁護する人々を意味する。例えばネオコンアポロジストNeo-Con Apologist等)所謂詭弁家です。

ある種の白人は非常に残酷

”ある種の白人は非常に残酷”と有りますが、白人に関わらず日本でも世界でも肉を生産する現場は同じことです。これがアメリカやUKだけということでは有りません。人種差別も其の一部と有りますが人種差別は日本でもありますし白人だけの物では有りませんよ。

半杭正幸さん

資本主義の目的は金儲けで行き着く所はこの様な所なのでしょう。日本の原子力発電所でも行き場の無いホームレスの人等を雇用し、数年続けると放射能の影響で癌になり死んでしまうのが明白なのに原子力発電を継続する為に疎の様な企業の行動が許されていると言う話ではないですか!日本の公害の歴史を見ても金儲けの為に地域住民や労働者達が犠牲になり企業の経営者が有罪になったと言う話は聞いた事が無いですね。
 私は企業犯罪は大量虐殺と同じ犯罪だと思っていています。ヒットラーが言った様に(不確か?)1人殺すと犯罪者となるが何百何千何万も一度に殺すと犯罪者にはならないというのは人間社会の或る真実の一面なのだと思います。
 中国も社会主義の仮面を脱ぎ捨てネオリベラル自由市場経済主義と言うマルサス、ホッブス、ダーウイン、ハックスレイ、そしてヒットラー、アメリカ資本主義と続く強者の理論を国家経営の手本として小平以降取り入れたようですから、今の中国はヒットラーやムッソリーニの夢見た企業と政府が一体となったファシズムの典型になり、アメリカではYoutube等で見られる企業犯罪に対する批判が中国では政府の検閲で出てこないことが多いのではないでしょうか?
 兎に角、我々個々庶民が自信を持って、又団結して企業、政府批判をする事がこれから一層重要になるのではないでしょうか?

No title

イヤハヤ、これは物凄いものを拝見いたしました。中国のレストランの裏庭に「金盥」が有って、その中に小犬が四匹お腹を出して浮いているのを見た事が有ります。もちろん食材ですが、それなどに比較すれば驚きです。

杏ママさん

ある種の白人は非常に残酷で(人種差別も其の一部)動物へのこの様な虐待があるのも不思議ではありません。そして、資本主義の目的は金儲けですから利益さえ上がれば動物の虐待が存在しても虐待を取り除くには御金がかかるので問題になるまで放置している方が安上りなのでしょう。
 “動物工場での飼料の実態”の記事を呼んで頂くと理解していただけると思いますがアメリカ産の食用肉には気をつけてください。ソーセージ、ハム、等の安い原料になっている可能性もありますからソーセージ等は本当に気をつけてください。日本もクーローン技術を使った畜産が存在するようですから食肉全般については気をつける必要があると思います。

和久希世さん

全ての企業畜産で此の様な事が行われている訳ではないのですが利益率を上げる為動物だけでなく働いている従業員も企業から人間的な待遇を受けてないのではないでしょうか。アメリカの企業に限らず資本主義は利益追求の為の思想ですから倫理や道徳が存在しないのです。
 動物を虐めるのは従業員が残酷だからで、企業は利益が上がれば動物の待遇等如何でも良いのです。動物は危険を感じたり、いじめられるとストレスホルモンを分泌しますから肉は硬くなり味も悪くなり、疎の様な肉を食べ続ける人間にも悪影響を与えるのだそうです。
 アメリカ産の食肉には注意しましょう。

No title

ひ、ひどいです・・。
見ていられないです。
なぜ、こんな拷問をしなければならないのでしょうか・・

No title

ショックな動画ですね。
見ているだけでも気持ち悪くなりそうです。
こんなことをされた動物の肉を、私たちはおいしいおいしいと言って食べているのかと思うと・・・・・・
人間が完全に経済的になると言うことの恐ろしさを改めて痛感しました。
(動物をいじめるのは、肉の味を良くする為なのでしょう?)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカの恐ろしい真実

Lance Freeman 2010年4月8日 Information Clearing House アメリカ人の皆様には、悪いお知らせがある。 アメリカ人の生活の質は、先進国の中でも、大差で最悪なのだ。 西ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダや、アジアの多くの場所で、人々が、本当はど...

国民の為に民棲党は消えるべし・・・!!!

☆釈迦曰く・・・ 道を行くには、己に等しい人、または まさった人と行くがよい。 愚かな人とならば、ひとりで行くほう がまさっている・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。