スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『相互扶助論』はクロポトキンの退屈な話だけど人類にとっては重要な話。

Kropotkin Was No Crackpot
クロポトキンは空想を抱いていた変人ではなかった。


Stephen Jay Gould 1997 スティーヴンジェイグールド著1997年。

http://www.marxists.org/subject/science/essays/kropotkin.htmより。

Source:1997. Kropotkin was no crackpot. Natural History 106 (June): 12-21;
Transcribed: for marxists.org in May, 2002.



IN LATE 1909, two great men corresponded across oceans, religions, generations, and races. Leo Tolstoy, sage of Christian nonviolence in his later years, wrote to the young Mohandas Gandhi, struggling for the rights of Indian settlers in South Africa:
1909年暮れ2人の偉大な人物が海、宗教、世代、人種を超えて連絡しあっていた。レオトルストイ、キリスト教非暴力の賢者は晩年、南アフリカでインデアン移民の権利の為に苦闘している若きモハンダスガンディーに手紙を書いた。

“God helps our dear brothers and co-workers in the Transvaal. The same struggle of the tender against the harsh, of meekness and love against pride and violence, is every year making itself more and more felt here among us also.”
『トランスヴァールの親愛なる兄弟達と同僚達を神は救われるであろう 。同様の刺々しさに対する優しさの、柔和と愛の自惚れと暴力に対する苦闘は此処で我々の間でも毎年益々強く感じられて来ています。』


Transvaalトランスヴァールは南アフリカにあったオランダ人の植民地。第2次ボーア戦争で敗れ1910年に南アフリカの1つの州となる。

Leo Tolstoyレオ トルストイ(英語):トルストイはキリストの教えを基にした非暴力、無抵抗の原則により、戦争をする国家と迎合するロシア正教会を否定した。彼の思想に影響された人々のコミューン(英語でTolstoyansトルストイヤン。ロシア語でТолстовцы, Tolstovtsyトルストフツィ?)はクリスチャン平和主義と認識され後にボルシェヴィッキ政府のスターリンよって全員が逮捕され労働収容所に送られた。トルストイはアナキズムの発展に大きな影響を及ぼした。


A year later, wearied by domestic strife, and unable to endure the contradiction of life in Christian poverty on a prosperous estate run with unwelcome income from his great novels (written before his religious conversion and published by his wife), Tolstoy fled by train for parts unknown and a simpler end to his waning days. He wrote to his wife:
1年後、家庭内問題により疲れ果て、そして彼の偉大な小説からの歓迎されない収入(彼の宗教的変更以前に書かれ彼の妻によって出版された)によって経営される繁栄している屋敷領地でのキリスト教的聖貧と言う矛盾に耐えられなくなったトルストイは終着駅の無いそして終わりに近づいている人生のより簡素な最後の為に汽車で立ち去ったのである。彼は妻に手紙で------------

“My departure will distress you. I’m sorry about this, but do understand and believe that I couldn’t do otherwise. My position in the house is becoming, or has become, unbearable. Apart from anything else, I can’t live any longer in these conditions of luxury in which I have been living, and I’m doing what old men of my age commonly do: leaving this worldly life in order to live the last days of my life in peace and solitude.”
『私が立ち去った事で貴方は嘆くでしょう。此の事については申し訳なく思っています。然しこれ以外の方法が私には無かった事を理解し信じてください。家での私の置かれていた状況は耐えられなくなって来ていました----------若しくは既に絶えられなくなっていました。取り分け、私はもうこれ等の私が生きて来た贅沢な条件で生きて行く事が出来なくなったのです。そして私の年齢の老人が普通にする事をしているのです。其れは人生の最後の日を穏やかにそしてひっそりと暮す為に現世を離れ事です。』


But Tolstoy’s final journey was both brief and unhappy. Less than a month later, cold and weary from numerous long rides on Russian trains in approaching winter, he contracted pneumonia and died at age eighty-two in the stationmaster’s home at the railroad stop of Astapovo. Too weak to write, he dictated his last letter on November 1, 1910. Addressed to a son and daughter who did not share his views on Christian nonviolence, Tolstoy offered a last word of advice:
然しトルストイの最後の旅は短く、又同時に不幸だった。1ヶ月も経たない内に、冬が近づく中、ロシアの列車を数え切れないほど乗り継ぎ、長距離の列車の旅で冷え切りそして疲れた彼は肺炎を患い、アスタポヴォ駅の駅長の家で他界してしまった。82歳だった。字を書くには憔悴し過ぎていたので1910年11月1日、最後の手紙を口述させた。(其の手紙は)トルストイのキリスト教的非暴力思想を分かち合わない息子と娘宛でトルストイの最後の助言を提供していた。

“The views you have acquired about Darwinism, evolution, and the struggle for existence won’t explain to you the meaning of your life and won’t give you guidance in your actions, and a life without an explanation of its meaning and importance, and without the unfailing guidance that stems from it is a pitiful existence. Think about it. I say it, probably on the eve of my death, because I love you.”
『進化論や生存の為の闘争等と言う貴方達がダーウィニズムについて習った物の見方は貴方に貴方の人生の意味を説明してくれないのです。そして貴方の行動(行為)、そして人生の意味と重要性について説明の無い人生についての助言も与えないのです。そして間違いの無い助言のない事は哀れな存在の原因となるのです。其れについて考えてみて下さい。恐らく私の死の前夜(である今)そう貴方に伝えます。何故なら私は貴方達を愛しているからなのです。』


Tolstoy’s complaint has been the most common of all indictments against Darwin, from the publication of the Origin of Species in 1859 to now. Darwinism, the charge contends, undermines morality by claiming that success in nature can only be measured by victory in bloody battle – the “struggle for existence” or “survival of the fittest” to cite Darwin’s own choice of mottoes. If we wish “meekness and love” to triumph over “pride and violence” (as Tolstoy wrote to Gandhi), then we must repudiate Darwin’s vision of nature’s way – as Tolstoy stated in a final plea to his errant children.
1859年の『種の起源』の出版から現在まで、此のトルストイの不満はダーウィンへの批判の中で最も良く見られるものであった。ダーウィニズムは自然界での成功は流血の戦いでの勝利に置いてのみ計り得る事が可能であると主張し倫理性を軽んじているとダーウィニズムへの告発は“生存の為の闘争”若しくは“最も適応した者が生き残る”等のダーウィン自身の選んだモットーを引用して主張している。若し我々が“柔和と愛”が“自惚れと暴力”(トルストイがガンディーに手紙で書いた様に)に対して勝利する事を望むなら、其れならば、間違った方向に向かってしまった子供達への最後の嘆願でトルストイが述べた様に我々はダーウィンの自然界の法則についての見方を拒否しなければならない。

This charge against Darwin is unfair for two reasons. First, nature (no matter how cruel in human terms) provides no basis for our moral values. (Evolution might, at most, help to explain why we have moral feelings, but nature can never decide for us whether any particular action is right or wrong.) Second, Darwin’s “struggle for existence” is an abstract metaphor, not an explicit statement about bloody battle. Reproductive success, the criterion of natural selection, works in many modes: Victory in battle may be one pathway, but cooperation, symbiosis, and mutual aid may also secure success in other times and contexts. In a famous passage, Darwin explained his concept of evolutionary struggle (Origin of Species, 1859, pp. 62-63):
此のダーウィンへの告発は2つの理由で不公平である。最初に、(人間の基準でどんなに残酷であろうとも)自然は我々人間の倫理基準を提供しない。(生物の進化は最善の場合でも我々がなぜ倫理的感情を持っているかの説明の手助けをする事が出来るかもしれない。然し、自然は人間の或る特定の行動が善であるか悪であるかを我々人間の為に決定する事は不可能である。)第2番目に、ダーウィンの“生存の為の闘争”は抽象的暗喩であり、流血の闘争について具体的に説明した言葉ではない。繁殖においての成功、自然淘汰(自然によって選ばれる事)等は多くの方法で機能する。闘争に置いての勝利は一つの生存への道かも知れない。然し、協力、共棲、そして相互扶助等も又、別の機会と状況で成功を確実にする。有名な一節でダーウィンは彼の進化論的闘争の考え方を説明している。(種の起源、1859年、PP.62-63):

“I use this term in a large and metaphorical sense including dependence of one being on another, and including (which is more important) not only the life of the individual, but success in leaving progeny. Two canine animals, in a time of dearth, may be truly said to struggle with each other which shall get food and live. But a plant on the edge of a desert is said to struggle for life against the drought.... As the mistletoe is disseminated by birds, its existence depends on birds; and it may metaphorically be said to struggle with other fruit-bearing plants, in order to tempt birds to devour and thus disseminate its seeds rather than those of other plants. In these several senses, which pass into each other, I use for convenience sake the general term of struggle for existence.”
『私は此の言葉を、或る生き物が他の生き物に依存する事と、そして(此れはもっと重要である)一個体の生命だけでなく子孫を残す事に成功する事を含めて、広く隠喩的感覚で使用する。死の際しては2匹のイヌ科の動物の場合はどちらが食料を得てそして生き残るか御互いに争うと真に言えるかも知れない。然し砂漠の端の植物の場合は旱魃に対して生死を賭けた戦いをしていると言えるであろう------宿り木が鳥によって生息地を広げられる様に、宿り木の生存は鳥に頼っている。そして、鳥に果物を食べる様に誘い他の植物の種よりも、其の行為によって自身の種を散布させる其の状態は隠喩的に他の果物を結実させる植物との闘争と言えるかも知れない。この様
な御互いが交錯する幾つかの違った考え方に置いて私は“生存の為の闘争”と言う一般的な言葉を方便上使用する。』

Yet, in another sense, Tolstoy’s complaint is not entirely unfounded. Darwin did present an encompassing, metaphorical definition of struggle, but his actual examples certainly favored bloody battle – “Nature, red in tooth and claw,” in a line from Tennyson so overquoted that it soon became a knee-jerk cliche for this view of life. Darwin based his theory of natural selection on the dismal view of Malthus that growth in population must outstrip food supply and lead to overt battle for dwindling resources. Moreover, Darwin maintained a limited but controlling view of ecology as a world stuffed full of competing species – so balanced and so crowded that a new form could only gain entry by literally pushing a former inhabitant out. Darwin expressed this view in a metaphor even more central to his general vision than the concept of struggle – the metaphor of the wedge. Nature, Darwin writes, is like a surface with 10,000 wedges hammered tightly in and filling all available space. A new species (represented as a wedge) can only gain entry into a community by driving itself into a tiny chink and forcing another wedge out. Success, in this vision, can only be achieved by direct takeover in overt competition.
然し又、或る意味において、トルストイの不満も完全な根も葉もない言い掛かりと言う訳ではない。ダーウィンは隠喩的な意味の闘争の例を網羅したのだが、彼が実際に挙げた例は確実に流血の闘争を贔屓している。“自然、歯と爪の赤い色(血)”多過ぎるほど引用されているテニソンの此の一節は、すぐさま此の(ダーウィンの)生命についての認識の陳腐な決まり文句となってしまった。ダーウィンは彼の自然淘汰についての説を、人口の増加は食料源を消耗してしまい急速に減少する資源を巡って公然とした戦いを引き起こすと言うマルサスの陰鬱な世界観を基に築き上げてしまった。其の上、ダーウィンは世界は多くの互いに競争する生物種によってはち切れそうで-------最大限に均衡が取られ、鮨詰めで、新種の生物が存在し始める為には既存の種を文字通り押し出さなければならないと言う制約つきの、然し支配的な生態系の観念を維持し続けた。ダーウィンは隠喩的な此の着想を概念的な闘争よりももっと彼の一般的思想に近い-----楔と言う隠喩の----形で説明した。自然とは-----ダーウィンは説明をしている------自然とは与えられた場所にギッシリと槌で打ち込まれた1万の楔の表面の様な物である。新しい種類の生物が(楔として表されている)コミュニティー(自然界)に加わる為には小さな隙間に自分自身を打ち込み他の楔を無理やり押し出す事によってのみ可能である。此の思想では成功はあからさまな競争による直接的乗っ取りによって達成されるのである。

Furthermore, Darwin’s own chief disciple, Thomas Henry Huxley, advanced this “gladiatorial” view of natural selection (his word) in a series of famous essays about ethics. Huxley maintained that the predominance of bloody battle defined nature’s way as nonmoral (not explicitly immoral, but surely unsuited as offering any guide to moral behavior).
更に、ダーウィン自身の最も重要な弟子であるトーマス ヘンリー ハックスレイは此の“ローマ帝国の剣闘士の格闘“の様な自然淘汰(彼の言葉)についての思想を倫理についての有名なエッセイのシリーズで発展させていった。流血の闘争が支配的である事は道徳が存在しないと言う自然の有り方を定義しているとハックスレイは主張し続けていた。(明確に不道徳と言う訳ではないが、確かに道徳的行動への助言を提供するには適していない)

“From the point of view of the moralist the animal world is about on a level of a gladiator’s show. The creatures are fairly well treated, and set to fight – whereby the strongest, the swiftest, and the cunningest live to fight another day. The spectator has no need to turn his thumbs down, as no quarter is given.”
『道徳家の視点から見れば動物界はローマ帝国の剣闘士の見世物の様な水準である。生き物はかなり良い待遇を受けていて戦いの準備が出来ている。其処では最も強く、最もすばしっこく、最も狡猾な者が別の日を戦う為に生き残るのである。負けた者に対して寛大な慈悲が与えられなかった事を理由に観衆は親指を下に向ける必要は無い。』


(ローマの剣闘士の見世物で負けた剣闘士の命を助けたくない場合や格闘に不満だった場合、観衆は親指を突き出し下に向けて意思表示をしたとされている。)

But Huxley then goes further. Any human society set up along these lines of nature will devolve into anarchy and misery – Hobbes’s brutal world of bellum omnium contra omnes (where bellum means “war,” not beauty): the war of all against all. Therefore, the chief purpose of society must lie in mitigation of the struggle that defines nature’s pathway. Study natural selection and do the opposite in human society:
然しハックスレイは議論をもっと進める。この様な自然についての考え方に沿って生まれた全ての人間社会は混乱状態と悲惨な状態に発展してしまう----------ホッブスの残酷な世界観である(ラテン語で表現された)bellum omnium contra omnes(bellumベルッムは“戦争”と言う意味で“美しい”と言う意味ではない)“全ての人間が御互いに戦い合う”世界である。疎の様な理由で社会の主な目的は自然の経路を定義している闘争の軽減に見出される。自然淘汰を研究し其の反対を人間社会で行なうのである。

“But, in civilized society, the inevitable result of such obedience [to the law of bloody battle] is the re-establishment, in all its intensity, of that struggle for existence – the war of each against all – the mitigation or abolition of which was the chief end of social organization.”
『然し、文明社会では“流血の闘争の掟”への疎の様な従順の不可避の結果として“全ての人間が互いに戦い合う”と言う生存への闘争は激しさを増して再び確立されている。疎の様な闘争の緩和や撤廃は社会組織の主な最終目的である。』


This apparent discordance between nature’s way and any hope for human social decency has defined the major subject for debate about ethics and evolution ever since Darwin. Huxley’s solution has won many supporters – nature is nasty and no guide to morality except, perhaps, as an indicator of what to avoid in human society. My own preference lies with a different solution based on taking Darwin’s metaphorical view of struggle seriously (admittedly in the face of Darwin’s own preference for gladiatorial examples) – nature is sometimes nasty, sometimes nice (really neither, since the human terms are so inappropriate). By presenting examples of all behaviors (under the metaphorical rubric of struggle), nature favors none and offers no guidelines. The facts of nature cannot provide moral guidance in any case.
自然の在り方と人間社会の良識に対する如何なる希望の間の此の明瞭な不協和は倫理と進化についての議論の重要な主題をダーウィン以降規定した。自然は不快で道徳についての助言も無く、例外は恐らく人間社会で何を避けるべきかと言う指針であると言う-----ハックスレイの解答は多くの支持者を得た。私自身の好みは闘争と言うダーウィンの隠喩的見方(ダーウィン自身の好みの剣闘士の例を目の前にして明らかに)を基にした違った解決法に在る、自然は時々不快で、時々良い(人間の基準は非常に不適切である事にによって、実際はどちらでもない)。全ての習性の例を挙げて(闘争について隠喩的な説明の下に)自然は誰をもえこひいきせず何の助言も与えない。自然界で実際に起こる事実はどの様な場合でも道徳的助言を与える事はできない。

But a third solution has been advocated by some thinkers who do wish to find a basis for morality in nature and evolution. Since few can detect much moral comfort in the gladiatorial interpretation, this third position must reformulate the way of nature. Darwin’s words about the metaphorical character of struggle offer a promising starting point. One might argue that the gladiatorial examples have been over-sold and misrepresented as predominant. Perhaps cooperation and mutual aid are the more common results of struggle for existence. Perhaps communion rather than combat leads to greater reproductive success in most circumstances.
然し、第3の解答が自然と進化の中に道徳の基本を見つけ様とした或る哲学者によって提唱されたのである。“ローマの剣闘士”と言う隠喩による解釈では僅かの道徳的安心感をも見出す事は難しいので、第3番目の解釈は自然の在り方の解釈を再構築する筈であった。ダーウィン自身の言葉である闘争についての隠喩的性質は新しい説明を上手く出来そうな出発点を提供した。“ローマ帝国の剣闘士”の隠喩的例は必要以上に注目され支配的な思想として間違って伝えられていたと誰かが主張するかも知れない。恐らく協力と相互扶助は生存の為の闘争の結果として思ったよりももっと普通の事かも知れない。恐らく殆どの状況下で共有や親交は戦いと比較すればより大きな繁殖的成功へ導くのかも知れない。

The most famous expression of this third solution may be found in Mutual Aid, published in 1902 by the Russian revolutionary anarchist Petr Kropotkin. (We must shed the old stereotype of anarchists as bearded bomb throwers furtively stalking about city streets at night. Kropotkin was a genial man, almost saintly according to some, who promoted a vision of small communities setting their own standards by consensus for the benefit of all, thereby eliminating the need for most functions of a central government.) Kropotkin, a Russian nobleman, lived in English exile for political reasons. He wrote Mutual Aid (in English) as a direct response to the essay of Huxley quoted above, “The Struggle for Existence in Human Society,” published in The Nineteenth Century, in February 1888. Kropotkin responded to Huxley with a series of articles, also printed in The Nineteenth Century and eventually collected together as the book Mutual Aid.
第3番目の解決策の最も有名な表現は1902年にロシアの革命的アナキスト ピョートル クロポトキンによって出版された著書“相互扶助論”に見受けられるだろう。(我々は鬚面で夜間にコッソリと街を歩き爆弾テロを行なうと言うアナキストの古い固定観念を取り去らなければならない。クロポトキンは温和な人間で、或る人々によれば、全ての住人の利益と言う合意に基づいた彼等自身の基準を設け、其れにより中央集権政府の殆どの機能の必要性を排除した小さなコミュニティーと言う展望を提唱した聖人の様な人なのである。)クロポツキンはロシアの貴族で政治的理由で英国で亡命生活を送った人である。彼は上記に示した“19世紀”(雑誌の名前)の1888年2月に出版された“人間社会での生存の為の闘争”と言うハックスレイのエッセイへの直接的反論として“相互扶助論”を執筆し、クロポトキンはハックスレイに対しシリーズの記事で反論し、又“19世紀”で出版し、最終的に“相互扶助論”と言う本として編集したのである。

As the title suggests, Kropotkin argues, in his cardinal premise, that the struggle for existence usually leads to mutual aid rather than combat as the chief criterion of evolutionary success. Human society must therefore build upon our natural inclinations (not reverse them, as Huxley held) in formulating a moral order that will bring both peace and prosperity to our species. in a series of chapters, Kropotkin tries to illustrate continuity between natural selection for mutual aid among animals and the basis for success in increasingly progressive human social organization. His five sequential chapters address mutual aid among animals, among savages, among barbarians, in the medieval city, and amongst ourselves.
此の本の題名が示唆している様に生存の為の苦闘は進化上の成功の重要な判断基準として普通戦いではなく相互扶助へと我々を導くとクロポツキンは彼の(思想の)最も重要な前提で主張している。由って我々人類に平和と繁栄をもたらす道徳的秩序を構成し自然の性質を基に人間社会は築かれなければならない。相互扶助論の数々の項目で相互扶助に向かう動物界での自然淘汰と益々進歩している人間社会組織の成功の基礎との間の関連性をクロポツキンは説明し様としていた。クロポツキンの連続する5つの項目は動物界での相互扶助、原始的社会の相互扶助、野蛮民族の相互扶助、中世社会の相互扶助、そして、(現代社会)我々の相互扶助について述べている。

I confess that I have always viewed Kropotkin as daftly idiosyncratic, if undeniably well meaning. He is always so presented in standard courses on evolutionary biology – as one of those soft and woolly thinkers who let hope and sentimentality get in the way of analytic toughness and a willingness to accept nature as she is, warts and all. After all, he was a man of strange politics and unworkable ideals, wrenched from the context of his youth, a stranger in a strange land. Moreover, his portrayal of Darwin so matched his social ideals (mutual aid naturally given as a product of evolution without need for central authority) that one could only see personal hope rather than scientific accuracy in his accounts. Kropotkin has long been on my list of potential topics for an essay (if only because I wanted to read his book, and not merely mouth the textbook interpretation), but I never proceeded because I could find no larger context than the man himself. Kooky intellects are interesting as gossip, perhaps as psychology, but true idiosyncrasy provides the worst possible basis for generality.
私はクロポツキンを、間違いなく善意のある人間で無ければ、常に器用で特異な存在であると思っていた事を告白しなければならない。進化論生物学の基礎課程ではクロポツキンは常に彼の希望と感傷的性格が厳格な研究を邪魔し、そして短所長所も含めたありのままの自然を受け入れる事を拒んだ軟弱な掴み所の無い哲学者の一人だと紹介されて来た。結局はクロポツキンは変テコな政治哲学と実用には適していない理想主義を提唱し、青年時代に彼の人生を翻弄され異邦人として異国で暮した人物であった。然も、クロポツキンのダーウィンについての批判や説明は彼の言葉によれば科学的正確性よりもクロポツキン自身の個人的な希望だけしか見えない様なクロポツキン自身の社会的理想に一致している。(相互扶助は中央集権権力の必要性の無い進化によって形成された物と当然捉えられている)クロポツキンは長い間、私のエッセイの主題として考えていたリストの一人であったが、私には彼自身の個人性以外には重要性を見出せなかったので彼についてのエッセイに取り掛かる事はしなかった。(クロポツキンについての教科書の解釈を述べるのでは無く、クロポツキンの著書を本当に読みたかったのだが)精神医学として、変わり者の識者はゴシップとしては興味深いのだが本物の風変わりな人物は一般性を語る際、全く最悪の素地を提供する。

But this situation changed for me in a flash when I read a very fine article in the latest issue of Isis (our leading professional journal in the history of science) by Daniel P. Todes: “Darwin’s Malthusian Metaphor and Russian Evolutionary Thought, 1859-1917.” I learned that the parochiality had been mine in my ignorance of Russian evolutionary thought, not Kropotkin’s in his isolation in England. (I can read Russian, but only painfully, and with a dictionary – which means, for all practical purposes, that I can’t read the language.) I knew that Darwin had become a hero of the Russian intelligentsia and had influenced academic life in Russia perhaps more than in any other country. But virtually none of this Russian work has ever been translated or even discussed in English literature. The ideas of this school are unknown to us; we do not even recognize the names of the major protagonists. I knew Kropotkin because he had published in English and lived in England, but I never understood that he represented a standard, well-developed Russian critique of Darwin, based on interesting reasons and coherent national traditions. Todes’s article does not make Kropotkin more correct, but it does place his writing into a general context that demands our respect and produces substantial enlightenment. Kropotkin was part of a mainstream flowing in an unfamiliar direction, not an isolated little arroyo.
然し、最も最近の“アイシス”(科学の歴史についての有名な専門的雑誌)のダニエルP.トードスの素晴らしい記事“ダーウィンのマルサス主義的隠喩とロシア革命思想、1859年~1917年”を読んだ時、此の状態(私のクロポツキンに対する偏見)はアッと言う間に変ってしまった。知識の偏狭さは私のロシア革命思想に対する無知に原因する物でクロポツキンの英国でのロシアからの孤立が原因ではなかった。(私はロシア語が読めるのだが、苦痛を伴っていて辞書を使ってである-----------と言う事は、全ての現実的な目的の為には私はロシア語を読めないと言う事になる)私はダーウィンはロシアのインテリゲンシアの英雄となり恐らくロシアの知識人の社会に他のどの国よりも強い影響を与えた事を知っていたが、然し事実上ロシアの研究論文は何一つ翻訳されず又、英語の文献でもロシアの研究は語られなかった。此の学派の思想は我々には未知の物であり、重要な主唱者の名前も我々は認識する事も出来ないのである。私はクロポツキンが英語で著書を出版し英国に住んでいた事によって彼の事を知っていたのだが、彼が興味深い理由と首尾一貫している国家的伝統に基づいた一般的なロシアのかなり進んでいたダーウィン批判を代表していたとは理解していなかった。トーデスの記事はクロポツキンをもっと正しくはしないが、クロポツキンの著作をより一般的な世界に組み込む事でクロポツキンに対する尊敬念を我々に抱かせ、又クロポツキンへの我々の理解を深めさせる。クロポツキンは未知の方向に向かっている或る流れの本流の一部で孤立し干乾びてしまった小さな峡谷ではなかったのである。

This Russian school of Darwinian critics, Todes argues, based its major premise upon a firm rejection of Malthus’s claim that competition, in the gladiatorial mode, must dominate in an ever more crowded world, where population, growing geometrically, inevitably outstrips a food supply that can only increase arithmetically. Tolstoy, speaking for a consensus of his compatriots, branded Malthus as a “malicious mediocrity.”
Todes finds a diverse set of reasons behind Russian hostility to Malthus. Political objections to the dog-eat-dog character of Western industrial competition arose from both ends of the Russian spectrum. Todes writes:
ダーウィンを批判する此のロシア学派は、地域的な人口増加が不可避的に等差級数的にしか増加しない食料源を枯渇させると言う理由で、人口密度の益々高くなる世界を支配しなければならないと言うマルサスの主張する“ローマ帝国の剣闘士”の様な競争を強く拒否するという重要な前提を基にしているとトーデス氏は主張している。トルストイは彼の同胞の合意を代表しマルサスを“悪意の有る月並な凡人”と言う名で呼んでいる。マルサスに対するロシア人の敵意の幅広い理由をトーデス氏は発見している。骨肉相食む西欧的工業競争に対する政治的反発はロシア社会層の両極から発生したとトーデス氏は書いている。

“Radicals, who hoped to build a socialist society, saw Malthusianism as a reactionary current in bourgeois political economy. Conservatives, who hoped to preserve the communal virtues of tsarist Russia, saw it as an expression of the “British national type.”
『社会主義的社会を建設し様と望んでいた過激派はマルサス主義をブルジョア的政治経済内の反動的動向だと見ていた。そして、帝政ロシアの共同社会の美徳を保存する事を望んでいた保守派はマルサス主義を“英国的国家形態”の表れだと見ていた。』


But Todes identifies a far more interesting reason in the immediate experience of Russia’s land and natural history. We all have a tendency to spin universal theories from a limited domain of surrounding circumstance. Many geneticists read the entire world of evolution in the confines of a laboratory bottle filled with fruit flies. My own increasing dubiousness about universal adaptation arises in large part, no doubt, because I study a peculiar snail that varies so widely and capriciously across an apparently unvarying environment, rather than a bird in flight or some other marvel of natural design.
然し、トーデス氏はロシアの大地と自然史からの直接的な非常に興味深い理由を見出している。我々人間は皆普遍的な説を我々が囲まれている環境の限られた領域からひねり出す傾向が有る。多くの遺伝学者は世界全ての進化を実験室の果物蠅の詰まったビンと言う限られた範囲を用いて理解する。私自身の益々大きくなる普遍的適応に対する不信感は私が飛んでいる鳥や他の素晴らしい自然のデザインの代わりに、明らかに変化の無い環境で非常に幅が広く気紛れな変種をもつ特殊な蝸牛を研究している事に疑いなく大きな部分起因している。

Russia is an immense country, under-populated by any nineteenth-century measure of its agricultural potential. Russia is also, over most of its area, a harsh land, where competition is more likely to pit organism against environment (as in Darwin’s metaphorical struggle of a plant at the desert’s edge) than organism against organism in direct and bloody battle. How could any Russian, with a strong feel for his own countryside, see Malthus’s principle of overpopulation as a foundation for evolutionary theory? Todes writes:
ロシアは広大な国家でどの19世紀の農業的可能性と言う基準においても人口密度は低かった。ロシアは又殆どの地域で険しい土地で、其処では競争は多くの場合直接的な流血の戦いと言う生物対生物よりも(ダーウィンの隠喩的砂漠の端の植物の闘争で示される)生物対環境と言う形を取っている。彼等の大地に対する強い愛着を通して如何してロシア人は誰もマルサスの主要な理論である人口過多が進化論の基礎だと見なかったのだろうか?

“It was foreign to their experience because, quite simply, Russia’s huge land mass dwarfed its sparse population. For a Russian to see an inexorably increasing population inevitably straining potential supplies of food and space required quite a leap of imagination.”
『其れは彼等の経験にとって異質な物であった。其れは、全く単純にロシアは巨大な大陸で、其処にまばらに住む人口をチッポケナ存在として圧倒していたからだった。否応無く増え続ける人口が結果として将来の食料源と面積的領土に重圧をかけるとロシア人が解釈するには一寸した想像力の飛躍を必要としていたのだ。』


If these Russian critics could honestly tie their personal skepticism to the view from their own backyard, they could also recognize that Darwin’s contrary enthusiasms might record the parochiality of his different surroundings, rather than a set of necessarily universal truths. Malthus makes a far better prophet in a crowded, industrial country professing an ideal of open competition in free markets. Moreover, the point has often been made that both Darwin and Alfred Russel Wallace independently developed the theory of natural selection after primary experience with natural history in the tropics. Both claimed inspiration from Malthus, again independently; but if fortune favors the prepared mind, then their tropical experience probably predisposed both men to read Malthus with resonance and approval. No other area on earth is so packed with species, and therefore so replete with competition of body against body. An Englishman who had learned the ways of nature in the tropics was almost bound to view evolution differently from a Russian nurtured on tales of the Siberian wasteland.
若しこれ等のロシアの批判家達が彼等の裏庭からの景色に個人的懐疑心を正直に繋げる事が出来たなら、一揃いの普遍的真理の代わりに彼等は又ダーウインの正反対の熱心さが彼の違った環境と言う偏狭さを記録している事を認識出来たであろう。鮨詰めの工業化された、開かれた市場での競争を公言している国家についてはマルサスは比較にならない程の預言者である。又、此の論点は熱帯の自然史へ最初の経験の後、ダーウインとアルフレッド ラッセル ワォーレス両者によって個別に築き上げられた自然淘汰の説によって述べられている。両者とも、又個別にマルサスからインスピレーションを得たと主張しているが、幸運が準備出来ている精神を好むとするなら、彼等の熱帯での経験は此の両者をマルサスを共鳴と承認を持って読む事に前もって条件付けられていた。地球の他のどの地域も疎の様に種々の生物で鮨詰めになっている場所はないと言う理由で肉弾戦と言う競争で満ちている。英国人として習った熱帯の自然の在り方は進化をロシアで育まれたシベリアの荒涼とした土地の話と違った物として見る様に殆ど強いられていた。

For example, N. I. Danilevsky, an expert on fisheries and population dynamics, published a large, two-volume critique of Darwinism in 1885. He identified struggle for personal gain as the credo of a distinctly British “national type,” as contrasted with old Slavic values of collectivism. An English child, he writes, “boxes one on one, not in a group as we Russians like to spar.” Danilevsky viewed Darwinian competition as “a purely English doctrine” founded upon a line of British thought stretching from Hobbes through Adam Smith to Malthus. Natural selection, he wrote, is rooted in “the war of all against all, now termed the struggle for existence – Hobbes’ theory of politics; on competition – the economic theory of Adam Smith. ... Malthus applied the very same principle to the problem of population. ... Darwin extended both Malthus’ partial theory and the general theory of the political economists to the organic world.” (Quotes are from Todes’s article.)
例えば、N.I.ダニエレフスキー、水産業と個体群動態学の専門家、は1885年に膨大な量の2巻のダーウイニズム批判を出版した。彼は古いスラヴ文化の集産(団)主義の価値観と較べて、信条としての個人的利益の為の闘争を英国固有の“国家タイプ”だと見なした。『英国の子供はボクシングをロシア人がグループで戦うのと違って1対1でする。』と彼は書いている。“純粋な英国のドクトリン”としてのダーウイン型の競争はホッブスからアダム スミスそしてマルサスへと続く線上に基づいているとダニエレフスキーは見ている。自然淘汰は“全ての人間が御互いに戦い合う戦争”と言う、今“生存競争”と呼ばれているホッブスの政治学説に源流を持ち、競争ではアダム スミスの経済学説----------マルサスは同一の原則を人口問題に適用している----------ダーウインはマルサスの部分的仮説と政治経済学者の一般的仮説の両方を生物界に延長していると彼は書いている。

When we turn to Kropotkin’s Mutual Aid in the light of Todes’s discoveries about Russian evolutionary thought, we must reverse the traditional view and interpret this work as mainstream Russian criticism, not personal crankiness. The central logic of Kropotkin’s argument is simple, straightforward, and largely cogent.
我々がクロポツキン(クロポトキン)の相互扶助論に目を向ける時、トードスのロシア人の進化論についての考えの発見による光の中で我々は伝統的な視点を翻さなければならない、そして個人的な不機嫌さではなくロシア人の本流の批判としての此の著作を解釈しなければならない。クロポツキンの議論の中心論理は明快で、理解し易く、そして多くの場合説得力がある。

Kropotkin begins by acknowledging that struggle plays a central role in the lives of organisms and also provides the chief impetus for their evolution. But Kropotkin holds that struggle must not be viewed as a unitary phenomenon. It must be divided into two fundamentally different forms with contrary evolutionary meanings. We must recognize, first of all, the struggle of organism against organism for limited resources – the theme that Malthus imparted to Darwin and that Huxley described as gladiatorial. This form of direct struggle does lead to competition for personal benefit.
クロポトキンは闘争が生物の命に中心的な役割を果たし進化に主要な刺激与える事を認める事で始めている。然し、クロポトキンは闘争は単一の現象として見られるべきではないと捉えている。其れは相反する進化的意味の2つの基本的に違った形態に別けられるべきだ。我々は先ず最初に制限の有る資源を巡る生物対生物についてのテーマはマルサスがダーウインに与えハックスレイが“ローマ帝国の剣闘士”と表現した事を認識しなければならない。此の形態の直接的闘争は直接的な利益へと確かに導く。

But a second form of struggle – the style that Darwin called metaphorical – pits organism against the harshness of surrounding physical environments, not against other members of the same species. Organisms must struggle to keep warm, to survive the sudden and unpredictable dangers of fire and storm, to persevere through harsh periods of drought, snow, or pestilence. These forms of struggle between organism and environment are best waged by cooperation among members of the same species-by mutual aid. If the struggle for existence pits two lions against one zebra, then we shall witness a feline battle and an equine carnage. But if lions are struggling jointly against the harshness of an inanimate environment, then lighting will not remove the common enemy – while cooperation may overcome a peril beyond the power of any single individual to surmount.
然し、第2の形態の闘争は--------ダーウインが隠喩的に呼んだ形-----------生物を同じ種のメンバーに対してではなく自然界の環境の険しさに対抗させる。生物は暖を取る為に、火事や嵐の様な突然の予期出来ない危険から生き延びる為、険しい乾季、雪、疫病を耐え抜く為、苦闘しなければならない。この様な形の生物と環境の間の闘争(苦闘)は同じ種のメンバーによる協力と言う相互扶助によって最も効果的に戦われる。若し生存競争が一頭の縞馬を巡って2頭のライオンを戦わせるのなら、其の時は我々は猫科の戦いと馬科の虐殺を目撃する事になる。然し、若しライオンが共に無生物の環境の険しさに苦闘していれば、其の時は電灯の光等は彼等の共通の敵を取り除かない反面どの個体が克服出来る力以上に協力は危険を克服出来るかもしれない。

Kropotkin therefore created a dichotomy within the general notion of struggle – two forms with opposite import: (1) organism against organism of the same species for limited resources, leading to competition; and (2) organism against environment, leading to cooperation.
疎の様な理由でクロポトキンは闘争の一般的概念の内に相反した2つの形態を持ち込んだ:(1)制限の有る資源を巡る同種の生物対生物の闘争は競争に導き、そして(2)生物対環境の闘争は協力へ導く。

“No naturalist will doubt that the idea of a struggle for life carried on through organic nature is the greatest generalization of our century. Life is struggle; and in that struggle the fittest survive. But the answers to the questions “by which arms is the struggle chiefly carried on!” and “who are the fittest in the struggle!” will widely differ according to the importance given to the two different aspects of the struggle: the direct one, for food and safety among separate individuals, and the struggle which Darwin described as “metaphorical” – the struggle, very often collective, against adverse circumstances.”
『生物界での生命(生きる)の為の闘争と言う此のアイデアは我々の世紀での最も偉大な一般化と言う事を疑う自然学者は存在しない。生命は闘争である。そして其の闘争の内では最も適応した者が生き残る。然し“どちら側の闘争が主に為されているのか!”そして“誰が最も適応しているのか!”と言う問題への解答は2つの違った性格の闘争の重要性によって極端に違ってくる。直接的闘争は食料と安全の為の独立した個体間の闘争で、そしてダーウインが隠喩的に闘争と言った、非常に頻繁に集団的な逆境に対する闘争である。』


Darwin acknowledged that both forms existed, but his loyalty to Malthus and his vision of nature chock-full of species led him to emphasize the competitive aspect. Darwin’s less sophisticated votaries then exalted the competitive view to near exclusivity, and heaped a social and moral meaning upon it as well.
ダーウインは両方の形態が存在すると認めたのだが、然し彼のマルサスへの忠誠心とダーウイン自身の生物が鮨詰めの自然と言う視点が彼に競争的な性質を強調させたのである。そして、ダーウインの洗練度の低い信奉者達が競争的な視点を殆ど単一の視点(自然界での闘争は競争的な物しかないと言う視点)として賞賛し、其の上に社会的そして道徳的(倫理的)意味合いを積み重ねたのである。

“They came to conceive of the animal world as a world of perpetual struggle among half-starved individuals, thirsting for one another’s blood. They made modern literature resound with the war-cry of woe to the vanquished, as if it were the last word of modern biology. They raised the “pitiless” struggle for personal advantages to the height of a biological principle which man must submit to as well, under the menace of otherwise succumbing in a world based upon mutual extermination.”
『彼等は御互いの血に飢えた半分飢餓状態個体による永遠に続く闘争の世界と言う動物界を思いつくに至ったのである。
彼等はあたかも其れが現代生物学の最後の言葉の様に、現代文学を敗者への悲哀と言うスローガンの鳴り轟くものにしてしまった。彼等は、そうしなければ相互皆殺しと言う基礎の上の世界に屈服してしまうと言う恐怖の基に、人間も又服従しなければならない“情け容赦の無い”自己の利益の為の闘争を最高位の生物学的原則に祭上げてしまった。』


Kropotkin did not deny the competitive form of struggle, but he argued that the cooperative style had been underemphasized and must balance or even predominate over competition in considering nature as a whole.
クロポトキンは競争的な形態の闘争を否定はしなかったが、彼は協力的な形態が強調されていず、そして均衡が取れている様に取り扱うか若しくは、其れよりも、自然を全体的に捉え協力が競争よりも優位を占めているとしなければならないとしている。

“There is an immense amount of warfare and extermination going on amidst various species; there is, at the same time, as much, or perhaps even more, of mutual support, mutual aid, and mutual defense.... Sociability is as much a law of nature as mutual struggle.”
『種々の生物のの間では膨大な数の戦いと皆殺しが行われているが然し、同時に同じ数だけの、恐らく其れ以上の相互支持、相互扶助、相互協力防衛、が存在し--------社交的であると言う事は相互に闘争すると同様自然の原則でもあるのである。』


As Kropotkin cranked through his selected examples, and built up steam for his own preferences, he became more and more convinced that the cooperative style, leading to mutual aid, not only predominated in general but also characterized the most advanced creatures in any group-ants among insects, mammals among vertebrates. Mutual aid therefore becomes a more important principle than competition and slaughter:
クロポトキンは選んだ例を次から次へと紹介し、彼自身の好みの説を築き上げている内に彼は益々確信するようになり、協力(的闘争)の形態は相互扶助に導き、一般的に(協力的闘争は)優勢だけでなく、昆虫の中では蟻、脊椎動物の中では哺乳類の様な、全ての種の中で最も進化した生物だと特徴づけた。よって相互扶助は競争と殺戮よりもより重要な原則となったのである。

“If we ... ask Nature: “who are the fittest: those who are continually at war with each other, or those who support one another?” we at once see that those animals which acquire habits of mutual aid are undoubtedly the fittest. They have more chances to survive, and they attain, in their respective classes, the highest development of intelligence and bodily organization.”
『若し我々が自然に質問をしてみる:『どちらの方が最も適応しているのか?常に御互いに対して戦っている者か若しくは御互いに助け合う者か?』と-------我々は一瞬に相互扶助を習慣として得た動物が疑いなく最も適応している事が解かるだろう。彼等はより多くの生き残るチャンスがあり、彼等は尊敬すべきグループで最も進化し、最高の進化した知能と群態組織を持っている。』


If we ask why Kropotkin favored cooperation while most nineteenth-century Darwinians advocated competition as the predominant result of struggle in nature, two major reasons stand out. The first seems less interesting, as obvious under the slightly cynical but utterly realistic principle that true believers tend to read their social preferences into nature. Kropotkin, the anarchist who yearned to replace laws of central government with consensus of local communities, certainly hoped to locate a deep preference for mutual aid in the innermost evolutionary marrow of our being. Let mutual aid pervade nature and human cooperation becomes a simple instance of the law of life.
若し我々が如何してクロポトキンが19世紀の殆どのダーウイン主義者達が自然界での闘争の優勢な帰結としての競争を提唱していた中で協力に好意的だったかと聞く時、2つの重要な理由が際立っている。最初の理由は、真実の信奉者は彼等の社会の理解の仕方を自然に持ち込むと言う、少しシニカルでありながら全く現実的な原則が理由で余り興味深くない様に見える。中央集権政府の掟を地方の地域間同士での合意に置き換えることを切望していたアナキストのクロポトキンは当然の事ながら、非常に好んでいた相互扶助を人類の最も中心の進化的の心髄として置くことを希望していた。相互扶助を自然界に充満させ人類の協力が生命の掟の単純な例となる様に。

Neither the crushing powers of the centralized State nor the teachings of mutual hatred and pitiless struggle which came, adorned with the attributes of science, from obliging philosophers and sociologists, could weed out the feeling of human solidarity, deeply lodged in men’s understanding and heart, because it has been nurtured by all our preceding evolution.
押し潰して来る様な中央集権国家や、相互憎悪と無慈悲な戦い好意的な哲学者や社会学者による科学に起因し飾り立てられた相互憎悪と無慈悲な戦いについての教えは人間の理解力と心に深く組み込まれている連帯感(団結心)に関する感情を取り除く事はできなかった。

But the second reason is more enlightening, as a welcome empirical input from Kropotkin’s own experience as a naturalist and an affirmation of Todes’s intriguing thesis that the usual flow from ideology to interpretation of nature may sometimes be reversed, and that landscape can color social preference. As a young man, long before his conversion to political radicalism, Kropotkin spent five years in Siberia (1862-1866) just after Darwin published the Origin of Species. He went as a military officer, but his commission served as a convenient cover for his yearning to study the geology, geography, and zoology of Russia’s vast interior. There, in the polar opposite to Darwin’s tropical experiences, he dwelled in the environment least conducive to Malthus’s vision. He observed a sparsely populated world, swept with frequent catastrophes that threatened the few species able to find a place in such bleakness. As a potential disciple of Darwin, he looked for competition, but rarely found any. Instead, he continually observed the benefits of mutual aid in coping with an exterior harshness that threatened all alike and could not be overcome by the analogues of warfare and boxing.
然し2番目の理由は、クロポトキン自身の自然学者としての経験的を加え、そしてトーデスのイデオロギーから自然の理解へ向かう普通の(思考の)流れは時々反転すると言う興味深い論文、そして自然の風景は社会思想の好みをカラフルにすると言う事でより啓蒙的である。ダーウインの“種の起源”の出版の直後、政治的過激派への転向の随分前クロポトキンはシベリアで5年間(1862~1866)で過ごした。彼は将校として行ったのだが、彼の(任務としての)権限は彼のロシアの広大な内陸の地質学、地理学、動物学についての研究への切望の隠れ蓑となった。ダーウインの熱帯での経験と全く反対のマルサスの視点を導き出すには最悪の環境で(ロシアのシベリア内陸部)でクロポトキンは暮した。クロポトキンは頻繁に起こる大災害が少数の種が生存出来る荒涼とした場所を危機に陥れる様な閑散とした世界を観察した。ダーウインの(進化論の理論的)弟子となる可能性のあったクロポトキンは(自然界での生存)競争を探したが然し殆ど何も見つける事が出来なかった。その代りにクロポトキンは全てを脅威に陥れるそして戦争とボクシングと言う類推では解決できない険しい外界での相互扶助の利益を常に観察した。

Kropotkin, in short, had a personal and empirical reason to look with favor upon cooperation as a natural force. He chose this theme as the opening paragraph for Mutual Aid:
クロポトキンは手短に言えば協力を自然の力と見る個人的で経験的理由があった。彼は此の主題を相互扶助論の冒頭の一節に選んだ。

“Two aspects of animal life impressed me most during the journeys which I made in my youth in Eastern Siberia and Northern Manchuria. One of them was the extreme severity of the struggle for existence which most species of animals have to carry on against an inclement Nature; the enormous destruction of life which periodically results from natural agencies; and the consequent paucity of life over the vast territory which fell under my observation. And the other was, that even in those few spots where animal life teemed in abundance, I failed to find – although I was eagerly looking for it – that bitter struggle for the means of existence among animals belonging to the same species, which was considered by most Darwinists (though not always by Darwin himself) as the dominant characteristic of struggle for life, and the main factor of evolution.”
『私が若かった頃の東シベリアと北満州での旅の中で動物界の2の面が私を最も感銘させた。其の一つは殆どの動物の種が険しい自然に対して続けなければならない生存の為の闘争の極端な過酷さである。定期的に自然の作用で起こる生命の大規模な損失、そして私の観察の対象になった其れに続く広大な地域での生命の不足(大量の死によって動物の数が少なくなる事)。そしてもう1つは、動物が溢れるように繁栄している数少ない場所でも、同じ種に属する動物の中で、殆どのダーウイン信奉者達に主要な生存の為の闘争の性質で、(ダーウイン自身は常にそうではなかったのだが)主要な進化の要素と考えられている生存の為の手段としての激しく苦々しい闘争を私は------熱心に探していたのだが-------見つける事が出来なかった。』


What can we make of Kropotkin’s argument today, and that of the entire Russian school represented by him? Were they just victims of cultural hope and intellectual conservatism? I don’t think so. In fact, I would hold that Kropotkin’s basic argument is correct. Struggle does occur in many modes, and some lead to cooperation among members of a species as the best pathway to advantage for individuals. If Kropotkin overemphasized mutual aid, most Darwinians in Western Europe had exaggerated competition just as strongly. If Kropotkin drew inappropriate hope for social reform from his concept of nature, other Darwinians had erred just as firmly (and for motives that most of us would now decry) in justifying imperial conquest, racism, and oppression of industrial workers as the harsh outcome of natural selection in the competitive mode.
クロポトキンの議論と彼によって代表される全てのロシア学派を今日我々は如何受け止める事が出来るのだろうか?彼等は文化的希望と知識的保守主義の単なる被害者だったのだろうか?私はそうは思わない。実は私はクロポトキンの基本的な議論を正しいと思っている。闘争(競争)は色々な形態で起こり、其の中の或る物は同じ種のメンバーの間で最良の個体の利益への経路として協力に導くのである。クロポトキンが相互扶助を強調し過ぎしたとすれば、西ヨーロッパのダーウイン主義者達は同じ様に競争を強く誇張した。クロポトキンが自然についての概念から社会改革の為に不適切な希望を引き出したとすれば、他のダーウィニズム主義者は同じ様に頑強に帝国主義的征服、人種差別、工業労働者に対する抑圧を競争形態の自然淘汰の厳しい結果として正当化する間違いを犯した。

I would fault Kropotkin only in two ways – one technical, the other general. He did commit a common conceptual error in failing to recognize that natural selection is an argument about advantages to individual organisms, however they may struggle. The result of struggle for existence may be cooperation rather than competition, but mutual aid must benefit individual organisms in Darwin’s world of explanation. Kropotkin sometimes speaks of mutual aid as selected for the benefit of entire populations or species – a concept foreign to classic Darwinian logic (where organisms work, albeit unconsciously, for their own benefit in terms of genes passed to future generations). But Kropotkin also (and often) recognized that selection for mutual aid directly benefits each individual in its own struggle for personal success. Thus, if Kropotkin did not grasp the full implication of Darwin’s basic argument, he did include the orthodox solution as his primary justification for mutual aid.

私は唯2つのやり方でクロポトキンに間違いがある可能性がると思う----------1つは技術的(科学的)問題でもう1つは一般的な見方である。クロポトキンは自然淘汰はどの様な闘争が為され様とも個体への利益についての議論であると言う事を認識する事が出来なかったと言う一般的な失敗を犯した。生存競争の結果は競争ではなく協力であるかもしれないが、然し、ダーウインの世界での説明では相互扶助は個体の利益にならなければならない。クロポトキンは時折りダーウイン主義論理(潜在的であったとしても有機体〔生物〕は遺伝子を将来の世代へ渡すと言う自身の為に活動する)にとっては異邦人的論理である相互扶助は生物の群れ全体や種全体の利益の為に選択されたと話している。然し、クロポトキンは又(そしてしばしば)相互扶助の選択は成功の為の個人的闘争によって直接的に各個体への利益になると認めている。故に、若しクロポトキンがダーウインの基本的議論から生まれる全体的影響を把握しなかったとしても、彼はダーウイン主義の伝統的解決法を相互扶助の基本的正当化の為に取り入れたと言う事である。

More generally, I like to apply a somewhat cynical rule of thumb in judging arguments about nature that also have overt social implications: When such claims imbue nature with just those properties that make us feel good or fuel our prejudices, be doubly suspicious. I am especially wary of arguments that find kindness, mutuality, synergism, harmony – the very elements that we strive mightily, and so often unsuccessfully, to put into our own lives – intrinsically in nature. I see no evidence for Teilhard’s noosphere, for Capra’s California style of holism, for Sheldrake’s morphic resonance. Gaia strikes me as a metaphor, not a mechanism. (Metaphors can be liberating and enlightening, but new scientific theories must supply new statements about causality. Gaia, to me, only seems to reformulate, in different terms, the basic conclusions long achieved by classically reductionist arguments of biogeochemical cycling theory.)
もっと一般的に言うと、私は自然についての議論を判断する為の明らかな社会的影響もある一寸シニカルな簡単な判断基準を当て嵌めて見たい。其れは------------或る特定の主張が自然に特定の色付けをし、其の性質が我々の気分を良くしたり若しくは差別を増長する様な時は2倍懐疑的にならなければならない。親切心、相互扶助、シナジー主義(神人協力説、相乗作用)、調和、等の正に其の要素の為に、我々が力を入れて努力し、頻繁に失敗しながら我々自身の生活(社会)に取り入れ様としている物を自然の固有のものと見出す議論に私は特に注意している。ティラードのノアスフィアやキャプラのカリフォルニアスタイルのホーリズムやシェルドレイクのモールフィックリゾナンス等の証拠は私には見えない。ガイアは私にはメカニズムではなく隠喩の様に聞こえる。(隠喩は開放的だし啓蒙的〔新しい事を習うと言う意味〕ではあるが、新しい科学的仮説は因果関係についての新しい意見の発表をしなければならない。ガイアは大昔に還元主義者によって達成された生物地球化学還流説についての議論の基本的帰結を違った用語で再公式化しただけの物の様に私には受け留められる。)

Pierre Teilhard de Chardin ピエール ティラードゥ シャルダン:フランスのジェズイット派の神父、哲学者。

noosphereノアスフィア:geosphere( ジオスフィア〔地殻〕鉱物圏)を生物の発生がbiosphere(バイオスフィア生物圏)に変えた様に人間の思考が次の段階の圏としてnoosphereノアスフィア(精神圏?)を作り出すという仮説。
Holismホーリズム:ギリシャ語のHolos(ホロス)全体と言う単語から作られた名詞。地球の鉱物、生物、等々全てが一つの存在であり個々は特定の場所で全体の一部として存在意義があり一部無しに全体は存在しない--------現代的な個々が肉体によって別けられる様な認識は出来ない概念。

Rupert Sheldrakeルーパート シェルドレイク:英国の生化学者、植物生理学者。Morphic fieldモールフィックフィールド、Morphic resonanceモールフィクリゾナンス、等の新しい概念を進化論や生態系の科学に持ち込んだ事で有名。

Gaiaガイア:御存知James Lovelockジェームスラヴロックによって提唱された地球と地球に住む全ての生命体が一つの関連した生命体であると言う様な説。


There are no shortcuts to moral insight. Nature is not intrinsically anything that can offer comfort or solace in human terms – if only because our species is such an insignificant latecomer in a world not constructed for us. So much the better. The answers to moral dilemmas are not lying out there, waiting to be discovered. They reside, like the kingdom of God, within us – the most difficult and inaccessible spot for any discovery or consensus.
道徳の本質を見抜く為には近道は無い。自然は基本的に人間に安楽さや癒しを提供はしない--------我々人類が我々の為に造られていない世界に遅れてやって来た取るに足りない存在であると単に仮定しての事だが。其れよりも道徳的ジレンマへの答えは外界に発見されるのを待って横たわっては居ない。其れは神の王国の様な我々の心の中に存在している-------発見や合意の為には最も困難で近づき難い場所に---------。

ejnews: 今回はMarxists Internet Archive(マルキシストインターネットアーカイヴ)と言うマルクス主義のサイトからクロポトキンの自然観察によって裏付けされたアナキズム批判の記事でした。前回はアナキズム賛同派のクロポトキンに好意的な記事でしたので今回はバランスを取る為にマルキシストのサイトから記事を選びました。
 此の記事を書いた古生物学者、進化論学者、科学についての歴史家であったスティーヴン ジェイ グールドもクロポトキンの相互扶助の思想は完全ではないが一つの民主的社会を達成する為の思想の可能性である事を認めているようです。グールド氏は自身でも言っている様に少々シニカルで古い既成の科学と言う概念で進化や科学を捉え過ぎている様に私は思いますが、彼は2002年に亡くなっていて、此の記事も1997年の物ですから、其の後の科学的進歩による最近の研究で高等類人猿等(イルカや鯨等も同様の可能性がある)の脳は他の個体に対する“思いやり”を持つ様に発展したという研究結果を彼が知らなかった、つまりクロポトキンの“相互扶助論”は現代の脳神経科学でも間違った仮説ではなかった事が証明された事を知らなかったのです。
 日本では共産主義や社会主義についての議論や研究はどうなっているのか私にはもう解からなくなってしまいましたが、アナキズムに関しては日本ではもう忘れ去られた社会主義になっている様に感じています。然し欧米では民主主義を推進する為の思想として多くの人々によって研究が続けられ、そしてG7とかG8とか呼ばれる国際資本層の会合には常に其れに反対するデモ隊の中にアナキズムのシンボルの黒い旗や円の中にあるAのアナキズムのシンボルを掲げて参加している人々が見受けられます。
 アナキズムはマルクスがバクーニンをファースト インターナショナルから追い出した時にアナキズムが論理的欠陥を曝け出したからだと理解している方も居られるようですが、(そして其れが日本でアナキズムに人気の無い一因かも?)史実ではマルクス派が偽の代表者の書類を捏造し反バクーニン投票が多い様に見せかけ追い出してしまったのです。此の史実について疑問を持つ歴史家は欧米ではもう存在しないようですが、日本ではマルキシストのデッチアゲが未だに真実として受け入れられている様で残念です。(日本のウキペディアでも未だに疎の様な説明になっています!)


 ファースト インターナショナルでのマルクス派によるバクーニン派の追い出し工作は-----------ニューヨークで古典アナキズムと新しい世代のアナキズムの橋渡しをしたSam Dolgoffサムドルゴフ氏によると--------

All responsible historians insist that Bakunin and his close comrade James Guillaume were expelled in a rigged congress packed by hand picked "delegates" who "represented" non-existent sections of the International.
全ての責任感を持っている歴史家はバクーニンと彼の同志ジェームスギョームは(マルクス派によって)選ばれた存在しないインターナショナルの一派を代表する代表団によって満員の不正に操作された議会において追放されたと主張している。

Marx's friend Sorge, residing in the United States, sent Marx a dozen blank credentials from non-existent groups which Marx distributed to his stooges. Seraillier, Secretary for France, in the General Council, also came to the Congress with a handful of credentials which could not be verified. Of the five members of the Commission of Inquiry chosen to investigate the charges against Bakunin and other libertarian members of the International and report their findings to the Congress, one, Walter (whose real name was Von Heddeghem) was a Bonapartist police spy. The Commission reported that "... the secret Alliance did at one time exist, but there is INSUFFICIENT PROOF OF ITS CONTINUED EXISTENCE..." (my emphasis) Nor could the Commission prove that the Alliance established rules opposed to the rules of the International when it did exist. Roch Splingard, a member of the Commission submitted a minority report contending that Bakunin was being indicted on insufficient evidence. He declared that "...I am resolved to fight the decision before the Congress..."
アメリカに住んでいたマルクスの友人ソルジは存在しない団体の白紙の12枚程の資格証明書をマルクスに送り其れをマルクスは彼の子分達に配ったのである。総務会でのフランスの書記長セラリエーもまた一握りの確認出来ない資格証明書を持って議会に現れた。インターナショナルのバクーニンと他のリバタリアンメンバーに対する非難を調査する為に選ばれた委員会の5人のメンバーと議会への其の調査された報告は、1つはワォルター(本名はフォン ヘッジゲム?)はボナパルト派の警察のスパイと言う事だった。委員会は“秘密の同盟は過去に何時か存在はしていたが、然し其の存在が続いていると言う証拠に欠けている”とし又、其の秘密の同盟が存在していた当時インターナショナルの規則に対抗する規則を設定した事も証明できなかった。委員会のメンバーであったロックスプリンガードはバクーニンは不十分な証拠によって告発されたと非難した反対意見書を提出している。彼は“私は議会において此の決定に対し戦う事を決意した。”と宣言している。

On the last day of the Congress after over half the delegates went home, the Marxist clique staged a successful coup to kill the International by moving its headquarters to New York. Nearly all the delegates, including Marx's strongest supporters, refused to accept the decisions of the Marx-Engels cliques. They joined the Bakuninist sections of the International, not because they agreed with their anti-statist, anti-parliamentary political action policies, but because they demanded the complete autonomy of the sections irrespective of different political or social ideas. They revolted because the phony Congress enacted a resolution giving the Marxist dominated General Council power to expel sections and even whole federations from the International.
議会開催最終日、代表団の半数以上が帰郷した後、マルキシストの派閥は本部をニューヨークに移す事でインターナショナルを潰すと言うクーデターを成功させた。マルクスの最も強い支持者達も含めて殆ど全ての代表団はマルクスとエンゲルスの派閥の決定を受け入れる事を拒否した。バクーニンの反国家体制主義や反議会制政治活動政策に賛成したのではなく、政治的相違や社会的アイデアの相違に関わりなく完全な自由を要求し彼等はバクーニン派のインターナショナルに参加した。彼等は偽りの議会がマルクス派が支配する総務会に派閥や全フェデラリストまでもをインターナショナルから追放する権力を与える決議を成立させた事に対して反抗したのである。

http://www.connexions.org/RedMenace/Docs/RM4-DolgoffonBakuninvsMarx.htmより。
Sam Dolgoffサム ドルゴフ著


ejnews: ソ連や中華人民共和国の最終的な機能不全を見るとマルキシズムによるプロレタリア独裁中央集権社会主義は基本的に民主主義とは正反対の方向に社会を導き、反面、西欧資本主義社会でもレーゼーフェア自由市場経済主義若しくは経済ネオリベラリズムを使った資本層の詐欺により現在の国際金融危機を招き(アメリカでは此の偽経済主義の現実社会への影響として産業、市場の独占化が進み産業、消費者の疲弊を招いています)資本主義も企業と呼ばれる軍隊の様な階級組織に頼っている限り民主的人間社会を築く為には経済ネオリベラリズムとは反対に資本主義は規制や法律によって監視されなければならないと言う事が再証明され、あの神の様に崇められていたアイン ランドの弟子で彼女の後継者グリーン スパンも『私の信じていた主義は間違いだった。』等と認めなければならない羽目に陥ってしまったのです。
 兎に角、アナキスト達(リバタリアンソシャリスト)が提唱している“人は人を支配しない”と言う原則のある民主的な社会を築く実験は最近南米で盛んに行われて居る様でcorporationコーポレイションに代わりに多くのcooperativeコーワポラティヴ若しくはコープ(参加者の自由意志によって合意を築き運営される集団)が設立されていると言うニュースを良く見ます。世界的に階級的組織の代表である多国籍企業や軍事経済大国により地球の資源や人々の生活が脅かされている現在我々日本人も、アナキズムを真剣に捉える時期が来ているのではないでしょうか?


クロポトキン


蟻の社会の相互扶助


トルストイ




アナキズム関係の過去記事は下記です。

Noam Chomsky ノーム チョムスキー

Anarchism  アナキズム

May Day メーデー (メイ デー)

メーデーの起源についての短い説明

Descent of Man [ 1871 ]  人類の進化

クロポトキン


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。