スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロポトキン

Prince Kropotkin
クロポツキン王子(クロポトキン)

(クロポトキンはロシア皇帝の親戚に当たる貴族の家系に生まれたのでプリンスと言うニックネームで呼ばれている)

http://www.fguide.org/?p=129

Wednesday, March 17, 2004 by Center for Popular Economics
2004年、3月17日、センター フォー ポピュラー エコノミックス より。

By Suresh Naidu, CPE Staff Economist

Piotr Kropotkin is famous within two groups that one never sees at the same party. The biologists and evolutionary anthropologists who derive inspiration from Kropotkin’s research into the evolution of human sociality rarely intersect with the anarchists and political theorists who respect Kropotkin’s views on revolutionary change and the abolition of the state and private property. However, there was no disparity for Kropotkin, who derived many of his political beliefs from his studies of human and animal evolution.
ピョートルクロポツキンは2つのグループの間で有名であるが、其の2つのグループが同じ物であるとは(同じクロポツキンの思想に影響されているとは)誰も思わないのである。クロポツキンの人類社会の進化の研究からインスピレーションを導き出している(誰も同じものと思っても見ない)生物学者と進化論人類学者達はクロポツキンの革命的改革と政府と個人資産の廃絶に対する視点を尊敬しているアナキストと政治理論家たちは殆ど御互いに交わり合う事は無い。然しながら、彼の多くの政治的信念を人類と動物の進化から導き出したクロポツキンには不一致は見られない。

Kropotkin had a long and interesting life. Born in 1842 to Russian nobility, he began his career as an exemplar of his class, serving in the military during the Crimean War, but eventually wound up working with the revolutionary Jura Federation. His politicization followed lengthy and difficult travels, during which he developed a deep affinity for the Russian peasants and workers he encountered. Later cut off from any political influence by Lenin, Kropotkin’s last writings were notable predictions of the tyranny that would result from the Bolshevik retention of wage labor and reliance on state coercion.
クロポツキンは長く興味深い生涯を送った。1842年ロシアの貴族として生まれ、彼のキャリアーはクリミア戦争で軍人として仕える事によって彼の所属する階級の模範として始まった。然し、最終的に革命的ジュラ連盟と協力し働く事になってしまった。彼の政治的な成長は途中に出会ったロシアの農民と労働者達に深い親近感を抱く様になった長く困難な旅を追っている。後にレーニンによって全ての政治的影響力を断ち切られたクロポツキンの最後の著作はボルシェビックによる賃金労働の保持と抑圧的政治への依存の結果としての専制についての特筆すべき予言であった。

A large portion of contemporary social and biological science follows in the footsteps of Kropotkin’s academic work. Responding to the social Darwinism of his day, he wrote his primary scientific work, Mutual Aid: A Factor of Evolution, arguing that a major factor in the evolutionary success of humans was a predisposition to cooperate and share, without the need for institutions such as the market or the state.
現在の社会学と生物科学の大部分はクロポツキンの学術研究の足跡を追っている。クロポツキンの時代のソシアルダーウィニズムへの反応として彼は彼の最も重要な科学的著作“相互扶助論:進化の要因”を表した。彼は其の中で、人類進化の成功の重要な要因は市場や政府(国家)等と言う制度の必要性とは無関係に、協力と分配と言う性質であったと議論している。

Modern day research has provided overwhelming evidence to corroborate Kropotkin’s thesis. Anthropologists and archaeologists have found widespread decentralized cooperation within many non-industrial societies. Experimental economists have definitively shown that people are not classically selfish, with people often giving away substantial amounts of money and actively cooperating in laboratory settings, even against their narrow self-interest. This is not merely “enlightened self-interest,” rather a deeply seated desire for fairness as an end in itself (this desire may or may not have roots in biology). Biologists have acknowledged that competition among early human groups could have contributed to the evolution of cooperative behavior on the part of individuals.
現代の研究はクロポツキンの論文を裏付ける圧倒的な証拠を提供している。人類学者と考古学者達は多くの工業化されていない社会での広範囲に亘る非中央集権的(分権的)協力を発見している。実験的経済学者達は人々が頻繁にかなりの金額を寄付し実験的環境に置いて個人の狭い自己利益に反してまで積極的に協力している事で人間は古典的自己中心主義ではない事を示している。此れは単に“啓蒙化された自己利益”ではなく、どちらかと言えば人間に根深く存在する其れ自身が目的である公平への欲求である。(此の欲求は根源が生物的な物かも知れないし、そうでないかも知れない)初期の人類のグループ間の競争が個々の人間の協力的行動の進化に寄与したかも知れないと生物学者達は認めている。

Much of this literature has paralleled Kropotkin in refuting a naive socio-biological theory of human behavior. Rather than concocting stories that rationalize the current order in terms of fitness, it points to potential ways of organizing human interactions that can replace the dominant institutions of our day with something more democratic and egalitarian. Kropotkin built his belief in anarchism on the knowledge that people can organize their lives without self-interest or governmental coercion as prerequisites for large-scale cooperation.
多くのこれ等の著作はクロポツキンが人間行動についてのナイーヴな社会生物学論に対して唱えていた異議と同様である。適応性と言う言葉で現在の社会階級を話をでっち上げて正当化するよりも、其れは現在の支配的機構をより民主的で平等な何かによって置き換える人間の交流や意思の疎通を組織する可能性のある方法を示している。クロポツキンはアナキズムの此の信条を、大規模な協力の為に人間は自己利益や政府の抑圧を必須条件とせずに我々の社会を組織する事が出来ると言う知識の上に打ち立てた。

There are many current examples of such cooperation. Elinor Ostrom and colleagues are documenting community management of scarce resources and public goods provision without the aid of governments or market pricing systems. Steve Lansing examines how Balinese rice farmers coordinate their complex ecological interactions with a few simple rules. Yochai Benkler identifies Open-Source Software as an example of large-scale non-market, non-state coordination. Erik Olin Wright and others study how participatory directly democratic institutions function to solve practical problems from Kerala to Chicago. Human institutions that harness the natural propensity to cooperate (and sometimes punish those who do not) are quite pervasive.
この様な協力の現在社会での例は多い。エリノア オストロムと彼女の同僚達は政府の支援や市場での価格決定システム無しで希少な資源と公共資産の支給のコミュニティーによる管理を記録している。スティーヴランシングはバリ島の稲作農家がどの様に複雑な環境連鎖を少数の単純な規則で調整しているかを調べている。ヨーチャイベンクラーはオープンソースソフトウエアーが巨大な非市場、非政府調整の例だと認識している。エリックオーリンライトと他の人々は直接参加民主主義機構はケララからシカゴまでの現実的問題をどの様に解決しているのか研究している。協力する(時には協力しない者を罰する)と言う自然の傾向を利用する人間の機構(組織)は広範に存在している。

Elinor Ostromエリノア オストロム:2009年のノーベル経済賞受賞。

Yochai Benkler ヨーチャイ ベンクラー:ハーヴァート ロー スクールの教授。The Wealth of Networksの著者


The political implications Kropotkin drew from his work are not the ravings of a lunatic egghead. Anarchism is commonly caricatured as naive, or worse, a haven for would-be terrorists. Instead, the politics advocated by Kropotkin are best interpreted as general principles. First is an ethical imperative, that there is no policy substitute for social norms and ideals of behavior - a belief that one’s personal behavior can either reinforce or undermine the status quo. The second is a deep suspicion of facile state or market fixes to social problems. Together, these imply respecting and considering people’s abilities to develop community solutions and autonomously self-organize before suggesting “policy” or “market” solutions. Kropotkin’s mix of science and politics are not vestiges of a bygone age, but very relevant ideas deserving greater intellectual and political engagement.
クロポツキンが彼の研究から引き出した政治への影響は狂気のインテリのたわ言ではない。アナキズムは一般的にナイーヴで、又は悪い場合はテロリストになる可能性のある人間の天国と風刺されているが、其れとは反対に、クロポツキンによって提唱された政治思想の最も適切な理解は(政治の)一般的原則として捉えられている。第一番目は倫理的規範で、個人的な行動が現在の(社会)状態を補強するか若しくは弱体化させると言う信条から--------倫理に取って代る社会規範と人間の習慣や行動の理想についての(政府の)政策は存在しない。第2番目は社会問題についての安易な解決法や市場経済による改善についての深い疑いの念である。上記の2つは“政策”若しくは“市場経済による解決手段”を示唆する前にコミュニティー自身の解決策を考え出す人々の能力と自治的にコミュニティーを組織する事を尊敬し考慮すると言う事を意味している。クロポツキンの科学と政治の混合物は過ぎ去った時代の名残ではなく、より知的で政治的な注目が与えられるべき現代でも重要なアイデアである。


ejnews:  日本ではアナキストと言うと一般のアメリカ人が信じている様に過激派革命思想の持ち主だと恐らく考えられていると思います。世界的にアナキズムと言う思想は過激革命思想か、若しくは過去のナイーヴな思想だと思われている理由は、先ず、アナキスト達は過去の国家の歴史を研究し“国家とは税金を国民から搾り取る道具か、国家支配層の為市民を戦争に駆出す等一般市民には余り利益にならない物”だと考えていたので当時の政府(当時の多くの政府は王政や圧政的中央集権国家)から危険分子だと考えられ、又ロシアのボルシェビッキ革命(レーニンの築いたソ連、ボルシェヴィッキ革命は一党独裁の圧政的中央集権国家だった)の基本思想となったマルクス主義側からもアナキズムが中央集権を否定している理由で敵視されたからです。(ボルシェヴィッキ革命はプルードン、バクーニン、クロポツキン(クロポトキン)等のアナキスト達が予言していた様にマルキシズムの“無産階級による独裁”dictatorship of the proletariat、 後に“ビッグブラザー”(“アニマル ファーム”や“1984年”のジョージ オーゥエルGeorge Orwellの著書は彼がスペイン内乱への義勇軍兵士としてソヴィエト共産党員の行動を観察した経験によってインスピレーションを受けているとの事です。確かに彼の“ホーメッジ ツー カタロニアHomage to Catalonia”と言う著書には種々の興味深い実話が記述されています。)によって支配される圧政的中央集権政府を作り出し、終局的にゴルバチョフ時代に崩壊してしまったのは皆さんの御記憶にあると思います。

 クロポツキン(クロポトキン)がマルキシズムを選ばずアナキストになった理由の一部を彼の“Memoirs of a Revolutionist(革命家の回想)”に見る事が出来ます。


The separation between leaders and workers which I had noticed at Geneva in the Temple Unique did not exist in the Jura Mountains. There were a number of men who were more intelligent, and especially more active than the others; but that was all. James Guillaume, one of the most intelligent and broadly educated men I ever met, was a proof-reader and the manager of a small printing-office. His earnings in this capacity were so small that he had to give his nights to translating novels from German into French, for which he was paid eight francs -- one dollar and sixty cents -- for sixteen pages!
ジュネーヴのテンプル ユニークで気がついた指導層と労働者達との遊離はジュラ山系には存在しなかった。ジュラ山系にはもっと多くの知識の広い、特に他よりももっと活動的なメンバーの存在があったが然し其れだけであった。ジェームス ギヨーム、彼は小さな印刷会社の主任で校正係りで、私が会った人の中で最も知識があり広く教育の有る人物の一人であった。彼の此の職での収入は非常に少なく、夜間、彼の時間をドイツ語からフランス語への小説の翻訳の為に割かなければならなかった。其れにより彼は8フランの支払いを受けた16ページの翻訳で1ドル60セントなのだ!

Temple Uniqueテンプル ユニーク:当時ジュネーヴにあったフリーメイソンの寺院で各種の社会主義運動に貢献していた。
James Guillaumeジェームスギヨーム:バクーニンの知人、クロポツキンがアナキストになる大きな原因となった人。バクーニンの伝記を著しバクーニンの多くの著書を編集した。



The theoretical aspects of anarchism, as they were then beginning to be expressed in the Jura Federation, especially by Bakúnin; the criticisms of state socialism -- the fear of an economic despotism, far more dangerous than the merely political despotism -- which I heard formulated there; and the revolutionary character of the agitation, appealed strongly to my mind. But the egalitarian relations which I found in the Jura Mountains, the independence of thought and expression which I saw developing in the workers, and their unlimited devotion to the cause appealed far more strongly to my feelings; and when I came away from the mountains, after a week's stay with the watchmakers, my views upon socialism were settled. I was an anarchist.


ジュラ連盟で特にバクーニンによって説明し始めれれていたアナキズムの論理的な面、国家社会主義への批判----単なる政治的暴政よりも遥かに危険な経済的な暴政への恐怖----それらは私が其処で理論化されたのを耳にし、そして、革命的な性質のアジテーションは強く私の心を誘った。然し、ジュラマウンテンで私が見つけた平等な関係、私が見た労働者間で発展している他人から制約されない思考と発言、限りない信念への献身は比較出来ないほど私の心を惹きつけた。そして、時計作り職人達と共に過ごした数週間の後ジュラ山系から立ち去った時私の社会主義に対する意見は固まった。私はアナキストなのだ。

Jura Federation ジュラ連盟:スイスアルプスのジュラ山系にあった主に時計製造職人達のアナキズム派社会主義運動団体。

 ejnews: 日本でもクロポツキンが幸徳秋水等に影響を与えた事は歴史の時間に習ったのでアナキズムと言うと幸徳秋水の“大逆事件”を思い浮かべる方も多いと思います。此の日本での大逆事件の様に世界中でアナキスト達は迫害を受け続け権力のプロパガンダよってアナキズムは過激革命主義か、又はマルキシスト達からナイーヴな理想主義と言う烙印を押されてしまったのです。
 然し、アナキズムは現在では専らリバタリアンソシャリズムLibertarian socialismと呼ばれ(ノムチョムスキーはリバタリアンソシャリズムを擁護している代表的人物)又、此の記事に登場する(此の記事は2004年に書かれているので此の記事の筆者はオストロム女史がノーベル賞を受賞した後でクロポツキンとオストロム女史を結び付けたのではない)2009年のノーベル経済学賞受賞者Elinor Ostromエリノアオストロム等もクロポツキン等の説いていた経済的社会のあり方と殆ど同じ事を研究しているのです。 
 過去に労働者の祭日“メーデー”の起源となったシカゴで起こった1日8時間労働制を求めた労働者達のデモ等にもアナキスト達は大きな影響力を及ぼし、スペイン内戦時にもアナキズムの一派のアナコ シンディカリスト(CNT)達がヒットラー、ムッソリーニ、アメリカのロックフェラー傘下のテキサス オイル カンパニー、スタンダード オイル オブ ニュー ジャージーの石油企業やフォード、GM、デュポン等の支援によるファシスト フランコ クーデター軍と戦った民主主義を擁護していた共和派政権の大きな勢力であった事は有名な史実ですが、此の記事の冒頭にもある様に現在ではアナキズム(リバタリアンソシャリズム)は人間と人間社会のあり方について真摯に考える全ての分野に大きな影響を与え続けています。


CNT (Confederación Nacional del Trabajoコンフェデラシオン ナシオナル デル トラバホ)とはスペイン内戦当時のアナコシンディカリストと呼ばれるアナキズムの一派の組合組織で“国家労働連盟”若しくは“全国労働連盟”と言う意味。


アナキズムを説明しているサイトでのアナキズムの要素の抜粋は下記

http://anarchism.pageabode.com/afaq/secA2.html#seca21より。

Anarchists are not against "authorities" in the sense of experts who are particularly knowledgeable, skilful, or wise, though they believe that such authorities should have no power to force others to follow their recommendations. In a nutshell, then, anarchism is anti-authoritarianism.
アナキスト達は或る意味での特別な知識、技術、賢者、そして、其れ等の権威は権威自身の提案やアドヴァイスを他の人々に押し付ける権力を持つべきではないと信じてはいるのだが“権威”すべてに反対している訳ではない。手短に言うとアナキズムは反権威主義と言う事である。

Anarchists are anti-authoritarians because they believe that no human being should dominate another.
アナキズムは彼等が“どの人間も他の人間を支配するべきではない”と信ずる事によって反権威主義である。

Domination is inherently degrading and demeaning, since it submerges the will and judgement of the dominated to the will and judgement of the dominators, thus destroying the dignity and self-respect that comes only from personal autonomy. Moreover, domination makes possible and generally leads to exploitation, which is the root of inequality, poverty, and social breakdown.
支配と言う物は被支配者の意志と判断を支配者の意志と判断より低い地位に置き隠しさり、其れにより個人的自由のみにより生まれる(人間の)威厳と自尊心を破壊し、本質的に(人間性を)劣悪化させ屈辱的なのである。其れ以外にも、支配は不平等、貧困、そして社会の崩壊の根源である搾取を可能にし、(支配は)一般的に搾取に導くのである。

Co-operation between equals is the key to anti-authoritarianism. By co-operation we can develop and protect our own intrinsic value as unique individuals as well as enriching our lives and liberty------------
平等な人間同士の協力は反権威主義の鍵である。平等な人間同士の協力は我々自身の本来備わっている価値観と個人の固有性を発展させ擁護し、そして又、我々の生活と自由を豊かにする。

What we want is the abolition of influences which are artificial, privileged, legal, official
我々が望んでいる事は人工的、特権的、法的、公職的な影響力の廃絶なのです。

This is because hierarchical systems like capitalism deny liberty and, as a result, people's "mental, moral, intellectual and physical qualities are dwarfed, stunted and crushed"
此れは資本主義の様な階級性システムは自由を否定し、その結果として人々の精神的、倫理的、知識的、肉体的性質は矮小され、成長が止められ踏み潰されるのだ。

Thus one of "the grand truths of Anarchism" is that "to be really free is to allow each one to live their lives in their own way as long as each allows all to do the same." This is why anarchists fight for a better society, for a society which respects individuals and their freedom. Under capitalism, "[e]verything is upon the market for sale: all is merchandise and commerce" but there are "certain things that are priceless. Among these are life, liberty and happiness, and these are things which the society of the future, the free society, will guarantee to all."
と言う事で“アナキズムの偉大な真理”の一つは“本当に自由であると言う事は、全ての人々が御互いに同様に人々に対処する限り、各個人の特有の生き方を許すと言う事である。”此の理由でアナキスト達は社会が各個人と彼等の自由を尊重するより良い社会の為に戦っている。資本主義下では“全てが市場での売り物で:全てが商品と商売”なのだが或る特定の物は値段を付ける事が出来ないのである。其の中には生命、自由、幸福、があり、そして未来の社会、自由な社会は全ての人々にそれらを保証するのである。

 次回のクロポツキン(クロポトキン)についての記事の翻訳はStephen Jay Gould, “Kropotkin Was No Crackpot,”を予定しています。

アナキズム関係の過去記事は下記です。

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-180.html

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-171.html

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-28.html

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-182.html

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-160.html

では今日は此れまで。民主主義を排除し様とする権威に支配されない、全ての人間が御互い尊敬しあう社会を目指して頑張りましょう。Comrades!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。