スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米が危ない!と言っても米合衆国の話ではありません。

Golden Rice: A dangerous
experiment
ゴールデンライス:危険な実験。


http://www.bangmfood.org/feed-the-world/17-feeding-the-world/37-golden-rice-a-dangerous-experiment

In February 2009 a group of 22 international scientists and experts addressed an open letter to Prof Robert Russell at Tufts University School of Medicine, who is in charge of clinical trials on GM Golden Rice, protesting at clinical trials of GM Golden Rice being conducted on adults and children.[1]
2009年2月、国際的な22人の科学者達と専門家達のグループはゴールデンライスの臨床実験を担当しているタフト医科大学のロバートラッセル教授に成人と児童達を使っての遺伝子操作されたゴールデンライス臨床実験に対しての抗議の声明をオープンレターで発表した。

The authors say that the trials breach the Nuremberg Code, brought in at the end of World War II to prevent any repetition of the experiments conducted on people by Nazi scientists.
ゴールデンライスについての専門家は此の臨床実験はナチ党の科学者による人体実験を予防する為、第二次世界大戦終了時に制定されたニュールンベルグ規約に違反していると述べている。

The authors say that Golden Rice:
(ゴールデンライスについて批判している)著者は以下の事を述べている。

* is inadequately described in terms of biological and biochemical makeup
ゴールデンライスは生物学的な、そして生物学的構成要素について説明不足である。

* has not been shown to be stable over time – GM crops have been found to be unstable in that their genetic makeup as revealed in tests has differed from that described by the company and scrambling of the genome at the site of insertion sometimes occurs[2]
ゴールデンライスは長期栽培では不安定である。GM農作物は(GM作物の開発をしている)会社の説明とは違い実験で確かめられた様に遺伝子構成が不安定である。そして遺伝子が挿入された部分の配置変化が時々発生する。

* has never been through a regulatory /approvals process anywhere in the world.
ゴールデンライスは世界中何処でも法的認可の過程を経ていない。

The authors’ concerns are backed by a large body of evidence showing that GM crop/food production produces unintended effects, which can result in damage to health when GM foods are fed to animals.[3] There is no evidence to suggest that Golden Rice is any safer than these GM foods.
(ゴールデンライスについて批判している)著者達の懸念はGM農作物/食品生産手段は意図しない結果を招くと言う、GM食品が動物に与えられた時に結果として起こる健康障害による多くの証拠に裏付けられている。ゴールデンライスはこれ等のGM食品よりも安全であると言う事を示す何の証拠も無い。

The authors of the letter to Prof Robert Russell protesting at the Golden Rice human feeding trials conclude, “We can assure you that such trials would not have been approved within the European Union in the absence of safety information, which highlights yet again the flaw of the USDA and FDA regulatory system in considering GM crops/foods as hypothetically “generally recognised as safe – GRAS” in the absence of hard experimental data.”
ゴールデンライスの人間に食べさせる実験に付いてのロバートラッセル教授への手紙の著者達は『安全性についての情報の欠如によりこの様な実験は欧州連合内EUでは許可た事が無い事を我々は保証する。此の事は又、実験による確実なデータの欠如にも拘らずGM農作物/食品が仮定的に安全であると一般的に認識されている(GRAS)事によってUSDA米農務省とFDA食品医薬品局の規制システムの欠陥を強調している。』と締め括っている。

This is not the first time that clinical trials of Golden Rice have become mired in controversy. In the summer of 2008 it was reported that a clinical trial on Golden Rice was cut short in China in July 2008, when the government found that 24 children 6-8 years of age at a primary school in Henyan, Hunan, were to be used as guinea pigs.[4]
ゴールデンライスの臨床実験が議論の対象として物議を醸し出したのは今回が初めてではない。2008年の夏7月、中国フーナン州ヘンヤン市で24人の6歳~8歳の小学生がモルモットとして使われているのを中国政府が発見した事でゴールデンライスの臨床実験が中止されたと報道された。

Golden Rice not proven safe to eat
ゴールデンライスは食用に安全であると証明されていない。


When pharmaceutical drugs are tested for safety, they are first tested on animals. Only if animal studies reveal no harmful effects is the drug further tested on human volunteers. If animal tests with a drug were to yield results similar to those seen in feeding studies carried out with GM foods, the drug would most likely be disqualified for further development. Golden Rice has never been subjected to feeding trials on animals. It is therefore criminally irresponsible to test it on humans.
製薬会社の医薬品が安全性の為にテストされる場合先ず最初に動物で試される。動物実験で害を与える結果が出ない時に限りヴォランティアーを使って人体実験が行われる。若し或る薬品の動物実験がGM食品を動物に与える研究と同様の結果を出す場合は、恐らく其の薬品は其れ以上のテストを受ける資格を失うだろう。ゴールデンライスは未だに動物に飼料として与える試験の対象に一度もなった事がない。だからゴールデンライスの人体実験は犯罪的に無責任である。

The absence of animal testing data on Golden Rice is especially worrying as Golden Rice is engineered to overproduce beta carotene, and studies show that some retinoids derived from beta carotene are toxic and cause birth defects.[5][6][7][8][9] In particular, high concentrations of the retinoid called retinol are toxic.[10]
ゴールデンライスはビタミンAを過大生産する為に(遺伝子)技術的に作り出されているので動物実験のデータの欠如は特に懸念を起こさせる。そして研究はベータカロチンから抽出されたある種のレチノイドは有毒で先天性欠損症を起こす事を示している。特に高濃度のレチノールと呼ばれるレチノイドは有毒である。

One of the breakdown products of beta-carotene, RA, is biologically active at much lower concentrations than retinol, and for this reason excess RA or RA derivatives are extremely dangerous, particularly to infants and during pregnancy.[11]
ベータカロチンの分解した物質の1つRAは生物学的にレチノールよりもより希薄な濃度で活性化し、此の理由で必要以上のRAやRA派生物質は非常に危険であり、特に幼児と妊娠期間には危険である。

In his review of GM nutritionally enhanced plants, David R. Schubert of Cellular Neurobiology Laboratory, The Salk Institute for Biological Studies, La Jolla, California, argues that “rigorous, multigenerational animal safety assessments with the hope of identifying risks to health” are needed for all such plants before they are commercialized.[12]
カリフォルニア州ラホヤ市サルク生物学研究機関の細胞神経生物学研究所のディヴィッドRシューバート氏は彼の栄養補強された遺伝子操作植物に対しての評価で『健康に対する危険性が特定される事を期待した複数世代に亘る厳格な安全性の評価』がその様な植物には商品化される前に必要であると議論している。

Defenders of Golden Rice have claimed that as humans and not animals are the intended consumers, animal feeding trials are unnecessary.
ゴールデンライスの擁護者達は人間として、動物は消費者と意図されていないので動物飼育実験は不必要であると宣言している。

This argument is a common one from advocates of GM, but it is fatally flawed. It is true that animal feeding trials on Golden Rice may not answer the questions of how much vitamin A humans would derive from eating the rice and how effective it would be in solving vitamin A deficiency in humans. But when it comes to testing for toxic effects, animal feeding trials have been found to be a valuable indicator.
此の議論はGM技術擁護者達から聞く普通の議論であるが致死的な欠陥がある。ゴールデンライスの動物飼育実験で“人間がどれだけビタミンAをゴールデンライスを食べる事によって摂取出来るのか?”とか“人間のビタミンA 欠乏症問題解決にどれだけ効果的か?”と言う問いへ答える事が出来ない可能性の有る事は事実である。然し、毒物効果のテストの話になると動物飼育実験は貴重な目安である事が知られている。

It is especially important to carry out such toxicological testing on GM foods because unexpected toxins or allergens may arise from the GM process itself. These may result from genetic disruptions or disturbed biochemistry arising from new enzyme activities in a place where they do not normally occur. The same enzyme working in different plant hosts and cellular environments, as is the case with Golden Rice, can participate in different biochemical reactions – and produce by-products that affect health.
遺伝子組み換え過程其のものから予期されなかった毒性やアレルギー性が発生可能であり毒性の試験を行う事は遺伝子組み換え食物(農作物)では特に重要である。これ等(毒性やアレルギー物質)は遺伝子的切断や有機化学物質妨害によって普通起こらない場所に新しい酵素の活動が起こる事によって発生する。ゴールデンライスと同様に、同一の酵素が他種の植物と其の分子的環境で機能する事は、異種の有機化学反応を共有する事で健康に影響する副産物を生産する。

For these reasons, animal testing is the standard investigation performed to assess possible toxicity both in drugs and in new GM foods. Why should Golden Rice be an exception?
この様な理由で薬品と新種の遺伝子操作食品両方の毒性についての可能性を評価する動物実験は標準化された調査なのである。如何してゴールデンライスは例外なのだろうか?

With regard to testing for efficacy and assimilation of the beta-carotene in Golden Rice, defenders of the product say that beta-carotene is broken down differently in animals than in humans and so animal testing is irrelevant. But ferrets have been identified by researchers as animals that break down beta-carotene in a similar way to humans.[13] Why has efficacy and assimilation not been tested on them?

ゴールデンライスのベーターカロチンの有効性と(人体への)吸収性についてのテストに関してはゴールデンライスの擁護者達はベータカロチンは動物では人体内とは違った分解のし方をするので動物実験は重要ではないと言っている。然し、研究者によって白鼬は動物としては人間と同様のベータカロチンの分解をする事が発見されている。如何して有効性と吸収性が白鼬を使ってテストされていないのだろうか?

Golden Rice appears to have escaped animal testing because of the pervasive attitude to GM in the USA, which was initiated and perpetuated by industry in partnership with government. Under the US system, GM crops and foods are classed as "GRAS" (Generally Recognised As Safe). This is a completely theoretical evaluation which means that industry can do no safety testing at all and still get products approved.
企業と政府がパートナーとなる事によって始められ永続化されている米国内の遺伝子組み換え作物への蔓延している態度によってゴールデンライスは動物実験から逃れる事が出来た様に見受けられる。米国のシステムでは遺伝子組み換え作物と食品は“GRAS”(一般的に安全と認識される)と分類されている。此れは完全な学術的評価であって企業は安全性のテストをしなくても製品が(製造販売の)許可を得られるのである。

Tellingly, on the Golden Rice Humanitarian Board website (www.goldenrice.org), the header for the section "Tests performed on Golden Rice" reads, "It's just rice". The unnamed authors claim, "Detailed molecular analyses have failed to find new allergens showing up as a consequence of having introduced a new gene into a plant, and determination of the expression levels of ten-thousands of genes have also shown that the only changes encountered are related to the introduced genes and those involved in related metabolic pathways." But no data have been published to enable independent scientists and the public to evaluate these claims. As one scientist told GMWatch, "If data isn't published, it doesn't exist."
更に、ゴールデンライス人道主義委員会のウエッブサイトには(www.goldenrice.org)、“ゴールデンライスにされたテスト”の部分の冒頭で“此れは単なる米だ!”とある。無記名の著者は『仔細に行われた分子レベルでの研究では新しい遺伝子の挿入による新しいアレルギー物質は見つからなかった。そして何千何万の遺伝子のエクスプレッションレヴェルの測定での変化は挿入された遺伝子の部分だけであったそしてそれらは代謝経路に関する部分に関連している。』と書いてある。然しゴールデンライスに関係していない科学者や他の人々がこれ等の主張を評価出来る何等のデータも発表されていない。『若しデータが発表されていない時は、データは存在しない。』と或る科学者はGMワッチに語っている。

Bizarrely, the "Research on Health Effects" section of the Golden Rice website lists publications NOT on Golden Rice but on general research on the health effects of vitamin A. Even more bizarrely, the main publications listed are by the United Nations (UN) and the World Health Organisation (WHO). The UN and WHO report success from their long-running programmes to combat vitamin A deficiency (VAD) in those places where they have been implemented. These tried-and-tested programmes involve cheap, traditional, and readily available solutions such as vitamin A supplements and encouraging home growing of vitamin A-rich leafy green vegetables. Golden Rice has never been a part of these programmes. Yet in a sleight-of-hand that has become all too typical in the GM industry, the Golden Rice Humanitarian Board is using data from those programmes to promote its risky, heavily patented, and expensive technological 'solution' to VAD!
不思議な事にゴールデンライスのウエッブサイトにある“健康への影響についての研究”の欄ではゴールデンライスに付いてではなくビタミンAの健康への影響についての一般的な研究が載せられている。もっと不思議な事には(此のサイトで使われている)主な既に発表されている記事のリストは国連と国際保険機関(WHO)によって発表された物である。国連と国際保険機関は長期間行われているプログラム、ビタミンA 欠乏症に対する戦いが実施されている地域での成功を報告している。これ等の実際に試され成功したプログラムは安価な伝統的で誰でも手に入れ易いビタミンAサプリメントやビタミンAを多く含む緑色野菜の栽培の奨励等の解決方法を含んでいる。ゴールデンライスは一度もこれ等のプログラムの一部になった事は無い。然し、遺伝子組み換え業界の典型的な方法となった巧妙な誤魔化しで“ゴールデンライス人道委員会”はこれ等の(国連と国際保険機関)データを利用し危険で多くの特許権が取られている、そして高価な技術的解決法をビタミンA 欠乏症問題に持ち込んでいる。

sleight-of-hand 巧妙な誤魔化し。

Golden Rice not proven safe for the environment
環境の為にゴールデンライスは安全であると確かめられていない。

No data have been published on the environmental risks of Golden Rice. These may include the possibility that the rice will cross-pollinate with other cultivated rice and wild rice.
ゴールデンライスの環境への危険性についてのデータは全く発表されていない。其の危険性はゴールデンライスが花粉で他の栽培品種の稲や野生種の稲と交配する事を含んでいる。

Golden Rice not proven effective
ゴールデンライスは効果的であると証明されていない。

No data have been published on how much beta-carotene is in the rice after four weeks of storage and 20 minutes of cooking.
4週間の保管そして20分の加熱調理の後似どれだけのベータカロチンが此のゴールデンライス米に含まれているかについてのデータは全く発表されていない。

It’s important to note that Golden Rice does not contain vitamin A, but a vitamin A precursor, beta-carotene, that needs to be converted by the body into usable vitamin A.
ゴールデンライスはビタミンAを含んでいない。然し、体内でビタミンAに変化されなければならないビタミンAになる前の段階の物質ベータカロチンが含まれていると言う事実は覚えておく必要がある。

No data have been published on the bioavailability and conversion into vitamin A of the beta-carotene in Golden Rice – how much is actually taken up and converted into a useful nutrient by the body.
ゴールデンライスに含まれているベータカロチンが生物にとってどれだけ利用出来るのか、そして其のビタミンAへの変換率等のデータは全く発表されていない。

No data have been published on the bioavailability and conversion into vitamin A of the beta-carotene in Golden Rice in people who are deficient in other nutrients. The target consumers of Golden Rice are the malnourished, but these people are lacking in many nutrients, some of which (e.g. fats and iron) are necessary for the uptake and use of beta-carotene. This fact undermines the entire “single nutrient” assumption behind the Golden Rice project.
ゴールデンライスに含まれているベータカロチンが他の種々の栄養素が欠乏している人々にどれだけ利用出来るのか、そして其のビタミンAへの変換率等のデータは全く発表されていない。ゴールデンライスの消費者として狙われている人々は栄養失調で多くの栄養が不足していて、其の中の例えば脂肪や鉄分はベータカロチンの吸収と体内での利用に必須の物である。此の事実(他の栄養素が欠乏している場合ベータカロチンはビタミンAに変換されない)はゴールデンライスプロジェクトの背景にある“単一の栄養素”と言う前提全体を否定する物である。


e.g. (exempli gratia )はラテン語で 英語のfor example(例えば)と言う意味。



Better alternatives are available
他の効果的な代替手段が存在する。


"GE rice could, if introduced on a large scale, exacerbate malnutrition and undermine food security because it encourages a diet based on a single industrial staple food rather than upon the reintroduction of the many vitamin-rich food plants with high nutritional value that are cheap and already available." – Professor Klaus Becker, University of Hohenheim, Germany
若し遺伝子操作された米が大規模に導入されると栄養欠乏症を悪化させ食料の保全を揺るがす事になる。何故なら既に入手可能な安価で高栄養価の多くのビタミンが多い野菜の再導入に較べて単一の工業的主食に食生活を依存させる事を促進するからだ。
------------クラウスベッカー教授・ホーヘンハイム大学

“Real-world studies [on Golden Rice] are still lacking, says WHO malnutrition expert Francesco Branca, noting that it’s unclear how many people will plant, buy, and eat golden rice. He says giving out supplements, fortifying existing foods with vitamin A, and teaching people to grow carrots or certain leafy vegetables are, for now, more promising ways to fight the problem.” [14]
『実際の環境下でのゴールデンライスの研究は未だに数が不足している』とWHOの栄養欠乏症の専門家フランセスコブランカはどれだけの人口がゴールデンライスを栽培し、買い、食べるのか不明であると引用しながら語った。サプリメントを配り、ビタミンAで現在既に入手できる食品を強化し、人参や特定の緑色野菜の栽培を人々に教育する事が現在の所此の問題と戦う(成功が予測されている)効果的な方法であると彼は言っている。

WHO launched its strategy to combat vitamin A deficiency (VAD) in 1998. It describes the strategy as follows: [15]
世界保健機構はビタミンA 欠乏症に対処する手段を1998年に発表した。其の手段とは下記である。

*promoting breastfeeding, as breast milk is a natural source of vitamin A and protects babies from VAD
母乳は自然の与えたビタミンAの源で乳児をビタミンA欠乏症から保護すると言う理由でビタミンAを奨励する。

*supplying high-dose vitamin A supplements for deficient children. This has proven a simple and low-cost intervention that has produced remarkable results, reducing mortality by 23% overall and by up to 50% for acute measles sufferers
濃度の高いビタミンAを欠乏症の子供達に配布する。此れは死亡率を平均23%低下させ麻疹患者の場合では50%と言う特筆すべき結果を上げる簡単で安価な証明されている仲介である。

*food fortification, which takes over where supplementation leaves off. Sugar fortified with vitamin A in Guatemala maintains vitamin A status, especially for high-risk groups and needy families.
食品の栄養強化(添加)はサプリメント配布で達成出来ない部分を補う。ガテマラでのビタミンAを添加された砂糖は特にビタミンA欠乏が最も心配されている集団と低所得層でビタミンAの平均摂取を保っている。

*cultivating the garden is the next phase necessary to achieve long-term results. For vulnerable rural families, for instance in Africa and South-East Asia, growing fruits and vegetables in home gardens enables a diverse diet and contributes to better lifelong health. This is backed by research in South Africa. A home-gardening program that was integrated with nutrition education, and focused on the production of yellow and dark-green leafy vegetables, significantly improved the vitamin A status of 2-5-year-old children in a rural village in South Africa. [16]
家庭菜園は長期的な結果に到達する為の次の必要な局面である。例えばアフリカや東南アジアのビタミン欠乏症に影響され易い地方の家族にとっては家庭菜園で果物や野菜を栽培する事は豊富な食品の種類を可能にし生涯での健康に貢献する。此れは南アフリカの研究で証明されている。家庭菜園プログラムは栄養教育に含まれていて、黄色、濃い緑色の葉野菜の栽培に力を入れる事は南アフリカの地方の村の2~5歳の児童でビタミンAの平均値を向上させている。

Changing agricultural models have contributed to vitamin A deficiency
農業形態変化がビタミンA欠乏症の一因となった。


Interestingly, WHO’s recommended practice of growing beta-carotene-rich leafy vegetables in home gardens was common in developing countries before the arrival of World Bank, IMF and other Western-backed programmes that forced farmers into growing cash crops for export. This fact is recognized in a World Bank report, which notes, “Cash crops are useful for generating income but export vegetables may not be meeting local demand for micronutrient-rich foods.”
興味深い事に、ワールドバンク、IMFや他の欧米の金融機関が支持しているプログラムがでしゃばり出し農民に現金収入になる輸出用農作物栽培を押し付ける前には、国際保険機関の奨励しているベータカロチンを豊富に含む緑色野菜の家庭菜園での栽培は発展途上国では一般的に行われていた。
此の事実はワールドバンクの報告で認識されていて、其の報告は『現金収入に繋がる農作物は収入を造り出す為には有効ではあるが野菜の輸出は特定の地方の微量栄養素の豊富な食品の需要を満たさない可能性がある。』とあり

The report also says, “Home gardens can be both a major household food resource and a source of income. It recognizes that the role of home gardens in solving nutrient deficiencies have been ignored by policy makers because they lack the status of marketed crops (and often do not appear on any economic balance sheet). Home gardens are also frequently the domain of women, which further reduces their status.[17]
此の報告は又『家庭菜園は重要な家庭用の食品源、そして収入源の両方になる可能性がある。栄養失調解決の為の家庭菜園の役割は、家庭菜園で栽培される野菜が市場での商品としてのステイタスが無かった為政策担当者達によって無視されてきた。(そして、多くの場合どの経済収支報告にも現れないのである)又、家庭菜園は多くの場合女性達の領域と言う理由で其の(家庭菜園)ステイタスはより低くなっている。

It is ironic that Golden Rice is a “solution” promoted by Western interests to a problem that was arguably generated by Western interests in the first place.
皮肉な話ではあるが、欧米利権によってゴールデンライスが解決策としてプロモートされている問題は殆ど議論の余地の無いほど元々欧米利権によって起こされた問題なのである。


GMWatch May 2009

ejnews:又遺伝子組み換え技術についての話題ですで、此の記事は日本人には直接関係無いと思われるかもしれません。しかし食料の約60%を輸入に頼っている現状では、何時この様な遺伝子操作され安全性の確認されていない食品が種々の加工食品に含まれ輸入されるのか解からないのです。其の他にも東南アジアでこの様なGM稲品種を大規模に栽培され始めると、日本で栽培されている稲種に花粉による遺伝子汚染が何時起こるか予期出来ないのです。玉蜀黍の原産国メキシコではモンサントによる遺伝子組み換え玉蜀黍による遺伝子汚染が確実に進んでいる様ですが(玉蜀黍遺伝子汚染はモンサント等の企業による計画的犯罪の可能性もあるようです)日本の稲作を遺伝子組み換え技術から守る為に我々日本人はゴールデンライスの栽培には大声を上げて反対すべきではないではないでしょうか?
 そして、ゴールデンライス関連の下記の様な資本層による食料を利用して利益と支配追及をしているとの記事も見受けられますが、ロックフェラーは常に陰謀論関係の記事でターゲットにされていますので今回はロックフェラーの関係していない記事を紹介してみました。下記のロックフェラーが関係している記事の冒頭だけ紹介して置きます。又時間のあるときに全文翻訳します。


Beyond Golden Rice:
The Rockefeller Foundation's long-
term agenda behind Genetically
Modified Food
ゴールデンライスの彼方に:ロックフェラー財団の長期計略“遺伝子組み換え食物”の裏に。


Informationliberationと言うサイトより。

Jurriaan Maessen

http://www.informationliberation.com/?id=26822

‘A total population of 250-300 million people, a 95% decline from present levels, would be ideal.’ – Ted Turner to Audubon Magazine, 1996
『全人口2億5千万~3億人、現在の水準より95%減此れは理想的ではないだろうか』テッドターナー、オドュボーン誌、1996年。

In an April 18th 2009 article on the development of GM-Food for the African continent, ‘Strange Fruit: Could genetically modified foods offer a solution to the world’s food crisis? the author mentions that the Rockefeller Foundation has recently set out to fund the process of ‘biofortified rice’ for third world nations, invented by a Swiss scientist named Ingo Potrykus.
2009年4月18日、アフリカ大陸の為のGM食物の開発の記事“ストレンジ フルーツ:遺伝子組み換え食品は世界の食糧危機について解答を与えるのだろうか?”の著者はスイスの科学者インゴ ポトリスクによって開発された生物学的に補強された米を発展途上国の為に処理する資金をロックフェラー財団が最近設立した事に言及している。

In 2000 a Swiss scientist named Ingo Potrykus modified rice, adding a bacterial gene and two genes from the daffodil, to add Vitamin A to rice. His plan was to find an easy way of countering the vitamin deficiency which causes blindness in around half a million people, mainly children, every year. Half of them die within 12 months of going blind and others die of diseases such as malaria because the deficiency affects their immune system. Professor Potrykus called his invention Golden Rice.’
2000年インゴ ポトリスクと言う名のスイスの科学者は米にビタミンAを加える為にバクテリアの遺伝子とダフォドイルの2つの遺伝子を加えて稲の品種改良をした。彼の計画は毎年世界中の主に子供達の間で50万人の盲目の原因となっているビタミン不足に対処する簡単な方法を見つける事であった。其の盲目になった半分は12ヶ月中に死亡し残りはマラリア等の病気によって死亡する。何故なら(栄養)不足は身体の免疫機能に影響するからだ。ポトリスク教授は彼の発明を“ゴールデンライス”と名付けた。

But there's nothing recent about the Rockefeller Foundation's involvement in the research and development of genetically enhanced rice, as we learn from a November 14, 2000 publication by the Rockefeller Foundation in which the director of Food Security of the Rockefeller Foundation Gary H. Toenniessen states that in the early 1990's the Swiss scientist along with a colleague:
然しロックフェラー財団の此の研究と遺伝子操作による強化された稲の開発への関与は最近始まった物では全く無い。2000年11月14日ロックフェラー財団の発行物で食料保障についての責任者グレイH.トウナイゼンは述べている。『1990年代初頭にスイスの科学者と彼の同僚は---------

"...approached the Foundation. Dr. Ingo Potrykus of the Swiss Federal Institute of Technology in Zurich was a specialist in plant genetic transformation and his lab was one of the first to genetically engineer rice. (...) These two scientists proposed to genetically engineer `rice with daffodil genes to produce nutritionally significant levels of beta-carotene in the rice endosperm. At a foundation-sponsored workshop, other scientists agreed that this task was difficult but achievable, and the effort was funded.'
ロックフェラー財団に打診してきた。スイス連邦チューリッヒ テクノロジー協会のインゴポトリスク教授は植物の遺伝的改良の専門家で、そして彼の研究所は世界で始めて稲の遺伝子組み換えを実施した研究所の一つである。此の2人の科学者は稲の胚乳内で栄養的に十分な量のベータカロチンを生産する為にダフォドイルの遺伝子を使った稲の遺伝子組み換えを提案した。ロックフェラー財団の支援するワークショップで他の科学者達は此の仕事は達成する事は困難だが達成可能と言う事で合意し、此の努力には資金供給が為された。

Ten years later, it seems, the experiments had proven a great success. In a keynote speech by Rockefeller Foundation's president Judith Rodin on October 17 2008, the speaker points out that the research concerning genetically engineered rice has been underway for at least 65 years- and all this time received the generous support of the Foundation's deep pockets. Rodin explains:
十年後此の実験は偉大な成功であると証明されたかのように見えた。2008年10月17日のロックフェラー財団のプレジデント であるジュディス ローディンによる基調演説で稲の遺伝子組み換えに関しての研究は少なくとも65年間は続いていて------そして、その間ロックフェラー財団の気前の良い支援を受けて来たとジュディスローディンは説明した。

'In the sixty-five years since they began, we've funded the work of Golden Rice's engineers, Dr. Peter Beyer, Dr. Ingo Potrykus, and others for more than fifteen of them. (...) I'm delighted to announce, today, that we will be providing funding to the International Rice Research Institute - which we helped establish almost fifty years ago - to shepherd Golden Rice through national, regulatory approval processes in Bangladesh, India, Indonesia, and the Philippines. And we hope this is just the beginning.'
彼等が始めてから65年間我々はゴールデンライスの遺伝子組み換え技術のピーター ベイヤー博士、インゴ ポトリスク博士や他の15人以上を経済援助してきた(…….)バングラデッシュ、インド、インドネシア、そしてフィリピンの国家による法的認可を通してゴールデンライスを世に送り出す為殆ど50年前我々が設立を支援した国際稲研究機関に資金を提供する事を喜んで発表します。そして此れはホンの手始めである事を期待しています。

On behalf of the Rockefeller Foundation, Representative Akinwumi Adesina stated before the Congressional Black Caucus Legislative Conference on September 28 2007 that the continent of Africa was especially chosen as the Foundation's favourite playing ground. But he laments:
2007年9月28日、議会の黒人議員会の立法会合でアキンウミ アデシナ代表はロックフェラー財団の代理としてアフリカ大陸はロックフェラー財団の庭として特に選ばれたと述べた。然し彼は下記の様に文句を言っている。

'Regarding genetic engineering, by and large, African countries do not currently have in place regulatory frameworks that allow their use for food production. Many challenges face the introduction and cultivation of GM crops in Africa, including fear of GE crops.'
『遺伝子技術については、全般的に見てアフリカ諸国には現在食物生産に遺伝子技術使用が許可される法的枠組みが無い。遺伝子組み換え農作物への恐怖を含めた、多くの困難が遺伝子組み換え農作物の導入と栽培が面している。』

Adesina goes on by bringing climate change into the equation, dumping fear upon fear, and hoping perhaps that a new fear will eliminate the former one:
アデシナは続けて、不安を次から次へと煽りそして新しい不安が前の不安を取り除く事を恐らく期待して続けて気候変化を議論の論理に持ち込んだ。

‘Assisting Africa to meet its food needs has other advantages for climate change. (…) Increasing population pressure and reliance on extensive agricultural practises will likely lead to further deforestations and carbon dioxide emissions and contributions to climate change.’
『アフリカの食料需要を満たす事への支援は気候変化について利益もある…(……)増え続ける人口問題や大規模農業に頼る事は恐らくより一そうの森林破壊と二酸化炭素排出と気候変化助長へと導くだろう。』
-------------------------------------(続く)
ejnews: と言う事でした。では!又次回まで。
Good Night, and Good Luck.

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

和久希世さん

如何してHPVウイルスの男性用の予防接種が開発されなかったのか知らないのですが(私は研究者達や企業の幹部達が男性なので自分達を実験の対象にしたくないとか色々な男性中心の社会的理由でこの様な予防接種や避妊措置は女性に押し付けているのではないかと思っています)此の予防接種は副作用も有るのですが効果がどれだけ持続するのか分かっていないと言う話だった様に記憶しています。
 どうして小学生や中学生にHPVウイルスの予防接種をするのかと言う理由は一度HPVウイルスに感染(感染は主に性行為が原因だそうで性行為を始める前の年齢が対象になるのだそうです)すると予防接種の意味が無いと言う理由でした。
 唯、HPVウイルスは医療検診や医師の診療で見つかり治療も簡単に出来るそうですからHPVウイルスの予防接種はどれだけ必要なのか解からないという意見も多かった様に記憶しています。

No title

そうなのですか。
男性にはワクチンを受けさせないと言うのは、やっぱり副作用の恐れがあるという事なのでしょうか?
それにワクチンの効き目が何年あるのかは知りませんが、
小学6年生の子供に摂取させるのは、余りにも早すぎますよね。
値段も5万円!ぼり過ぎではないでしょうか?
その内4万5千円が税金でまかなわれても、5千円の負担になるのですから・・・・・・

和久希世さん

ウッカリ忘れていましたが、此の子宮癌の原因となるHPVウイリスは男性器や肛門に繁殖するのですが(だからホモセクシュアルの男性もコンドーム等で予防措置を取る必要がある)如何言う訳か若い女性だけがこの様な危険な予防接種の対象になるのです。避妊措置も専ら女性の義務の様に考えられ、危険な癌の原因とされている避妊ピル等が当然の様に考えられているのですが男尊女卑だと思いませんか?
 

和久希世さん

アメリカでも数年前に子宮癌の原因となる生殖器の“いぼ”(HPVウイリス)に対する女子中学生強制的予防接種が何処かの州で問題になっていました。副作用も多く、又何年効果が持続するのかも分かっていないそうで大きな問題になっていました。結局は“いぼ”ですからビタミンやミネラルを豊富に含む食事で普通は対処可能だそうですが現代食生活は全ての栄養素が欠けているので此の子宮の大きな原因のHPVウイルス等にも人体は抵抗出来ない様になっているのではないかと言う話でした。
 私も此の前目の横にに“いぼ”が出来、ノルウェー産の魚の肝油(ビタミンDとAが多く含まれている。肝油のビタミンAは肝臓に蓄積され肝臓に障害をもたらすので服用には気をつけなくてはならない。)を2~3回服用した所完全に消えてしまいました。私の妻も驚いていました。
 兎に角、自然の食物と其の抽出物には人間が健康に生きていける栄養が豊富に含まれているのですが、現代科学と言う迷信で病気は薬で治療するとか、化学薬品でしか治療出来ないと言うプロパガンダが企業によってされているようです。
 アメリカでは自然の植物から抽出されたサプリメントに対する法的規制を強化が企業側から提案されていて自然の植物の抽出物が市場から追い出される可能性も有るのです。自然の食品が病気を治療できると企業は儲からないですからね。
 コメント有り難うございます。

No title

お金儲けが目的ではなくて、健康のために開発していると言って、
害毒を流すかもしれないものを次から次にと、作り出して行かなかったら、
資本家が莫大な利益を維持し続けることは困難だから、仕方ないと言うことなのでしょうね。
彼らに言わせれば・・・・・

すべては利潤のためであって、その余のものは全て口実。
だから利潤追求に障りとなるかもしれない事については、一切検査もしてはならない。
「もし検査で、良くない結果が出たら、これまでかけた資本金が全部無駄になるではないか!」と言うのが、検査したがらないことの主な理由なのでしょうね。
謳い文句は、「健康に有効」であるというのに・・・・・

でも企業が儲かるとなると、社会を挙げて公は、庶民の健康に気を使うようですよ。
最近のニュースに小学6年生の女子全員に、子宮頸がんの予防ワクチンを集団接種させることにした県(栃木県)の話がされていました。
一人前5万円かかるワクチンの内、4万5千円を自治体が持って、集団接種することにしたのだそうです。
予防効果は70%余りとのことで、
子宮頸がんに現在かかって苦しんでいる人のコメントや、
「ありがたい」と喜んでいるお母さんのコメントを報道していましたが・・・・・
ワクチンにつき物の、副作用の心配は皆無なのでしょうか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。