スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争も当然プロパガンダの道具!

Marjah: The Non-Existent City the
Military Said We Conquered in
Afghanistan
マージャ:陸軍が征服したといったアフガニスタンの存在しない都市。


Marjah isn't even a town, but rather one of the clearest and most dramatic examples of a war of perception as outlined in the US's counter-insurgency doctrine.
マージャは町の様な規模でもない。其れよりもマージャーは米政府の対テロ(反乱)ドクトリンによって概略が説明されている最も明快で劇的なワー オブ パーセプション(人々の戦争についての認識の仕方をコントロールする戦略)の例である。


IPS News / By Gareth Porter


http://www.alternet.org/story/145971/marjah:_the_non-existent_city_the_military_said_we_conquered_in_afghanistan

WASHINGTON - For weeks, the United States public followed the biggest offensive of the Afghanistan war against what it was told was a "city of 80,000 people" as well as the logistical hub of the Taliban in that part of Helmand. That idea was a central element in the overall impression built up in February that Marjah was a major strategic objective, more important than other district centers in Helmand.
ワシントン-----何週間もの間米合衆国市民は“人口8万人”で、然もヘルマンド地方のタリバンの兵站拠点であると聞かされていた場所に対してのアフガニスタンでの最大の攻撃をニュースで追っていた。目的は2月に既に造り上げられていた一般的な印象の中心的な要素になっていたマージャはヘルマンド地方のどの主要地域よりも重要な戦略的目標であると言う事だった。

It turns out, however, that the picture of Marjah presented by military officials and reported by major news media is one of the clearest and most dramatic pieces of misinformation of the entire war, apparently aimed at hyping the offensive as an historic turning point in the conflict.
実際には陸軍上層部よって説明され、主要ニュースメディアで報告された情景は此の戦争全体の中で最も明快で劇的な偽情報で、此の攻撃をアフガニスタン紛争で歴史的な転換点であると誇張する事が目的であった。

Marjah is not a city or even a real town, but a few clusters of farmers' homes amid a large agricultural area that covers much of the southern Helmand River Valley.
マージャは都市で無いばかりか本当の町でもなく、南ヘルマンド河流域の殆どの地域を占める広大な農業地域にただ幾つかの農家の集落が存在しているだけである。

"It's not urban at all," an official of the International Security Assistance Force (ISAF), who asked not to be identified, admitted to Inter Press Service (IPS) on Sunday. He called Marjah a "rural community".
匿名である事を要求したインターナル セキュリティー アシスタンス フォース国内安全保障補佐部隊(ISAF)の或る要員はインタープレスサーヴィス(IPS)に『マージャは都会等とはトンでもない話だ!』と言って認めている。彼はマージャを“田舎のコミュニティー(集落)”と呼んでいる。

International Security Assistance Force
インターナル セキュリティー アシスタンス フォース国内安全保障補佐部隊(ISAF)
NATOナトーを中心に形成されたアフガニスタン治安部隊。


"It's a collection of village farms, with typical family compounds," said the official, adding that the homes were reasonably prosperous by Afghan standards.
『其処は此処其処に散在する農民の村で典型的な家族の住む家屋集合だ。』と其の要員は言った後『それらの家屋はアフガニスタンの基準では結構裕福な方だ。』と付け加えた。

Richard B Scott, who worked in Marjah as an adviser on irrigation for the US Agency for International Development as recently as 2005, agrees that Marjah has nothing that could be mistaken as being urban. It is an "agricultural district" with a "scattered series of farmers' markets", Scott told IPS in a telephone interview.
“国際開発”と言う名の米国政府機関のアドヴァイザーとしてマージャで2005年まで働いていたリチャードBスコットはマージャには都会として間違って考えられる様な物は何も無いと言う事に合意している。『マージャは農家の市場が点々と続く農業地帯だ。』とスコットはIPS電話を通してのインタヴューで語っている。

The ISAF official said the only population numbering tens of thousands associated with Marjah is spread across many villages and almost 200 square kilometers, or about 125 square miles.
此のISAFの要員は、マージャの何千何万と言う人口は200キロメートル平方、約125平方マイル内に広がる多くの村々に広がっている人口の事だと語っている。

Marjah has never even been incorporated, according to the official, but there are now plans to formalize its status as an actual "district" of Helmand province.
この要員によると、マージャは地方行政区として認識された事は無かったが、今ヘルマンド地方での実際の“地区”として正式に認める計画が存在すると言う事だ。


The official admitted that the confusion about Marjah's population was facilitated by the fact that the name has been used both for the relatively large agricultural area and for a specific location where farmers have gathered for markets.
此の要員はマージャの人口についての混乱はマージャと言う名前が比較的に広大な農業地域と特定の農民の集まる農家の市場の両方に使用されて来た事が原因であると認めている。

However, the name Marjah "was most closely associated" with the more specific location, where there are also a mosque and a few shops.
然しながら、マージャと言う名前は特定の場所として、そしてモスクと数軒の店の在る場所と理解されてきた。

That very limited area was the apparent objective of "Operation Moshtarak", to which 7,500 US, North Atlantic Treaty Organization and Afghan troops were committed amid the most intense publicity given any battle since the beginning of the war.
戦争が始まって以来最も宣伝されていた最中に、其の非常に限られた地域が明白に7500人の米兵、北大西洋条約機構軍、そしてアフガニスタン軍が投入された“モシタラック作戦”の目標であった。

So how did the fiction that Marjah is a city of 80,000 people get started?
それでは、どの様にしてマージャが人口8万人の都市と言う作り話は始まったのだろうか?

The idea was passed onto news media by the US Marines in southern Helmand. The earliest references in news stories to Marjah as a city with a large population have a common origin in a briefing given on February 2 by officials at Camp Leatherneck, the US Marine base there.
此のアイデアは南ヘルマンド地方の米海兵隊によってニュースメディアに伝えられた。最も初期のニュースでマージャが大人口の都市であると言う引用がされている全ての記事は2月2日に為された“キャンプ レザーネック”と言う南ヘルマンドの海兵隊基地での将校達によるブリーフィング(此処では記者達への簡単な状況報告)が源となっている。

The Associated Press published an article the same day quoting "Marine commanders" as saying that they expected 400 to 1,000 insurgents to be "holed up" in the "southern Afghan town of 80,000 people". That language evoked an image of house-to-house urban street fighting.
アソシエイテド プレス(AP)は其の同じ日に“海兵隊司令官”が400~1000人の反乱者が南アフガニスタンの人口8万人の町に潜伏していると言った事を引用し記事を発表している。此の表現は家から家と戦われる市街戦のイメージを思い起こさせる。

The same story said Marjah was "the biggest town under Taliban control" and called it the "linchpin of the militants' logistical and opium-smuggling network". It gave the figure of 125,000 for the population living in "the town and surrounding villages".
此の同じ記事はマージャは“タリバン支配下最大の都市”そして“武装団体の兵站とオピウム密輸ネットワークの要”として表現している。其の記事は“其の都市と周辺地域”に居住している人口として12万5千と言う数字を挙げている。

ABC news followed with a story the next day referring to the "city of Marjah", claiming that the city and the surrounding area "are more heavily populated, urban and dense than other places the marines have so far been able to clear and hold".
ABCニュースは翌日“マージャと言う都市”を引用した記事で此の話題を追い、此の都市と其れを取り巻く地域は海兵隊が現在まで一掃し支配している他の場所よりもより人口が多く都市的で人口密度が高いと宣言している。

The rest of the news media followed with that image of a bustling, urbanized Marjah in subsequent stories, often using "town" and "city" interchangeably.
残りの其の他のニュース メディアは都会的な賑やかなマージャのイメージで多くの場合“町”と“市”を同じ意味に交互に使いながら後のニュースを追っていた。

As "Operation Moshtarak" ("Together") began, US military spokesmen were portraying Marjah as an urbanized population center. On February 14, on the second day of the offensive, US Marine spokesman Lieutenant Josh Diddams said the marines were "in the majority of the city at this point".
“モシタラック作戦”は米軍スポークスマンのマージャを都会的な人口の中心としての描写と共に始まっている。2月14日、攻撃の2日目米海兵隊スポークスマンであるジョシディダムス大尉は海兵隊は“今の時点で此の都市の大部分の地域に展開している”と語っていた。

He also used language that conjured images of urban fighting, referring to the insurgents holding some "neighborhoods".
彼は又反乱者達は特定の“居住区”を支配している事を引用しながら市街戦のイメージを呼び起こす言葉使いをしていた。

A few days into the offensive, some reporters began to refer to a "region", but only created confusion rather than clearing the matter up. One report referred to "three markets in town - which covers 80 square miles".
攻撃開始の数日後数人の記者達は“地方”と言う言葉を引用し始めたが此れは問題を解決するのではなく混乱を引き起こした。或る報告は"3軒の市場が80マイル平方の町に存在する"と言う文章を引用している。

A "town" with an area of 80 square miles (207.2 square kilometers) would be bigger than such US cities as Washington, DC, Pittsburgh and Cleveland.
80平方マイルの町(207,2平方キロ)はアメリカのワシントンDCやピッツバーグ、クリーヴランドの様な都市よりも広い範囲と言う事になる。

The decision to hype up Marjah as the objective of "Operation Moshtarak" by planting the false impression that it is a good-sized city would not have been made independently by the marines at Camp Leatherneck.
かなり大きな都市と言う印象を植え付ける事でマージャを“モシタラック作戦”の目標としてでっち上げる決定はキャンプ レザーネックの海兵隊によって勝手に決められた物ではない。

A central task of "information operations" in counter-insurgency wars is "establishing the COIN [counter-insurgency] narrative", according to the Army Counter-insurgency Field Manual as revised in 2006 under General David Petraeus, the head of US Central Command.
米軍中央司令部のデイヴィッド ぺトレイアス将軍下で2006年に改定された陸軍対反乱軍覚書によると、対反乱者戦争の“情報作戦”の中心的な任務は“COIN(対反乱者)表現方法、プロパガンダ”を確立する事である

That task is usually done by "higher headquarters" rather than in the field, as the manual notes.
陸軍対反乱軍覚書に書かれてある様に、この様な任務は普通、戦場ではなく“司令部の上部”によってなされる。

The COIN manual asserts that news media "directly influence the attitude of key audiences toward counter-insurgents, their operations and the opposing insurgency". The manual refers to "a war of perceptions, conducted continuously using the news media".
陸軍対反乱軍覚書は“対反乱作戦、彼等の作戦そして反乱対抗の重要な観衆の態度に直接影響を及ぼす”と宣言している。陸軍対反乱軍覚書は“印象(認識)を巡る戦争はニュースメディアを持続的に利用する”と言及している。

General Stanley McChrystal, commander of the ISAF, was clearly preparing to wage such a war in advance of the Marjah operation. In remarks made just before the offensive began, McChrystal invoked the language of the counter-insurgency manual, saying, "This is all a war of perceptions."
ISAFの司令官スタンリー マックリスタル将軍はマージャ作戦以前に、明らかにこの様な戦争手段を遂行する準備をしていた。此の作戦が開始される直前に述べられた言葉でマックリスタル将軍は『此の戦いは全て印象(認識)を巡る戦いである。』と語り陸軍対反乱軍覚書の言葉を呼び起こしていた。

The Washington Post reported on February 22 that the decision to launch the offensive against Marjah was intended largely to impress US public opinion with the effectiveness of the US military in Afghanistan by showing that it could achieve a "large and loud victory".
マージャに対する攻撃遂行決定は“大規模で派手な勝利”を勝ち取る可能性を見せ付けて、アフガニスタン米軍部の効率性について米市民民意に強い印象を与える事が主に意図されていたと2月22日、ワシントンポストは報告していた。

The false impression that Marjah was a significant city was an essential part of that message.
マージャが大規模な都市であると言う間違った印象は此のメッセージの主要な部分である。

ejnews: 数日前連邦議会でDennis Kucinichデニス クセネッジの提案した米軍のアフガニスタン撤退法案は356対65で否決され、米軍のアフガン介入は今までの様に暫くの間続いて行き国民の未来の税金までも注ぎ込まれ続ける事になったのですが、パトリック ケネディーはこれについてメディアは政治家のセックススキャンダル等を追い重要な議論を報道していないと(rant)喚いてしていました。興味の在る方はYoutubeで
http://www.youtube.com/watch?v=-J6DLbVClMo

 兎に角、此のマージャ大攻勢は米国民の戦争に対する意見を扇動する事が主要な目的であった様で、攻略の簡単な地域を選んで攻撃し勝利宣言をしたと言う事でしょうか?他のニュースによるとタリバンは攻撃が始まる前にマージャから撤退していたと言う話で、米軍にとってはタリバンがマージャに居ても居なくてもどちらでも良かった様に我々は感じてしまいます。つまり此の攻撃で死傷した人間は戦闘員よりもアフガニスタンの農民の方が多いと言う事になりそうですね。プロパガンダはテレビや新聞だけでなく、実際に人が死んでしまう戦争もプロパガンダの道具になると言う事は我々は忘れてはいけないと思います。此の記事を書いたGareth Porter氏はインター プレス サーヴィスでの此のマージャ攻勢についての記事の一部で下記の事を最後に書いています。


The decision to launch a military campaign primarily to shape public opinion is not unprecedented in U.S. military history.
主に民衆の意見を扇動する為の軍事作戦遂行の決定は米軍事史では例が無い物ではない。

When President Richard M. Nixon and his National Security Adviser Henry A. Kissinger launched a major bombing campaign against the North Vietnamese capital in late December 1972, they were consciously seeking to influence public opinion to view their policy as much tougher in the final phase of peace negotiations with Hanoi.
ニクソン大統領とヘンリー キッシンジャー国務長官が1972年12月後半、北ヴェトナムの首都大規模爆撃を遂行した時、彼等は意識的に最終段階にあったハノイとの平和交渉についての政府の政策は(ハノイ爆撃と)同様に険しい(要求をしている)と民衆の意見に影響を与える事を意図していた。

The combination of the heavy damage to Hanoi and the administration's heavy spin about its military pressure on the North Vietnamese contributed to broad acceptance of the later conclusion that Kissinger had gotten a better agreement in Paris in February 1973.
大規模のハノイの被害と米政府によってスピンがかけられた(ある特定の視点でニュース、事実を捻じ曲げて解釈し発表する事)北ヴェトナムに対する軍事的圧力の報道の両方が後の1973年2月のパリ合意でキッシンジャーがより良い合意を得たと事に寄与したと一般的に捉えられている。

In fact, Kissinger had compromised on all the demands he had made before the bombing began. But the public perception was more important to the Nixon White House.
実際には、キッシンジャーはハノイ爆撃前に彼が要求していた全ての事項で譲歩していた。
然し民衆の意見がニクソンのホワイトハウスにとってはもっと重要であった。

全文は下記。
http://www.truthout.org/marja-offensive-aimed-shape-us-opinion-war57124

今日は此れまで。Good night and good luck!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカ、アフガニスタンで、ファルージャ式攻撃を準備

2010年2月6日 wsws.org アメリカとイギリスの軍隊が、アフガニスタンのヘルマンド州にある町、マルジャーの攻撃を準備する中、軍司令官達とマスコミは、この作戦を、イラク戦争における、最も残忍な戦争犯罪の一つ、2004年11月のファルージャ包囲攻撃と、あからさまに、比...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。