スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌、生殖機能障害、プラスチックボトル、ビスフェノール-A ?

Plastic Bottles Release Potentially Harmful Chemicals (Bisphenol A) After Contact With Hot Liquids
高温の液体との接触によってプラスティックボトルは有害化学物質(ビスフェノールA)を放出する可能性がある。

 
ScienceDaily (Feb. 4, 2008) ― When it comes to Bisphenol A (BPA) exposure from polycarbonate plastic bottles, it's not whether the container is new or old but the liquid's temperature that has the most impact on how much BPA is released, according to University of Cincinnati (UC) scientists.

サイエンス デイリー2008年2月4日  シンシナティ大学(UC)の科学者達によると、ポリカーボネイト プラスティック ボトルからのBisphenol A(BPA)ビスフェノール-Aによる溶出汚染については、プラスティックの容器が新しいか古いかではなく、〈容器に入れられる〉液体の温度がBPAの溶出量に最も強い影響を与える。

Exposure エクスポージャー、露出 ですが、人間が化学物質などに日常さらされることもこの単語の動詞で表します。例えば:He was exposed to toxic chemical.s彼は毒性のある化学物質にさらされた。

Scott Belcher, PhD, and his team found when the same new and used polycarbonate drinking bottles were exposed to boiling hot water, BPA, an environmental estrogen, was released 55 times more rapidly than before exposure to hot water.

 スコット ベルヒャー博士と彼のチームは、飲料水用に使用される同じ種類の新しいポリカーボネイト ボトルと古いボトルを沸騰しているお湯に接触させると、環境ホルモンのエストロジンであるBPAの溶出の速さは、沸騰しているお湯に接触させる前の55倍になる事を発見した。

"Previous studies have shown that if you repeatedly scrub, dish-wash and boil polycarbonate baby bottles, they release BPA. That tells us that BPA can migrate from various polycarbonate plastics," explains Belcher, UC associate professor of pharmacology and cell biophysics and corresponding study author. "But we wanted to know if 'normal' use caused increased release from something that we all use, and to identify what was the most important factor that impacts release."

 過去の研究が示す様に、若し繰り返し擦り洗ったり、皿洗い機を使ったり、お湯で茹でたりすると、ポリカーボネイトベイビーボトル(哺乳瓶)からはBPAが溶出する。その事からBPAは色々なポリカーボネイトプラスティックから溶出される可能性がある。とUC医薬化学、細胞有機物理学助教授、でこの研究結果記事著者、ベルヒャー氏は説明している。そして『然し、我々が知りたかった事は、我々が普段に使っている物から日常的な使い方でPBAの溶出は増加するのか?何が最もPBAの放出に影響しているのか?だった。』と続けた。

"Inspired by questions from the climbing community, we went directly to tests based on how consumers use these plastic water bottles and showed that the only big difference in exposure levels revolved around liquid temperature: Bottles used for up to nine years released the same amount of BPA as new bottles."

 ロッククライミングの団体からの質問によって勇気づけられ、我々は実際の消費者のプラスチックボトルの使い方を基本に直ぐに研究を始めた。結果は唯一つのPBA放出レベルの相違は(ボトルに入れたり、洗ったりする時の)液体の温度に関わるものだった。製造後9年までボトルは新しいボトルと同じ量のBPAを溶出する。

BPA is one of many man-made chemicals classified as endocrine disruptors, which alter the function of the endocrine system by mimicking the role of the body's natural hormones. Hormones are secreted through endocrine glands and serve different functions throughout the body.

 BPAは(endocrine disruptorsエンドクリン ディスラプター)内分泌機能に傷害を与える多くの人工の化学物質の一つで,自然に体で分泌されるホルモンの働きを真似る事により内分泌機能を変化させる。種々のホルモンは内分泌腺によって分泌され体の中でそれぞれ違った働きをする。

The chemical--which is widely used in products such as reusable water bottles, food can linings, water pipes and dental sealants--has been shown to affect reproduction and brain development in animal studies.

 この化学物質----繰り返し使える水を入れるボトル、缶詰のライニング、水道用パイプ、歯科医用の(アマルガム)に代るつめもの、等に広く使用されている---は動物実験では生殖機能、脳の成長発達に影響があるとの結果が出ている。

"There is a large body of scientific evidence demonstrating the harmful effects of very small amounts of BPA in laboratory and animal studies, but little clinical evidence related to humans," explains Belcher. "There is a very strong suspicion in the scientific community, however, that this chemical has harmful effects on humans."

 『微量のBPAが健康に悪影響を及ぼすとの実験室や動物実験等のかなりの量に上る科学的証拠が存在する。然し人間に関する医学的証拠は少ない。が、然し、科学者の間ではこの化学物質は人体に対して悪影響を及ぼすとの非常に強い疑念が存在する。』とベルヒャー氏は説明する。

Belcher's team analyzed used polycarbonate water bottles from a local climbing gym and purchased new bottles of the same brand from an outdoor retail supplier.

 ベルヒャー氏のチームは、普通のロッククライミングジムに在った使用済みの水のボトルと、それと同じボトルをアウトドア商品を扱う小売店から新しく購入して分析した。

All bottles were subjected to seven days of testing designed to simulate normal usage during backpacking, mountaineering and other outdoor adventure activities.

 全てのボトルは、野外のハイキング、登山、そして他のアウトドア活動での同様のボトルの使用を再現模倣した7日間のテストで分析された。

The UC researchers found that the amount of BPA released from new and used polycarbonate drinking bottles was the same -- both in quantity and speed of release -- into cool or temperate water.

 UCの研究員はボトルが新しくても古くてもポリカーボネイトボトルから---溶出量、時間共に---冷たい水と微温湯に溶出するPBAは同量だと言う事を発見した。

However, drastically higher levels of BPA were released once the bottles were briefly exposed to boiling water.

 が然し、一度ボトルが短時間沸騰するお湯に触れると突然高いレベルのPBAが溶出した。

"Compared to the rate of release from the same bottle, the speed of release was 15 to 55 times faster," explains Belcher.

 『同じ(常温の)ボトルからの溶出の速さのレイトと比べると(高温にさらされた時は)溶出の速さは15~55倍早くなった。』とベルヒャー氏は説明する。

Prior to boiling water exposure, the rate of release from individual bottles ranged from 0.2 to 0.8 nanograms per hour. After exposure, rates increased to 8 to 32 nanograms per hour.

 沸騰するお湯にされされる前はボトルからの溶出量レイトは毎時0.2~0.8ナノグラムだった。お湯にされされた後のレイトは毎時8~32ナノグラムに増加した。

Belcher stresses that it is still unclear what level of BPA is harmful to humans. He urges consumers to think about how cumulative environmental exposures might harm their health.

 どのレベルのBPAが人体に有害か未だ明確ではないとベルヒャー氏は強調する。彼は消費者に日常生活での加算される汚染量が健康を害する可能性があること考えるべきだと強く勧める。

"BPA is just one of many estrogen-like chemicals people are exposed to, and scientists are still trying to figure out how these endocrine disruptors--including natural phyto-estrogens from soy which are often considered healthy--collectively impact human health," he says. "But a growing body of scientific evidence suggests it might be at the cost of your health."

 『PBAは、人間がされられている数多くのエストロゲンの様な科学物質の一つに過ぎない、そして科学者は未だこの様な内分泌機能妨害物質---通常健康だとされる大豆からの自然のファイトエストロゲンも含めて---が全体としてどの様に人体に影響与えるのか解明しようとしている最中である。』と彼は言う。『然し、増加している証拠の量は貴方の健康を犠牲している可能性があることを暗示している。』

この部分は:(科学者が政府にビスフェノールAは発癌物質だと認めさせる為の確かな証拠を探している間に、健康に害があると言う研究結果が増加し続けている。その間に、多くの人々が癌を発病したり、数知れない子供が、生殖機能異常、癌、等の健康障害を被る。それが充分な研究結果を待ち続ける事のコストだ。)と言う意味。

The UC team reports its findings in the Jan. 30, 2008 issue of the journal Toxicology Letters. UC graduate student Hoa Le and summer undergraduate research fellows Emily Carlson and Jason Chua also participated in this study, which was funded by a National Institute of Environmental Health Sciences grant.

 2008年1月30日のジャーナル トキシコロジー レターにUCチームは研究の結果を発表した。UCの大学院生ホア レイと夏期大学研究員エミリー カールソンとジェイソン チュアもナショナル インスチチュート オブ エンヴァイロンメンタル ヘルス サイエンスからの補助金で始まったこの研究に参加した。

Adapted from materials provided by University of Cincinnati.
シンシナティ大学からの与えられた情報からこの記事は構成されている。

University of Cincinnati (2008, February 4). Plastic Bottles Release Potentially Harmful Chemicals (Bisphenol A) After Contact With Hot Liquids. ScienceDaily. Retrieved February 16, 2008, from http://www.sciencedaily.com¬ /releases/2008/01/080130092108.htm
Search ScienceDaily

英語のWikipediaのビスフェノール-Aについての一部に下記の部分があります。

It is also a precursor to the flame retardant tetrabromobisphenol A, and was formerly used as a fungicide.[7]

それ(ビスフェノール-A)は難燃剤Tetrabromobisphenol-Aテトラブロモビスフェノール-A製造過程でその前に発生する物質で、ビスフェノール-Aは元々除黴薬として使われていた。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。