スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOAとは???

What is the SOA?
SOAとは何か?

http://soaw.org/index.php

SOAwatchと言う団体のウエッブサイトによると

The School of the Americas (SOA), in 2001 renamed the “Western Hemisphere Institute for Security Cooperation,” is a combat training school for Latin American soldiers, located at Fort Benning, Georgia.
2001年“西半球安全保障協力機関”と変名したザ スクール オブ ジ アメリカズ(SOA)はジョージア州フォートベニングにある中南米諸国の軍人に戦闘訓練をする学校である。

Initially established in Panama in 1946, it was kicked out of that country in 1984 under the terms of the Panama Canal Treaty. Former Panamanian President, Jorge Illueca, stated that the School of the Americas was the “biggest base for destabilization in Latin America.” The SOA, frequently dubbed the “School of Assassins,” has left a trail of blood and suffering in every country where its graduates have returned.
元々パナマで1946年に開設され1984年にパナマ運河協定の条件によりパナマより蹴り出された。元パナマ大統領ホルヘイュエカはSOAは“ラテンアメリカで政局を不安定にさせる最大の基地だ”と語っている。SOAは頻繁に“暗殺者の学校”の異名で呼ばれ、其の卒業生が戻っていった全ての国々で流血と苦悩の跡を残していった。

Over its 59 years, the SOA has trained over 60,000 Latin American soldiers in counterinsurgency techniques, sniper training, commando and psychological warfare, military intelligence and interrogation tactics. These graduates have consistently used their skills to wage a war against their own people. Among those targeted by SOA graduates are educators, union organizers, religious workers, student leaders, and others who work for the rights of the poor. Hundreds of thousands of Latin Americans have been tortured, raped, assassinated, “disappeared,” massacred, and forced into refugee by those trained at the School of Assassins.
SOAの59年間の歴史の中で6万人以上のラテンアメリカ兵士に反乱鎮圧手段、狙撃訓練、特殊部隊、そして心理戦、軍事情報、尋問技術等を訓練した。これ等の卒業生達は常に彼等の訓練された技術を彼等の国民に対する戦争を遂行する為に使用した。SOA卒業生達に標的とされた人々の中には教育者、組合組織者、聖職者、学生運動指導者、そして他の貧しい人々の権利の為に働く人達であった。何百何千人ものラテンアメリカの人々が拷問を受け、レイプされ、暗殺され“消え去り”虐殺され、そして亡命者となる事を“暗殺者の学校”で訓練された兵士達によって強要された。

ejnews:ウィキペディアではSOAは--------------------

Western Hemisphere Institute for
Security Cooperation
西半球安全保障協力機関


From Wikipedia, the free encyclopedia

The Western Hemisphere Institute for Security Cooperation (WHISC or WHINSEC), formerly the School of the Americas (SOA; Spanish: Escuela de las Américas) is a United States Department of Defense facility at Fort Benning near Columbus, Georgia in the United States.
西半球安全保障協力機関(WHISC or WHINSEC)元スクール オブ ジ アメリカズ(SOA; Spanishスペイン語: Escuela de las Américasエスクエラ デ ラス アメリカス)は米国のジョージア州コロンバス近郊のフォートベニングの米国防省の機関である。

Between 1946 and 2001, the SOA trained more than 61,000 Latin American soldiers and policemen. A number of them became notorious for human rights violations, including generals Leopoldo Galtieri, Efraín Ríos Montt and Manuel Noriega, dictators such as Bolivia's Hugo Banzer, some of Augusto Pinochet's officers, and the founders of Los Zetas, a mercenary army for one of Mexico's largest drug trafficking organizations, the Gulf Cartel. Luis Posada Carriles was educated there in 1961, although he never graduated. Critics of the school argue that the education encouraged such internationally recognized human rights violating practices and that this continues in the WHINSEC. This is denied by the WHINSEC and its supporters who argue that the alleged connection is weak. According to the WHINSEC, the education now emphasizes democracy and human rights.
1946年~2001年の間に6万1千人以上のラテンアメリカ諸国の兵士と警察官を訓練した。レオポルド ガルティエリ、エフライン リオス モント、マヌエルノリエガの様な将軍達や、ボリビアの独裁者ウーゴ バンセル、アウグスト ピノッチェットの数名の将校、メキシコ最大の麻薬密輸入団体“カルテル デ ゴルフォ”の傭兵隊“ロス ゼタス”の創設者達等を含めた多くの卒業生は人権違反で悪名を馳せた。ルイス ポサダ カリレスは卒業はしなかったが1961年にSOAで教育を受けた。SOAを非難している人々は国際的に認識されている人権侵害行為等をSOAでの教育は助長していて、其れは西半球安全保障協力機関WHINSEC (と名前を変えても)でも引き続き行われていると論じている。此の論議はWHINSECによって否定されていてWHINSECの支持者達は主張されている関係は薄いと議論している。WHINSECによると其処での教育は現在民主主義と人権を強調しているとの事だ。



ejnews: 歴史的にラテンアメリカでは軍事クーデター、内戦、虐殺、大規模麻薬密輸独裁者の政権が多いのですが、其れは如何してなのだろう?と疑問に思った事はありませんか?理由はin a nut shell(簡単に言うと)つい最近までラテンアメリカはキューバや少数の国を除いて米合衆国に支配されていたからです。米政府のラテンアメリカ支配の手段はIMF,ワールドバンク、ナフタNAFTA等の自由貿易経済協定の他に直接的軍事介入があります。此処で取り上げているSOAも米政府のラテンアメリカ諸国支配の手段の一つで、1949年から常にラテンアメリカの兵士を訓練し、SOAの卒業生は母国の市民よりもアメリカの彼等の教官の教えに忠実な行動をしてきたと言う事です。では如何してSOAの卒業生は母国の市民よりもアメリカの軍事教官の教えに忠実だったのでしょうか?其れは、最近ではJohn Perkinsジョンパーキンスの著書“ Confessions of an Economic Hit Man””経済的殺し屋の告白(?)若しくは”経済的暗殺者の懺悔"(?)”やStephen Kinzerスチーブン キンザーの著書“Overthrow”オーヴァースローで説明されている様に、つい最近までのラテンアメリカの政治的支配者達は米政府の意向に反して母国市民の為の政治を目指すと米中央情報局等の支持による軍事クーデターや暗殺の憂き目に会う事が確実で、ヴェネズエラのウーゴ チャヴェス大統領が現れるまでキューバのカストロ政権以外は米政府から独立した政治が出来なかったのです。
 此の米政府の対ラテンアメリカ政策は元々1823年James Monroe.ジェームス モンロー大統領の“欧州諸国は南北アメリカに介入するべきではない”と言うMonroe Doctrineモンロー ドクトリンで始まり現在に至っています。つまりラテンアメリカの政治指導者は米傀儡政権で(日本の戦後の自民党の様に佐藤栄作等が米中央情報局から資金援助を受けて米中央情報局と深い繋がりを持ち、日本も実は同じ様な状態だったのではないでしょうか?)例えばパナマのノリエガやチリのピノチェットの様な軍事独裁政権が多く、疎の様な政権は特定の社会層の為に政治をする極右翼政権で、疎の様な政権下でSOA卒業生は命令に従っていたのです。
 其れでは、SOAで訓練を受けた軍人達の犯罪とはどの様な物なのでしょうか?SOA Watchのサイトのエル サルヴァドルの例を見てみましょう。


El Salvador エル サルヴァドル

"The soldiers from the Atlacatl Battalion came at seven in the morning. They said they had orders to kill everyone. Nobody was to remain alive. They locked the women in the houses and the men in the church. There were 1,100 of us in all. The children were with the women. They kept us locked up all morning. At ten o’clock the soldiers began to kill the men who were in the church. First they machine-gunned them and then they slit their throats.

アトラカタル大隊の兵士達が朝7時にやって来て、彼等は全員を殺す命令を受けていると言った。誰も生き残らない筈だった。彼等は女性達を家屋に閉じ込め男達を教会に閉じ込めた。私達は皆で千百人だった。子供達は女性達と一緒だった。彼等は私達を午前中閉じ込めておいて、午前10時兵士達は教会の男達を殺し始めた。先ず兵士達はマシンガンで殺し始め其の跡喉を切り裂いた。

"By two o’clock the soldiers had finished killing the men and they came for the women. They left the children locked up. They separated me from my eight-month old daughter and my oldest son. They took us away to kill us. As we came to the place where they were going to kill us, I was able to slip away and hide under a small bush, covering myself with the branches. I watched the soldiers line up twenty women and machine-gun them. Then they brought another group. Another rain of bullets. Then another group. And another.
午後2時には兵士達は男達を殺し終え次に女性達に向かって来た。彼等は子供達を閉じ込めたまま残した。彼等は私を8ヶ月の娘と私の長男から引き離した。彼等は殺す為に私達を連れ去った。私達が彼等に殺される場所に着いた時、私は気付かれずに抜け出す事が出来小枝で身体を覆い茂みの下に隠れていた。私は兵士達が20人の女性達を並べてマシンガンで射撃するのを目撃した。そして彼等は次のグループを引き連れて来た。そして又銃弾の雨。又次のグループ、そして又-----------------。

"They killed four of my children: my nine-year-old, my six-year-old, my three-year-old, and my eight-month-old daughter. My husband was killed, too. I spent seven days and nights alone in the hills with nothing to eat or drink. I couldn’t find anyone else; the soldiers had killed everyone. God allowed me to live so that I can testify how the Army killed the men and women and burned their bodies. I didn’t see them kill the children, but I heard the children’s screams." --Testimony of Rufina Amaya, the sole witness to the El Mozote massacre in El Salavdor in which at least nine SOA graduates were implicated
彼等は私の4人の子供達を殺害した。私の9歳の、6歳の、3歳のそして8ヶ月の娘を殺した。私の夫も殺されてしまった。私は独りぼっちで7日間昼も夜も食べる物も無く飲む物も無く其の丘で過ごした。私は誰一人として見つける事ができなかった。兵士達が皆殺してしまったからだ。陸軍がどの様にして男達と女性達を殺し其の死骸を焼いたかを証言する事が出来る様に神は私を生き延びさせてくれた。私は兵士達が子供達を殺す場面は見なかったが子供達の叫び声を聞いた。-----------------------------此れはルフィナ アマヤの証言である。彼女は、少なくとも9人のSOA卒業生が関係しているエル サルヴァドルのエル モソテ虐殺で唯一人生き残った目撃者である。

In 1993, the United Nations Truth Commission Report on El Salvador cited the officers responsible for the worst atrocities committed during that country’s brutal civil war. Over two-thirds of those named were trained at the School of the Americas.
1993年、国連のエルサルヴァドルについての“真実の委員会”報告書はエルサルヴァドル内戦中で犯された此の最悪の残虐行為に付いての将校達の責任を書き記している。此の中で名前が確認されている3分の2以上はSOAで訓練を受けている。

Their crimes include:彼等の犯罪は以下を含んでいる。

--Assassination of Archbishop Oscar Romero (1980)
大司教オスカーロメロの暗殺(1980年)

--Murder of four U.S. Churchwomen (1980)
米国籍の4人の教会関係の女性の殺害(1980年)

--El Mozote Massacre (1980)—more than 900 killed
エルモソテ虐殺(1980年)--------900人以上殺害

--Sheraton Hotel Murders of labor leaders (1981)
シェラトンホテルでの労働運動団体指導者の殺害(1981年)

--Lake Suchitlan Massacre (1983)—117 killed
スチトラン湖虐殺(1983年)-----------117人殺害

--Las Hojas Massacre (1983)—16 killed
ラスオハス虐殺(1983年)---------16人殺害

--Los Llanitos Massacre (1984)—68 killed
ロスリャニトス虐殺(1984年)-----------68人殺害

--San Sebastian Massacre (1988)—10 killed
サンセバスチャン虐殺(1988年)----------10人殺害

--University of Central America Massacre (1989)—8 killed
セントラルアメリカ大学虐殺(1989年)---------8人殺害

関連記事
http://en.wikipedia.org/wiki/User:Giovanni33/Sandbox

ejnews:此処で挙げたエル サルヴァドルだけでなくラテンアメリカの諸国ではSOAで訓練を受けた軍人達が中心になった軍事クーデター、虐殺、拷問等が頻発し最近になって漸くヴェネズエラVenezuela (2004), アルジゼンチンArgentina (2006), ウルグアイUruguay (2006), コスタリカCosta Rica (2007) yボリヴィアBolivia (2008).等の国々ははSOAに軍人を訓練に送る事を止めてしまったと言う事です。

 然しラテンアメリカへのSOAの影響は終わった訳ではなく去年クーデターのあったホンデュラスではSOA卒業生のRomeo Vásquez Velásquez ロメロ ヴァスケス ヴェラスケス将軍がManuel Zelayaマヌエル セラヤ大統領を国外追放したクーデターで重要な役割を果たしています。そしてホンデュラスでは労働組合の指導者達が現在でも暗殺されています。


Vanessa Yamileth Zepeda, 27 year old union
leader, mother and nurse assassinated in
Honduras
ヴァネッサ ヤミレツ サペダ、27歳、組合指導者、母親そして看護婦であった彼女はホンデュラスで暗殺される。


By Statement of Protest
Presente Honduras
Tuesday, Feb 16, 2010

http://axisoflogic.com/artman/publish/Article_58532.shtml

STATEMENT ON BEHALF OF U.S. LABOR & PROGRESSIVE ACTIVISTS CONDEMNING THE MURDER OF UNION LEADER VANESSA YAMILETH ZEPEDA & THE REPRESSION SWEEPING HONDURAS
米労働者と進歩派活動家を代表して労働組合指導者ヴァネッサヤミレツ サペダの殺人とホンデュラスに吹き荒れている圧制を糾弾する。

The right to organize is a basic human right of every worker. It is a right defended by the Universal Declaration of Human Rights. In Honduras, that right is being denied on a daily basis.
全ての労働者にとって組合を組織する事は基本的人権である。其れは国際人権宣言で擁護されている権利である。ホンデュラスでは此の権利は毎日無視されている。

Since the 1980s, militarists in Honduras have trained paramilitary forces to torture and murder labor unionists and other activists to prevent the people from exercising their basic right to resist exploitation and oppression.
1980年代よりホンデュラスでは人々の基本的権利の行使による搾取と圧政への抵抗を防止する為労働組合員や活動家を拷問し殺す為に武装集団を訓練している。

When the U.S.-backed military coup against the legally elected President Jose Manuel Zelaya took place last June, many of the military participants were the perpetrators of this travesty. They discharged their military, paramilitary and police forces to torture and murder labor union leaders, students, LGBT activists and peasants.
昨年6月合法的に選出されたホセ マヌエル セラヤ大統領に対する米政府の支援する軍事クーデターが起こった時多くの軍部のクーデター参加者は此の茶番劇の犯罪加担者であった。彼等は軍部、武装集団、そして警察を労働組合指導者、学生、LGBT活動家、そして貧しい農民を拷問し暗殺する為に解き放った。

The U.S. government may claim that the election of José "Pepe" Lobo was a "triumph of democracy," but that is an out and out lie. The remnants and new recruits of the genocidal U.S.- trained Battalion 3-16 are still conducting political assassinations in Honduras.
米政府はホセ“ぺぺ”ロボの“民主主義の勝利”だと宣言するかもしれない。然し其れは全くの大嘘である。大量虐殺で悪名の高い米国で訓練を受けた3-16大隊のヴェテランや新隊員は未だにホンデュラスで政治的暗殺を行っている。

Since the coup, our fellow labor activists have been murdered at an unprecedented rate, and murdered stealthily in a way that allows the Lobo government to claim that these murders were not political.
クーデターの発生後我々の同志である労働運動活動家達は例を見ない率で暗殺されている。そして暗殺はロボ政権がこれ等の殺人は政治的ではないと宣言出来る様に密かに行われている。

But the murder of the leader of the SITRAIHSS labor union (Workers Union for the Honduran Social Security Institute), Vanessa Zepeda, who was abducted when she was leaving a union meeting, leaves no doubt in our minds that this is an OFFICIAL POLICY and OFFICIAL COVER-UP by the fraudulently elected Lobo government.
然し組合会合の後誘拐されたSITRAIHSS(ホンデュラス社会保障期間労働組合)労働組合の指導者ヴァネッサ セぺダの殺人は不正に選出されたロボ政権の当局の正式なポリシーで正式な隠蔽行為だと言う事に我々の考えに全くの疑いも残さない。

We the undersigned members of
U.S. labor unions as well as progressive organizations, declare our opposition to this official policy of neo- fascist repression in Honduras, and call upon our own unions to this illegitimate government, and to support our fellow unionists in Honduras. . .
署名したメンバーの我々は米労働組合そして同時に進歩的組織のメンバーとしてホンデュラスの抑圧と言うネオファシストの正式なポリシーに反対し、此の非合法な政府を糾弾する様に我々の組合に働きかけ、ホンデュラスの組合員同志支援を表明する。

Furthermore, we oppose the enabling role the U.S. government has played in the election and “legitimizing” of the Lobo regime, which is only an attempt to justify and sanitize the criminal coup of June 2009.
加えて、我々は選挙とロボ政権の合法化を正当化する努力と犯罪行為である2009年6月のクーデターを正当化する支援的役割を果たした米政府に反対する。
(此処には参加者の署名がありましたが省略しました。)

ejnews:若しスクール オブ アジアとかスクール オブ アフリカ等と言う軍事訓練機関が存在し欧米諸国の兵士達を訓練し其の機関の卒業生が欧米諸国に帰り拷問、レイプ、軍事クーデター、虐殺を半世紀以上に亘って繰り返していたとすると欧米諸国は黙って何もしないで居るのでしょうか?それとも、此の様な事を続けても将来世界的な気候変化によって欧米諸国は不毛な寒冷地帯となり経済後進国となった時に反対に経済的に有利となったアジアやアフリカ、ラテンアメリカのスクール オブ アジアとかスクール オブ アフリカ、スクール オブ ラテンアメリカ等の卒業生によって20世紀以降にラテンアメリカ諸国が経験した様な悲劇は欧米諸国では起こらないと思っているのでしょうか?
 悪事とは善行よりも人によって長く記憶される物です。日本帝国政府が中国や朝鮮半島で行った行為は現在でも日本の暗い過去として海外の人々に記憶されています。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

半杭正幸さん

御久し振りですね。お元気ですか?
 この様な米政府の対外政策は日本には関係ない様にも捉えられているのかも知れませんが、歴史を振り返ると日本も江戸時代にペリーが砲艦外交で日本の鎖国を破ってから常に翻弄され続けていると思いませんか?
 
 実はブッシュ政権の時は米中央情報局の歴史とか米政府の軍事介入の歴史等をブログで主題として取り上げると、テロリストとか危険人物として、連邦警察や種々の情報機関によって分類される恐れがありましたので取り扱っていなかったのですが、オバマが如何に資本家層によって操られているにしてもブッシュ政権の様な恐ろしい政権ではないので此れから米政府の歴史についてもっと取り扱って行こうと思っています。
 半杭正幸さんのブログで何時も興味深い中国の話を楽しませて貰っています。
 コメント有り難うございます。

No title

英文の勉強をしながら読んでいますが、世界中には酷い事が沢山有るのですね。暗澹たる気持ちになりますが、目を背けずに現実を直視しなければなりませんね。直視する勇気が有ってこそ未来が有るのでしょうか。

和久希世さん

そうですね、私のブログでもニクソン、キッシンジャー政権下での米中央情報局の支援するピノチェット軍事グーデターと其の後に続く“シカゴボーイズ”と言う名で知られているミルトンフリードマンの教え子達の自由市場経済資本主義の導入によりチリの経済崩壊等の歴史は何回か触れているのですが、此の様な事がアメリカ合衆国政府(アメリカ人ではない)の言う民主主義のようですね。
 此の前の“アメリカ在住の日本人さん”は一体同じ地球上に住んで同じ経験をし同じ歴史を共有している人なのか如何か疑いたくなる様な人ですね。
 又此方こそ宜しく御願いします。

No title

私のブログにTBして下さった、「マスコミに載らない海外記事」http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-fa49.htmlにも、アジェンデを追い出したピノチェト政権がやった残虐極まりない圧制の事が書いてありましたが、
人間ここまで残虐になるものかと、悲しくなってしまいます。

ホンジュラスの事は、今現在行われている事なのですよね。
国連の人権委員会は、ホンジュラスでそんな事をやっているのを見て見ぬ振りをしいて、日本政府が高校の授業料援助に朝鮮人学校を除外するのは、人権問題だなんて言っているのですから、呆れてしまいます。

尚 先日は有難うございました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホンジュラス: 決しておきなかったクーデター

Tyler Shipley Socialist Project “マスコミが沈黙した時、壁が語る。”テグシガルパの落書き 現時点で、ホンジュラスの首都への訪問者が、一番強い印象を受けるのは、壁、塀、岩肌、橋、外れた羽目板、廃墟、そして歩道のコンクリートにまで描かれている、6月28日のゴル...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。