スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ問題についての一寸面白い意見。

How Prime Minister Hatoyama can
stop the "Japan Bashing"
鳩山首相は“ジャパンバッシング”をどの様に止められるか?


http://www.smirkingchimp.com/thread/26998
by Mike Whitney

Japan should not allow itself to be publicly humiliated by the world's biggest human rights abuser. It has many tools at its disposal which can be used to persuade sanctimonious senators and flannel-mouth congressmen that they need to stop their belligerent grandstanding for the cameras. The new Japanese government--particularly Prime Minister Yukio Hatoyama--should be proactive in defending the reputation of its premier car manufacturer and national icon, Toyota. This is more than just a matter of saving face. It's way to change the fundamental relationship between the United States and Japan by demanding that each partner be treated with respect and dignity. To achieve this goal, the prime minister should convene an emergency meeting of his administration and top members of the business community. They should outline steps that will be taken pell mell if there is not a manifest improvement in the rhetoric and an end to the Japan bashing.
日本は世界で最も人権を侵害している国家によって公衆の面前で屈辱を与えられてはならない。カメラの前で敵意を込めて格好を付ける事を止める必要があると、聖人ぶった上院議員や口先の上手い下院議員を説得する為の手段を日本は多く保持している。新しい日本の政府は---------特に、鳩山由紀夫首相----------日本で一番の自動車製造会社で日本のアイコンであるトヨタをより積極的に援護しなければならない。此れは単なる面子を保つとかの問題ではない。此れは御互いが尊敬と威厳をもって待遇されなければならないと要求する事によって日米関係を根本的に変革する手段である。此の目的の達成のために鳩山首相は彼の政権と日本ビジネス界のトップメンバーとの緊急会合を召集しなければならない。彼等は若し(米政治家達の)言葉遣いにハッキリした改善と日本叩きが改善されない場合に採られる緊急撤退の段階の大まかな計画を立てるべきである。

The Japanese central bank (BOJ) presently holds more than $1 trillion US Treasurys and dollar-backed assets. PM Hatoyama should announce that USTs will be liquidated incrementally at 5 percent per week until the balance is zero.
日本中央銀行(BOJ)は現在1兆ドル以上の米国債とドル建ての資産を保持している。鳩山首相は米国債は毎週5%の率でバランスがゼロになるまで徐々に清算すると発表するべきである。

The government should warn that it will temporarily close Toyota plants now operating in the United States at a pace of one per month.
日本政府は現在米国内で操業しているトヨタの工場を毎月一つのペースで一時操業中止すると警告するべきである。

There should be a thorough review of import tariff policy, with the prospect of raising tariffs on US imports by 30 to 50 percent.
米国からの輸入品に対する関税を30%から50%に引き上げる計画の可能性を含む関税政策の完全な見直しがされるべきである。

US nationals working in Japan should be required to update their Visas on a monthly basis pending resolution of the Toyota controversy.
日本国内で働いている米国籍を持つ人はトヨタ問題の解決と照らし合わせてヴィザの毎月更新が要求されるべきである。

New regulations ands should be targeted at US industries and financial institutions operating in Japan.
新しい規制と課税は日本国内で操業している米企業と米金融企業を狙った物であるべきだ。

Hatoyama should appoint a blue ribbon commission to determine whether US military bases in Japan should be terminated or mothballed.
鳩山首相は在日米軍基地の存在終了若しくは使用中止のどちらかを決定する為の最高委員会を指名するべきである。

Toyota should make every effort to repair its vehicles and make sure that the people who were injured or killed are fairly compensated. That said, it's mistake for the government to sit back and allow Toyota (and Japan) to be dragged through the mud in front of the entire world. The assault on Toyota has far exceeded any response by congress to the many US corporations who pollute the air, poison the water, or destroy the environment with impunity.
トヨタは車の修繕の為全ての努力をし、亡くなった人や怪我をした人が公平に補償される事を保証しなければならない。此れは日本政府がトヨタと日本が世界の注目の中で泥の中を引きずられているのを座って傍観する事は間違いであると言う事である。トヨタへの攻撃は責任を問われる事無く大気汚染、水質汚染、環境破壊を為す多くの米企業への米連邦議会の反応を遥かに超えた物である。

The US congress--which supported a war that killed over one million Iraqis--is in no position to pass judgment on others. It is a thoroughly corrupt institution.
百万人以上のイラク人を殺害した戦争を支持した米連邦議会は他人を批判するどの様な立場にも立てないのである。其れ(連邦議会)は完全に腐敗した機関である。

Japan needs to defend its national honor. It's up to Prime Minister Hatoyama, to let Washington know--in no uncertain terms-- that the attacks on Toyota will stop immediately or there will be a heavy price to pay.
日本は自身の名誉を守るべきである。トヨタへの攻撃は即座に中止されるべきであり、さもなければ(米国は)大きな代償を支払う事になるであろうと---明確に---ワシントンに伝える事は鳩山首相次第である。

ejnews:-----------そして此の記事の著者マイクホイットニー氏の別の記事によると---------------

Targeting Toyota: US Economic War Directed Against Japan
トヨタを狙い撃ちにしている:米国の経済戦争は日本を狙っている。


http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=17804

Does anyone really believe that Toyota is being pilloried in the media for a few highway fatalities?
ハイウエーでの数件の事故が原因でトヨタがメディアで槍玉に上がっていると皆本当にそう思っているのだろうか?

Nonsense. If Congress is so worried about innocent people getting killed, then why haven't they indicted US commander Stanley McChrystal for blowing up another 27 Afghan civilians on Sunday?
ナンセンス!若し無実の人が殺害される事を米連邦議会が本当に心配しているのなら日曜日に又27人のアフガニスタン市民を爆死させた事で米軍司令官スタンリーマッククリスタルを起訴しなかったのだろうか?

But this isn't about bloodshed and it's certainly not "safety regulations". It's about politics--bare-knuckle Machiavellian politics. An attack on Toyota is an attack on Japan's leading export. It is an act of war. Here's a excerpt from the New York Times which explains what is really going on:
然し此れは流血や、特に“安全についての規制”についての問題ではない。此れは政治問題で、なり振り構わぬマキャヴェリ型の政治政策なのだ。トヨタへの攻撃は日本の主要輸出産業への攻撃なのである。其れは戦争行為なのである。下記は実は何が起こっているのかを説明したニューヨークタイムズの記事の一部である。

"The Japanese economy has emerged from its worst recession since World War II, but is still reeling. Japan must do more to lift its economy out of deflation and boost long-term growth", S.&P. said.

“The outlook change reflects our view that the Japanese government’s diminishing economic policy flexibility may lead to a downgrade unless measures can be taken to stem and deflationary pressures,” S.&P. said. “The policies of the new Democratic Party of Japan government point to a slower pace of fiscal consolidation than we had previously expected.”
『日本経済は第二次大戦後最悪のリセッションから復帰して来たが未だ確りした足取りにはなっていない。日本はディフレーションから経済を引き上げる努力と長期成長を触発する努力をより以上行わなければならない。』S&Pは述べている。
『日本政府の経済政策柔軟性の低下は財政的又ディフレーションの圧力を無くす政策が採られなければ評価の低下を起こすと言う将来の展望の変化は我々の見解を反映している。』S&Pは述べている。『日本の民主党新政権の政策は我々が過去に期待していたよりもペースの遅い財政統合を示している。』

President Barack Obama is expected to address similar worries in the Untied States on Wednesday, with a call for a freeze in spending on many domestic programs, a move he hopes will quell perceptions that government spending is out of control. Fiscal problems in Greece and Ireland have also helped put the spotlight on the issue of national debt." ("Japan’s High Debt Prompts Credit Rating Warning", HIROKO TABUCHI AND BETTINA WASSENER, NY Times)
バラックオバマ大統領は米国で水曜日に同様の不安について語る事が予想されている。其れは国内のプログラムへの支出凍結への呼びかけが含まれていて政府の支出がコントロール出来ないでいると言う認識を鎮める事を期待した動きである。ギリシャとアイルランドの財政問題も国家負債問題へスポットライトを当てる事に貢献している。(“日本の高負債はクレディットレイティングへの警戒を促した。” HIROKO TABUCHI AND BETTINA WASSENER, NY Times)

Japan's new liberal government is fighting deflation using the traditional methodology, by lowering interest rates and increasing fiscal stimulus. But that's not what Washington wants. Neoliberal policymakers and their buddies in the right-wing think tanks want "fiscal consolidation" which means harsh austerity measures that will deepen the recession, increase unemployment, and trigger a wave of defaults and bankruptcies. This is how western corporatists and bank tycoons keep their thumb on the developing world and thrust their economies into perennial crisis. It's the "shock doctrine" and it's been the IMF's modus operandi for over 20 years. Japan is being stuffed into a fiscal straight-jacket by supporters of the Washington consensus whose goal is to weaken government and accelerate the privatization of and services.
日本の新しいリベラル(庶民の為の)な政権はディフレイションに対して金利引き下げと財政刺激策と言う伝統的手段で戦っている。然し其れはワシントンが日本政府に欲している事ではない。(オバマ政権の)ネオリベラル経済主義者の政策担当者達と彼等の友達である右翼シンクタンクは“財政統合”を欲していて、其れはリセッションを深刻化する厳しい金融引き締め最策と言う意味で、失業率を拡大し、波のように襲ってくる焦げ付きや破産の引き金となる。この方法で欧米の企業家達や銀行富豪達は発展途上国諸国を支配し彼等の経済を毎年起こる危機に突き落としている。其れは“ショックドクトリン”で、此れはIMFの20年以上に亘る犯罪の手口である。日本は政府を弱体化させ公有資産とサーヴィスの民営化を加速すると言う目的のワシントン内での合意で財政的ストレイトジャケットを無理強いされる事になる。

straight-jacketストレイトジャケット:精神病院等で患者が自分自身を傷付けない為に着せる手が動かせなくなる服。

The ratings agencies are being used in the same way as the media; to wage an economic/guerrilla war on Japan and force the administration to rethink their economic policies. (Note: There is no chance that Japan will default on its debt because it pays its debts in its own currency and has large foreign exchange reserves of over $1 trillion) The attacks on Toyota are a way of showing Tokyo what happens to countries that fail to obey Washington's orders.
格付け評価機関はメディアと同様に日本政府が経済政策を再考する様に日本に対する経済ゲリラ戦遂行の為に利用される。(注目:日本は自身の通貨で負債の支払いをしていて、そして巨大な1兆ドル以上の外貨準備高を保持している為日本が負債の責務不履行に陥る可能性は全く無い。)トヨタへの攻撃はトヨタに対してワシントンの命令に従わない国家にはどの様な事が起こるかを見せる手段である。

Here's a clip from the New York Times which sums up the problem in a nutshell:
下記はニューヨークタイムズの一部で問題を要約している。

The government of Prime Minister Yukio Hatoyama has "bolstered spending on social programs aimed at helping households......The powerful lower house of parliament approved a supplementary budget for the fiscal year that ends in March worth \7.2 trillion, or $80.3 billion, to help shore up the economy...And next year, government spending will grow further with a record trillion-dollar budget including ambitious welfare outlays. (New York Times)
鳩山由紀夫首相の政権は“家計補助の為の社会保障制度への支出強化をしていて民主党によって支配されている衆議院は経済にテコ入れする為3月に終わる7兆2千億円又は803億ドル財政年度の追加予算を承認した。そして翌年民主党政府の支出は野心的な福祉支出を含め更に記録的な1兆ドルの予算に増大する。(ニューヨークタイムズ)

Western elites will not tolerate economic policies which raise the standard of living for the average working slob. "Social programs" or "welfare outlays" are anathema to their trickle down, Voodoo capitalist orthodoxy. What they want is upward redistribution and class warfare. Regrettably, Prime Minister Yukio Hatoyama has put himself at odds with US powerbrokers and is feeling the full measure of their wrath. His public approval ratings have plummeted to 37 percent and are headed downward still. The message is simple: Cross Washington and you're a goner.
欧米のエリート達は怠け者の労働階級の生活基準を引き上げる様な経済政策を容赦しては置かない。“社会保障政策”や“福祉支出”はポチポチ滴り落ちるブードゥー正統派資本主義者にとっては許しがたい物である。(ネオリベラル経済資本家)彼等が欲している物は上層階級への富の再分配と言う階級闘争である。気の毒な事に鳩山由紀夫首相は米国の陰の実力者達に敵対する事になり彼等の最大限の怒りを一身に感じている。彼の支持率は37%に急落し未だ下降している。此のメッセージは単純で『ワシントンに逆らう奴は消されてしまう。』と言う事だ。

Mike Whitney is a frequent contributor to Global Research. Global Research Articles by Mike Whitney

ejnews: と言う御話しでした。此の2つの記事を書いたMike Whitney氏はどの様な人か余り知らないので此の記事がどれだけ現実を反映しているのか不明ですが、日本の自民党等は米中央情報局からの資金援助を受けていた歴史もあり、1990年代の日本で“失われた10年”と呼ばれている時期もレーガン大統領と中曽根首相時代のPlaza Accordプラザ合意の後に起こり、当時の中曽根は此の言葉を聴くと“ネオリベラル自由市場経済主義”と直ぐ解かる民営化で3公社民営化等を実施、其の後に小泉等という人も米金融Oligarchyオリガーキーの利益になる様な民営化で有名になった等を思い出すと何と無く日本の歴代政権はアメリカの意向通りに仕えて来たのでは?と言う批判も強ち間違った想像ではないかも知れませんねえ。
 唯、2003年に書かれたUCLAロサンジェルス、カリフォルニア州立大学の経済学教授Deepak Lalディーパックラル氏の或る記事の一部によると『プラザ合意以降ドル安円高政策が採られ結果的に1980~90年代の日本人の海外投資の利益は帳消しとなり、しかもアメリカの負債を米国債を買い続けると言う行為で援助し続けたた日本人には現在何も残っていない。』と言う様な記事もありますから日本はアメリカに上手くこき使われていると言う見方をしている経済の専門家も実際アメリカにはいるようです。貴方は如何思いますか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

スポンタ中村さん

我々は民主主義を全く違う物と捉えているようですね。
まあ、世界観とか経験の差異と言う事でしょうね。
又何か興味深い事がありましたら意見の交換をしましょう。
コメント有り難うございました。
Ciao!

No title

なかなか相互理解は難しいようですね。

まぁ、ゆっくり行きましょう。

(^o^)

…では。

スポンタ中村さん

未だに貴方の説明が良く理解出来ないんですが、民主主義と言う政治理念は我々人間が生きている間の問題でして、其れ以上の形而上学的議論は哲学、宗教、そして科学の範囲内の問題ではないでしょうか?
 民主主義とは私達無知な庶民の生活を現実段階でより良く解決して行く“努力の過程”が民主主義と言う概念なのです。決まった答えも無く決まった方法論も無く、唯、“自由、平等、博愛”と言う理念をどの様にして此の不完全な人間社会で達成できるのかと言う“努力の行為”を民主主義と呼んでいるのです。民主主義とは、病気の老人が居ると助けよう、孤児が居ると助けよう、環境を破壊している企業が有ると其の企業を庶民の為に貢献する企業に変え様、等の実に詰まらない日々の細々した問題を真摯に解決しようとする庶民の行為であって、崇高な凍結した思想ではないのです。

No title

直裁的にかかせていただきますと、仏教的なカルマの法則を想定するならば、「人生は修行」であり、「今生の苦しみ」も否定すべきものではない。とすれば、社会的な問題も、個の問題も、捉え方が変わって来る。そういう世界観の中で、社会の問題をどう捉えていくか…。まったく違ってくると思いますよ。
私はこのブログを知って、断絶の有様を知り、大きな気づきになっています。お互いにとって、それぞれの言論の特質が理解できるといいですよね。ありがとうございました。

スポンタ中村さん

意見の交換ですから気分を害する等気にする必要はありませんよ。其れと、同意する時はさせて頂きますし、同意できない時はしませんので御心配なく。何度も言う様ですが好奇心の為の議論ですから。

 唯、仰る意味が一寸飲み込めないのですが?死後の世界や生まれる以前の世界を幾等議論しても議論で終わるのではないでしょうか?私は死後の世界は死んでから実際に死後の世界を知った後にしたいと思っています。
 民主主義が機能しないのは殆どの人間が現在我々が造り上げた社会に適応出来ないでいるからではないでしょうか?それとも単に我々は過去から未来に向かう過程での過渡期の存在でこの様に苦しむように定められているのではないでしょうか?しかし、だからといって諦める手は無いでしょう?
議論以外のコミュニケーション???止まり会話と言う手段以外の意思伝達と言う意味でしょうか?

No title

>現実の人間の生きている間に良い世界を造る努力である民主主義の議論は全く次元の違う主題だと思いますよ

おっしゃるとおり。問題は、まさにここにあると思います。
現実とは何か。生きているとは何か。民主主義とは何か。議論とは何か。について、定義すること。考察することから、はじめないと何も始まらない。

さらにいえば、「生きていることを論じる」には、生きていない時をリファレンスしなければならないし、「民主主義を論じる」には、そうでない理想の存在について想定しなければならない。議論についても、議論以外のコミュニケーションについてもイメージすることが必要になります。

このような少ない字数でまとめようとすると、まるで禅問答のようになってしまいますが、厳密につきつめていけばいくほど、深い問題になるし、「今、目の前に見えていること」を追っていればいいのではない。というのが、深くウェブを考察してきた私の結論です。

私は同意は求めませんし、このコメントも弁明というほどの意味しかないでしょうが、そういうことです。

ご気分を害されましたら、心よりお詫びもうしあげます。

No title

>このブログで発言されるには余りに教養がなさすぎます.

これって私に対する形容ですね。この形容は、あまりに私の本質を捉えていらっしゃる。本当にありがとうございます。

…では、その教養って何ですか。

それは絶対的な価値観として、「すべての人間を鑑別することが可能な体系」なのですか。

私は、アカデミズムという尺度でしか世の中を測れない風潮を嘆いています。

パラダイムの決定的に異なるもの同士での対話は難しいものです。ご気分を害されたようでしたら、切にお詫びもうしあげます。

ありがとうございました。

追記:
ベンジャミン氏の評価は賛否両論。であることを、このブログの読者氏は理解していただきたいと思います。勿論、私も諸手を上げて賛成ではありませんよ。

スポンタ中村さん

生まれる前がどうだったのかも、死んだ後がどうなるのかも私たちは知らない。だから、生きている今がどういうことになっているのかも、よく分からない。なのに、生きている今、見えていることだけで、世の中を断じることは不合理である。-------------------------- について
私は人間の理解力には限界があり、生まれる前や死んだ後の世界は知る事ができず、其れを議論する事と現実の人間の生きている間に良い世界を造る努力である民主主義の議論は全く次元の違う主題だと思いますよ。
 私の民主主義についての議論は人間が生きている間の現世の救済についてです。それ以上は宗教や科学の世界ではないでしょうか?
 コメント有り難うございました。

kaetzchenさん

kaetzchenさん良いですか!もう一度説明させていただきます。kaetzchenさん大学教授か医者か、ホームレスか私には全く興味がありません。此のブログでコメントされる時は御自分の職業は書かない様に御願いします!此処では職業や年齢に関係なく御互いを尊敬し合って意見の交換をしようと考えています。其れと仏陀が言ったように“頭が良い事は善ではない。何故なら悪人が頭が良ければ其の知識を利用して大きな悪を成し遂げる事が出来るからだ。其れよりも清浄な心を持つ事が人類全てにとっては善である。つまり良い事だ。”(確かこの様な意味だったと思います。)

 と言う事で私は子どもから老人まで、男女、職業、知識が有るか無いかに拘らず多くの人の意見を聞きたいのです。
 私のような馬鹿者でもこの様なブログを恥ずかしくも無くやっているのですから。
 次回コメントして頂けるようでしたらkaetzchenサンの職業についての書き込みや表現は控えてください。私も私が何をしているかは説明していないでしょう。つまりブログでは皆が平等だと言う民主主義を守って頂きたいのです。歴史的にも或る時代に殆ど無視されていた人々の意見が後になって全人類によって認められると言う事実も有ることですから。
 其れと他の人の感情を傷付ける様なコメントは生産的な意見の交換方法ではないと思いますよ。

No title

生まれる前がどうだったのかも、死んだ後がどうなるのかも私たちは知らない。だから、生きている今がどういうことになっているのかも、よく分からない。なのに、生きている今、見えていることだけで、世の中を断じることは不合理である。

…そういうことなんです。(^^;)

これ以上具体的に書くと総論賛成各論反対になるので書きませんが、基本的にはそういうことです。(^^;)

ま、こんなところで…。

私に英語力があれば、自分の原稿を英語にして、英語圏の人たちに日本人の考え方・発想を伝えたいと思っているのですが、それができないので、私の原稿に興味を持ってくれて、それを英語圏に向けてで発信してくれる人を探しているところです。

今後とも、お互い触発していきたいものです。よろしくお願いいたします。

…では。

しばらくこちらに来れませんで

>ejnews さん

しばらく体調を崩して,自分のことで精一杯でした.大学院の講義は来週までお休みです.

「ベンジャミン・フルフォード氏」に関して言うと,彼は典型的な「宝島社文化人」です.かつて副島隆彦氏が予備校の英語教員をしながら,研究社の英和辞典の粗雑さを徹底的に叩いた頃は「少しは学問をかじった人かな」と思ってましたけど,大学に就職して政治学を語り出したらいきなり粗雑な感情論ばかりになり,やっぱり「宝島社文化人」だったんだなと思った次第(笑) せめて講談社や岩波あたりから啓蒙書を出して欲しかったですね.老害を発している立花隆なんてのは論外ですが.

個人的には「ベンジャミン・フルフォード氏」は,山本七平=イザヤ・ベンダサンと同じ類の「にせユダヤ人」だと考えています.つまり,国際経済・国際政治に幅広い知識がありながら,実は「専門がなく」「雑文を月刊誌に書いて糊口をしのいでいる」レベルの人間だと考えています.アカデミックな訓練を受けていないことは幾つかの「論文」を読めば,すぐに判明します.山本七平氏はクリスチャンでない日本人が前提となる知識を持っていない「旧約聖書」を振り回したため,正統派の神学博士である浅見定雄氏から追求されるまで,誰も山本氏の存在がにせユダヤ人とは考えてもいなかったのです.「ベンジャミン・フルフォード氏」も同様で,私と同じ「ゴーストライター」ですから,彼の素顔は書かれたものからしか分かりません.ネットで流れている私の「素顔」も実は「偽書」の引用に過ぎず,法的な拘束力はないのですけど,アカデミックな訓練を受けていない人にはそれを見抜く力はないのです.

それにしても「スポンタ中村」さんの「死生観を捨象した論理は浅薄である」「「死生観」を具体的に語ると、宗教観・神秘主義など底なしの議論になる」「「唯物論・認識論をも越えて他者を操ろうとする人たち」に関しては,正直申しまして「統合失調症患者」の発する「言葉のサラダ」という診断を下さざるを得ません.何を言われているか理解を超えています.そもそも,宗教は「科学的命題」つまり「客観的領分」とは異なり,あくまで「主観的領分」(believe) つまり「価値的命題」(人間生活の生き方・死に方の問題を解決する哲学体系) を追求するものであるという「神学」の基本が分かっていません.大学1年レベルから,もう一度哲学を勉強し直されては如何でしょうか.きつい言い方で申し訳ありませんけれども,このブログで発言されるには余りに教養がなさすぎます.

スポンタ中村さん

死生観を捨象した論理は浅薄である」ということなんです。「死生観」を具体的に語ると、宗教観・神秘主義など底なしの議論になるので、あえて「死生観」とさせていただきますが、「唯物論・認識論をも越えて他者を操ろうとする人たち」に、言論は極めて弱いものである。--------------????
何を仰りたいのか解からないのでお答えのし様がありませんが、若しもう少し具体的に説明していただくと意見の交換ができるかもしれません。

コメント有り難うございました。

No title

>本当の問題は一般庶民が“民主主義”を真面目に考えていない事により、市民の“無関心”や“無知”を利用する人々が多くの一般民衆を犠牲にし不法な富を得ていることに有るのではないでしょうか?

盛りだくさんなコメントありがとうございます。
なかなか私の世界観はとっつきにくいのかもしれません。私がウェブ研究でたどり着いた答えは、「どんな意見も否定しないこと」「多様な意見・価値観を相互参照すること」です。
その意味では、「富」という概念も特定の価値観に過ぎず、「富」を事大主義的に捉えると、二元論的に言論誘導されるという危惧があります。

私が指摘したいのは、実は、陰謀論やイルミナティーという表面ではなく、「言論において、死生観を捨象した論理は浅薄である」ということなんです。「死生観」を具体的に語ると、宗教観・神秘主義など底なしの議論になるので、あえて「死生観」とさせていただきますが、「唯物論・認識論をも越えて他者を操ろうとする人たち」に、言論は極めて弱いものである。
そう、思えてならないのです。

この程度の文字数ではご理解には及ばないかもしれませんが、とりあえず記してみました。ありがとうございました。

スポンタ中村さん

ベンジャミン・フルフォードさんのブログや太田龍さん------------------
についてグーグルしてみました。太田龍さんとは面白い人だったようですね。ベンジャミン・フルフォードさんの言っている事は色々多過ぎて一つ一つ取り上げて感想を述べる事は無理ですが此の両者に共通する事は何処かで秘密結社の様な団体が有り其の団体が世界を操っていると言う考えの様子ね。
 確かに疎の様な秘密に集まる団体は昔から存在し例えばローマ帝国に広がったキリスト教、ロシア帝政打倒の為に続々と生まれた武装蜂起派アナキスト、コミュニストたちのグループ、マフィア、そしてフランクリンルーズヴェルトをクーデターで倒そうとした民主党議員と資本家達の“ビジネスプロット”そして米中央情報局、アメリカのトップ100社の企業経営人が集まるグループ等、つまりこれ等のグループは企業、金融、宗教、軍事、全てのジャンルで見られる人間の典型的な行動様式で極々当然の現象だと思います。
 例えば“イルミナティ”は元々独逸の貴族や学者達によって始められた啓蒙思想運動(自由平等博愛主義)でベートーベンの先生クリスチャン ネフェ(?)も“イルミナティ”のメンバーで思想的にベートーベンは彼から影響を受けていたと言う話です。イルミナティ等の啓蒙主義者の団体はフランス革命当時イギリスに亡命したカトリックの坊主が疎の様な啓蒙団体についての嘘八百出鱈目の本を書きそれ以降イルミナティ等の団体は陰謀を企てている残虐で世界支配しか念頭に無いグループと言う噂が広まったそうです。
 兎に角、話は長くなりましたが、この様なイルミナティやロックフェラー陰謀論等も存在するかも知れませんが、本当の問題は一般庶民が“民主主義”を真面目に考えていない事により、市民の“無関心”や“無知”を利用する人々が多くの一般民衆を犠牲にし不法な富を得ていることに有るのではないでしょうか?
 例えば企業と其の株の所有者である株主の問題が有ります。世界中で企業は環境を汚染破壊し何千何万の人々が企業の直接の犠牲者になる事も多いのですが企業は殆ど法的に罰せられず株主はどの様な場合でも罪を問われる事はないのです。しかし彼等は他人の犠牲で利益を得ている犯罪者なのです。例えば貴方が殺し屋を雇って誰かを暗殺すると、貴方も殺し屋も犯罪者と言う事になるのですが、企業と株主の関係は疎の様には考えられていないのです。つまり利益追求はどの様な事をしても多くの場合罪にならず犯罪者(資本家)が富を貯えると言う世界になってしまっています。
 此れは現代社会の本の一つの問題例ですが個々の市民がもう少し真面目に民主主義を考えると、若し陰謀を企てている団体が存在しても彼等の違法行為を法の力で遮る事が可能な社会ができるのではないでしょうか?
 20世紀の初頭に(御存知と思いますが)シグムント フロイトの甥、エドワード バーネイがアメリカでプロパガンダ(広告代理店やパブリックリレーション)で民衆扇動をする事をアメリカで始め、現在では特にテレビは其の資本層による民衆扇動の最も効率的なプロパガンダ若しくは洗脳の為の道具になっていて、テレビも民衆の大きな敵だと私は思っています。
 アメリカでは勿論、エドワードバーネイ自身も“プロパガンダ”と言う本を出版していて日本語訳も有ると思います。1950年代に入るとVance Packard ヴァンス パッカード著“The Hidden Persuaders 陰の説得者達”と言うアメリカでもベストセラーになった著書が、企業や資本家、が精神医学や種々の手段を民衆、政治コントロールに使っている事を批判しています。現在ではこれ等の民衆コントロールの手段はより進歩し将来成人し民主主義を支える筈のテレビで育つ子供達の価値観をコントロールしているのです。
 此れは何処かにイルミナティの様な団体が有るのではなく“企業の手段を選ばない富の追及”が原因だと私は考えています。
 コメントではこれ以上説明する事も難しいのでこの辺で--------------
若し反対の意見が有りましたら何時でもコメントして下さい。
 コメント有り難うございます。

No title

>ベンジャミン・フルフォードさんのブログや太田龍さんの本---------
>については私は知識が有りませんので、もう少し主題をハッキリ説明していただ>けるとお答えできるかもしれません。

これについては、ググっていただけると嬉しいです。私は、これらの言論と一定の距離を持っていたいと思いますので…。

刀狩りと傭兵隊の件。…ま、そういうことでしょう。

現代の問題の多くは、実は「テキスト化されない部分ではじまっている」というのが、私の最近の印象であり、結論。つまりは、マスコミにもウェブにも登場しない傀儡者たちが存在し、彼らの論理は隠蔽されている。という確信です。

最近、私は、「オバマ 危険な正体」という本を読みました。その確証性は分かりませんが、どうなんですか。

オバマを傀儡する人たち。彼らを理解することが必要だと思っているのですが…。

スポンタ中村さん

先ず最初に、コメント有り難うございます。
 アメリカの武器販売の現状ですが、歴史的には憲法で武器所有が認められている事に原因しているのです。問題は当時の所有が認められていた武器は先詰めのマスケットと言うライフルで弾丸と火薬を棒でつめてから狙いを付けて撃つと言う非常に古めかしい物だったので現代のマシンガンとか突撃ライフル、対戦車ライフルなんかは全く念頭に無かった憲法なのです。話が長くなりますが、支配的白人層は大規模な黒人反乱を恐れていた事も常に武装する理由だったのではないかと思っています。
 現在では20世紀に入ってからの兵器産業複合体(?ですか日本語で)が政治的に勢力を持つ様になり、武器の販売を国内で禁止する事は憲法議論も含めてアメリカの巨大産業の存在理由に対する大議論に発展する可能性が有りますから極少数の民主党政治家しか此の問題には手を付けたがらないのです。
 唯、秀吉の刀狩以前の日本の状況と比較するのは一寸問題が有ると思います。当時の武器は現在の武器と比較すると一般的に安価で大衆の間で大量に保管する事が可能だったのですが、現在の武器は戦闘機、戦車、ミサイル等が実際の戦争や此の話題では内戦に使用されるので、若しアメリカ人がライフルや小さなミサイルを持っているとしても内戦を戦う程の武力にはならないと思います。其れよりも問題は“ブラックウオーター“の様な傭兵隊会社です。彼等は右翼富裕層の支持を背景に巨大な資本を利用でき若しアメリカが左右の分裂する事が有れば、スペイン内乱時と同様右翼資本層の支持を得た傭兵隊の協力による右翼勢力による国家が成立する可能性が有りますが、此れは理論的な説明で実際此の様な事が起こるのかどうかはオバマ政権後の政局を見ないと解からないと思います。

ベンジャミン・フルフォードさんのブログや太田龍さんの本---------
については私は知識が有りませんので、もう少し主題をハッキリ説明していただけるとお答えできるかもしれません。
 唯、どの国家でも“自分たちは特別で資本を独占する権利が有り、支配する様に生まれている”と言う幻想を抱いてる精神病患者の集団が存在し其れはアメリカでは“右翼”とか“ネオコン”とか“白人優越主義者”で日本では“右翼”“自民党”“右翼国粋主義者”なのでしょう。

 関係ないかも知れませんが、世界平和を守る為には人種差別の無い民主主義、つまりアリストテレスの言った“民主主義は貧乏人の支配する政府と言う意味だ。何故なら貧乏人(庶民)は多数者であり民主主義は多数者が治める政治形態なのだから”と言う事を忠実に守る人々を支持しそれらの人の運動に加わる事が民主主義を守る唯一つの手段です。此の信条に反する人々や団体は民主主義の敵なのです。
 御質問が有れば何時でもコメントして下さい。其れと私のブログは主にアメリカ発のインターネットで見られる記事の翻訳についての私なりの好い加減な考えを書き綴っている物です。興味があれば過去記事も読んで下さい、面白い記事が有るかもしれませんよ。

はじめまして

東京に住んでいるインターネットを研究している者です。
アメリカという国・体制が、日本で伝えられているのとは違うことに、沢山の人が気づきはじめているようですね。
私は日本にいるから分かりませんが、アメリカで暮らされていると、気づかされることは多いのでしょうね。
私は、銃を廃絶できないアメリカは、秀吉が刀狩をする前の日本と同じで、戦国時代(内戦状態)に等しい。と、最近思い始めました。実際はどうなんでしょうか。
私は、ベンジャミン・フルフォードさんのブログや太田龍さんの本を最近読んで、現代史にハ、「私たちが知ることができなかった影響力」があったらしいことを知らされました。もし、そういう勢力が本当に存在して、それが「平和を望む普通の人たち」の敵だとしたら、「味方は誰なのか?」そのことが疑問でなりません。
この記事の冒頭の提案をもし、鳩山さんがしたら、橋本龍太郎さんのような最期になるのではないか。と思えてなりません。どう、思われますか?

No title

勿論、動物も彼等の集団を変えると思いますよ。唯、人間社会では変わる時には速くそして意識的に望んで変化させようとする事ができるのでは?動物界では環境の必要性に迫られないと変化はなかなか起こらないのでは?勿論、絶対起こらないとは言っていませんよ。まあ動物が人間と同じでも別に良いのですが。私の言っている事は我々には意思があり社会を変化させる能力が有ると言う唯それだけの事を言っているのです。動物が人間のように行動しても別にかまいませんよ。クロポツキン等は人間は動物に見習うべきだと“相互扶助論”で言っていますからね。勿論、相互扶助論がそれだけのことを言っていると私は説明しているわけでは有りませんよ。
 其れと日本語の間違いの指摘有り難うございます。唯、言語も宇宙の全てと同様で常に変わる物なのですよ。過去の正しさに忠実な人も居れば意味さえ伝えられれば良いと思っている人も居て良いのです。その様にして種々の言語に枝分かれし同じ言語でも古典期の言語と現代の言語が違っているでしょう。だから世の中は変化があって面白いのでは?意味が伝わりませんでしたか?
コメント有り難うございました。
 アア!其れと忘れていましたが美術を専攻したと言った事を美学や美術史と誤解されたようですが、ステュディオアートの方です。実際にアートを造る方です。肉体労働者の方でして私は昔で言うProletariatです。

「サザン」は南海電鉄にも

>ejnews さん,コメントをども.教会から帰ってきて,PCの地デジソフトを立ち上げたら,全んど「TSUNAMI」で洗脳状態です.サザンオールスターズじゃあるまいに.

| 勉強をして

これは自動詞またはサ変動詞で「勉強して」の方が良いでしょう.日本語に翻訳する時に結構見落とされがちな部分です.若い頃にある分厚い洋書の翻訳を手伝わされて,こういう文法的な部分で編集者と結構やりあった経験があります.中学や高校時代の英語の先生が英文科出身でなく,言語学者だったせいもありますが.

それはさておき,

| 恐らく好奇心に欠ける為に本を読まず,人間社会を如何に理解するかと言う柔軟性に欠ける

という部分ではやはり日本社会もそういう方向へ着実に向いていると言えます.例えば私はよく漢文を引用するのですけど,似たことはここ数日のフランス語の「箴言」にも言えるんですよね.イギリス英語にはフランス語やラテン語の影響で「意味不明」の言い回しや「イディオム」が結構多いのですけど,要するに漢文やフランス語やラテン語の教養がない「好奇心に欠ける人」から見ると,私の気晴らしの文書というものは全くちんぷんかんぷんなのではないかと想像します.ましてや,論文ならなおさらですし,私の講義を受けている院生たちは「ふーん,そういうことも覚えないといけないのか」程度の顔をして聴いているので,レポートの綴りは極めてデタラメです.上流社会への登龍門にいる若者でさえこれですから,それ未満の若者となると絶望的な部分があります.


| 全ての人が就職出来、皆中流階級以上になれる訳ではない

ただ,これはその当時の景気の良い・悪いという側面もあり,また学費に苦労せずに勉強やスポーツだけに邁進できる環境にあるかどうかという側面もありますよ.国体とかオリンピックの選手が典型例ですね.みな天才肌でなおかつ生活費にも困っていない.私の従妹も体育大で新体操を専攻してたのですけど,体育の教員試験に受からず,故郷のテーマパークで「くの一」(女性の忍者) をしていました.地元の私鉄が経営しているためもあり,彼女の似顔絵が電車の前面に描かれていて客寄せになってたり.今でも休日には忍者の格好をして駅でサイン会をしているとか.


| 其れを如何に人間的に許容できる範囲内の差に留めるかと

私が「進歩派」かどうかはまた別として,ejnews さんの考え方にはそのまま共鳴します.ただ,人間的な許容範囲が果たして「読書力」によって作られるのかどうかに関しては多少疑問の余地があったりします.典型的なのが旧制高校の「教養主義」でして,私はあれにはぞっとするような違和感があります.


| 一般的に私も含めて想像力に欠けるので

例えばいま日本では津波が何回も,段々強くなりながら,しかもその間隔が短くなることを,物理学用語の「周期」という言葉でマスコミが報じています.確かに,他の言い方がないことは承知の上だし,高校の物理でも「周期」は習うのですが…….今の子供たちはアメリカ同様,物理は選択制になってまして,理科系に進まないほとんどの高校生は「周期」という言葉を知らずに卒業してしまいます.せいぜい,保健科で習う女性の生理の周期くらいでしょう.でも,生物学的な用語と地質学的な用語とはまったく異なり,後者はもろに応用物理です.日本の大学入試で物理と地学の両方を選択という事ができないのと共通しています.なぜならほとんど範囲が重なるからです.特に物理では原子核について出題しないので,余計にそういう矛盾が起こっています (つまり医学部の学生が原子核について本格的に習うのは大学に入ってから).

逆に言うと,いまマスコミで津波のニュースを聴いているほとんどの人たちにとって,アナウンサーや招かれた地震学者の発する「周期」という言葉はそのまま耳から耳へと抜けていくということにも繋がりかねません.これじゃ,災害予防の啓発という意味のマスコミのあり方は全んど骨抜きにされているんじゃないかというのが私の危機感です.


| “動物と違い自分の望む社会を自分の理想に沿って変える事が出来る”

うーん.(^_^;) そうでもないんですよ.例えば,スクレイピー scrapie virus だとか Bovine-transmissible Spongiform Encephalopathy などの,分子量50万に過ぎないタンパク質とほんのわずかな遺伝子でできた,特殊なウイルスなんかは恐ろしいことに,宿主を免疫系B細胞という一種のリンパ球へ感染するという性質がありましてねぇ.この仮説を力尽くで潰してノーベル賞を取った輩がいましたけど,彼らの信念はやはり「動物と違い(人間は)自分の望む社会を自分の理想に沿って変える事が出来る」という,福音教会的なイデオロギーだったんですよ.私は反対で,動物未満のウイルスにも「自分の望む社会を自分の理想に沿って変える事が出来る」という生物学的な事実が念頭にあるからなんです.奴等は 65℃に熱してもタンパク質が変性しないので,プロテアーゼKという特殊なタンパク質分解酵素を使わないとばらばらにならないんです.まるでエイリアンのような連中です.おかげで既成の「進歩派」「リベラル派」からはしばしば嫌われることが多いです.石鹸運動や自然食品も潰して回るし(笑) ちょっと考えたら分かることだと思うのですけどねぇ.


|  独逸の車が売れるのは或る特定の高価な車種の機能ではなく宣伝(テレビコマーシャル等の民衆扇動)が上手いのです。

日本でもそういう場面は多いでしょう.私は基本的にテレビを見ないし,見るヒマがないので,民放のCMがどのように作られているのかは音でしか分かりません.


| ロスでも独逸車の防弾性等を気にして買っている人は極々少数の外国人だと思いますよ。勿論此れは私の観察であって唯の私の意見です。

はい(笑) お互いに,狭い範囲でしか観察してないから,独断と偏見は「アリ」の大人の会話として楽しみましょう.

kaetzchenさん

私が本を読まないと言う表現で言いたかった事は勉強をして頭が良くなって仕事にありつけるとかではなく、恐らく奇心に欠ける為本を読まず人間社会を如何理解するかと言う柔軟性に欠けると言う事を言いたかったのです。
 若し皆が同じ様に頭が良くなって皆が全ての国家試験に合格したとしても全ての人が就職出来、皆中流階級以上になれる訳ではないのですから皆が頭が良くなっても“持てる者持たざる者”の差が常に存在するのです。其れを如何に人間的に許容できる範囲内の差に留めるかと言うが進歩派の目指す事なのだと思いますが、好奇心の無い人は種々の著作を読む事によって(一般的に私も含めて想像力に欠けるので他人の書いた本を読んで種々の知識を得るのだと思いますが)知る事ができる人間の特徴である“動物と違い自分の望む社会を自分の理想に沿って変える事が出来る”と言う事に気が付かず、自分で考える事をせず社会一般の“常識”に従ったり権力にしたがったり一般のメディアに騙されたりするのです。
 独逸の車が売れるのは或る特定の高価な車種の機能ではなく宣伝(テレビコマーシャル等の民衆扇動)が上手いのです。独逸車の多くは値段的機能的に日本の高級車と変わらず、私は独逸の自動車会社が如何に独逸車を所有する事がセクシーでステイタスのシンボルで有るかを宣伝で上手く広めている事によるのだと思います。ロスでも独逸車の防弾性等を気にして買っている人は極々少数の外国人だと思いますよ。勿論此れは私の観察であって唯の私の意見です。
コメント有り難うございます。

悲しい現状ですが

>ejnews さん いま日本時間で4時です.トイレに起きたついでに一言.

>アメリカの一般大衆のかなり大きな人口は読書量が少なく

これについては日本の現状を見ていると,アメリカの一般大衆と非常に似た読書量に近付いているのではないかという気がしてなりません.つまり,経済力と向上心に比して読書量が変動するという,当たり前の法則です.

何と言っても「マンガ」の売れ行きが悪い! かつて百万部も売っていた集英社の「少年ジャンプ」はかつての5分の1へと下がり,たまに見てみると活字の大きさがまるで弱視用の本なみにばかでかくなっているんです.同じことは少女マンガでも中高生向けのなんかは活字がすごく大きくなっています.

岩波新書や岩波文庫などの固い本も同様ですね.子供に読ませるような新刊とか旧版の改版などを見ると,活字のポイント数は同じでも字間を開けてわざと読みやすくしてあったりします (その代わり値段が1冊千円近くなった).とても貧乏な高校生に教材として与えようにも,教材費が払えない生徒には負担になっています.

かつてアメリカのハイスクールのレベルは低いなどという議論がありましたけど,少なくとも「エリート」である医学部や看護学部の学生を見る限り,恐ろしいほどの知的退廃が起こっていることは事実で,これが仕送りなしで自分で生活費や学費を稼いでいる文科系の学生ともなると,まともに教科書さえ読んでいるのか,図書館で参考書を読んでいるのかと心配になります.つまり「学歴崩壊」こそが日本の若者のフリーター化と絡んでいるのではないかというのが,教会学校に来ている若者たちを見ていての感想です.(実際,彼らはほとんど本を読まなく,携帯サイトにしか興味がなく,国家資格を取る意欲もない)

Big3の一つの Ford の下請けになっている広島のマツダも結局は Ford の言いなりになってしまい,山口県の工場では大量の失業者を出すはめとなりました.これがトヨタの販売戦略のせいだとは思いたくないのですけど,結果としてアメリカ市場ばかりに戦力を投入したツケだというのは事実でしょうね.広島も一気に景気が悪くなり,生活保護や生活一時金の支給日に競艇などへ向かわないように指導するボランティアも疲れました.さらに悪いことに海兵隊から流れたと見られる,覚醒剤の注射器を1本1万円で売る暴力団まで現われたのですけど,広島県警も山口県警もまともに取り締まる気がないようです.

スズキもインドの中産階級へのワゴンRの集中輸出で法人税を儲けてくれましたけど,他の第三諸国を見据えた戦略も必要でしょう.アメリカでドイツ車が売れるのは簡単なことで,日本の暴力団がドイツ車を買うのと同じ理由です.交通事故を起こしても「死なない」から(笑) ガラスを防弾にしておけば抗争時も安全ですし.アメリカでは銃器が野放しですから,日本の暴力団がばらまかれているようなものだという認識でいます.

kaetzchenさん

昔和久希世サンののブログで米政府により日米貿易が政治的に利用されている事について私は今回のリセッションでアメリカの購買力が低下したチャンスを利用してアメリカ市場離れをすると日本の政府は自民党の様に何時までもアメリカの言いなりになる必要は無くなると言うコメントを書いた事がありますが、日本がアメリカの市場に頼っている限り日本政府は独自の政治は難しいと私も思います。
コメント有り難うございました。

zen9youさん

昔からアメリカは日本が軍事経済的に強力になりすぎるのを警戒している様ですから裏では色々あるのでしょうね。
 アメリカの一般大衆のかなり大きな人口は読書量が少なく政治家が愛国者ぶって何か外国人や外国の企業文化を非難すると本当だと思って信用してしまう人が多いので民衆扇動も企業の目から見ればかなり容易なのが問題なのです。
 特に日本は真珠湾攻撃の歴史が有り黄色人種の住む島国で中国のように人類の大半が中国人で広大な大陸国家でもないので、大きい事は良い事だと言う信仰が未だ残っているアメリカ人は日本と言う小国は大国中国と違い簡単に牛耳れる国だと感じて居る様でも有ります。其処がアメリカを中心市場としている日本と中国の差なのではないでしょうか?
 トヨタは生き残るでしょうが、政治の駆け引きに使われているのであれば此の記事の様に日本の民主党政権はトヨタを徹底的に守る必要が有りますね。
 処で、独逸は同じ白人国家ですからヒットラーの第3帝国の汚名に関わらずやはり白人が政治的支配者であるアメリカではワーゲンやメルセデス、アウディ等がカッコイイと思われて居る様です。私の住むロスはユダヤ系の人口が多いと所ですがユダヤ系でもメルセデスやアウディ、ポルシャ等の独逸車を好むようです。
 人間とは何時になっても愚かな物ですね。
コメント有り難うございました。
 

とりあえず感想のみ

>ejnews さん.少し時間があるので,一言だけ.

民主党政権に変わって,いきなり米軍基地のことだの何だのと,アメリカの言うことを聴かなくなったため,その仕返しに保守層が仕返しをしたというのは事実じゃないでしょうか.

私の専門で言うと,国内ではいつの間にか「肉骨粉」のこともウヤムヤになっております.逆に言うと,私の地元のマツダもそうですが,アメリカ only にシフトした輸出をしていたからこそ,自衛隊に高価な武器を「バーター」で押し付けられていたという側面はないのかな,と地元の自衛隊の様子を見ていて思うことしきり.

先日は台湾も日本同様,PAC3 を押し付けられて国民党が困窮してましたけど,あれも結局台湾製のマザーボードなどのPC部品が余りにも性能が良すぎて,台湾のメーカーが中国の開放特区を下請けにして,アメリカばかりにシフトした輸出をしていたツケじゃないかなっていう思いがあります.

今日は時間がないので,とりあえず感想のみにて失礼します.

No title

まったくその通りではないでしょうか。焼け太りするのを待っていたかのようにすべてハゲタカについばまれ骨と皮だけになってよろよろしている。

トヨタの件もその通りでしょう。ワーゲンを乗っている人たちが身の回りだけでも数人いて、突然エンジンが止まったという故障があったと何人かから聞きますが、何もおとがめなし。

少し前に三菱がやられたのも同じような手口。トヨタは影響力があるから世界規模ですが。あきらに狙われている。日本経済をたたきに来た。政治で思わぬ不覚を取って思い通りにいかないからということでしょうか。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対トヨタ戦争: 実はもっぱら政治問題

Mike Whitney 2010年2月24日Information Clearing House 何件かの交通事故による死者が理由で、トヨタが、マスコミによっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。