スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネズエラのニュースは正しく伝えられているのか?

International media coverage
distorts Venezuela’s realty.
ヴェネズエラについての報道は世界的に歪められている。


http://www.venezuelanalysis.com/files/pdf/cdoi_0_20100212.pdf

Recent headlines in newspapers around the world evidence the evolution and continuation of a coordinated campaign to defame and discredit Venezuela
“Venezuelan police break up anti-Chavez protest”, headlined a recent Washington Post story. “So Why Isn’t Venezuela on the State Sponsor of Terror List?” titled a blog of the Heritage Foundation last week, one of Washington’s most influential think tanks. “Venezuela’s Chavez: Twitter Messages are Terrorist Threats”, read yet another byline,
tweeted across the web. Other major papers, ranging from the New York Times, Los Angeles Times, Wall Street Journal and The Guardian, amongst numerous others around the world, recycle and repeat the same messages over and over again each week about Venezuela and its alleged “dictatorship”.
“ヴェネズエラ警察反チャヴェスプロテストを(暴力的に)解散させる。”とは最近のワシントンポストの記事の見出しである。“じゃあ、如何してヴェネズエラはテロリスト国家のリストに名前が挙げられてないのか?”とはワシントンの最も影響力のあるシンクタンクの一つであるヘリテッジ財団の先週のブログのタイトルである。“ヴェネズエラのチャヴェス:ツィッターのメッセージはテロリストの脅威”とは又其れについての副題でインターネット上でツィッターを使いお喋りをしている。世界中の多くの新聞やニューヨークタイムズ、ロサンゼルスタイムズ、ウォールストリートジャーナル、そしてガーディアン等の他の有名な新聞もヴェネズエラと所謂其の“独裁主義”について同じ様なメッセージを毎週繰り返し何度も何度もリサイクルしている。

Coverage of events in Venezuela last Thursday, February 4 in the international press evidence what appears to be an intentional distortion of facts. “Police used tear gas, plastic bullets and water cannons to scatter hundreds of students protesting against the government Thursday”, detailed The Washington Post, highlighting the story as though it were top, breaking news. The article went on to include whiny statements from student opposition leaders crying “abuse of power” because police forces prevented them from engaging in an illegal march.
ヴェネズエラでの2月4日の出来事の世界中の報道は国際的な事実の歪曲と言う事実を証明している。“木曜日、警察は催涙ガス、プラスチック弾丸そして放水を使い反政府プロテストの何百人もの学生を追い散らした。”と此のニュースが如何にもトップニュースで緊急ニュースでもあるかの様に告げながらワシントンポストは詳細を告げている。
そして警察が不法デモ行進(事前に許可を受けたいなかったか何かの理由で許可だ出なかった)を阻止した事を“権力の悪用”と声高に非難している反政府学生団体のリーダーの小言を含めながら記事を続けている。

What the Post story omitted was how opposition protestors provoked the police and security forces by throwing bottles and rocks at them, and in one case, setting off a small explosive that left at least one officer injured and bleeding from the head.
The article also failed to mention that those student demonstrators flaunted “non-violence” slogans before the cameras, while subsequently flailing hard objects at police and public property
此処でワシントンポストが省略している事は、プロテスト参加者が石やガラス瓶を警察と警備隊に投げつけ、小型の爆発物を爆破させ警察や警備隊の反応を誘発し、少なくとも1名の警察官が負傷し頭部からの出血をしたと言う事である。記事は又、学生デモ参加者がテレビカメラの前で“非暴力”のプラカードを見せびらかしておいて、其の後で硬質の物体を警察官や公共の所有物に叩き付けた事も書き忘れている。

SMALL PROTESTS IN VENEZUELA MAKE BIG
NEWS WORLDWIDE
ヴェネズエラで小規模のプロテストも国際的には大きなニュースとなる。


Would a protest of several hundred students in the US make the national headlines in The Washington Post, a top daily paper? It’s doubtful, in fact, the answer is no. Marches of thousands - tens of thousands, hundreds of thousands - in the US barely get any coverage at all in the US media.
So why is it breaking news when it comes from Venezuela? Generally, pro-Chavez demonstrations are not newsworthy, according to the international press.
Thousands – millions – can march to support President Chavez and be ignored
by the media, but a few dozen opposition protestors breaking the law get full frontal coverage.
アメリカでの数百人の学生デモは最も有名な新聞の一つワシントンポストの国内ニュースの一面記事になるのだろうか?疑わしい事である。実は答えは“ノー!”である。千人単位の何万人、何十万人のデモ行進もアメリカのメディアでは殆どニュースになる事が無い。
其れでは如何してヴェネズエラでは緊急ニュースになるのだろうか?国際的プレス(新聞、ニュース)によると、一般的に言ってチャヴェス側に立つデモはニュースとしての価値が無い。チャヴェス大統領を支持する何千人何百万人の行進はメディアでは無視されるのだが、数十人の反対デモが法を犯すと第一面を飾るニュースになるのである。

The obvious reason lies in the interests shared between those protesting and those reporting. Both have a stake in removing Chavez from office, so both will do everything possible, including lying, manipulating and distorting the facts, to make that happen.
其の理由は反チャべスプロテストグループと其れを報道している両者の利益の中に明白に見る事が出来る。両者はチャヴェスを政権から追い出す事で重要な利益を得るので其れを実現する為に、でっち上げ、情報操作、事実の歪曲、を含め、彼等は可能な手段は全て使うのである。

COORDINATED MEDIA CAMPAIGN
組織的なメディアキャンペーン。


Coincidently, the same day the Post story ran, a high level US official made public declarations backing the media distortion of the previous day’s protest in Venezuela. Thomas Shannon, former Sub-Secretary of State for Western Hemisphere Affairs
and current US Ambassador to Brazil, called on Venezuelan President Hugo Chavez to “not repress his adversaries”.
“Venezuela is going through a difficult moment”, declared Shannon during a press conference in Brazil.
President Chavez should “not repress his people, but rather listen to them”,
implored the US official.
偶然にも、同日ポストの他の記事は米政府の高官が前日のメディアに歪曲され報道されたたヴェネズエラでの反政府デモを支持する声明を公に発表した。元国務省西半球次官補、現在在ブラジル米大使のトーマスシャノンはウーゴチャヴェス大統領に向かって反体制側を圧迫しない様に呼びかけた。『ヴェネズエラは難局を迎えている。』とブラジルでの記者会見で宣言した。[チャヴェス大統領は市民を抑圧すべきではなく彼等の意見を聞くべきである。]と此の米高官は要請した。

The obvious double standard and hypocrisy of the US government is clearly evidenced in Shannon’s stern warnings to the Venezuelan head of state. But again, the question
arises as to why controlling an illegal protest, that has no authorization or permit to march, and seeks to destroy public property, block vital roadways and transit, and attack police officers is considered repression?
Any who have ever attended or witnessed a public protest in the US know very well that without clear authorization from local authorities, the demonstration will be considered illegal and all will be arrested who fail to abide by police orders.
And if the protest is given the appropriate permission, the proportion of security forces to protesters is at least 3 to 1. In the event of any kind of violence or public disorder,
immediate arrests will result.
米政府の明らかなダブルスタンダードと偽善はヴェネズエラの国家元首に対するシャノン大使の厳格な警告に明白に現れている。然し、無許可のデモ行進と公共物破壊行為、公共交通妨害、そして警察官への攻撃を抑制しようとする行為が抑圧と理解されるのかと言う疑問が此処で又浮上して来るのである。アメリカで公共の場でのプロテストに参加、若しくは其れを目撃した人は誰でも充分知っている事なのだが、地方自治体からの明確な許可の無い場合は違法行為として受け取られ若し警察の命令に従わない場合は逮捕されるのである。

TERRORIST, TERRORIST, TERRORIST
テロリスト、テロリスト、テロリスト。


Generally, the messages against Venezuela that are repeated and amplified in mass media are first presented by a US official during some kind of declaration or statement.
Subsequent to Ambassador Shannon’s reference to a “difficult moment” in Venezuela last Friday, the Miami Herald headlined “Venezuela heads toward disaster”, on its editorial page.
一般的にマスメディアで拡大され繰り返される反ヴェネズエラ報道は先ず米政府高官の宣言や声明の中で発表される。先週金曜日のシャノン大使のヴェネズエラでの困難についての引用の後、マイアミヘラルド紙は“ヴェネズエラは大惨事に突入する”との見出しを社説のページに出した。

“What little is left of Venezuela’s democracy has taken a literal beating from President Hugo Chavez’s uniformed goon squads – again”, said the editorial, with a call for
“regional leaders to act” against the Venezuelan president, “before bloodshed” occurs. The distortion of language in the Herald editorial, while not surprising, is dangerous.
“Literal beating” and “uniformed goon squads”, are terms used to refer to a brutal dictatorial regime, and not a democratic government supported by more than 58% of the
population, according to the latest polls.
『ヴェネズエラの極僅かに残っている民主主義はウーゴチャヴェスの征服の暴力団(警察や軍隊)によって文字通りの打撃を再び被った‐-------』と社説担当編集者の言で、“流血が起こる前”にヴェネズエラ大統領に対抗する“地域のリーダー達の行動”を呼びかけている。
マイアミヘラルド紙の歪曲された表現は驚くには当たらない物の危険な言葉遣いである。
“文字通りの打撃”と“制服の暴力団”は残虐な独裁政権を表現する為に使われる言葉であり、最近の調査によると58%の人口に支持されている民主的政権を表現する為の言葉ではない。

And again, no police or security forces have ever “beaten” any protestors in any marches during the Chavez administration. However, before Chavez was elected in
1998, mass detentions, disappearances, assassinations and torture frequently occured against student demonstrators protesting the repressive “democratic” regimes of
the past.
そして又、チャヴェス政権下では、どの警察や警備隊も如何なるデモ行進の一人のプロテスト参加者をも殴打した事は無い。然しながら、チャヴェスが選出される1998年以前には、過去の抑圧的な“民主的”だと言われていた政権に対してプロテストしている学生達の身の上に大規模拘留、失踪、暗殺そして拷問等が起こったのである。

Thousands of student and leftist activists were disappeared and tortured in Venezuela between the 1960s – 1990s. Several massacres of political activists and protestors
that occured in the Venezuela before Chavez are well documented, such as the Caracazo in 1989 and Cantaura in 1982. Nothing of the sort has ever taken place during the Chavez administration.
1960年代~1990年代の間にヴェネズエラでは何千人もの学生や左翼活動家が行方不明となったり拷問を受けた。カラカソ1989年、カンタウラ1982年の事件の様な政治活動家やプロテスト参加者に対する数件の大虐殺がチャヴェス以前のヴェネズエラでは発生し、それらは詳細に記録されている。この様な事はチャヴェス政権下では全く起こっていない。

After last week’s release of the Annual Threat Assessment Report by the Director of National Intelligence, which referred to Chavez as an “Anti- US Leader”, political and media outlets are scarily pushing the link between Venezuela and terrorism even
closer.
国家情報機関の局長(ナショナルインテリジェンス)による、チャヴェスを“反米の指導者”と呼んでいる“年間の脅威についての評価報告”の発表後、政治的そしてメディアの発表ではおぞましい程にヴェネズエラとテロリズムを今までよりも一層深く関連付ける努力をしている。

“It’s past time to put Venezuela on the list of state sponsors of terrorism”, implored an article from the conservative Heritage Foundation in Washington.
Other press outlets are using the intelligence report as an excuse to officially add the adjectives “anti-American”, “tyrant”, “dictator”, “authoritarian” and “terrorist” to President Chavez’s name.
“其の過去がヴェネズエラをテロリズムを支援する国家のリストに入れる”とワシントンの保守的ヘリテッジ財団の記事は説明している。他の報道機関は情報機関の報告を公に“反米”“僭主”“独裁者”“権威主義”そして“テロリスト”の形容詞をチャヴェス大統領の名前に付け加える言い訳に利用している。

FUTURE AGGRESSION
将来の攻撃(侵略)


This type of campaign works to condition public opinion in order to achieve approval for a future act of aggression against a nation or an individual target. Similar campaigns
have occured against Irak, Panama, Cuba, Iran, Honduras and other nations considered adversarial or insubordinate to US Empire, in order to justify wars, invasions, coups and select assassinations.
この様な(メディア)キャンペーンは国家や個人に対する将来の攻撃への同意を得る目的で大衆の意見を調整する為に有効である。戦争や侵略、クーデターそして特定の目的の為の暗殺を正当化する同様のキャンペーンは米帝国に対抗しているか従っていないと受け取られているイラク、パナマ、キューバ、ホンデュラス、等の様な国々に対して行われた。

The media distortion and manipulation of Venezuela’s reality is not new, but it is escalating at a dangerous pace. As the US seeks to justify its largest military presence
in Latin America ever - through the recent agreement with Colombia to establish seven military bases off the Venezuelan border – the media campaign works simultaneously to prepare an international audience for the possibility of placing Venezuela on the state sponsors of terrorism list this year.
メディアによるヴェネズエラの現実の歪曲は新しい現象ではない。然し其れは危険な速さでエスカレートしている。コロンビアとの協定を通してヴェネズエラ国境線に沿って7つの軍事基地を開設し、米政府がラテンアメリカ史上最大の軍事的存在を正当化する為、同時に今年ヴェネズエラをテロリズム支援国家リストに入れる可能性について国際的観衆の意見調整をする準備する為此のメディアキャンペーンは有効である。
T/ Eva Golinger
P/ AP

ejnews:  此の記事にもある様に米政府が次にどの地域を侵略するかは企業メディアのニュースを読んでいると特に悪役にされている人物や国家が標的になってるのは当然誰でも理解して態々説明する必要は無いのですが、例えばオサマ ビン ラデンを理由に侵略されたアフガニスタン、理由は石油パイプラインとヘロイン、サダムフセインのイラクは当然石油(市場での石油の取引量のコントロールと将来の石油の確保)、一寸昔はパナマの政治実権を握っていたオマート リホスOmar Torrijos、彼は日本の永野 重雄とパナマ運河拡張を計画し、此の計画が米国を非常に憤慨させたと言う事でレーガンが大統領になったとたんトリホスは怪しげな飛行機事故で死亡、この事件は後にパナマの軍事独裁者となったノリエガが弁護士を通し米国の手引きによる暗殺の証拠を持っていると主張しましが法的操作で其の証拠は法廷に提出される事を拒否されたと言う事です。(こんな話はゴロゴロ転がっていますね)最近は中南米とアフリカの資源がより欧米だけでなく中国や韓国からも注目されている様で資源獲得競争は一段と激しくなっていくのでしょうね。唯、現在の所、欧米と他の国家の資源獲得競争の方法上の相違は欧米はIMF、ワールドバンクの他に米軍、米中央情報局、NATO軍 、を手先に使うと言う点ではないでしょうか?
 最近まではIMFやワールドバンクの様なヤクザ高利貸しの詐欺行為でキューバ以外の発展途上国は簡単に騙されてきたのですが(騙されない場合は1953年米中央情報局のクーデターによって倒されたMohammed Mosaddeqモハマド モザデク首相や---<詳しくはOperation Ajaxで調べて下さい。>---又、ガテマラのハコボ アルベンツ大統領Jacobo Árbenz Guzmánに対するクーデター、詳しくは---Operation PBFORTUNE---Operation PBHISTORY---で調べて下さい。そして、1973年9月11日のチリのアイェンデ大統領Salvador Allendeに対する米中央情報局が支援するピノチェット将軍Pinochetの軍事クーデターの様な事が起こるのです。此のアイェンデ大統領Salvador Allendeに対するクーデターにはペプシコーラ、ITTインターナショナルテレフォン&テレグラフ等も絡んでいたのですが此の話は又後ほど)ウーゴ チャヴェスがヴェネズエラの大統領になってからはIMFやワールドバンク、米中央情報局も効果を失い、中南米はチャヴェス大統領の存在に力づけられたかの様に次々と進歩的若しくは社会主義的政策を掲げる政権が誕生し始め、ボリビアのエボ モラレス大統領Evo Moralesも南米初の原住民出身の大統領で、彼のボリビアでの民主主義の為の戦いは中南米の政治的進歩として注目するべき出来事で、此のブログでも過去に紹介したパラグアイのフェルナンド ルゴ大統領Fernando Lugoも“解放の神学”Liberation theologyと呼ばれるソシャリズムやコミュニズムに影響を受けた中南米特有のカトリックの教義を信じる宗派の御坊さんなのです。これ等の中南米の政治変化はブッシュ政権がアフガニスタンとイラクで釘付けとなった事が大きな原因の様ですが、最近のニュースではヴェネズエラの石油埋蔵量が世界一だと言うニュースもあり、石油の価格が将来又上昇するとチャヴェスのボリヴァリアン革命派(Bolivarian Revolution)は中南米にアメリカ以上の影響力を与え続ける事が出来るのですからチャヴェス大統領が目の上のタンコブになっていた米政府のヴェネズエラ軍事包囲網強化もナルほどね!と言う話です。

翻訳した記事はPostcards from the Revolution“革命からの葉書”と言うブログにのせてあるCorreo del Orinoco international editionコレオデルオリノコ国際版と言うヴェネズエラの新聞の英語版からです。
では今日は此れで!Hasta pronto! じゃ又直ぐに!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kaetzchenさん

私が此処でして欲しく無い事は、他のブログ主の悪口です。嘘つきだとか失礼だとか言う様な変な論争は意味が無く時間の無駄で面白くも何とも無いのです。それ以外のコメントは大丈夫です。
 私はkaetzchenさんの他のブログ主との問題も興味が無く判断が出来ないので此処に持ち込まないで欲しいだけなのです。
 唯、ブログ契約違反や他の違法行為は気をつけてください。私はあるブログ主が違法行為をしブログが自由に出来なくなった例を一件知っているのです。
 気をつけて下さい。

ejnews さん

先日はブログの主旨に合わないコメントを書き込んですみませんでした.このコメントも「主旨に合わない」ので削除されて結構です.(^_^;)

確かに本業の部分に関しては守秘義務があるために些か脚色が入っているのは事実で,それを ejnews さんが「フィクション」と捉えるのは自由です.

ただ,リアルな部分でしんどいことは事実で,免疫が下がっているために簡単に風邪や皮膚炎などつまらない病気をうつされてしまうのも現実でして.

今から教会の役員会議で出掛けます.いわゆる power lunch ですな.美学・美術史の話題に関してのコメントは書きかけで放ったらかしにしてましたので,今晩か明日の晩にでもアップできるかなと考えています.また,本命のトップページの話題についての評論もそのうちしますので.とりあえずお詫びと共に.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kaetzchenさん

もう一度説明させて頂きます。私のブログは政治や環境問題についてのニュースを日本語訳して其のニュースの背景等を説明し日本と海外で(主にアメリカで)起こっている事件や歴史を比較したり一寸冷やかしたりして楽しむブログです。
 と言う事で他のブログ主の批判をする場所では有りませんから疎の様なコメントは削除させて頂きます。私には事情が理解出来ないので疎の様なコメントをされても困惑してしまいます。
 翻訳した記事や其れに関連した事等のコメントを御願いします。

 其れと学者さんの論文のような物でも正しい論文も有れば間違っている論文も有るでしょう?つまりどの様な考えでも人間の考えですから常に何処か間違いがあるものです。だからブログのコメントでのやり取りでは単に意見の交換以上のことは私は期待していません。
 宜しくお願いします。

kaetzchenさん

コメント有り難うございました。
処で、私は通人さんとかkaetzchenさんの知っている他のブログ主さん達とは何の関係もないしきょうみも無いので彼等の話はもう止しましょう。
私のブログの翻訳記事に関係した事等を話題にしていただけたらもっと興味深い議論が出来ると思いますよ。

「多重人格」に対する誤解について

>ejnews さん,一応専門家の立場から.

| 此の病気は子供の時に耐えられない経験をし自分自身の経験から無意識に逃れる為

 そうでもないですよ.少なくともアメリカ精神医学会の標準的なテキスト DSM-V にはそのような記述はありません.

 ただ,和久希世さんの所で暴れた「「痛」人」さんは「複数の人格を持つ」精神病の典型例ですね.実際にご対面して観察した経験から,専門外であっても確実に言えます.


|  多重人格を病んでいる人の個々の人格は異常な場合も有れば極正常で時には聖人の様な

 彼の場合,大学を出てからずっと「教員」という立場にいることもあって,「表づら」を使い分けるのが上手なんですよね.教員養成学部出身者の典型例です.私が現役で入った大学の臨床心理学者 (カウンセラー)とは長いつきあいなんですけど,彼は私と同じ理科から教育学部へ進んだ人で,就職した教育委員会では心を病んだ教員の面倒も見て来たそうです.実は彼に「「痛」人」さんのことを相談した所,ブログを読む限りでは私を攻撃することで,現実にうまく行かないことを昇華しているのではないかという話を聴くことができました.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

和久希世さん

世の中色々有りますね。
 例の件についてですが時間が無いので良くは理解していないのですが、私の経験ではアメリカに“多重人格”と言う精神病が有るのですが此の病気は子供の時に耐えられない経験をし自分自身の経験から無意識に逃れる為自己の人格の他に他の複数の人格を(無意識に)つくり狂気になる事を避ける精神病で、一人の個人の中に複数の人間が宿って居る様な精神病です。
 多重人格を病んでいる人の個々の人格は異常な場合も有れば極正常で時には聖人の様な性格である事もあるようです。
 と言う事で私はエチケットを守る犯罪の無い論理的な議論が出来ればどの様な人格でも大歓迎です。

No title

中南米の指導者達のたどらされた道と、
今小沢さん鳩山さんの、たどらされておられる道とが、重なって感じられました。
アメリカ政府支配者も、民主主義という名の正義を掲げているだけに、(一度嘘をつくと、後々まで祟るようですね)余計な苦労をしているとも言えるのでしょうが・・・・・

ところで例の件では、色々とフォロー有難うございました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホンジュラス: 決しておきなかったクーデター

Tyler Shipley Socialist Project “マスコミが沈黙した時、壁が語る。”テグシガルパの落書き 現時点で、ホンジュラスの首都への訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。