スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカは民主主義国家?

ejnews: 今日は又民主主義がアメリカで如何に右翼資本層によって操られているかと言う一例です。此の記事は今年1月のマサチューセッツ州の故ケネディー議員の議席を争った選挙についてですが、此処で問題になっているDieboldと言う会社の コンピュータ化されたダイボールド投票機は2004年のジョージブッシュの大統領選挙にも大活躍し、投票直後のアンケートではブッシュ劣勢が予期されていたのに一晩空けた翌朝にはブッシュ勝利と言うトンでもない事になっていたのです。ベネズエラもコンピュータ化された投票機を使っているそうですが、ウーゴ チャヴェス大統領はアメリカのブッシュが大統領になれた投票機なんて信用できる訳がないとか何とか言って別の会社の投票機をベネズエラは使っているそうです。

Demographics may explain
Coakley's 3% win of hand-count
ballots
人の手によって数えられた投票結果で明らかになったコークリー候補の対抗候補より3%多い投票数はデモグラフィックによって説明出来るかも知れない???


Demographic:デモグラフィックとは此処では特定の地域人口内の年齢、性別、職業、学歴等の配分による地域の人口的一般的特徴。

January 23, 2:57 PM Boston Progressive Examiner Michael Richardson

http://www.examiner.com/examiner/x-1969-Boston-Progressive-Examiner~y2010m1d23-Demographics-may-explain-Coakleys-3-win-of-handcount-ballots

The election integrity community has been vigorously discussing the wide variance between hand counted ballots and machine counted ballots in the recent special Senate election in Massachusetts.
最近のマサチューセッツ特別上院選挙で人間によって計算された投票結果と機械で計算された結果の間差異について選挙の公平性を心配している人々は盛んに議論をしている。

Working late into election night, Bev Harris of BlackBoxVoting.org built a spreadsheet of the Massachusetts results charting the hand counted ballots and made a startling discovery that Attorney General Martha Coakley won the hand count vote total by 3% instead of losing.
BlackBoxVoting.orgのベヴ ハリス(べヴはベヴァリーBeverlyのニックネーム)は選挙日の夜遅くまで頑張って人の手によって数えられたマサチューセッツ州の投票結果チャートのスプレッドシートを製作し、それによってマーサ コークリー州検事総長は人間によって数えられた投票結果では敗北したのではなく(対抗候補より)3%の差で勝利していたと言う驚くべき発見をした。

Republican Scott Brown defeated Democrat Coakley by 5% in one of the nation's most heavily Democratic states in an upset victory. Most of the votes in Massachusetts are tabulated by optical scanners which are susceptible to hacking with malicious, self-deleting software code that covers up any trace of a rigged outcome.
全米で最も民主党の集中している州で共和党のスコット ブラウンは民主党のコークリーを5%の差の逆転勝利によって破った。殆どのマサチューセッツ州の投票結果は操られた投票結果の痕跡を消し去る悪辣なソフトウエアーコードを使ったハッキングに弱いオプティカル スキャナーによって集計されている。

However, in several dozen towns the votes are hand counted. In Massachusetts hand count towns Coakley beat Brown by a 3% margin rather than the 5% defeat she experienced. Voting activists had asked Secretary of Galvin to hand count all ballots to verify the voting machines in the days before the election to no avail.
然し、数十の町々では投票結果は人の手によって集計された。マサチューセッツ州の人の手によって集計された町々ではコークリー民主党候補は彼女が経験した5%の差で敗北したのではなく、3%の差で共和党候補ブラウンを破っている。選挙の随分前に選挙(の公平さを見守る)活動家は州務長官のガルヴィン氏にコンピューター投票機の全投票結果を確認する為、人の手で集計する様要請したが拒否されてしまった。

As a candidate, Coakley could do the same by requesting a hand recount of machine totals but gave up that option with her early concession speech. Coakley drew critics from around the country for her refusal to verify the machine vote. Brad Friedman, the nation's most prominent blogger on the topic of voting machines, skewered Coakley for her decision not to seek a recount even before the final vote totals were available on election night.
候補者としてのコークリーは同様の要請を機械で為された投票集計を人の手で再集計する事を再要請することによって出来たのだが彼女の尚早な敗北宣言により諦めてしまった。コークリー民主党候補に彼女のコンピューター投票機の投票結果の確認拒否により全国から批判が集中した。コンピューター投票機について最も有名なブロガーであるブラッド フリードマン氏は、選挙日の夜に全投票結果が明らかになる前に既になされていた再集計の要請しないと言うコークリーの決断を厳しく非難した。

Comparison of the towns and cities surrounding the hand count towns suggests that the discrepancy between hand and machine counts can be explained by the size and location of the hand count towns. However, unless there is a recount of the machine counted ballots no one will ever know for sure that the election was not stolen as the two major parties have decided to not challenge voting machine accuracy.
人の手によって集計された町と其れを取り巻く場所の比較は、人間によっての集計と機械による集計の食違いは人間によって集計された町の大きさや地域と言う事実で説明されると言う事を仄めかしている。然しながら、2大政党がコンピュータ投票機の正確性を疑わないと決断した事で、機械で集計された投票結果の再集計が行われない限り選挙が盗まれてしまったかどうか誰も永遠に知る事が出来ない。

此の記事の締め括りの文にある“2大政党がコンピュータ投票機の正確性を疑わないと決断した------------”は私が何時も説明している共和党と民主党は実は1つの保守政党で2つの違った政党の様な振りをする歌舞伎芝居をしているだけだと言う証明ではないでしょうか?

Diebold ダイボールドとはコンピュータ投票機を製造している会社ですが、此のダイボールド コンピューター投票機は外部から簡単に投票結果をコントロール出来、既に述べた様にジョージブッシュ偽大統領の2004年の当選は此のダイボールド投票機によるものと噂されています。此の噂は非常に現実味のあるもので2004年の選挙で選挙戦を指揮したブッシュの脳味噌といわれるカールローブの為に働いていたMike Connellマイク コーネルと言うITコンサルタントが此の投票操作について議会で証言した直後自家用飛行機事故(友達や警察が暗殺の可能性があるから自家用機を使うのは暫くの間止めた方が良いと勧めていた矢先の出来事)で事故死(事故死ねえ?フーム?)してしまったのです。つまりカールローブの投票結果操作への関連や共和党の関連等彼の事故死でそれ以上証明不可能になったと言う事です。彼の事故死は偶然ですよねえ------------ハハハハハハハ(現実に立ち向かえない弱気男の笑い)オオー怖!
マイク コーネルの死については下記でどうぞ。


http://www.projectcensored.org/top-stories/articles/12-mysterious-death-of-mike-connellkarl-roves-election-thief/

此の記事によると、コーネルの自家用機が事故を起こした時のテープレコーディングには飛行機に何か起こった後『Oh, fuck,オー、ファック!』と言う言葉が彼の最後の言葉だったそうです。

 兎に角、此のダイボールド コンピューター投票機はカリフォルニア州等では外から投票結果が左右される事が証明され使用禁止になっているはずです。


以下はウィキペディアのダイボールドについての記事の一部です。

In August 2003, Walden O'Dell, then the chief executive of Diebold, announced that he had been a top fund-raiser for President George W. Bush and had sent a get-out-the-funds letter to 100 wealthy and politically inclined friends in the Republican Party, to be held at his home in a suburb of Columbus, Ohio.[9]
2003年8月、当時ダイボールドの最高経営責任者ワルデン オーデルは彼はジョージ ブッシュ大統領のトップ資金調達者で共和党の100人の政治的に活動的な裕福な知人にオハイオ州コロンバスの彼の家で寄付を募る手紙を送った。

In December 2005, O'Dell resigned following reports that the company was facing securities fraud litigation surrounding charges of insider trading。
2005年12月、オーデルはインサイダー トレーディングとの証券詐欺の嫌疑の裁判についての報道の後ダイボールドから辞任した。

In March 2007, it was reported by the Associated Press that Diebold was considering divesting itself of its voting machine subsidiary because it was "widely seen as tarnishing the company's reputation
2007年3月、アソシエイト プレスでダイボールドは広く会社の評判を悪くしていると見られている理由で投票機部門を売り払う事を考慮していると報道された。

In August 2007, Wikipedia Scanner found that edits via the company's IP addresses occurred to Diebold's Wikipedia article, removing criticisms of the company's products, references to its CEO's fund-raising for President Bush and other negative criticism from the Wikipedia page about the company in November 2005
2007年8月、ウィキペディアのスキャナーはダイボールドのIPアドレスに起因するウィキペディアのダイボールド記事の編集(書き換え)を発見した。其れはダイボールドの製品(投票機)についての批判、会社の最高経営責任者(オーデル)のブッシュ大統領の選挙資金調達役についての引用や他の否定的は批判を2005年のウィキペディアの此の会社(ダイボールド)についてのページを消し去っていた。

其の他にも種々の投票を妨害する手段を共和党は利用していて----------

Caging ケイジングと言うvoter suppression投票者の投票権を無効にする手段があり殆ど共和党によって民主党の票を減らす為に利用される手段で、特定の選挙区からターゲットにされた人々(黒人とか低所得層の住む地区の住人とか民主党に登録している人口)に手紙を送り其の手紙が受け取られず返還された住所を持つ住人はIDが不確実と言う事にされ投票しても無効にされる方法で何時も問題になっています。

Photo ID laws 写真ID法:写真のついた正式なIDカードを持っていないと投票出来ない法律ですが、写真つきのIDカードと言えば運転免許書になりますが、多くの貧しい黒人達や老人達は運転免許書を持っていないのでこれ等の人口は投票が困難になるのです。大都市の老人達や黒人は民主党に投票する確立が高いのです。
其の他にも----------

ChoicePoint と言う会社が2004年のブッシュ対ケリーの大統領選挙時ジョージ ブッシュの弟が州知事をしていたフロリダで犯罪者の名前を投票者リストから除く作業で名前が60%犯罪者の名前と同じ人は投票権を奪われ其の多くは黒人だったのです。
詳しい話は
http://www.gregpalast.com/floridas-flawed-voter-cleansing-program-saloncoms-politics-story-of-the-year/
でどうぞ。此のグレッグ パラストはジャーナリストでThe Best Democracy Money Can Buy(金で買える最高の民主主義)と言う著書で有名です。彼のブログは
 
http://www.gregpalast.com/ です。

-------と言う事でした。では次回まで  Ciao !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

zen9youさん

Diebold ダイボールド社のコンピュータ投票機は外から遠隔操作で投票結果の変更する事ができ、投票機の中身は企業秘密として法的に保護されていてダイボールド社の関係者以外は調べる事が出来ないそうです。つまり選挙の民営化がアメリカでは起こっていると言う事です。元々ブッシュの当選を狙って製造された投票機のようですが民主党も文句を言わない所を見ると両党は対抗して居る様に見せ掛けている一つの保守政党と言う説明が正しいと思います。
 コンピューター投票機でも他社のコンピューター投票機は一人一人投票者別にレジのレシートのように紙に結果が印刷され不正が有ると確かめられる様に造られているのだそうです。つまり投票者Aは投票の後、投票機に示されている自身の投票結果が間違っていると、印刷された正しい投票結果を見せて投票が盗まれた、若しくは間違いである事を証明出来ると言う事だそうです。ヴェネズエラ等もコンピューター投票機を選挙で使っているそうですが選挙結果が紙に印刷される種類の確認可能な投票機を使っているとの事です。
 だから日本でも投票機が外部からハッキングされないかどうか確かめ、投票結果が印刷された記録が残る投票機を選挙に利用する必要が有ると思います。
 コメント有り難うございました。

No title

お金で買えるアメリカ民主主義という本を読んだことがあります。ゴアとブッシュの大統領選挙の内幕を暴いた本ですが、確かに電子投票は怪しいばかりです。

日本でも地方選挙から使われ出したとのこと、国政選挙での使用も予定されているとか。アメリカで早くも批難が出て、使われなくなることで日本での採用も控える事になると良いのですが。

ysJournalさん

トンでもない!民主主義を守る為には2大政党制などと言う詐欺は徹底的に暴く必要が有るのですが、『ご高説の様に、民主党と共和党は同一政党が一緒とお考えなら、集計マシーンの事など気にする必要はありませんね。』?????等と言う、何処で疎の様な短絡的考えが出来るのか私には不可解です。

民主党と共和党は同一政党!?

ご高説の様に、民主党と共和党は同一政党が一緒とお考えなら、集計マシーンの事など気にする必要はありませんね。

ysJournalさん

何時も言っているでしょう。民主党と共和党は同一政党だと。あの選挙ではexit polls も採られてなかったでしょう。こんな選挙なんて始めて聞きました。no exit poll !
コメント有り難うございました。

Martha Coakleyの怠慢では?

Martha Coakleyは、1997-2007まで、MA州のAttorney Generalをやっていたのですから、2000年、2004年の大統領選挙集計に(他州であっても)何らかの問題があるのだったら対策を講じているか(講じていなかったら自業自得です。別に不正があったと言っているわけではなく)、問題が無かったと結論していたと思います。よって、リカウントを要請しなかった事も頷けるのではないでしょうか?
人で集計の地区では、単にCoakleyが勝ったという事ではないでしょうか?

kaetzchenさん

 人間のダイエットとは雑食ですから色々食べなければなりませんが、繊維も其の一部ですがビタミンとかは人工のビタミンでは代替出来ず、やはり新鮮な野菜や果物に頼った方が良い様です。其の他にも日本語でカテキン(?)ですかあのような物質も植物には多く、DNAが正確にコピーされる為には膨大な数の自然の化学物質が必要だと言う事です。そう言えば昔、英海軍の水兵がスカービー(ScurvyビタミンC 不足でコラーゲンの生産が出来なくなる病気。歯茎が駄目になり歯を失う症状が有名)を予防する為柑橘類のライム(lime)を水兵に支給していた事から英海軍水兵はライミー(Limey)と呼ばれる様になり何時の間にかイギリス人を軽蔑して呼ぶ言葉にライミーがなってしまった話がありますが、病気には気をつけて下さい。人間の身体を構成している原子は常に新しい物に変わっていて1週間も経つと人間の体は全く新しい分子によって取って代られていると言う話があるでしょう?
 兎に角、人間の体はトヨタの自動車より(?)微妙に出来ているようですから御互いにに気をつけましょう。

 アメリカの企業化された農業は本当に問題ですね。元々企業農業で大量に生産される悪質で安価な穀物を家畜の飼料に出来る事がこの様な悪夢の原因なのですが(牛は穀物を食べるように出来てないので若し穀物を食べると胃や腸内で異常に病原菌が発生し常に抗生物質が必要になり---------------)
 私はアメリカの普通の食肉は怖くって食べないのです。唯、最近は安全な食肉等は引っ張り蛸で、此の前もオルガニック ラードが使いたいのに買えないのです!!!インターネットで探しても1年以上待たなければならないのです!!!と言う事で妻がイギリスのとある農場で作っているオーガニック ラードを注文したのですが(郵便代を入れてもそんなに高くない)企業に支配されている社会では安全な食品もナカナカ手に入り難いようです。 

 吉本隆明?聞いた事がありませんすみません。グーグルしておきます。
国家は幻想だと言った人は私の知る限りではNietzscheが借用した(だから現在では“神は死んだ!”と言えばニーチェと言う事になっているようですが)『神は死んだ!人間が殺したのだ!』と言った哲学的アナキストの一人に入れられているMax Stirnerだったと思います。

 そうですねイギリス人が北米に入植し始めた頃は海岸に近い土地のインデアンは殆ど全滅状態だったそうですね。イギリス人より先に探検したスペイン人の日記と其の後に来た英国人探検家の日記を較べると同じ大陸を説明しているとは思えない様な違いだそうですね。だから現在の東海岸の地名には“何とか何とかGreenfield”とかが多いのですが此の緑の野原と言うのは元々インデアンの農耕地だった場所でインデアンが全滅した後入植し始めたイギリス人は農耕に便利な緑の草原だと思っていたようです。
 処で感謝祭の話で有名なあのインデアン、スクワントSquanto(本名は忘れました-----今度調べて置きます)ですが実在の人物で奴隷としてイギリスに連れて行かれ通訳にする為英語を教えられた人だったそうです。だから冬飢餓状態にあった清教徒に英語で色々教える事が出来たのだそうです。

 あの第一次大戦時には色々面白い事が起こっているのですよねドイツのユダヤ人化学者Fritz Haberが空気から人工火薬(アンモニア精製の技術で)を製造しチリから硝石の輸入が出来なかったドイツの戦争を少なくとも3年は長引かしたとか(彼は毒ガス王でもあるのですよね)----------------色々有りますね。歴史は読み出すと病みつきなって何も出来なくなるので麻薬より怖いかもしれませんね。

兎に角、健康に気をつけてください。コメントありがとうございました。

付け足しですけれど

本文と関係ない所での追加コメントをお許し下さい.

| 糖尿病や種々の西欧人の罹る現代病

で誤解されてならないのは,ヨーロッパ大陸から持ち込まれた,インフルエンザやおたふく風邪などの「ウイルス病」もこれにあたるということです.

実際,メイフラワー号でやって来た清教徒がたどり着いた地域は,実は当時スペイン人などが持ち込んだインフルエンザなどのウイルス病で,ネイティブたちがほぼ全滅していたという証拠があります.つまり,ネイティブが歓迎してくれたとか,Thanksgiving にネイティブが食糧を分けてくれたなんていう神話はデタラメだということなんです.同じクリスチャンでも福音系の人はこの神話を頑固に信じていて困っております.(私は Ground Zero の近くの Methodist Church の系列.あそこの牧師さんは 9・11 は政府の謀略だという説教をして,聴衆からヤジを食らっているそうですが)

同じように,糖尿病も大まかに分けると2種類あります.特に中年期に大酒飲んだり大食したりして脂肪太りし,インスリンが足りなくなるのを「2型」と言います.一般的にはこの患者が大多数で,私もこのタイプの患者です.ところが,おたふく風邪の一種のウイルスはすい臓を攻撃するという特徴を持っています.普通はおたふく風邪は頬や睾丸を攻撃するのですけど,すい臓を攻撃するウイルスにやられるとランゲルハンス島という細胞が全滅してインスリンが全く出なくなります.これが「1型」で,もともとヨーロッパ大陸にはこのウイルスが多く存在していて,第1次大戦で1型の患者の若者を戦場へ引きずり出すために家畜のすい臓から取り出したインスリンを注射したのが現在のインスリン療法の始まりなのです.当然,ヨーロッパの人間は子供の頃におたふく風邪に罹って,すい臓をやられなかった子供が生き残るのですけど,このウイルスに対して免疫も耐性もないネイティブにとっては致命的なことになったことは ejnews さんもご想像がつくかと思います.

すみません,こっちにコメントします

ejnews さん,和久さんのブログには「禁止ワード」があるというので,申しわけありませんがこちらへコメントさせて下さい.

ejnews さんのブログは ysJournal さんとの「交換書簡」のようで,ついつい読み過ぎて目を痛めてしまいました.(実は緑内障で眼底出血もひどいんです.Sea Shepherd Ship Bob Barker のレーザー光線で治るかな(笑))

| 処で、私が使ったダイエットと言う意味は食生活、食事方法とか食習慣と言う意味

ははは,diet adjustment じゃなくて diet high in fiber の方だったんですね.和製英語は難しい.医学の世界には和製ドイツ語なんてのもありますから,もっと面倒ですけど (例えば「メス」Messer は knife).


| 基本的に人類は草食性の御猿の仲間から徐々に枝分かれした種で

ところが高校・大学時代に読んだ,人類学者の Marvin Harris の例えば "Cannibals and Kings" や "Good to Eat" によると,そうでもないみたいでしてね.実際,どうして人間が肉食を好むようになったかというと,結局タンパク質のアミノ酸の構成が植物より動物の方が近いから,という理由になります.これは分子生物学的にも同じことが言えまして,私が院生時代に研究してた,現在では "apoptosis" と呼ばれている「細胞の自殺とその成分を取り込んで新たな細胞を作る発生学」にも繋がる科学的な論点です.おかげでアメリカ一辺倒の日本の学会で,私は完全に異端児扱いされておりました(笑)

# もともとはキリスト教信仰の中で,どうして旧約聖書つまりユダヤ教では「いけにえの焼肉の匂いと煙を「YHWH (神)」が好むと考えたのだろうか」という疑問から始まっているのですけどね.反対に肉食一辺倒のはずのネコの仲間がどうして「先の尖った草」を食って,ゲロを吐くのか,なぜならば食物繊維がないと胃に貯まった毛玉を処理できず便秘になるから,という理屈とも絡んできます.言ってみれば類人猿が肉食を始めた時が便秘との闘いの始まりとも言えるんですよ (出産直後の女性はまた別として).


|  アメリカインデアンのホピ族(ホピは菜食が伝統だったそうです)だったと思いますが彼等の間では糖尿病や種々の西欧人の罹る現代病を患う人が多かったのですが

同じことは日系や韓国系や中国系やベトナム系の,云わばアジア系移民にも言えます.例えば明治時代に人口爆発が生じて飢餓に苦しんだ山口県の周防大島へ,明治政府はハワイへの移民を勧めたのです.口悪く言えば,一種の「棄民」です.結果として,周防大島からハワイへ移住した半数が過酷な労働で亡くなり,勤勉に働いた残りの人々が日系ハワイ移民として経済的に成功し,周防大島へ送金したという悲惨な歴史があります.ところが,経済的に成功した日系人が白人と同じ食生活をしだすと,いきなり糖尿病が増えました.家畜のすい臓から取ったインスリン注射による治療法が始まったのは第一次大戦中のヨーロッパでしたから,そのまま日系人には遺伝性の糖尿病因子が居着いてしまい,現在ハワイ在住の日系人のほとんどが糖尿病で亡くなっているという統計結果があります.桑港の中華街では頑固に中国料理にこだわるせいで,糖尿病の発症率は抑えられているとか.中国人や朝鮮人の場合,肉の脂身を食べないことにも痩身の秘訣があるのかも知れませんね.そういう意味ではダイオキシンたっぷりのクジラの脂身を好む日本人は最も危険な食生活をしているのかも知れません(笑)


| アメリカもメキシコの半分を侵略して分捕った

おかげで Oesterreich (直訳すると,東ローマ帝国) からの移民の Arnold Alois Schwarzenegger の,アメリカ人になりたかったら米語を覚えろ,という暴言に怒ったヒスパニックは多いですね.Ah-nuld の親父さんがナチス党員だったと言うから,分からんでもない(笑) そのくせ,彼のドイツ語はものすごい Oesterreich なまりで聴き取りにくいです.


| 彼等がいないと特にミートパッキング

でも,結果として「安上がりの畜産業」のために,新型インフルエンザを拡大させてしまったのですから,論外です.私もこれはブログに写真を載せましたけど,論外です.


| 国家と言うのは人間が作り上げた幻想なのですが

ははは,吉本隆明ですか(笑) ちょっと古すぎたかな.(^_^;)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。