スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由民主党と米中央情報局の歴史

C.I.A. Spent Millions to Support
Japanese Right in 50's and 60's
米中央情報局は1950年~1960年代に何百万ドルも日本の右翼を支援する為に費やした。


http://www.nytimes.com/1994/10/09/world/cia-spent-millions-to-support-japanese-right-in-50-s-and-60-s.html?pagewanted=1
By TIM WEINER,

Published: October 9, 1994
ニューヨークタイムズ1994年10月9日


WASHINGTON, Oct. 8— In a major covert operation of the cold war, the Central Intelligence Agency spent millions of dollars to support the conservative party that dominated Japan's politics for a generation.
ワシントン、1994年10月9日-----冷戦時代の大規模な隠密作戦により日本の政治を何世代にも亘って支配した保守政党を支持する為米中央情報局は何百万ドルもの資金を費やした。

The C.I.A. gave money to the Liberal Democratic Party and its members in the 1950's and the 1960's, to gather intelligence on Japan, make the country a bulwark against Communism in Asia and undermine the Japanese left, said retired intelligence officials and former diplomats. Since then, the C.I.A. has dropped its covert financial aid and focused instead on gathering inside information on Japan's party politics and positions in trade and treaty talks, retired intelligence officers said.
『1950~1960年代に米中央情報局は日本の情報を収集する為、日本をアジアでの共産主義に対する防波堤にする為、そして日本の左翼をサボタージュする為自民党と其の党員に資金を支払った。』と元諜報員だった引退した外交官は語った。『其の後の米情報局は隠密の資金援助を中断し替わりに日本の政党政治情報と貿易政策そして条約協定についての情報収集に集中した。』と引退した諜報員は語った。

The Liberal Democrats' 38 years of one-party governance ended last year when they fell from power after a series of corruption cases -- many involving secret cash contributions. Still the largest party in Japan's parliament, they formed an awkward coalition in June with their old cold war enemies, the Socialists -- the party that the C.I.A.'s aid aimed in part to undermine.
自由民主党の38年間に亘る一党政権支配は連続する汚職事件----多くの場合秘密の現金寄付が絡んでいた------の後権力の座から転落した昨年終焉した。現在でも日本議会最大の政党で、米中央情報局の資金援助が一つの目的として弱体化させようと狙っていた日本社会党と6月にぎこちない同盟を結んだ。

Though the C.I.A.'s financial role in Japanese politics has long been suspected by historians and journalists, the Liberal Democrats have always denied it existed, and the breadth and depth of the support has never been detailed publicly. Disclosure of the covert aid could open old wounds and harm the Liberal Democrats' credibility as an independent voice for Japanese interests. The subject of spying between allies has always been sensitive.
日本の政治に米中央情報局の資金的が果たした役割は歴史家達やジャーナリスト達によって存在すると考えられていたものの自由民主党は常に其の存在を否定していた。そして、其の支援の幅の広さと深さは克明に公表された事がなかった。隠密の支援の公表は古傷を切り開き日本の利益の為の独立した声と言う自由民主党の信用性を傷付ける可能性があった。同盟国間のスパイ行為と言う主題は常に繊細な問題であった。

The C.I.A. did not respond to an inquiry. In Tokyo, Katsuya Muraguchi, director of the Liberal Democratic Party's management bureau, said he had never heard of any payments.
米中央情報局は問い合わせには答えなかった。Muraguchi Katsuya(村口かつや?此の人は特定できませんでした)、自民党の党管理部長は支払いについて聞いた事は全く無かったと語っている。

"This story reveals the intimate role that Americans at official and private levels played in promoting structured corruption and one-party conservative democracy in post-war Japan, and that's new," said John Dower, a leading Japan scholar at the Massachusetts Institute of Technology. "We look at the L.D.P. and say it's corrupt and it's unfortunate to have a one-party democracy. But we have played a role in creating that misshapen structure."
『此の話はアメリカ人が公的そして私的に組織化された汚職と戦後の日本の保守的な単一政党民主主義を促進する密接な役割を果たした事を示している。そして、其れは新しい出来事であった。』とMIT(マサチューセッツ工科大)の日本学の権威は語っている。『我々は日本自由民主党を見て堕落していて単一政党民主主義でなければならない状態は不運な事だと言う。然し我々(米国)が此の間違った機構の創造に役割を演じたのだ。』

Bits and pieces of the story are revealed in United States Government records slowly being declassified. A State Department document in the National Archives describes a secret meeting in a Tokyo hotel at which Eisaku Sato, a former Prime Minister of Japan, sought under-the-table contributions from the United States for the 1958 parliamentary election. A newly declassified C.I.A. history also discusses covert support sent that year.
徐々に発表される米合衆国の記録によって少しずつ(米中央情報局の日本での活動の)此の話は明らかにされている。国家記録の或る政府機関ドキュメントは元首相の佐藤栄作が1958年の国会議員選挙の為に米政府からの内密の資金援助を要請した東京のホテルでの隠密会合の事が説明されている。新しく機密解除された米中央情報局の歴史もまた其の年(1958年)に秘密の支援が送られた事を書き残している。

But the full story remains hidden. It was pieced together through interviews with surviving participants, many well past 80 years old, and Government officials who described still-classified State Department documents explicitly confirming the Kennedy Administration's secret aid to the Liberal Democrats in the early 1960's.
然し全体の話は未だに隠されている。其れは多くは80歳をとっくにこしているはいるが生き残っている(日本での隠密活動)参加者に、そして明確にケネディー政権による1960年代初期の自由民主党への秘密支援について確認している未だに機密である政府機関ドキュメントを説明した政府役員等による個々の情報を繋げて解かるようになった。

The law requires the Government to publish, after 30 years, "all records needed to provide a comprehensive documentation of major foreign policy decisions and actions." Some State Department and C.I.A. officials say the Kennedy-era documents should stay secret forever, for fear they might disrupt Japan's coalition government or embarrass the United States. Other State Department officials say the law demands that the documents be unsealed.
“重要な外交政策決定と其の実施について理解する事が出来る全ての記録”の公表を30年後にする様に政府に義務付けている。或る政府役員と米中央情報局員達は日本の連立政府を揺るがす恐れや米政府に恥をかかす恐れがあるとしてケネディー時代の記録は永遠に秘密とされるべきだと語っている。又他の政府役員は法律は記録が公開されることを要求していると語っている。

A Secret Operation That Succeeded
成功した隠密作戦。


The C.I.A.'s help for Japanese conservatives resembled other cold war operations, like secret support for Italy's Christian Democrats. But it remained secret -- in part, because it succeeded. The Liberal Democrats thwarted their Socialist opponents, maintained their one-party rule, forged close ties with Washington and fought off public opposition to the United States' maintaining military bases throughout Japan.
米中央情報局の日本の保守派への支援はイタリアのキリスト教民主党への秘密の支援等の他の冷戦時代の作戦行動に似通っている。然し其れは秘密として留められている----------一つの理由は其れは成功したからだ。自由民主党は敵対していた社会主義者を挫折させ、単一政党ルールを維持し、ワシントンとの絆を強め米国が維持している日本中に存在する米軍基地に対する日本民衆の反対意見を寄せ付けなかったからだ。

One retired C.I.A. official involved in the payments said, "That is the heart of darkness and I'm not comfortable talking about it, because it worked." Others confirmed the covert support.
『其れが闇に隠されている理由の最大の理由で私は其れについて語る事については不安を感じる。何故なら其れは成功したからだ。』と日本自由民主党への資金援助に関わった或る元米中央情報局員は語っている。他の元米中央情報局員は秘密の資金援助が存在していた事を認めている。

"We financed them," said Alfred C. Ulmer Jr., who ran the C.I.A.'s Far East operations from 1955 to 1958. "We depended on the L.D.P. for information." He said the C.I.A. had used the payments both to support the party and to recruit informers within it from its earliest days.
1955年~1958年間の米中央情報局極東作戦を指揮したアルフレッドC.ウルマーJr氏 は『我々は自由民主党に資金的援助した。(自民党に資金を与えた。)我々は情報を自由民主党に頼っていた。』と語った。米中央情報局は自由民主党の創成期から自由民主党支援と自由民主党内での情報提供者をリクルートする為に使用したと彼は語った。

By the early 1960's, the payments to the party and its politicians were "so established and so routine" that they were a fundamental, if highly secret, part of American foreign policy toward Japan, said Roger Hilsman, head of the State Department's intelligence bureau in the Kennedy Administration.
『1960年代初期になった頃は自由民主党と其の政治家への資金援助は完全に確立されていて又常に行われていた。其れは最も重要で非常に隠密で日本に対する米国の対外政策の一部であった。』とケネディー政権の政府情報部の部長だったロジャー ヒルズマン氏は語った。

"The principle was certainly acceptable to me," said U. Alexis Johnson, United States Ambassador to Japan from 1966 to 1969. "We were financing a party on our side." He said the payments continued after he left Japan in 1969 to become a senior State Department official.
『自由民主党への秘密資金援助と言う基本政策は勿論私にとっては受け入れられる。』と1966年~1969年間の駐日米大使だったU.アレクシス ジョーンズ氏は語った。『我々は政党を我々の側につく様に資金援助していた。』彼が連邦政府要員になる為日本を離れた1969年以降も自由民主党への資金援助は続いていたと彼は語った。

The C.I.A. supported the party and established relations with many promising young men in the Japanese Government in the 1950's and 1960's. Some are today among the elder statesmen of Japanese politics.
1950年代から1960年代にかけて米中央情報局は自由民主党を支援し日本政府内での将来が見込まれる自由民主党の若い政治家達との関係を確立した。其の中の或る人々は今日日本の政治界の重鎮(長老達)である。

Masaru Gotoda, a respected Liberal Democratic Party leader who entered parliament in the 1970's and who recently served as Justice Minister, acknowledged these contacts.
1970年代に国会議員となり又最近法務大臣となった尊敬されている自由民主党の指導者Masaru Gotouda(時代的に見て後藤田正晴だと思います)はこれ等の米中央情報局との接触を認めている。

"I had a deep relationship with the C.I.A.," he said in an interview, referring to his years as a senior official in intelligence activities in the 1950's and 1960's. "I went to their headquarters. But there was nobody in an authentic Government organization who received financial aid." He would not be more explicit.
『私は米中央情報局と深い繋がりを持っていた。』と彼は1950年代~1960年代の情報活動について彼が指導的地位にいた当時の事に関して語った。『私は米中央情報局の本部に行った。然し其処には本物の政府機関に所属し資金援助を受けた人物はいなかった。』彼はこれ以上の詳細については説明しなかった。

"Those C.I.A. people who were stationed in the embassy with legitimate status were fine," he said. "But there were also covert people. We did not really know all the activities they were conducting. Because they were from a friendly nation, we did not investigate deeply." Recruitment Was 'Sophisticated'
『大使館に駐在していた正規のポジションに就いていた米中央情報局員は質が良かった。然し同時に秘密工作員もいた。彼等の行っていた活動については我々は良く知識が無かった。何故なら彼等は同盟国から来ていて我々は彼等を深く調査しなかった。』と彼は語った。(彼等の)リクルート活動は洗練されていた。

The recruitment of Japanese conservatives in the 1950's and 1960's was "a pretty sophisticated business," said one C.I.A. officer. "Quite a number of our officers were in touch with the L.D.P. This was done on a seat-by-seat basis" in the Japanese parliament. A second C.I.A. officer said the agency's contacts had included members of the Japanese cabinet.
『1950年代と1960年代の日本の保守派に対するリクルートは非常に洗練されたやり方であった。』と或る米中央情報局員は語った。かなり多くの米中央情報局員達が日本自由民主党と接触を持っていて、其れは国会議員一人一人個別に行われていた。米中央情報局の接触は日本政府の閣僚も含みめていたと他の米中央情報局員は語った。

As the C.I.A. supported the Liberal Democrats, it undermined their opponents. It infiltrated the Japan Socialist Party, which it suspected was receiving secret financial support from Moscow, and placed agents in youth groups, student groups and labor groups, former C.I.A. officers said.
米中央情報局による自由民主党支援は自由民主党の政敵を妨害した。米中央情報局はモスクワから支援されていると疑われていた日本社会党に潜入し、青年によって構成されている団体、学生団体、労働団体等に諜報員を潜入させたと元米中央情報局員は語った。

Obstructing the Japanese opposition "was the most important thing we could do," one said.
日本の反体制派を妨害する事は我々に可能な事の中で“最も重要な事であった”と或る人物は語った。

The covert aid apparently ended in the early 1970's, when growing frictions over trade began to strain relations between the United States and Japan, and the growing wealth of Japan made the agency question the point of supporting politicians.
貿易問題が日米関係に軋轢を起こし始め、日本の増加する富が米中央情報局に日本の政治家援助の利益について疑問を抱かせた1970年代に秘密裏の支援は終わったとされている。

"By that time, they were self-financing," a former senior intelligence official said. But the agency used its longstanding relationships to establish a more traditional espionage operation in Japan.
其の頃には彼等(自由民主党)は経済的に自立していたと元米中央情報局の幹部の一人は語った。然し、米中央情報局は長期間に亘って築き上げた関係を伝統的な諜報作戦を確立する為に利用した。

"We had penetrations of all the cabinet agencies," said a C.I.A. officer based in Tokyo in the late 1970's and early 1980's. He said the agency also recruited a close aide to a prime minister and had such good contacts in the agriculture ministry that it knew beforehand what Japan would say in trade talks. "We knew the fallback positions" in talks over beef and citrus imports, he said. "We knew when the Japanese delegation would walk out."
『我々は全ての政府閣僚の関係する機関に潜入していた。』と或る1970年代~1980年代初期東京を本拠地としていた米中央情報局員は語った。『其の他にも米中央情報局は首相の私設秘書もリクルートしそして農林省にも素晴らしい接触があり貿易交渉で日本側が何を言うのか事前に察知していた。牛肉と柑橘類の交渉において我々は代替交渉作を知っていた。』と彼は語った。『そして我々は日本交渉団が交渉を中止する事を事前に知っていた。』

Useful though it may have been, the inside information rarely gave American trade negotiators the upper hand with the Japanese.
有効だったにも拘らず内部情報は米政府側貿易交渉団に日本に対し有利な立場を与えなかった。

The Reverse Course' Of American Policy
米政府政策の逆転。


The support for the Liberal Democrats had its origins in what some historians call "the reverse course" of American policy toward Japan after World War II.
自由民主党への支援は第二次大戦以降の米政府の日本ポリーシーの“政策の逆転”と歴史家が呼ぶ物に由来している。

From 1945 to 1948, the American forces who occupied Japan purged the Government of the right-wing militarists who had led Japan into war. But by 1949, things had changed. China went Communist. The Soviet Union exploded its first atomic bomb. Washington was fighting Communism, not ferreting out rightists.
1945年~1948年間に米占領軍は日本を戦争に導いた日本の右翼軍国主義者を政府から一掃した。然し1949年になった頃には情勢は変化していた。中国は共産国家となり、ソヴィエト連邦は最初の原子爆弾を炸裂させた。ワシントンは右翼狩りをしていたのではなく共産主義と戦っていた。

The American occupation forces freed accused war criminals like Nobusuke Kishi, later Japan's Prime Minister. Some of the rehabilitated politicians had close contacts with organized crime groups, known as yakuza. So did Yoshio Kodama, a political fixer and later a major C.I.A. contact in Japan who worked behind the scenes to finance the conservatives.
日本での米占領軍は後に首相になった岸信介の様な戦争犯罪人として非難された人々を釈放した。評判を回復した政治家の中にはヤクザとして知られる犯罪組織と密接な関係を持っていた。政界の黒幕で後に米中央情報局の最も信頼出来る接触となり陰で保守派に資金援助した児玉誉士夫も其の一人であった。

These politicians also drew support from a group of retired diplomats, businessmen and veterans of the Office of Strategic Services, the World War II precursor of the C.I.A. The group's leader was Eugene Dooman, an old Japan hand who quit the State Department in 1945 to promote "the reverse course."
この様な政治家達は引退した外交官、ビジネスマン、そして後に米中央情報局となる第二次大戦中の先駆団体OSSの古参諜報員からも支援を引き出した。此のグループの指導者は古参の日本対策専門家で1945年に“政策の逆転”をプロモートする為に国務省を辞職したユージーン ドゥーマンだった。

During the Korean War, the Dooman group pulled off an audacious covert operation, bankrolled by the C.I.A.
朝鮮動乱期にはドゥーマン グループは米中央情報局資金援助による大胆な秘密作戦を決行した。

Japanese conservatives needed money. The American military needed tungsten, a scarce strategic metal used for hardening missiles. "Somebody had the idea: Let's kill two birds with one stone," said John Howley, a New York lawyer and O.S.S. veteran who helped arrange the transaction but said he was unaware of the C.I.A.'s role in it.
日本の保守派は資金が必要で米軍は希少な戦略的に重要なミサイルを強化するタングステンが必要だった。『誰かが考え付いたアイデア:一石二鳥!』とジョン ハウリーは言った。彼はニューヨークの弁護士、OSSの元部員(ヴェテラン)で此の商談を御膳立てしたが米中央情報局の関与については知らなかったと言っている。

So the Dooman group smuggled tons of tungsten from Japanese military officers' caches into the United States and sold it to the Pentagon for $10 million. The smugglers included Mr. Kodama and Kay Sugahara, a Japanese-American recruited by the O.S.S. from a internment camp in California during World War II.
と言う事で、ドゥーマン グループは旧日本軍将校の武器貯蔵庫から何トンものタングステンを米国に密輸し米国防省に1千万ドルで売りつけた。此の密売人には児玉と第二次大戦中にカリフォルニア州の日本人収容所からOSSにリクルートされた日系米国人ケイ菅原が含まれていた。

The files of the late Mr. Sugahara -- researched by the late Howard Schonberger, a University of Maine professor writing a book nearly completed when he died in 1991 -- described the operation in detail. They say the C.I.A. provided $2.8 million in financing for the tungsten operation, which reaped more than $2 million in profits for the Dooman group.
メイン大学の教授ハワード ショーンバーガー氏が1991年に亡くなる前に殆ど完成させていた著書の故ケイ菅原氏の記録は其の作戦を仔細に渡って書き残している。米中央情報局は2百8十万ドル(当時の円ドル換算)をタングステン密輸作戦に注ぎ込み、此の支出は2百万ドル以上の利益をドゥーマン グループにもたらしたと彼等(ショーンバーガー教授とケイ菅原氏)は語っている。

The group pumped the proceeds into the campaigns of conservatives during Japan's first post-occupation elections in 1953, Mr. Howley said in an interview. "We had learned in O.S.S., to accomplish a purpose, you had to put the right money in the right hands."
ドゥーマン グループはタングステン密輸の利益を1953年の米占領終了直後の選挙に投入したとハウリー氏はインタヴューで語った。『我々は目的を達成する為には充分な資金を目的に適った人物や団体に渡さなければならないとO.S.S.で学んだ。』

By 1953, with the American occupation over and the reverse course well under way, the C.I.A. began working with warring conservative factions in Japan. In 1955, these factions merged to form the Liberal Democratic Party.
The fact that money was available from the United States soon was known at the highest levels of the Japanese Government.
1953年までには米政府による日本占領は終わり“政策の逆転”は確実に進められていて、米中央情報局は日本の互いにいがみ合っている保守派団体と協力をし始めていた。1955年にこれ等の保守派団体は合併し自由民主党を結成した。米合衆国からの資金が存在する事実は直ぐに日本政府の上層部に知られていた。

On July 29, 1958, Douglas MacArthur 2d, the general's nephew, who was then United States Ambassador in Tokyo, wrote to the State Department that Eisaku Sato, the Finance Minister, had asked the United States Embassy for money. Mr. Sato was Prime Minister of Japan from 1964 to 1972 and received the Nobel Peace Prize in 1974.
1958年、7月29日、ダグラス マッカーサー2世、米占領軍の将軍マッカーサーの甥で東京駐在の対日米大使は財務大臣の佐藤栄作が米大使館に資金援助を要請したと国務省宛の手紙に書き残している。佐藤栄作は1964年~1972年間日本の首相で1974年にはノーベル平和賞を受賞している。

Ambassador MacArthur wrote that such requests from the Government of Prime Minister Nobusuke Kishi were nothing new. "Eisaku Sato, Kishi's brother, has tried to put the bite on us for financial help in fighting Communism," his letter said. "This did not come as a surprise to us, since he suggested the same general idea last year."
この様な要請は岸信介首相政権からは別に珍しいものではなかったとマッカーサー大使は書き残している。佐藤栄作と岸信介兄弟は共産主義に対する戦いを支援する資金援助と言う餌を米政府に与えようと試みたと大使は手紙で書き残している。『此れは驚きではなかった。何故なら彼(栄作)は昨年同じアイデアをちらつかせていたからだ。』

Mr. Sato was worried, an accompanying memo explained, because a secret slush fund established by Japanese companies to aid the L.D.P. was drained.
佐藤栄作は自由民主党を支援する目的で日本の企業によって設立された裏金が底を尽いて来たと心配していると同封されたメモによって説明されている。

"Mr. Sato asked if it would not be possible for the United States to supply financial funds to aid the conservative forces in this constant struggle against Communism," the memo said. While it is unclear whether Mr. Sato's request was granted directly, a decision to finance the 1958 election campaign was discussed and approved by senior national security officials, according to recently declassified C.I.A. documents and former intelligence officers.
『佐藤栄作は共産主義に対する終わりの無い戦いに米合衆国が保守派陣営を支援する為経済的資金を供給出来ないかと要求していた。』と此のメモでは書かれている。最近機密解除された米中央情報局の記録と元諜報員によると、佐藤栄作の要請が直接叶えられたかどうかは不明だが1958年の選挙戦の資金援助は国家機密保全庁の高官達によって協議され認可されたとされている。

In an interview, Mr. MacArthur said the Socialists in Japan had their own secret funds from Moscow, a charge the left denied.
日本の社会主義者は、左翼は存在を否定しているモスクワからの秘密の資金を持っているとマッカーサー大使はインタヴューで述べている。

"The Socialist Party in Japan was a direct satellite of Moscow" in those years, he said. "If Japan went Communist it was difficult to see how the rest of Asia would not follow suit. Japan assumed an importance of extraordinary magnitude because there was no other place in Asia from which to project American power."
『当時の日本社会党はモスクワの直接の衛星だった。』と彼は語り『若し日本が共産化していたら、他のアジア諸国がどの様にして日本の共産化を真似ないでいられたかを想像する事は困難である。アジアで米合衆国が其の影響力を行使できる国は日本以外に存在しない事によって日本は極めて大きな重要性を担っていた。』

A Close Call In 1976
1976年の危機


In 1976, the secret payments were almost uncovered.
1976年に秘密資金援助は暴露されそうになった。

A United States Senate subcommittee discovered that Lockheed Corp., seeking lucrative aircraft contracts, had paid $12 million in bribes to Prime Minister Kakuei Tanaka and the Liberal Democrats. The conduit was Mr. Kodama -- political fixer, tungsten smuggler and C.I.A. contact.
ロッキード社が利益の高い契約を結ぶ為田中角栄首相と自由民主党に1千2百万ドルの賄賂を送った事を米合衆国上院小委員会が発見した。取次ぎ役は政界の黒幕、タングステン密輸業者そして米中央情報局の接触、児玉誉士夫だった。

Then a retired C.I.A. officer living in Hawaii phoned in a startling tip.
其処へ、ハワイで引退生活をしていた元米中央情報局員が電話で驚く様な内部情報をもたらして来た。

"It's much, much deeper than just Lockheed," Jerome Levinson, the panel's staff director, recalls the C.I.A. man saying. "If you really want to understand Japan, you have to go back to the formation of the L.D.P. and our involvement in it."
『この事件はロッキードよりもズットズット奥が深い。』と此の元米中央情報局員は語ったと、小委員会の事務員長ジェローム レヴィンソン氏は回想している。『若し本当に日本を理解したいなら自由民主党の結党とそして我々(米政府と米中央情報局)の自民党結党時の関与にまで遡ら無ければならない。』

Mr. Levinson said in an interview that his superiors rejected his request to pursue the matter.
レヴィンソン氏は彼の上司が其の件についてそれ以上の調査を拒否したとインタヴューで語っている。

"This was one of the most profound secrets of our foreign policy," he said. "This was the one aspect of our investigation that was put on hold. We got to Japan, and it really all just shut down."
『此の事実は我々米国の外交政策の中で最も重大な秘密の1つである。』と彼は語り『此れは中断された我々の捜査の一面だった。我々が日本に行った後全てが中断された。』と語った。

ejnews: 此の記事は1994年のニューヨーク タイムズに掲載されたもので、かなり古い記事で、日本でも良く知られている事実と思います。此の記事で御分かり頂けると思いますが自由民主党はこの様な過去(現在も続いている可能性も充分考えられると思いませんか?)の有る政党ですから最近の民主党議員に対する検察庁の態度等も自民党との関係を考えると何と無く怪しいと思いませんか?米中央情報局は自民党、社会党だけでなく日本社会の至る所にスパイを潜入させ、又個人や団体への資金援助によって日本政府の政策が米政府の利益に繋がるように操っていた(いる?)のでしょうね。そう言えばナンとかカンとか民営化とか言う米政府(米金融資本!?)の利益になりそうな政策を推進した何か変テコな首相もいましたねえ!?
兎に角、御金や権力の為に他国政府の為に御金と交換に秘密裏に働く事は日本語で何と言いましたっけ?売国奴?非国民?裏切り者?スパイ?あんまり良い単語は思い付きませんねえ。
では今日は此れまで。
   Ciao !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

いつもお世話になっています。
御報告が遅れましたが、
こちらの記事を引用させていただきました。
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/tb.php/230-0ea2276b
昨日TBしたのですが、通らなくなっているようです。
(今日もやっぱり通りませんでした。)

YSJournalさん

日本関係の米中央情報局の面白い資料が目に付いた時は又ブログで紹介する予定です。
 兎に角、I.F.Stoneが言った様に『全ての政府は嘘をつく。』ですから、市民が政治家を常に監視している事が民主主義が機能する鍵なのだと思います。
 コメント有り難うございました。
 Ciao !

回答ありがとうございました

日本の報道では、小沢一郎の件を、親分であった田中角栄とダブらしている様な感じがしてます。(裏の構造の分析も含めて)
アメリカのCIA暴露本でも、日本の扱いが小さくてなかなか分かりません。
この小沢は進行中でもあるし比較的小さそうな山なので、何かあったとしてもアメリカでは何もでてこないかもしれませんね。

YSJournalさん

小沢一郎の事は私もインターネットの情報以外良く知らないんですよ。何せ25年間アメリカで過ごしていますから日本は外国みたいな物なんです。小沢が米情報局から資金援助を受けていたと言う記録は今の所私は見ていません。此の記事にも有るように、70年代になって米政府の対日政策は経済戦争と言う方向に進んでしまった様で日本の政治家で親米派は宮沢喜一の様なトライラタラルコミッションに関係している人物の方が怪しかったのでは?其の他の可能性としては米政府が日本を経済的敵国と見ているのなら日本の政治界を二つ三つに割って敵対させて弱化させると言う政策を取ると思いませんか?そうすると小沢一郎の位置も理解できますが此れは根拠の無い可能性としての想像です。
 唯、日本の自民党と民主党はアメリカの共和党と民主党の関係に似ていて国民は気をつけないと両党とも右翼か中道保守の政党なので国民の為の政治は期待出来ないと私は思っています。アメリカと違う点は、ありがたいことに日本には未だ左翼が存在するのです。共産党とかですね。だから日本の場合国民が本当に政治を変えたい時は単に保守化に反対すると言う意味の投票で共産党に集団で組織的に投票出来、政府担当政党に揺す振りをかけると言う民主主義の手段が残されているのですが、アメリカでは2大政党制と言うでっち上げられた歌舞伎芝居が民主主義と信じられているので米市民が民主党政権に失望した場合共和党しか代替政党が存在しないと言う地獄の様な状態なのです。
 兎に角、市民が民主主義の主権者として公僕である政治家を使用する様にならなければ何時までたっても貧困や無知がなくならず犠牲者の多い社会が続く事になると思います。
 米中央情報局の資料では、吉田茂首相の暗殺が吉田の秘書(元東条英機の部下か秘書)によって米中央情報局と計画されていたとか、全く日本人としては怒りを覚える事が多いようです。
コメント有り難うございました。

小沢の変節?

自民党が戦後、アメリカの手先みたいになっていた事は、いろいろとででているみたいなので名んとなく納得しています。よくわからないのは、つい20年前までは、自民党の幹事長としてアメリカの手先とまで言われた小沢一郎の事です。(Ozawa Leverとまで呼ばれていたそうです)
社会党政権、自民党からの別れ、そして民主党と移り変わりゆく中で、彼は、反アメリカに変節したのでしょうか?
日本における小沢騒動は、東京地検特捜部の国策捜査と言われているようです。また東京地検特捜部は、アメリカの意図が強く働く所とも言われているようです。
小沢が、反アメリカに変節したので、「可愛さ余って憎さ百倍」ということでしょうか?
小沢は、親アメリカの時にそのような構造は分かっているはずですから、変節したら、こんな事でぼろを出す様な事をしないと思うのですが、考え過ぎでしょうか?
部分,部分と全体が、何かしっくり来ない様な気がします。
今回は全く、I'm all ears. なのでご教授いただければ幸いです。

和久希世さん

ロスはエルニーニョの影響で今年の冬は雨の日が多く先週は殆ど毎日雨が降っていました。今週も月曜から降るそうです。
 ニューヨークタイムズは御存知の通りユダヤ系の家族によって経営されている新聞で極当たり前の営利目的の新聞ですが、其の企業メディアでも時々興味深いニュースが報道されるのです。唯この様なニュースの報道をニューヨークタイムズが許可した政治的理由も背後には有ると思いますが-------------。(ニューヨークタイムズは情報を知っているのにニュースを握り潰してしまう事でも知られています)
 企業ニュースの問題は支配階級(右翼、保守、企業)に都合の悪いニュースは出て来ないし、特に政治関係のニュースには現実に起こった事をニュースとして利用しながら支配階級に都合良い様な説明や報道のされ方が為されていると言う事です。(例えば、法的に国家内で国民に与えられている人間としての権利が企業に与えられていると言う事など企業メディアでは余り取り上げられないとか、世界的に尊敬されている作家、科学者、歴史学者等が保守思想や資本主義に反対していると言う理由でテレビ、ラジオ等のニュース番組で完全に無視され如何にも彼等の意見が存在しないかのように装っている事等)

 米政府の日本政治にへの介入で最も悪質な事は第二次大戦に日本を駆り立てた右翼戦犯を日本を操る道具として利用し、日本社会での右翼ヤクザ団体等を含む勢力の強化を助け現在日本社会での陰の勢力(自殺と言われている政治がらみの事件、意味の良く解からない官僚の暗殺、セックススキャンダルによる反保守派ジャーナリスト、学者の警察による逮捕等)を作り出したことではないかと私は思うのです。
 兎に角、疎の様な理由で、アメリカには視聴者からの寄付で経営されているノンプロフィットのラジオ局があり(私も何度か紹介しているパシフィカラジオと言う放送局ですが)20年程聞き続けています。

 教育についてはある特定の教育方法で生徒を判断する事は仕方の無い事ですが、教育の方法は一つだけでは無く色々な人間の性格にあった教育方法を準備する事が社会の柔軟性を育てると思います。
コメントありがとうございました。

No title

大寒の入りの日(1月二十日)は全国的に暖かく所によっては四月並みの暖かさになって、春も近いかと期待させられたのですが、1~2日暖かかっただけで、まだまだ寒中であると言う事を骨身に感じさせられる毎日です。

アメリカから政治資金が動いていたと言う噂は聞いていたのですが、
ニューヨークタイムズに15年も前に詳しく書かれていたと言うことは、全然知りませんでした。
尤もちゃんと新聞を読んでいた人は知っておられたのかもしれませんが・・・・・

処で田中派は金権体質であると、一般的に言われていましたが、
岸派は外国から大金を貰って政治資金にしていたのですから、
国内企業からの資金だけだった田中派の方が、岸派よりはまだましだったと言えるのかも知れませんね。
外国から資金を得て政治をすると言うことは、外国の為の政治をすると言う事を前提にしているのですから、売国行為そのものだと言えるでしょう。
それなのに田中派の政治家は金権政治家として、マスコミや国民から後ろ指を指され続けていたのですね。
これと言うのも、私達国民がことの本質を見抜く力がなかったからと言うことなのでしょうが・・・・・

小さな不正に拘泥して、大きい不正を許す検察に疑問を持たず、
悪は絶対に許さないと粋がる「所謂正義の士」が、一番騙しやすい人間と言うことなのかもしれませんね。
私もそうだったのですが、こういう人間はマスコミが提示してくれた事だけでしか、政治家を糾弾する気も起さないと言う習性があるようですね。

これは試験制度によって、試験に出る問題にのみ熱心にならざるを得ない、学生生徒時代に出来た習性の一つなのかも知れませんね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。