スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々は難燃剤を食べ、呼吸し、吸収している。日本の状況は?

We Eat, Breathe and Absorb Flame Retardants
我々は難燃剤を食べ、呼吸し、吸収している。

Alter Net
By Terry J. Allen, In These Times. Posted October 16, 2007.


The Environmental Protection Agency does almost nothing to regulate these chemicals.
環境保護局はこれ等の化学物質を取り締まる為に殆ど何もしない。

EPA The Environmental Protection Agency
環境保護局

The old joke was: Americans eat so many preservatives, our corpses will never rot. Now, it turns out they won't burn either. Americans' bodies have the world's highest concentration of the flame retardant polybrominated diphenyl ethers (PBDE) -- 10 to 40 times higher than Europeans -- and our chemical burden is doubling every three to five years.

 古い冗談は『アメリカ人は本当に多くの種類の保存料を食べているので死んでも死体は腐らない。』だった。今は、『その上に死体は燃えもしない。』だ!
アメリカ人の身体は世界で一番、難燃剤polybrominated diphenyl ethers(PBDE)が集中凝縮している。ヨーロッパ人の10~40倍だ。そしてこの物質の身体に対する重荷は3年~5年毎に2倍に増えている。

PBDEs, which resemble PCBs, are added to upholstery, computer parts, mattresses, fax machines, carpets, car seats and house wiring. We eat, absorb and breathe PBDEs daily, and they end up in everything from baby's brains and mother's milk to polar bears.

 PBDEsはPCBsに似た物質で、家具、コンピュータの部品、マットレス、ファックス、カーペット、自動車の座席、其れと家屋の電気配線に使われている。我々はPBDEsを毎日食べ、吸収し、吸い込んでいる、そして、PBDEsは最終的に赤ん坊の脳、母乳、北極熊、何処にでも蓄積されている。

"What is in commercial products is getting into the environment," says EPA scientist Linda Birnbaum, "and what's in the environment is getting into wildlife and people."

 『商品の中に含まれている物質は環境の中に排出されている。』とEPAの科学者リンダバーンバウム言う、そして『環境に存在する物は動物や人間の身体の中に入ってくる』と彼女は続けた。

Because the EPA does not require labeling, you are unlikely to know which, if any, PDBEs are in the mattress your baby sleeps on, the couch you potato on and the electronic equipment you surf the web with.

 EPAは原材料PDBEsの表記を義務付けてないので、殆どの場合、若し使われていても貴方は、赤ちゃんが寝ているマットレスに使われているのか、貴方がだらしなく座っているソファーに使われているのか、其れとも、貴方がwed-surfウエッブサーフする電化製品に含まれているのか分からない。
Surf 磯波surfing 波乗りをする。から来た言葉で、滑る様にモニターに移るウエッブサイトを次から次へと見ていく事。

Web (web site) ウエッブ サイト日本ではホームページ
Electronic equipment 電化製品
Electronic equipment you surf the web.
あなたがウエッブサーフする電化製品、でコンピューターの事。


Nor the risks. Despite the chemical's ubiquity and 30-year history, the EPA says, "Our toxicology database [on PBDEs] is inadequate to truly understand the risk."

 危険性も分からない、PBDEsの偏在性、30年の歴史にもかかわらずEPAは『毒性についての研究のEPAのデータベースは危険性を本当に理解するには不完全だ』と述べている。

That stance serves the $2.9 billion flame retardant industry -- an industry that shreds logic by arguing simultaneously that the effects on humans are unknown and that exposures are too low to cause concern.

 この姿勢は“人間に対する影響はまだ知られていないとか、同時に、PBDEsに汚染されたとしても量は心配するほど多くない”とか言って論理をズタズタにする29億ドル難燃剤業界の為に役に立っている。

But evidence of the danger is piling up. While test animals exposed to high levels of PBDEs developed tumors, even low levels caused deficits in learning and memory that worsened with age. The chemical may also impact behavior, disrupt endocrine function, irreparably damage reproductive systems and cause thyroid disease. A small decrease in thyroid hormone levels can produce cognitive impairment in children, including lowered IQ.

 然し、PBDEsの危険性の証拠は蓄積されている。PBDEsの汚染影響テストに使われた動物に腫瘍が出来たり、極少量の汚染で学習能力低下が見られたり、記憶力は年を取るごとに悪くなっていった。PBDEsは行動にも影響を与えるかもしれない、内分泌を妨害し取り返しの付かない損害を生殖器官に与え甲状腺の病気の原因にも成っている可能性がある。少量の甲状腺ホルモンの減少で知能指数の低下も含めて、認識力の低下を引き起こします。

The three main types -- penta-, octa- and deca-BDEs -- are named for the number of bromine atoms. Penta and octa are now widely recognized as dangerous. After the European Union, Canada and a few U.S. states banned them, U.S. manufacturers saw the handwriting on the wall, and perhaps the lawsuits in the wings, and ceased production as of 2005.

 三つの主なタイプ- ペンタ(3)、オクタ(8)、デカ(10)、- BDEsは臭素原子の数によって名付けられています。ペンタ、とオクタは現在広く危険だと認識されています。EU、カナダ、とアメリカの幾つかの州がそれらを禁止した後、アメリカの製造業者は壁の殴り書きを見た様に、そして恐らく訴訟が待ち構えているのを見越して、製造を2005年の段階で中止した。

Recycled materials, like carpet and drapery backing, as well as items produced before the phase-out, may contain as much as 30 percent penta or octa. According to Pesticide & Toxic Chemical News, since the 2004 E.U. ban, foreign sources are dumping "significant amounts" of octa- and penta-laden products in the United States.

 段階的に製造停止になる以前に製造された商品も含めて、カーペットやカーテンの様なリサイクルされた材料は30%にも及ぶペンタかオクタを含んでいる。“殺虫剤&有毒化学物質ニュース”によれば、2004年のEUのPBDEsの使用禁止以後、外国の製造販売業者はオクタBDEとペンタBDEが大量に使用されている製品をかなりの量アメリカ国内に捨てる様に販売している。

Dumping はダンピングで捨てること。此処では経済用語のダンピングではなく、EU圏内で売れないしアメリカでの禁止が発効する前に、本当に捨てる様に売ると言う意味。

The United States still manufactures deca-BDE and uses it in electronics, upholstery and textiles, despite its status as a likely carcinogen and its ability to break down into dioxin-like molecules.

 デカ-BDEの発癌物質可能性,ダイオキシンの様な分子に分解変化する要素が認識されているにも拘らず、合衆国は未だに製造を続け、電気製品、家具、テキスタイル等に使用している。

"Some [Americans] have concentrations [of deca] not dissimilar to amounts in animals that cause cancer of the thyroid and liver," says Birnbaum.

“一部のアメリカ人は動物が甲状腺、肝臓癌を発生する程の量と余り違わない量のデカ-BDEの体内蓄積が観察されている。”とバーンバウムは発言している。

PBDEs, like 62,000 other chemicals grandfathered in by the 1976 Toxic Substances Control Act, never underwent an approval process. In 2006, the Government Accountability Office found that the EPA "does not routinely assess the human health and environmental risks of existing chemicals and faces challenges in obtaining the information necessary to do so ... Even when EPA has toxicity and exposure information," it has had difficulty demonstrating risks or pursuing limits or bans on production and use. In 31 years, the EPA has required testing for fewer than 200 grandfathered chemicals.

 PBDEs、を含む他の62,000の化学物質の様な1976年の有毒物質抑制条令で適用を免除された物質は、政府の製造販売許可の検査、試験過程を経ていない。2006年の政府のアカウンタビリティー オフィスは“EPAは現存する化学物質の人間の健康と環境に対する害、危険度の評価,審査を定期的に実施していない。そして評価、審査の為に必要な情報の収集に障害をきたしている。EPAが毒性と有毒物質に対する人体への影響の情報を持っていても、危険性の証明、有毒物質の製造販売抑制、製造販売の禁止などの実施が出来ないでいる。この31年間にEPAは1976年有害物質抑制条令を免除された化学物質の中で200種類以下の物質に対してしか試験、検査を命じていない。

It used to be assumed that most PBDE contamination came through eating dairy, meat and fish. Increasingly, researchers are looking at indoor air where concentrations are 15 to 50 times higher than outside. In addition to sources such as dust from polyurethane foam and fabric, PBDEs can emit gas at 84 degrees -- a temperature common inside computers, cars and houses. The gas then clings to dust particles we breathe.

 PBDEの汚染は酪農製品、食肉、魚を食べる事によって起こると考えられていた。然し研究者は有害物質の濃度の15~50倍高い室内の空気に益々注目をしている。布やポリウレタンの様な汚染源の他に、PBDEsは最も一般的なコンピューター内部、自動車の内部の温度、摂氏28.2度でガスを放出する。そしてガスは室内の埃に吸収された後我々の呼吸作用によって体内に吸収される。

The link between inhaled PBDE and thyroid disease was strengthened by a recent study on cats. Environmental Science & Technology traced an epidemic of deadly feline hyperthyroid disease back to the '80s when PBDEs first proliferated. Tests on household cats found that PBDE flame retardant had "a clear association" with thyroid problems, said Birnbaum, a co-author of the study. Cats are particularly vulnerable because they live close to treated carpets and furniture, and breathe PBDE, as well as ingest it through grooming and food.

 最近の猫を使った研究で呼吸で体内に吸い込まれたPBDEと甲状腺の病気の関係(に付いての疑い)が強まってきた。“環境科学&技術”と言うグループは死亡率の高い猫の甲状腺の病気をPBDEsが(市場に)急増してきた1980年代まで溯って追跡した。『難燃剤が検知されたペットの猫と甲状腺の問題の間には疑問の余地の無い関係がある。』とこの研究論文の共著者であるバーンバウムは述べている。猫は難燃剤が使用されているカーペットや家具の近くに居てPBDEsを毛づくろいや餌を通して摂取する他に、呼吸を通して吸引するので、特に影響を受け易い。

Another household member with similar exposures -- minus the self-grooming, but with an added propensity to put everything into mouths -- is children. A National Institute of Environmental Health Sciences study found that PBDE levels in infants and children were two- to threefold higher than in adults.

 他の家庭内に居住している一員で猫と同じ危険な状態にさらされているのは----毛づくろいはしないけれどもその代わりに何でも口に入れる性癖のある----子供達である。国内環境保健学研究所によると幼児と子供のPBDEsレヴェルは成人の2~3倍高いことが判明した。

The EPA, while calling for more research, relies on industry testing and resists calls to ban or label PBDEs, arguing that until there are safer alternatives, their usefulness in retarding burning outweighs the risk.

 EPAは引き続き調査研究を提唱している物の、テストは業界に依存し、安全な代替製品が現れるまで、難燃剤の有用性はPBDEsのリスク(毒性物質の可能性という負利益)を差し引いてもまだ政府が使用を許可し続ける価値があると言う事を理由に、PBDEsの製造販売の禁止、表示には反対している。

Europe, which uses alternative flame retardants, begs to disagree; Americans must beg the EPA to honor its middle name.

 代替難燃剤を使っているヨーロッパは(EPAの判断には)同意いたしかていねる。アメリカ国民はEPAにそのミドルネームに敬意を払う様に懇願しなければならない。

Begは請う、求める、懇願する、

I beg your pardon. 失礼。ごめんなさい。私は貴方の許しを請う。と言う意味。聞き返すときなどに、I beg your pardon.失礼(もう一度言って下さい。)と言う事になる。
此処ではEurope disagrees と言わないでEurope begs to disagreeで“ヨーロッパは同意いたしかねる。”と言う古臭い言い方をしているのは、後でAmerican must beg the EPA to honor its middle name.と来て洒落ているのです。

Middle name ミドルネームは protection“保護”ですから環境を保護する様にEPAは名前の通り行動しなければならないと言う事。


Terry J. Allen is a senior editor of In These Times. Her work has appeared in Harper's, The Nation, New Scientist and other publications.
テリー.J.アレンはIn These Timesの首席編集者。彼女の記事はHarper’s, The Nation, New Scientist,に発表されている。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

がんばって下さい。

なかなか日本政府が公表しない情報が公開されているのが頼もしいです。
全くしらない事ばかりでした・・。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。