スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエス!ウイ キャン!だけど-----しないよ。

Yes We Can (But We Won't)
イエス!ウイ キャン!(バッツ ウイ ウォンッ!)
私達は出来る!(だがしない。)


Obama, Hatoyama and Okinawa
オバマ、鳩山、そして沖縄。


By DOUGLAS LUMMIS ダグラス ラミスによる。
Naha, Okinawa那覇、沖縄。


“カウンターパンチ”と言うウエッブサイトの記事の翻訳。http://www.counterpunch.org/lummis11132009.html

Walking distance from the US Consulate in Okinawa is a Starbucks coffee shop. My wife and I sometimes go there, because they let you sit at the tables and work, so long as you sometimes order coffee. When Kevin Maher was US Consul, he also used to come in from time to time. Once, when he was sitting right next to us, we heard him apparently ingratiating himself with a young Okinawan girl, in his reasonably good (though somewhat whining) Japanese: “I have no friends at all here. People put up signs saying, ‘Maher go home’”. And the girl responding dutifully, “Oh, you poor thing!”
沖縄総領事館から歩いていける場所にスターボックスカフィーショップがある。時折コーヒーを頼んでいる限りテーブルに座って仕事をさせてくれるので妻と私は時々其処に行く。ケヴンマーが米総領事だった時、彼も時折此処にやって来たものだった。一度彼が私達の直ぐ横に座っていた時彼の結構いける日本語(何処と無く聞き苦しい愚痴をこぼしている様な日本語ではあるが)で沖縄の若い女の子の御機嫌取りをしている事を聞いた事がある。『此処では私は友達が全く居ないんだよ。皆“マー!ゴーホーム!”と書いているサインを立てているんだ。』そして其の女の子は義務的に『まあ!可哀想な人だこと!』と答えていた。

whining ワイニング whine ワイン グジュグジュ泣き言を言う。此の表現会話英語で良く使われます。アメリカ人はグジュグジュ泣き言を言う人が多いのかなあ?

reasonably good まあまあ良い。かなりいける。程好い。よく使われる言い回しです。



Maher was a Bush neocon appointee, well known for his arrogance and rudeness toward the Okinawan people. Last year when the US military insisted on its alleged right to land a shipload of GIs on the small Okinawan island of Ishigaki for “recreation”, Maher sailed in on the ship with them and made the local newspapers by shouting “Baka yaro!” (roughly, “you idiots!”) at the local demonstrators. This from a career diplomat. Not long after that he got into the papers again when, at the same Starbucks, an Okinawan customer walked up to his table and dumped a cup of hot coffee in his lap, shouting “Go Home! or words to that effect.
マーはブッシュネ オコン政権が(沖縄総領事職に)指名し、彼の沖縄の人々に対する傲慢さや失礼な態度は良く知られていた。此れはキャリアー外交官から聞いた事だが、昨年、米軍が沖縄諸島の小島、石垣島に船いっぱいの米兵を娯楽の為に上陸させる権利を主張していた時、マーは彼等と共に乗船し反対デモの住民に対し“馬鹿奴朗!”と叫んだ事で新聞記事になってしまった。この事件の後それ程時間の経たない内に此の同じスターボックスで沖縄県人の客が彼(マー)のテーブルに歩み寄り“ゴーホーム!”若しくは疎の様な意味の言葉を叫びながら彼の膝に熱いコーヒーをかけた事でマーは又新聞に載ってしまった。

dumped a cup of hot coffee一杯のコーヒーを捨てる。と言う意味ですがdumpを使うと1度にガバッと中身を空ける様に捨てる感じになりマーに対して嫌悪感を持っている沖縄県人がマーの膝の上にコーヒーをぶっ掛けた感じが出ます。

or words to that effect若しくは疎の様な意味の言葉。



In his election campaign Obama made no promises to the Okinawans (politicians don’t make promises to people with no vote), but many Okinawans, like many people all around the world, including in the US, allowed their hopes to be roused by that most-marvelously-ambivalent-of-all-possible-slogans, “change.” Very soon after the election the news came in that Maher, far from being canned or given a desk job, had been promoted to the position of Director of the State Department’s Office of Japan Affairs. So far as the Obama Administration is concerned, “Change” doesn’t apply to Okinawa. The face that Obama has turned toward Japan as a whole is that of Maher.
彼の大統領選挙キャンペーンでオバマは沖縄の人々に何の約束もしなかった(政治家は選挙権の無い人々には約束をしないものだ)が、多くの沖縄の人々の様に米合衆国も含めて世界中の多くの人々が全てのスローガンの中でも最も驚異的に意味の曖昧な“チェンジ”と言う言葉で希望を膨らませたのだった。選挙の直後マーにニュースが届いた。其れは何処か黴臭い部屋で時間を過ごしたり事務職(窓際族として扱われる事と)とは全く反対で連邦政府対日外交部門のボスへの昇進であった。オバマ政権に関する限り“チェンジ”は沖縄住民には適用されないと言う事だ。オバマが日本に向けている顔は全体としてマーの顔なのだ。

But if Obama made no promises to Okinawa, the Democratic Party of Japan (DPJ) did. In its recent campaign, one of its public promises was to put an end to the plan to build a new US Marine Corps heliport on the sea off the town of Henoko, in the northern part of Okinawa’s main island.
然し若しオバマが沖縄の人々に約束をしなかったとしても日本民主党(DPJ)は約束したのだった。最近の選挙キャンペーンの公約の一つが沖縄本島の北部の海岸の町辺野古に海兵隊の新しいヘリコプター発着場を建設する計画に決着をつける事であった。

Some background: in 1995 three US GIs kidnapped and gang raped an elementary school girl here. This event triggered an explosion of pent-up resentment against the US military bases in Okinawa. An all-Okinawa rally was held that drew some 60,000 people, a significant percentage of the prefecture’s 1.2 million population. The US and Japan decided they needed to do something, and what they came up with was to promise to shut down the US Marine Air Station at Futenma, which is located smack in the middle of heavily populated Ginowan City, on the condition that it would be relocated offshore from the less-populated town of Henoko in the north.
背景:此処で1995年3人の米兵が小学生を誘拐しギャングレイプした。此の事件は沖縄の米軍基地に対する鬱積した怒りを爆発させる引き金となった。全ての沖縄で行われた集会は6万人程を集め、其れは120万人の県人口のかなりのパーセンテージであった。日米は何かをしなければならないと決定し、考え出されたアイデアは北部の人口の少ない辺野古沖に移動させると言う条件で人口の多い宜野湾市のど真ん中にある普天間米海兵隊飛行場を閉鎖する事であった。

This launched a powerful opposition struggle that continues today. Residents of Henoko oppose the new base because it will destroy the sea that has always been their livelihood. Especially old folks remember that it was the sea that kept them alive, gave them food, during the Battle of Okinawa and after. Ecologists point out that the planned location of the heliport is right in the middle of the northernmost habitat of the rare sea mammal, the dugong, and that construction will probably contribute to that animal’s extinction. Women from Ginowan, where the base is now, have traveled to Henoko and gone door to door, not to try to persuade people there to accept the base, but to warn them of its dangers: explosive aircraft noise, accidents, pollution, crimes by GIs, etc. – all the things they have been bearing in Ginowan for so long. And most Okinawans, including those directly affected neither by the removal of the old base nor by the construction of the new one, are enraged by the idea that the US and Japan think they can pacify them by simply moving a base from one part of Okinawa to another.
此れ(辺野古への移動と言うアイデア)は現在まで続いている強力な反対闘争を引き起こした。辺野古住民は常に彼等の生活基盤であった海を新しい基地は破壊すると言う理由で反対している。特に老人達は沖縄での戦闘中そして其の後、食料を提供し彼等を生存させたのは海だと言う事を記憶しているのだ。計画されているヘリコプター発着場の位置はジュゴンと言う珍しい海生哺乳動物の最北生息地のど真ん中にあり、基地の建設は恐らく此の哺乳動物の絶滅に加担するだろうと生態学者達は指摘している。現在基地のある宜野湾の女性達は基地を受け入れる様に説得するのではなく各戸口を回り辺野古住民に基地の危険性を伝える為に辺野古に訪れた。危険性とは:爆発的航空機の騒音、事故、汚染、米兵による犯罪、等々。これ等全ては彼等が実に長期に亘り宜野湾で耐えて来たことである。そして古い基地の移転や新しい基地の建設によって直接影響を受けていない人々も含めて殆どの沖縄の人々は、日米政府が単に基地を沖縄の或る地区から別の地区に移転する事によって沖縄の人々をなだめると事が出来ると考えている疎のアイデアによって激怒している。

Protest has been fierce and sustained. People from Henoko have been holding a daily sit-in at the Henoko fishing port; recently they celebrated their 2000th day of consecutive sit-in. Under the leadership of Henoko resident Higashionna Takuma, a team of sea kayakers was trained that has been nonviolently harassing the construction surveyors who come in the measure and test the sea bottom, and have delayed the project by many months and possibly years (and possibly forever). A court case was filed in San Francisco (Okinawa Dugong et. al. vs. Rumsfeld) arguing that the construction plan violates US laws requiring the protection of cultural properties in US construction projects overseas; in 2005 the judge handed down a favorable decision, but there has been no hint that this has affected US policy. In election results, in referenda, in opinion poll after opinion poll, Okinawans have made clear that they want this base out of their territory entirely.
抗議は激しく長期に亘っている。辺野古の住民は辺野古漁港での座り込みを毎日続けていて、最近連続2000日目の座り込みをお祝いした。辺野古住民東恩納琢磨氏の指導の下シーカヤックのチームが訓練され測量と海底のテストに来ている建設測量士達を非暴力的に悩ませていて、計画を何ヶ月も、恐らく何年も(そして恐らく永遠に)遅らせている。海外での建設計画には文化的資産保護が米法によって必要とされていると論議する訴訟がサンフランシスコで起こされている。(ジュゴンと他の物対ラムズフェルドと言う訴訟)2005年裁判官は訴訟に好意的判決を下したが、然し此れが米政府の政策に影響を与えたと言う兆しは無い。選挙結果、住民投票、全ての世論調査で沖縄の人々は米軍基地を彼等の領域から完全に排除したいと明確に表している。

It is true that the movement is divided on how to put their demand. The anti-war purists insist that the movement should make no statement whatsoever as to where the base should go: they say that it is wrong to relieve their suffering by imposing it on someone else, and that anyway as pacifists they should demand the base should not be moved, but abolished. A second group sees the issue not only as one of peace, but also of anti-colonialism. They point out that the bases are in Japan because of the Japan-US Mutual Security Treaty, which was negotiated in Tokyo without consulting Okinawa (when it was first signed Okinawa was still under US military rule). Most Japanese today seem comfortable with that treaty (the movement against it, once strong, has dwindled to almost nothing), and their comfort is made possible largely by the fact that 75 per cent of the US bases authorized under that treaty are located in tiny Okinawa, which comprises a mere 0.6 per cent of Japanese territory. They argue, if the Japanese people want US bases in their land, as their lack of opposition to the Security Treaty seems to indicate, isn’t it fair to locate those bases near the homes of the people who want them, rather than the homes of those who don’t’? (Imagine, if you can, the US government making a treaty with some foreign government to allow their bases on American soil, and then putting 75 per cent of those bases in Puerto Rico.) Another option that is talked about is Guam, which is, at least formally, US territory. But Okinawans who see themselves as a colonized people see Guam’s Chamorros as another colonized people, and argue that it would be far better to send the base to Okinawa’s colonizer, Japan.
此の運動は彼等の要求の表現方法について分裂している事は確かである。純粋な反戦主義者達は此の運動は基地の移転地に付いて一言も述べるべきでないと主張している。彼等自身の苦悩を他人に押し付ける事によって取り除く事は間違いである。そして、どの様な方法でも平和主義者として基地の移転を拒否し、其れに代わり閉鎖を要求するべきであると彼等は言っている。沖縄に相談無く東京で交渉された日米相互安全保障条約により日本に基地がある事を彼等は指し示している。(最初に此の条約が署名された時は沖縄は未だ米軍事管理下にあった。)現在殆どの日本人は此の条約に違和感を感じていない様で(此の条約に反対する運動は一時期勢力を持っていたが先細りし殆ど存在しなくなっている)日本の領土の僅か0,6%しか占めない沖縄に此の条約で公認されている75%の米軍基地が存在する事が主に此の違和感を感じさせない原因となっている。安保条約に対する反対意見の欠如が示す様に、若し日本人が彼等の土地に米軍基地を欲しいのなら基地を欲しくない人々の家の近くに配置するよりも、基地を欲しがっている人々の家の近くに配備する事が平等と言うものではないのか?と彼等は議論している。(若し出来るなら想像してごらん!若しアメリカ政府が或る外国政府と条約を結びアメリカ国土に彼等の軍事基地を許可し、その上75%の基地をプエルトリコに配置するとしたら。)他の意見は少なくとも合衆国の領土であるグアムについて語っている。然し、自身を征服植民地化された民族と捉えている沖縄の人々はグアムのチャモロを他の征服植民地化された民族と捉えていて、沖縄の征服者日本に基地を移転させる方が較べられないほど良いと議論している。

Until a few years ago the option to move the base to Japan was almost a taboo subject, mainly because mentioning it would make mainland Japanese upset and angry, and saying that one opposed it would elicit from them warm praises for one’s generosity. But more recently the taboo has been breached, and the option has become part of the public debate. And once the taboo was lifted, it turned out to have very wide support among Okinawans. So in the recent national election, the DSP made the removal of Futenma base some site outside of Okinawa, either to the mainland or outside of Japan altogether, and the cancellation of the Henoko project, a campaign promise. In return for this they got electoral support from Okinawa that was crucial to their takeover of the national government.
数年前まで基地の日本移転と言う意見は、主にこの事を口に出す事は本土の日本人を動揺させ憤慨させると言う理由で殆どタブーの主題で、其れに(基地の日本本土への移転に)ついて反対の意見を述べる事は其の気前の良い行為によって暖かい賞賛を(日本本土人から)引き出すと言う事であった。然し極最近タブーは破られ、此のオプションは国民的議論の一部となった。そして一度タブーが破られ取り除かれると沖縄の人々の間で非常に幅広い支持が存在する事が明らかになった。----と言う事で最近の全国選挙でDSP(DSPは民社等ですからDPJの間違いだと思います?)は普天間基地の県外への、本土へか若しくは根本的に日本以外への基地移転と辺野古計画の無効を選挙キャンペーン公約とした。此の見返りに彼等は日本政府の政権の座を取る為に重要だった沖縄からの指示を選挙で得た。

The question now is whether they will have the backbone to keep this promise.
今の問題は彼等が此の約束を守るだけの気骨を持っているかどうかと言う事だ。

From even before the DPJ’s election victory, the US has been putting pressure on it to break that promise. Before the election, when the DPJ victory was seen to be a sure thing, Secretary of State Clinton came to Japan and with the lame-duck reactionary prime minister Aso Taro signed something called the Guam Agreement, a redundant instrument that was aimed at binding the incoming Japanese Government to the policies decided by the outgoing one: the Futenma base would be moved to Henoko, some troops would be moved to Guam, the Japanese Government would pay for the move, etc.; all stuff already decided. Then when Secretary of Defense Gates came to Tokyo in October, after the Hatoyama government came to power, he was pointedly rude, violating rules of diplomatic protocol (refusing to go to a dinner party held in his honor, etc.) and made as clear as he could that the Obama Administration will accept “no change” in it Okinawa policy. Either the Marine Air Station is moved to Henoko, or else it stays in Futenma, and that’s it.
既に日本民主党の選挙勝利以前から合衆国政府は選挙公約を破るように民主党に圧力をかけていた。日本民主党の勝利が確実と見られていた選挙の前、国務長官ヒラリークリントンが日本を訪れ、形だけ首相で実質的首相としての機能を失った反動保守派麻生太郎首相と何やらグアム合意と呼ばれる様な物に署名をした。此のグアム合意は不必要な重複する法的書類だが、其れは新しく組閣される日本の政府を引退する古い政府の政策に縛り付ける事が目的とされていた。:其れは、普天間基地は辺野古に移転、或る人数の部隊はグアムに移転、そして移転費用は日本政府が負担、等々。これ等は既に決定されていた事なのだ。然し其の後、鳩山内閣が政権に就いた後、米国防省長官ゲイツが10月に東京に訪れた。ゲイツは外交儀礼の規則を無視する等してあからさまに傲慢無礼で(彼に敬意を表して開かれた晩餐会参加を拒否!)そしてオバマ政権は其の沖縄政策について如何なる“チェンジ”も受け付けない事を彼は出来る限り明快にさせた。海兵隊の飛行場が辺野古に移転するか、さもなければ普天間に留まる。唯それだけだ。

lame-duck 言葉が意味する様に“びっこの鴨”ですが、現在は能力を失った政治家、政権、議会と言う意味に使われます。例えば、次期の新しい大統領や首相が既に決まっている場合、現職の首相、大統領の言う事は誰も聞かなくなるので此の時期の政権や首相、大統領等は効率良く政治が出来なくなるのでレイムダックと呼ばれます。レイムダックは元々ロンドン株市場で使われ始めた言葉が何時の間にか政治用語になったとの事です。

With this, the Hatoyama Government has started to waffle. Defense Secretary Okada has begun explaining that there is a difference between a “public promise” and “what one says during an election campaign,” and people are beginning to wonder if the metamorphosis if the DPJ into an ordinary establishment party has already begun. After the election, Under Secretary of State for Asian Affairs Kurt Campbell said at a symposium (one can imagine the benevolent smile on his face) that the US will not be much harmed by the new Japanese Government, and that “a certain degree of independence” on the part of Japan should be welcomed. A useful slip: it means that in his view the previous Japanese Governments had not even that much. We’ll soon see if the new administration can do any better. As I write this, Obama is on his way to Tokyo. For the last three days one of the local Okinawan papers has had an English language page filled with appeals to Obama to understand Okinawa’s very special situation, and to give up the Henoko base plan. It would be wise for him to do so. For whether or not the US puts on a tough performance, or whether or not the Japanese government waffles, the Henoko residents will fight against the base as long as it takes.
この様な事情で鳩山政権は口を濁す様になって来た。岡田防衛大臣(防衛大臣とありますが外相の間違い)は“公約”と“選挙中に言う事”との間には違いがあると言い始め、そして人々は日本民主党の平凡な支配政党への変態(メタモーフィーシス)が既に開始したのではないかと疑い始めている。選挙の後、国務省アジア外交のカートキャンベルは或るシンポジウムで(彼の顔の慈悲深い笑顔が目に浮かぶだろう!)『合衆国は日本の新政府により被害を被ると言う事は殆ど無いだろう。そして日本の“或る程度のまでの独立性”は歓迎されるべき物だ。役に立つ船として------その意味は彼の視点では日本の前政権もそれ程ではなかった--------我々は新しい日本の政権はもっと効果的かどうか直ぐに分かるだろう。』と語った。
 私が此の記事を書いている今オバマは東京に向かっている。最近の3日間、沖縄の地方新聞の一つが英語のページで沖縄の特殊事情と辺野古計画を放棄する様にオバマに訴える記事を満載していた。オバマにとって其れをする事(辺野古計画放棄)は賢い事だろう。米政府が強攻策をるか如何か、日本政府が腰砕けになるかどちらにしても辺野古の住民は基地に対する反対闘争を時間の要求する限り続けていくだろう。

Douglas Lummis is a political scientist living in Okinawa and the author of Radical Democracy. Lummis can be reached at ideaspeddler@gmail.com
ダグラスラミス氏は沖縄に住んでいる政治学者で“ラディカルデモクラシー”と言う本の著者である。ラミス氏にはideaspeddler@gmail.comで連絡を取ることが出来る。

ejnews: 此の記事はオバマ大統領訪日の直前に沖縄に住む米国人政治学者によって書かれた記事です。賞味期間が過ぎる前に翻訳した方が良いと思い急いで翻訳しましたので若しかすると一寸した誤訳が有るかも知れませんがラミス氏が記事全般で表現したかった事は忠実に翻訳したつもりです。
 日本の右翼左翼の日米安保条約等についての意見の違いはあると思いますが、沖縄の人々に日本の平和の為に米軍基地の75%以上を押し付けるのは余りにも日本人は身勝手ではないでしょうか?
 然し、オバマ政権のリストを見た時一寸余りにも保守的で、ブッシュ政権に関係の深い人物、金融企業関係の人物、(確かモンサントに関係の深い人物も含まれていると思いますが)等が多くショックを受けたのですが、オバマ程の人物だから何とか騙し騙しコントロール出来るのだろうと私も含めた多くのアメリカに住む(脳が正常に機能している)人々は期待した物ですが-----------------------何と無くオバマが“ダークサイド”に影響されている様に見えませんか?
アー!ルーク!ルーク スカイワォーカー!ダーク サイド オブ ザ フォースに気をつけろー!オバマー!
Stay away from the dark side of the force! Luke Skywalker! I mean Obama!  アーーーーッ!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーサイト

COMMENTS

荒野鷹虎さん

“幸福の科学”とは初耳ですが仏教徒よりも多いのでですか?!驚きですね!
 処で、保守的な宗教団体は組織力が高く、他の宗教を個人的な信仰と感じている普通の宗教団体は組織立って政治や社会運動をしないので保守的宗教団体が目立っているのだと思います。アメリカでも仏教徒や他の信仰が有りますが、やはり目立っているのは宗教と言うよりも政治団体と言った方が良い様な保守的宗教団体のようです。
 コメント有り難うございます。

No title

昔の、エピソードまで披露していただき、すみませんでした。有難うございました(笑
やはり、米国も、建前は、政教分離ということになっているのですねー。
日本と同じ現象のようですねー。
某週刊誌の記事によると「幸福の科学』(大川隆徳?氏)が日本の信者数が一位と書いていましたので驚きました。当然創価学会が一位だと思っていましたが・・「幸福の科学』の司令塔が、小池元防衛相だというのです。大体が、宗教団体は、保守的のようですねー。☆

荒野鷹虎さん

コメント有り難うございます。
グログの為の翻訳は文章を翻訳するのはそれ程難しい事ではないのですが、冗談で翻訳した記事以外は記事がどれだけ現実を反映しているのかインターネットで調べるのに時間がかかります。然し、私の様な者でも少しは世界平和に貢献出来るのではないかと思い時間がある時は翻訳をしています。
 処で、私も大昔大学生の頃、偶然世界統一教会と言う確か韓国人の方がボスをしているキリスト教宗派の集まりに何回か参加した事があります。街頭でパンフレットを配り何か説明している人々がいて、彼等の話を聴いている女の子が非常に可愛く、私も彼女の横に立ち止まり話を聴いている振りをしていると『次の週末に集会があるから参加しないか?』と言うのです。すると突然其の可愛い彼女が私に向かって『貴方参加する?若し貴方が参加するなら私と一緒に行きませんか?』と言うのです!勿論『ハイ!一緒に行きます!』と脳が機能する前に私の口が動いていました。私の宗教に対する態度を表しているエピソードだと思います。
 アメリカは建国された当時の建国の父と言われる人々が啓蒙主義に影響を受けていて建国当時から宗教と政治は分離する事が憲法的建前になっていますが、現代の様に時代によって保守キリスト教が政治にチョッカイを出す時も多い様です。

ejnewsさんへ!!

いつも有難うございます。大変な翻訳作業だと思います。!
キリスト教の話ですが、以前プロテスタントの小さな団体に、共鳴して
修行したことがあります。貴殿のお話では、どうやら、保守的な、原始福音の、一派のようです。日本では、異端児されているようですが、一人、自民党の議員がいました。私は、政治的には、革新はなのですが、矛盾を感じずに、信じていました。今は参加しておりません。小澤幹事長が、キリスト教は排他的だ、といい
キリスト教連盟が抗議したいきさつがありました。小澤さんは「仏教に
は、幅広い面があるといいたかった」と弁明しました。政教分離を遠く狙っているように思いました。アメリカは政教分離されているのでしょうか。とりとめのない、コメントで申し訳ありません。☆

みゆきさん

此方こそどうも有り難うございます。英文の日本語訳は翻訳をする人によって日本語の言葉の選び方が違うと思いますので、分からない所があればコメントして下さい。お答えさせて頂きます。私は殆どの場合辞書に或る日本語の訳をなるべく使い英文を追い易い様に訳しているのですが、不可能な場合もあるのです。
では又!今後とも宜しくお願いします。

ブロとも

ブロとも承認ありがとうございました。

いつも興味深い記事の更新ありがとうございます。
辞書片手に読みます;)

半杭正幸さん

お褒めに預かって大変恐縮しています。半杭正幸さんの“日本歴史と雑事記録”は私の全く知らない非常に興味深い中国についての記事が多くこれから楽しまさせていただきます。
処で、先生は止めて頂けますか?お願いします。私はフラリフラリと生きてきた結果暇に任せてブログ等と言う物をやっているだけですから。
コメント有り難うございました。これからも宜しくお願いします。

先生の読者です。

先生のブログ「英語日本語ニュース」は、にほんブログ村の「お気に入り」に登録しています。先生のニュースはタイムリーでも有り、しかも内容が詳細で有り、更に単純に記事を書くのでは無く、批評や批判等も有って公平です。翻訳文も並列されているから英文の復習にも最適です。今後ともご継続され我々にご教示下さい。宜しくお願い申し上げます。以上

和久希世さん

沖縄の米軍基地は日本人として何とかしたい物ですね。
自民党は歴史の或る時期から国民の為の政党としての機能を失い、単なる自民党の政治家の野心や経済的利益の為に利用される団体になってしまった様ですね。アメリカから見ていると自民党はアメリカ政府に忠実な家来に成り下っていました。
 鳩山さんですねえ--------、田中角栄が米政府の意向にそぐわない政策を実施し始め、米中央情報局にロッキードとの汚職を暴露され失脚したと言う話がありますから(昔の話で確かではないのですが)鳩山さんも一寸ヤバイと私も思います。
コメント有り難うございました。

No title

沖縄に基地が有ると言うことは知っていても、
沖縄の人にどれ程の負担を強いているかと言う事については、
私など殆ど知らない(ピンと来ていない)のかも知れません。
しかし2000日も続けて反対の座り込みをされる方々があるのですから、
その負担のきつさは、私達本土の者の想像を超えたものなのでしょう。

然しながら麻生総理は、辞める直前に後の政権を縛る約束まで取り決めていくなど、
思っていた以上に酷い人だったのだと知りました。

オバマ大統領は、ソフトパワーで来ておられるだけで、
最終的にはアメリカの要求を、通させる人だと言う観測をする人もありますが、
鳩山総理は結局どういう決定に持っていかれるのでしょうね。
尤も、アメリカの気に入らない決定をしそうになったら、その前に何らかの形で、鳩山総理は失脚と言うことに為るのかもしれませんが・・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。