スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大統領訪日。でもクリントンの話。

Clinton didn’t want to go to Japan.
クリントンは日本に行きたくなかった。


Taylor Branch “the Clinton tapes”
タイラー ブランチ著 “クリントンテープ”

http://newsbusters.org/blogs/tim-graham/2009/09/27/spin-year-time-touts-bill-clinton-more-devoted-chelsea-power

If you don't believe it, consider the fight Branch describes between Clinton and Al Gore in November 1995. Gore told Clinton the President needed to visit Japan to heal a rift caused when Clinton failed to attend an APEC economic summit. Looking over Clinton's calendar, Gore noticed three light days in January. No, Clinton said, he needed to be home for Chelsea, who'd be taking her junior-year midterms. Gore was dumbstruck. "Al," Clinton said, "I am not going to Japan and leave Chelsea by herself to take these exams." A new rift opened — between Clinton and Gore. Branch describes Clinton as wrestling with the problem "like a medieval scholastic. It was a choice between public duty on a vast scale, and the most personal devotion." The Tokyo trip was set for April.

若し貴方が信用しないのならブランチ氏の記述している1995年11月のクリントンとアルゴアの間の諍いを考えて下さい。クリントンが参加出来なかったAPEC経済サミットによって発生した(日米間の)溝を埋める為大統領は日本を訪問するべきだとゴアはクリントンに話した。クリントンの(スケジュール)カレンダーを見ながらゴアは1月に予定の軽い3日間がある事に気が付いた。(然し)クリントンは“ノー!“と言った。彼は中学三年生の中間テストを受けているはずの娘チェルシーの為に家に居なくてはいけないからだ。ゴアは唖然としてしまった。『アル!俺はチェルシーを一人残してテストを受けさせ日本に行く様な事はしないぞ!』とクリントンは言った。クリントンとゴアの間に新しい溝が出来てしまった。“中世のスコラ哲学者達の様に広大な公務と最も個人的な献身的愛情との間の選択”と言う問題と格闘しているクリントンをブランチ氏は記述している。(と言う事で)東京行きは4月に予定された。

ejnews: オバマ大統領が日本を訪問していると言う事ですが、今後の日米関係はどうなるのでしょうねえ?恐らく何も変わらない様な気がしているのですが----------。特に米軍基地問題については。
 今日は米大統領訪日でもクリントン大統領訪日についての裏話でした。タイラー ブランチ著の“クリントンテープ”と言う本の一部の記述です。こんな事があったとは全く知りませんでした。結局米政府にとって日本はそんなに丁重な礼儀に従った御互いを尊敬しあう外交手段を執らなくても簡単にコントロール出来る国だと思われているのでしょうね。


最近撮ったUCLA大学付近の写真です。Westwoodウエストウッドと言う地区です。

ucla1

ucla2

ucla3


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

Nemoさん

此方は天気予報では月曜火曜は78~79度(摂氏25~26度)位に気温が上がるそうですが其の後は67~68度(摂氏20度位)位になるといっていました。
 笑顔ですかトム クルーズの映画ではないのですから笑顔以外に米軍基地の削減とかもっと考えて欲しいですね。(ブツブツブツ---------文句)
 最近アメリカではオバマは口先だけで信用出来ないと言う声が進歩派内で高くなってきています。経済顧問や軍事、国務等に非常に保守派が多く政権誕生時から元々疑われていたのですが、オバマは何とかコントロール出来るだろうと言う期待があったのです。然し何時までたってもブッシュ政権の政策を引き継いで居る様な政治で不安になってきている人が多い様です。
“Yes we can! But we won,t!" とか書いている記事も見かけましたので今度約してみようかなと思。っています
 コメント有り難うございました。

No title

ejnewsさん、こんにちは
こちらは今日は暖かかったですが、明日からまた上着が必要になるようです。
LAの様子まばゆいですね~。

オバマ大統領、日米関係を重視すると言って笑顔と素晴らしい演説を残してくれましたが、
初めての来日にしては、いくらなんでも駆け足過ぎました。
是非、夫人も2人の御嬢さんも一緒に来ていただきたかったところです。
天皇と昼食会をしたのはクリントン大統領以来のことだったようですよ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。