スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケイン、モンサント、米帝国、支配。

When Cocaine and Monsanto's Roundup Collide, War on Drugs Becomes a Genetically-Modified War on Science
コケインとモンサントのラウンドアップ除草剤が衝突する時、麻薬に対する戦いは科学に対する遺伝子操作の戦いとなる。


http://blog.buzzflash.com/analysis/894

Submitted by meg on Mon, 08/31/2009 - 1:40pm.

BUZZFLASH NEWS ANALYSIS
by Meg White

At the intersection of cocaine and Roundup in rural South America, Monsanto and the U.S. government are struggling to keep up appearances. That's becoming more and more difficult as the unanticipated hazards of genetic modification become clearer.
南アメリカの田舎でコケインとラウンドアップ(モンサントの除草剤)が交差する時モンサントと米政府は表面を取り繕うのに苦労している。そして其れは予期していなかった遺伝子変性がより明らかになると共にもっと難しくなっている。

Back in April, Argentinean embryologist Andrés Carrasco gave an interview with a Buenos Aires newspaper describing his recent findings suggesting the chemical glyphosate, a chemical herbicide widely used in agriculture as well as in U.S. anti-narcotic efforts, could cause defects in fetuses in much smaller doses than those to which peasants and farmers in his country were already being exposed. Loud calls for a ban on the substance were issued by Argentinean environmental lawyers, and the country's Ministry of Defense banned the planting of glyphosate-resistant soya crops in its fields.
4月に遡り、アルゼンチンの胎生学者アンドレス カラスコは広く農業に使用され同時に米政府の対麻薬措置にも使用されている化学除草剤グリフォサートと言う化学薬品は彼の母国の小作人や農民が既に曝されている量よりも遥かに少ない量で胎児に異常を起こさせる可能性を示す最近の彼の発見についてブエノスアイレスの新聞のインタヴューに答えた。此の物質の(使用販売)禁止がアルゼンチン環境専門弁護士達により大々的に発表され、アルゼンチン国防省はグリフォサートに抵抗力を持つ大豆の栽培を禁止した。

Then came the backlash. An article in an Argentinean paper recently reported that Carrasco was assaulted in a way he described as "violent" by four men associated with agricultural interests:
其の後反発がやって来た。アルゼンチンの新聞に載せられた最近の記事によると、カラスコは----彼の説明によると“乱暴に”農業関連利権に関係する4人の男に暴行を受けたと報道している。:

Two of the men were said to be members of an agrochemical industry body but refused to give their names. The other two claimed to be a lawyer and notary. They apparently interrogated Dr. Carrasco and demanded to see details of the experiments. They left a card Basílico, Andrada & Santurio, attorneys on behalf of Felipe Alejandro Noël.
其の内の2人は農業化学企業団体のメンバーだと言われているが名前を明かす事は拒否している。他の2人は弁護士と公証人だと主張している。彼等はカラスコ博士を尋問し彼の実験の仔細を見せる様に要求したと言う事だ。彼等はフィリペ アレハンド ロノエルを代理するバシリコ、アンドラダ&サンツリオ弁護士(法定代理人)と言う名刺を残していった。

It's still unclear who these people are. But the interest in keeping such information quiet or discrediting Carrasco and his findings are strongest with Monsanto, the agricultural company who first patented a glyphosate product (sold as Roundup) and also created genetically-modified crops specifically to resist the herbicide.
彼等が誰なのか未だにハッキリしていない。この様な情報を隠したりカラスコ博士の信用や発見を傷つけたりする事によって受ける利益はモンサントが1番大きい。モンサントは(除草剤ラウンドアップとして販売されている)グリフォサート製品を最初に特許取得し、又、特に此の除草剤(ラウンドアップ)に抵抗力の有る遺伝子組み換え農作物を造り出した農業関連企業である。

GRAIN, an international non-profit supporting small-scale farmers and biodiversity in community agriculture, originally reported the story, evidently before the reports of threats against Carrasco were known. GRAIN has also done extensive reporting on Monsanto's genetically-modified soya crops in Argentina (which, according to the group, have increased five-fold since their introduction there, and have taken over more than half of Argentina's farmland) as well as on the use of glyphosate (which has increased fourteen-fold since its introduction, contrary to Monsanto's promises that its crop would decrease pesticide use). The so-called "Roundup Ready" crops have interbred with other plants, creating "superweeds" which in turn necessitate the use of other poisonous herbicides such as atrazine.
国際的に農業コミュニティーで小規模農家と生物学的多様性をサポートしている団体GRAINが元々此の記事を報告した。此のカラスコに対する脅しの記事の報告の前に此の事実は知られていた様だ。GRAINは又膨大な量のアルゼンチンでのモンサントの遺伝子組み換え大豆栽培に付いて報告している。(GRAINによると、アルゼンチンでのモンサントの遺伝子組み換え大豆栽培量は栽培が始まってから5倍増加し、同国の農作地の半分以上を占めている。)同様にグリフォサートの使用量も増え(遺伝子組み換え農作物は農薬の使用量を減らすと言うモンサントの約束とは反対に使用され始めてから14倍の使用量になった。)所謂“ラウンドアップレディー”農作物は他の植物と交配し“スーパーウイード(超雑草)”を造り出し“アトラジン”の様な毒性の有る除草剤の使用を必要とさせる。

The dangers of glyphosate are hotly debated. The U.S. Environmental Protection Agency does regulate the allowable amount in drinking water, but the data it has on the dangers of the chemical are all nearly two decades old, and many studies were sponsored by Monsanto. But rural agricultural workers across South America have been protesting the spraying for well over a decade, pointing to increases in local cancer rates and birth defects as proof.
グリフォサートの危険性は激しく議論されている。米環境保護局は飲み水に含まれる許可量を規制しているが危険な化学物質のデータは殆ど20年前の古いデータであり、多くの研究はモンサントがスポンサーとなっている。然し南アメリカ全土の地方の農業労働者は地方の癌や先天性欠損症の発生率を証拠と指し示しグリフォサートの噴霧に既に10年以上抗議している。

The Transnational Institute (TNI), a nonpartisan international group of scholars, has drawn attention to the inconsistencies and basic errors in studies refuting the dangers of glyphosate. This should come as no surprise, since Monsanto has been involved in several known cases of scientific fraud regarding the same chemical, wherein the EPA found multiple instances in which labs were paid to falsify preferred results for the company. Monsanto has also been charged in multiple jurisdictions for disseminating misleading information about its Roundup products.
ザ トランス ナショナル インスティチュート(TNI)と言う派閥的でない科学者の国際的グループはグリフォサートの危険性についてのチグハグナ研究と基本的な誤りについて人々の注意を促した。此の事は驚くにはあたらない、何故なら此の同じ化学薬品(グリフォサート)についてモンサントは幾つかの公になっている科学的不正行為に関係しているからだ。此の不正行為は複数の研究結果をモンサントに有利になる様に結果を偽る様に研究機関が金銭的支払いを受けている事をEPA(環境保護局)は突き止めたのだった。モンサントは又、ラウンドアップ製品の紛らわしい情報を流布している事で数件裁判に訴えられている。

Yet, glyphosate is still the top-selling herbicide around the world. And it's not just used to kill weeds, either. The U.S. military sprays glyphosate from airplanes onto drug crops as part of its worldwide anti-narcotic strategy. The best known example of such an effort was named Plan Colombia by the Clinton Administration and persists today.
然し,グリフォサートは未だに世界一売れている除草剤であり、そして其れは単に雑草を枯らすだけでもない。米軍は世界的な対麻薬戦略の一環として麻薬栽培の為の作物に飛行機からグリフォサートを噴霧している。其の努力の一番の好例はクリントン政権によるプランコロンビアと呼ばれ現在も続行されている。

But punishment is meted out unequally. Because glyphosate is an herbicide and is not specifically targeted to work against drug crops (as is easily deduced by the fact that it's used against coca and poppy plants as well as against household weeds in the U.S.), the spray kills legitimate crops, too.
然し刑罰は不平等に与えられている。何故ならグリフォサートは除草剤で特に麻薬作物を対象に働く事が目的とされていないので(事実で容易に推論出来る様に其れはコカや芥子と同様にアメリカでは家庭の雑草に使用されている)此の除草剤の散布は合法的農作物も殺して(枯らして)しまう。

*此処での≪然し刑罰は不平等に与えられている。≫はグリフォサートが麻薬栽培に対して噴霧されているが貧しい一般農民の農作物に被害を与える事をさしている。

That is, unless you're growing Monsanto's specially-formulated "Roundup Ready" crops. The you can spray nearly unlimited amounts of the stuff, which is what it seems farmers (as well as the U.S. military) are doing.
モンサントの特別に計画され造られた“ラウンドアップレディー”農作物を栽培している場合は、殆ど無制限に此の代物(グリフォサート若しくはラウンドアップ)を散布する事が出来、其と同じ事をアメリカの農家(アメリカ軍も)がしている様に見える。

It seems that the whole operation may have backfired though, at least from the perspective of the governments that are promoting such a strategy. The effort has lead to coca growers cutting down national forests -- where such spraying is often against the law -- to produce their illicit crops. But Mother Nature may be rebelling against drug policy as well. coca plants appear to be either evolving on their own (or with the help of coca farmers' active selection) -- or they are possibly crossing with Roundup Ready crops already on the ground -- to produce a glyphosate-resistant crop known as Boliviana negra.
少なくともこの様な戦略を勧めている政府の視点に立ってみると此の作戦全体がバックファイヤー(逆効果)している様だ。此の作戦の努力はコカ栽培者を非合法農作物を栽培する為国営森林伐採に駆り立てる。(国営森林は多くの場合農薬散布が禁止されているから)然し、母なる自然も同様に麻薬政策に反抗しているのかも知れない。コカの木は其れ自身で進化しているか(若しくはコカ農家の積極的な選択による≪除草剤に抵抗力の有る木を選ぶ事≫助けで)------若しくは農地に栽培されているラウンドアップレディー農作物との交配している可能性も有る--------グリフォサートに抵抗力のあるボリヴィアネグラとして知られている種類を作り出している。

One TNI study looked at the political and commercial motives for continuing to spray the chemical on drug crops in South America regardless of findings that the effort is counterproductive at best:
この努力(グリフォサート散布)が良く見ても反効果的であるにも拘らず南米で麻薬作物に化学物資を散布し続ける政治的そして商業的動機を或るTNIの研究は調べている:

It is true that the United States is behind fumigation, backed by the economic interests of companies such as Monsanto and DynCorp, who share in this lucrative business -– which is one of the reasons it meets with opposition. But it is also true that the disastrous consequences of the current anti-drug policy, of which fumigation is but one component, are a reality that surpasses ideologies, and the nations that suffer its consequences firsthand must find a solution instead of becoming polarised...
儲けの多い商売を分け合うモンサントやダインクロップ等の企業の経済的利権によってバックアップされた合衆国が除草剤散布の陰に居る事は事実である----そして其の事が理由1つとして反対されるのである。然し又現在の除草剤散布が其の一部である反麻薬政策の生み出す破壊的な結果は現実であって、其れは主義(の違いを)を越えていて、其れにより先ず被害を被る国家は二極に分裂する代わりの解決策を見つけなければならない--------

Colombia would not fumigate if it weren’t for pressure from the US. It would be implementing other forms of eradication or offering alternative development programmes that provide income to the population.
コロンビアは若し米国の圧力が無ければ除草剤の散布はしない。(米の圧力が無ければ)コロンビア政府は他の方法のコカ撲滅を実施しているか若しくは住民に収入を与える代替の開発プログラムを提供しているだろう。

The group suggested that South American countries band together to refuse U.S. anti-narcotic spraying on environmental and human safety grounds, as has been done in Afghanistan.
此のグループはアフガニスタンで行われた様に、南米諸国が団結し環境と人間への安全と言う見地で米合衆国の反麻薬除草剤散布を拒否する事を示唆している。

In 2004, Joshua Davis had the Boliviana negra plant tested to determine its provenance for Wired Magazine. He concludes that the glyphosate-resistant coca plant he found in Colombia was most likely developed in the fields by farmers grafting on chance genetic mutations.
2004年、ジョシュア デイヴィスはワイアード誌の為にボリヴィア ネグラ種の起源を解明するテストをした。コロンビアで彼の発見したグリフォサートに抵抗力の或るコカの木は恐らく農園で農家によって遺伝的突然変異を期待した接木によって開発された物だと彼は結論付けている。

But the resulting article is perhaps most interesting for the taciturn response on all sides of the issue. Davis suggests that South American authorities don't want to talk about the situation because the revelation might cost countries that receive a large amount of U.S. aid to combat drug traffickers. The U.S. government doesn't want coca farmers who don't already know to find out about the new strain, because it can still eradicate old strains with glyphosate. And drug growers who do have the new strain certainly don't want the status quo to end, because currently the U.S. government is doing their weeding for free.
然し此の記事の結果として恐らく最も興味深い事は此の問題の全ての関係者の不機嫌な反応である。麻薬密輸業者と戦う為に巨額の支援を米国から受けている南米の権威者(政府)は現状態について話したくない。何故なら此の事実の発覚は国家にとって損失が高くつくかもしれないからだ(米からの支援が排除される可能性がある)。米国政府は新種のコカについて未だ知識の無い農家に知って欲しくない。何故ならグリフォサートで未だ在来種を撲滅する可能性があるからだ。そして新種の(グリフォサートに抵抗力の有る)コカの品種を所有している麻薬作物栽培者は現在の状態が終わって欲しくない。何故なら現在米政府が彼等の除草作業を無料でやってくれているからだ。(麻薬栽培者はグリフォーサートに抵抗力の或る新品種を栽培しているので、グリフォサートを使った除草剤を米政府の資金で散布されることはコカ畑に生える雑草を無料で退治してくれる事になる。)

*つまり、コケインと言う麻薬の使用はグリフォサートに抵抗力を持つコカの新品種が造られた事により非常に危険になったと言う事です。何故なら従来の農作物は除草剤を直接散布すると枯れるので農家は除草剤は農作物に直接使用しなかったのですが、ラウンドアップレディー品種等のラウンドアップに抵抗力の或る農作物は直接ラウンドアップ除草剤を散布されても枯れないので(農作物を避けてラウンドアップ除草剤を散布する作業をする必要がないので農作物に直接散布される)グリフォサートを吸収しながら成長するのですから!!!

But on the larger cost-benefit analysis, the biggest winner is Monsanto. The more Roundup Ready crops there are out there, the more Roundup farmers need to get rid of the weeds, as is evidenced by the GRAIN research in Argentina. The real foe of Monsanto is not drug cartels or government entities. It's scientists.
然しもっと大きな目で見た費用と利益の分析では最も利益を得ている勝者はモンサントだ。より多くのラウンドアップレディー遺伝子組み換え農作物が南米で栽培される事は、アルゼンチンのGRAIN研究所による証拠で見られる様に、より多くのラウンドアップを農民が除草の為に必要とする。モンサントの本当の敵は麻薬密売組織や政府ではなく、其れは科学者なのだ。

When you put together the studies referenced above, which show that spraying glyphosate is harmful to humans and the environment and that it does not hamper the production of coca or weeds, the answer to almost everyone's problems is eliminating Monsanto.
若し貴方が上記で示されたグリフォサート散布は人体と環境に有害である事を示し、そしてコカ生産量や雑草を削減しないと言う研究調査を総合しすると、殆ど皆の問題の答えはモンサントを取り除くと言う事である。

So while there's no solid proof that the men threatening Andrés Carrasco belong to the same corporation that falsified lab results on the harm caused by glyphosate or the group that told lies about Roundup, there's no doubt in my mind that they belong in the same sick club.
アンドレ カラスコを脅迫している奴等がグリフォサートが原因の被害についての試験研究の結果を偽造している、若しくはラウンドアップについて嘘をついているグループと同じ企業に所属していると言う確実な証拠が無いにも拘らず、私の考えでは奴らは疑いなく精神病の同じ穴の狢なのだ。

ejnews: モンサントについては私のブログで特別に“モンサント”と言うカテゴリーを設けなければならない程危険な企業なのです。モンサントは1901年に設立され、最初の製品があの昔懐かしい“サッカリン”で1940年代には全米10位に入る化学薬品企業となりプラスティクや化学繊維、DDT,原爆開発のマンハッタン計画ではDayton Project デイトンプロジェクト等に参加(中でもモンサントによるフロライドの生産は原爆用のウラニウム、プルトニウム生産に必須化学物質で当時からフロライドの毒性は知られていて後に有り余る猛毒のフロライドの処理の為アメリカでは虫歯予防の為と偽り水道水にフロライドを添加し始めたのです。)ナチによるユダヤ人大量虐殺で悪名の高い毒ガス(ザイクロン-B)Zyklon-Bの生産企業IG Farbenの化学者達は戦後モンサントに目出度く就職、ヴェトナム戦争で悪名の高い除草剤2,4,5-T Agent Orange(エイジェントオレンジ)や殺虫剤DDT、最近では人工甘味料ニュートラスイート、recombinant bovine growth hormone (rBGH), と言う人工牛成長ホルモン(此の為にアメリカでは牛肉を食べるのは非常に危険な事なのです)recombinant bovine somatotropin (rBST),と言う人工ミルク生産増強ホルモン(現在はアメリカでは使用禁止)そして現在最も大きな問題の“遺伝子組み換え農作物”(Terminator seedターミネイターシード“収穫された種は翌年発芽しない技術”、ラウンドアップ“グリフォサートと言う毒性の強い化学物質が安全性を十分テストされないまま許可されている”と言う除草剤や其れに抵抗力の有るラウンドアップレディー遺伝子組み換え農作物)---------
 もっと例はあるのですが、兎に角、凄い企業でしょう!コロンビアではコカを枯らす為ラウンドアップを米政府の協力でヘリコプターから無差別散布し環境破壊、地方に住む住民への(癌や皮膚病等の)健康被害問題が続いているようです。ボリヴィアは原住民族のエボモラレス氏が大統領となり対米強行外交を進めているようですが、コロンビアは未だに親米政権が続いていてコロンビアの国民の中でも農民である原住民は特に苦しい状況の中で生活する事を強いられているようです。
 其の他にも最近のReutersのニュースによりますとモンサント、ダウケミカル、デュポンの3社がメキシコ政府に遺伝子組み換えコーンの実験栽培許可を要請しているとの事で若し許可されるとコーンの原産地メキシコで遺伝子汚染が起こるのは火を見るよりも明らかで、此れはGM農作物の特許権を所有している企業がメキシコでコーンの遺伝子汚染を起こし国際的に遺伝子組み換えコーンについての規制を無意味にする陰謀なのでしょう。アルゼンチンで過去に大豆で同じ事があり(政府のGM大豆規制にも拘らずいつの間にかGMコーンの遺伝子がアルゼンチン中に広がりGM大豆を規制している法律が事実上無意味となり、アルゼンチンの耕作面積の半分程がGMコーンで占められると言う状態に陥った)ましたが、大豆はアルゼンチンにとって文化的重要性は無かったのですが、メキシコにとってコーンは日本人にとっての米と同じ歴史的、文化的重要性を持っているのですからコーンの遺伝子汚染はアメリカによる文化侵略にもなるのです。稲米についても現在“ゴールデンライス”と言うバクテリアの遺伝子を挿入した稲の新種の開発実験が行われていますが中国で児童を使ったゴールデンライスの臨床事件が発覚し中国政府が実験中止を命令したと言う事です。環境、食の安全に付いては鈍感な中国政府が中止命令を出すほどですから本当に危険なのでしょうね。此のゴールデンライスが東南アジア等で栽培許可されると日本の米に遺伝子汚染が起こるのは時間の問題ではないでしょうか?食料の60%を輸入している日本人としても此のゴールデンライスについては騒ぎ喚き反対の意思表示をするべきでしょうね。

長くなりましたので今日は此れまで。Good Night and Good luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

zen9youさん

如何いたしまして。資本主義の欠点を矯正するには情報の交換が大切ですから。日本のウエッブサイトでもモンサントについての記事は多い様です。やはり世界中で危険視されているのだと思います。問題はアメリカの環境保護法、食品関係の安全についての法律は世界でも非常に緩く、危険な化学物質が生活用品、食品等に多く使われていて、何と無く中国からの輸入を容易にする為にブッシュ政権が企んだのではないかと勘ぐってしまう位酷いのです。
モンサント等の企業は政府に元重役(オバマ政権にも元モンサント重役がいるのです)を送り込んでいるので企業を規制する法律制定が困難なのです。
兎に角、今の所アメリカ政府の言動は疑ってかかる方が正解だと思います。
態々再コメント有り難うございます。

No title

丁寧な御返信ありがとうございました。そうですか。やはり実験結果が随分違うのですか。そういうものなのですね。おそろしい。

作物を栽培しているところ以外の土地にラウンドアップを使うところが多いようです。畦であるとか。駐車場、墓地。いずれにせよ使わない方がいいことは確かですが、何もしないわけにもいかず、使っているということだとは思うのですが。

いつも貴重なことを教えてくださって、ありがとうございます。

zen9youさん

そうなんですよ。ラウンドアップの主要化学物質はグリフォサート(若しくはグリフォサイト)ですが、世界中でモンサントが発表している安全性の実験結果に対して全く違った研究結果が出ているようです。
 グリフォサートは農作物に散布された後土中で短期間で分解するとモンサントは言っているのですが、実際には何年もの間分解されないで地中に残留し他の除草剤よりも発がん性が高いのではないかとの研究結果も多い様です。コーン、コットン(コットンは木綿だから食用じゃないと思っては大間違い、コットンの種からマーガリン、揚げ油、サラダドレッシング等の油として大量に使われています。特にレストラン等の揚げ油はコットンシードオイルが多く使われていると思います。コットンは栽培中食用としての法律が適用されていないので非常に危険な殺虫剤が使用されているので綿実油とかコットンシードオイルと表示の或る食品は避けましょう)大豆等は殆どが此のラウンドアップレディー種になっているそうで日本の豆腐、お揚げ、スナック菓子には気をつけたほうが良いようです。60%の食品輸入を考えると日本でGM農作物を育てていないから大丈夫とは言えないのです。然しGM作物栽培が許可されていない日本で如何してラウンドアップが必要なのでしょう?
 兎に角、除草剤は土中の微生物等の生態系を破壊する可能性もあり(殆どの農薬は土壌の微生物にとっては毒で、生き残った物は抵抗力を持ったミュータント微生物を造っているのではとの恐れもあるそうです。結核菌等の様に元々土中の微生物が家畜に移り其れが人間に感染したと言う病気も多いのですから農薬の使用は薬の効かない新しい感染症を生み出す原因にもなるのではないかとも恐れているのですが--------------------)なるべくなら使わない方が我々の次の世代になるべく環境汚染の少ない日本を受け継いでもらう為にも良いのではないでしょうか?
 コメント有り難うございます。

No title

ラウンドアップもモンサントとは知りませんでした。このあたりでも、除草剤としてよく使われています。境内の雑草の除去にも使われています。それをかけても枯れない作物がラウンドアップレディという名前にもビックリさせられますが、甘味料にしてもモンサントとは。恐れ入ります。

まさにモンスター企業。人類の敵と言ってもいいような企業なのですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。